Hatena::ブログ(Diary)

Nakamura lab,composition,KCUA  京都市立芸術大学音楽学部 大学院音楽研究科 中村研究室

2016-11-21

2017年度中村研究室時間割 Schedule of NAKAMURA lab,2017

11:57

毎日の活動はこちら:

NAKAMURA Noriko:Daily activity⇨ http://nakamura89.exblog.jp

University web:http://www.kcua.ac.jp/music/music-professors/

Publishing web:http://www.n-nakamura.com/list.html



Opera《聲馨樂傳 vox sanctae indica in anima》University Hall,KCUA

Trial [overture,finale] 31 January,2017

Grand Trial [1-4 act] 22 December,2018

World Premiere 24 March,2019


A lot of thanks for grand cross on Bremen,Florida,Tokyo,Israel,April 2017

1 April,2017 Bremen,Germany

"Riverside Lullaby" [toy piano] Claudia Birkholz,Kräholm Scheune

11 April 2017 "Sky Eyes,Ground Ears" Orlando,Florida,U.S.A

Makoto Nakura with UCF Percussion [Prof.Thad Anderson]

UCF Celebrates The Arts Percussion Festival Concert

Walt Disney theater,Dr. Philipps Center for Performing Arts

21 April 2017 "vox verum" [fagotto] Tokyo,Japan

Nakagawa Hidetaka,Tokyo Concerts Lab.

26 April 2017 "Aqua" [piano] Tel Aviv,Israel

Tali Morgulis, HaTeiva,Jerusalem

Vox Feminae International Contemporary Music Festival


かむり

あたらしいははにおもいをつづるばをもうけた

はははあたまにもやがかかるという

こしらえようとかんがえるあたまにもやがかかるという

あたまをまわたにしてくるむ


おぼえがある

さんにんのめいとそのそうそぼを

かんがえるあたまにいつでもくもがかかっていた

そらのそこにしんじゅのとこ

あおいはなだのそらのそこ

20170409@nakamuranoriko



International contemporary music festival "present of orchestral asia 2017"

しづのまなかひ"time in your eyes, space in my ears"

Nakamura new works in 2017

January,2017

暁馨 xiaoxin for electronics (2017,World Premiere) [ 5 min. ]  New!

12 January,2017 University Hall,KCUA

!

opera 聲馨樂傳 vox sanctus indica in anima こゑのかをりがくのつたへ trial for Opera (2017) [67 min.]

finale recording [20160522] overture recording[20170131] new!

31 January,2017 University Hall,KCUA

February,2017

青渡絲韻 qing du xi yun for 17gen duo with metal percussion (2011-12,revisioned 2017) [10 min.] New!

24 January,2017

南海道紀伊國古謡弦楽組曲

Namkai-do Kii-koku ancient folk songs suite for 6 cello ensemble (2016-2017) [each pieces several min.]

1.田植唄 New! 2.鯨踊 New! 3.風流踊 4.神楽踊

鳳凰県苗族歌掛作譜 (2017)

March,2017

しづのまなかひ time in your eyes space

in my ears for tenor,zheng player,gakugoto,koto,yamatogoto,17gen(3 koto players)

and round metal percussion(2 players) [天聲地韻 vox caelum terra rithimus II ] (2017,World Premiere) New!

April,2017

福娘童話集 大百足退治(2017,World Premiere)

From Shrine Maiden Fairly Tales "Conquest of Gigantic Centipede" [10 min.]  New!

音の扉 5th June,2017

May,2017

伴聲 vox amicus (2017,World Premiere)

Akiko KOZATO [Duo KOZATO Adele D'ronzo]

10th September,2017 Osaka South Port Hall

June,2017

慈音 vox affectio (2017,World Premiere)

June,2017


Youtube

中村典子:眼天地耳 

Nakamura Noriko:Ske Eyes,Ground Ears

marimba:Makoto Nakura & KCUA percussion

(Prof.Yamamoto Tsuyoshi,Percussion Studies,Kyoto City University of Arts) [Japan]

https://www.youtube.com/watch?v=DZ1HexbU7cs

marimba:Makoto Nakura & UCF Percussion New !

(Prof.Thad Anderson,Percussion Studies,University of Central Florida) [U.S.A.]

https://www.facebook.com/performingartsatucf/videos/1459806627397946/?pnref=story

中村典子:遠聲譜

Nakamura Noriko:Onjofu

marimba:Makoto Namura & Art Ensemble

(Prof.Massimo Pastole,Conservatorio Pollini di Padva) [Italy]

https://www.youtube.com/watch?v=z9ENhMUxnzg

中村典子:奈備

Noriko Nakamura:Navi

InNova Dúo

https://www.youtube.com/watch?v=CwS3Pn9Lx4Q [Spain]

中村典子:奈備

Noriko Nakamura:Navi

Recital de percussion - Fabrice Vernay - mai 2008 - Lausanne (CH) [Swiss]

https://www.youtube.com/watch?v=SBJEJZkG4Sw

中村典子:奈備

Noriko Nakamura:Navi

flute:Yuri Hashimoto percussion:Miki Campins [Sweden]

https://www.youtube.com/watch?v=faYZRf_hNB4

https://www.youtube.com/watch?v=-__g5bTskbM

中村典子:奈備

Noriko Nakamura:Navi

flute:Sarah Hartong AlexandrosD.Fragislatos [U.S.A.]

hargerger Institute for design and the arts,school of Music,Arizona state university

https://m.youtube.com/watch?v=i5suBs-2xL8


中村典子:眞聲 vox verum New!

Nakamura Noriko:vox verum

fagotto:Nakagawa Hidetaka

https://www.youtube.com/watch?v=Z9Dq4aE4jes

蕪村 京ことばによせて 音楽:中村典子 

語り:山下智子 菊川徳之助

指揮:桑山博 合唱:アンサンブルアカデミー京都 

篠笛:井伊亮子 十七絃:麻植美弥子

チェロ:松崎安里子 十七絃:麻植美弥子

ソプラノ:美堂舞

弦楽四重奏中村仁美、木須すみれ、中村公俊、大西泰徳

BUSON contribute Kyo Kotoba Music:Nakamura Noriko

Narrator:Yamashita Tomoko Kikukawa Tokunosuke

Conductor:Kuwayama Hiroshi Chorus:Ensemble Academy Kyoto

Shinbone:Ii akin 17-gen:Oe Miyako

Cello:Matsuzaki Ariko 17-gen:Oe Miyako

Soprano:Midou Mai

String Quartet:Kisu Sumire Nakamura Hitomi Nakamura Kimitoshi Onishi Yasunori

https://www.youtube.com/watch?v=lUB1s6ciOPc

中村典子:楽舞台鑑眞

鑑眞:楊雪元

光明子:村辺恵奈

行基:虫本友

光明皇后:岡田由美子

孝謙天皇:奥田聖子

聖武天皇:菊田義典

栄叡:中川公志(HAMORI-BE)

普照:小原有貴(HAMORI-BE)

フルート:田呈媛

打楽器:宮本妥子

箏・十七絃十七絃

ピアノ:南木優子

弦楽四重奏:木村直子 宮下和子 法橋泰子 木村政雄

指揮・語り・台本・歌詞:中村典子

Opera Jianzhen [Ganjin]

Jianzhen[Ganjin]:Yang Xueyuan

Gyoki:Mushimoto Yu

Empress Komyo:Okada Yuriko

Emperor Koken:Okuda Seiko

Emperor Shomu:Kikuta Yoshinori

Eisho:Nakagawa Koji [HAMORI-BE]

Fish:Ohara Yuki [HAMORI-BE]

Conductor,Narrator,Text&Lyrics:Nakamura Noriko

Nakamura Noriko:opera Jianzhen

https://www.youtube.com/watch?v=E-RBQkSoZLU

中村典子:雙光 lucis propinquis

Nakamura Noriko:Lucis propinquis

organ:Carlo Forlivesi koto:Oe miyako

https://www.youtube.com/watch?v=nhd-x2E2UNk

滋賀県長浜市立浅井小学校校歌 あざいのまなご

作詞作曲:中村典子 

ソプラノ:村辺恵奈 アルト:片山千聖 

テノール:池田真己 バス:菊田義典

篠笛:井伊亮子 十七絃:麻植美弥子

ヴァイオリン I:今西彩菜  太田ゆみえ 太田かなえ 

ヴァイオリン II:小西果林 竹下芳乃 大藪英子 

ヴィオラ:岡田瑠実 中山智子 江川菜緒

チェロ:孫工恵嗣 大熊勇希 河野明敏

コントラバス:井上大貴 名和俊

指揮:中村典子

録音・整音・マスタリング:西村千津子

Nakamura Noriko:"AZAI-NO-MANAGO"

School Song of Shiga Prefecture Nagahama Municipal

Asai Elementary School

[performance:vocal ensemble clumusica & ensemble clumusica,

based on Nakamura lab.conducting,music & text:Nakamura Noriko]

lyrics & music by Nakamura Noriko

soprano:Murabe Ena alto:Katayama Chose

tenor:Ikeda Masaki bass:Kikuta Yoshinori

shinobue:Ii Akiko 17gen:Oe Miyako

violin I : Imanishi Ayana Ota Yumie Ota Kanae

violin II :Konishi Karin Takeshita Yoshino Oyabu Hideko

viola:Okada Rumi Nakayama Tomoko Egawa Nao

cello:Magoku Keishi Okuma Yuki Kawano Akitoshi

contranbass:Inoue Hiroki Nawa Shun

conductor:Nakamura Noriko

Recording & mastering:Nishimura Chizuko

http://azai-es.nagahama.ed.jp/wordpress/school-song/


かしの木のうた[滋賀県長浜市立下草野小学校みんなのうた]

(JASRAC東日本大震災復興支援「こころ音(ね)プロジェクト」参加)

作詞作曲:中村典子 

英訳・スペイン語訳・ポルトガル語訳:田中由佳子 

韓国語訳:鄭善謨 川那辺恵津子 金文沫[第1稿]

篠笛:井伊亮子 十七絃:麻植美弥子 

ソプラノ:村辺恵奈 ピアノ:中村典子 


East Japan Great Earthquake Reconstruction Support Activity

"KOKORO-NE[music from bottom of heart] Project,by JASRAC

"Kashi no Ki no uta(The Oak Tree""

[Our Song of Shiga Prefecture Nagahama Municipal

Shimokusano Emlementary School]

lyric & music:Nakamura Noriko

English,Spanish and Portuguese translation:Tanaka Yukako

Korean translation:Jeong Seon Mo Kawanabe Etsuko

Kim Mun Su[first text]

shinobue:Ii Akiko 17gen:Oe Miyako

soprano:Mugabe Ena piano:Nakamura Noriko

http://www.jasrac.or.jp/kokorone/track_list_01.html

http://www.jasrac.or.jp/kokorone/message_153.html

http://www.jasrac.or.jp/kokorone/pdf/track_176.pdf


2017年度中村研究室時間割 Schedule of NAKMAURA lab.2017

[2017 schedule]

月曜 1講時 作曲法(音楽学部生・専門講義室) 

   2講時 作曲レッスン(予約・研究室)

   12:10-13:00 昼休み 

   3講時 音楽学演習i[創造のための電子音楽演習](CM室)

   4講時 作曲(予約・CM室 or 研究室)

   5講時 作曲(予約・CM室 or 研究室)

火曜 1講時 作曲(予約・研究室)

   2講時 作曲理論研究(大学院・小合奏室・研究室)

   12:10-13:00 昼休み 

    3講時 委員会(中央棟)

   4講時 委員会(中央棟)

   5講時 教授会(大学会館)

水曜  1講時 楽曲分析(音楽学部・専門講義室)

    2講時 作曲レッスン (学4A,研究室)

    12:10-13:00 オフィス・アワー(研究室)

    3講時 作曲レッスン(学4B,研究室)

    4講時 作曲レッスン(予約・研究室)

    5講時 4回生楽曲分析(研究室)

木曜 1講時 作曲レッスン(予約・研究室)or 大学会館 

   2講時 作曲レッスン(予約・研究室)or 大学会館

   12:10−13:00 昼休み 

   3講時 作曲レッスン(予約・研究室) or 大学会館

   4講時 作曲レッスン(予約・研究室) or 大学会館

   5講時 1回生楽曲分析(研究室)

金曜 1講時 3回生楽曲分析 (研究室)

   2講時 作曲レッスン(予約)

   12:10-13:00昼休み

   3講時 2回生楽曲分析(研究室)

   4講時 作曲レッスン(予約・研究室) or 伝音

   5講時 作曲レッスン(予約・研究室) or 伝音

Mon 9:00- Composition(for undergraduateall speciality students,lecture room)   

10:40-Composition(reservation,lab.)

12:10- noon break

13:00- Musicology Seminar i

[elecotronic acoustic studies for creation](CM lab,Uni.Hall)

14:30- Composition(reservation,lab.or CM lab.)

16:10-Composition(reservation, lab.or CM lab.)

Tue 9:00- Composition(reservation, lab)

10:40- Study of Composing Theoretical research

(master course student of all speciality,lab.)

12:10- noon break

13:00-18:00 Meeting(Committee)[central building, or ,Uni Hall]

Wed 9:00- Analysis

   (undergraduate student of all speciality,lecture room)

   10:40- Composition(undergraduate 4A,lab.)

12:10-Office Hour(lab.)

13:00-Composition(undergraduate 4B,lab.)

14:40-Composition(reservation,lab.)

16:10- Analysis (undergraduate 4,lab.)

Thu 9:00- Analysis(undergraduate 2,lab.)

10:40- Composition(reservation, lab)

11:40-Composition(reservation,lab)

13:00- Composition (reservation,lab.)

14:30- Composition(reservation, lab)

16:20- Analysis(undergraduate 1,lab.)

Fri 9:00-Analysis(undergraduate 3,lab)

10:40- Composition(reservation, lab)

12:10- noon break

13:00- Analysis(reservation, lab)

14:30- Composition(resavation,lab)

16:10- Composition(,reservation,lab)

Nakamura's new works 2016

18 works

[gayagum & koto]

禱 oratio (2015-2016,World Premiere)

gayagum:Eom Yunsuk koto:Oe Miyako

30 January,2016 Daegu Art Factory,Suchan Hall

series encouter

[violin & percussion duo]

響 resonare (2015-2016,World Premiere)

violin:Sanada Aya percussion:Miyamoto Yasuko Nakamura Noriko

30 January,2016 Daegu Art Factory,Suchan Hall

[viola & percussion duo]

響 resonare (2016,Reviced Premiere)

viola:Yamada Saori percussion:Miyamoto Yasuko Nakamura Noriko

29 October,2016 Tokushima Kitajima municipal So-Sei Hall

[flute orchestra]

連聲 vox benedictus (2016,World Premiere)

Aulos Flute Ensemble

4 December,2016 Rohm Theater South Hall

[solo voice(mezzo soprano with metal percussion)]

満天星 stellae universum caelum (2016,World Premiere)

mezzo soprano:Akiko Kazato

[oratorio (soprano solo,tenor solo,mixed chorus, koto ensemble, percussion duo)]

天聲地韻 vox verum terra rithimus (2016,World Premiere)

Yatsuhashi Kengyo(tenor):Yang Xueyuan Spiritual Voice(soprano):Ueno Yoko

chorus:vocal ensemble clumuisica

koto:Fukuhara Sawako Yokoyama Kayoko Nakagawa Kayoko Oe Miyako

metal percussion:Miyamoto Yasuko Kaminaka Asami

22 May,2016 University Hall,Kyoto City University of Arts

[piano concerto (chamber orchestra with koto & metal percussion 2 sets) ]

眞聲水如 vox verum quasi aqua (2016,World Premiere)

piano solo:Takeda Yumi KEIBUN Sinfonietta conductor:Nakamura Noriko

31 July,2016 SHIGAGIN Hall

[piano trio(violon,cello)]

蓬蔂ichibiko (2016,World Premiere)

violin:Eguchi Junko cello:Magoku Keishi piano:Gan Mayuko

15 October,2016 Kashihara Riviere Hall

[bassoon duo&electronics]

眞聲天如 vox verum quasi caelum(2016,World Premiere)

bassoon:Tamashima Shota bassoon [tape]:Nakagawa Hidetaka electronics:Nakamura Noriko

24 June,2016 University Hall,Kyoto City University of Arts

[bassoon solo]

地馨 dixin (2016,World Premiere)

bassoon:Nakagawa Hidetaka

19 November,2016 University Hall,Kyoto City University of Arts

[bassoon concerto(large orchestra with metal percussion 3 sets) ]

暁環 annulus aurorae (2016,World Premiere)

bassoon:Nakagawa Hidetaka L'ensemble du temps conductor:Nakamura Noriko

10 November,2016 Kyoto Art Center Free Space

[yanagawa shamisen concerto (strings)]

御通木 MITSUGI (2016,World Premirere)

Yanagawa shamisen:Hayashi Mineko  ensemble clumusica conductor:Nakamura Noriko

[university song(orchestra version)]

Seisen University School Song (2016,Recording)

lyrics by Jogahana Hatsuko composed by Nakamura Noriko orchestration:Nakamura Noriko

flute:Wakabayashi Kaori oboe:Izumi Kaho clarinet:Ito Sayoko fagotto:Hatta Kahoko

horn:Saito Hinako Asano Mayuka trumpet:Morishita Noritoshi Furukawa Kazune

trombone:Wada Midori marimba:Nakamura Megumi Kani Reiko

violin:Nakamura Kimitoshi Hojo Elena Nagura Marino

Eguchi Junko Oyabu Hideko viola:Mizuno Mayuri Mikami Sakura

cello:Onishi Yasunori Magoku Keishi Murakami Shizuma

double bass:Inoue Hiroki Ikeda Genki

orchestral

bach cantata" Wie schön leuchtet der Morgenstern"orchestral transcription

gregorian chant " Credo" orchestral transcription

baroque music "canon(Pachelbel)"string orchestra transcription

organ work "tiento de Falsas de 2 tono(Bruna)"string orchestra transcription

own marimba concerto with 9 percussionists revised from dome hall for shoe box hall acoustics

2 oversea tours(Korea,Austria),4 festivals,

1 lecture concert, 2 rectures, 8 recordings,clumusica,Nakamura lab.





cross cross

peace circulation

description

共にすれば、如何にについて優れ秀でることができる。

共にすれば、何を選ぶかについて考えることができる。

共にすることができないのは何を選ぶかで、

深さとは個が背負う重力であり、選んだ重力との己との闘いである。

[20161206@nakamuranoriko]


Nakamura lab.assisting:

NPOカタリバ 東日本大震災熊本地震被災の子ども達支援  

NPOかものはし カンボジアの少女達自活支援    

NPOワールドヴィジョン 発展途上地域の子ども達支援               

日本赤十字社 災害地域復旧支援

NPO世界の医療団  紛争地域復旧支援

NPO国境なき医師団 紛争地域復旧支援 

unicef 紛争災害発展途上地域の子ども達支援

国連UNHCR協会[国連難民高等弁務官事務所]難民支援

日本国際飢餓対策機構 紛争災害発展途上地域の生活支援 

NPO charity of water 紛争災害発展途上地域の水環境整備支援

ウィキメディア財団 知識共有支援


clumusica 24thconcert [clumusica friendship charity26]

series邂逅Project III

御継《みつぎ》の語り Inheritance of Traditional Singing

本年度京都市芸術文化特別奨励者林美音子氏を迎えて

Hayashi Mineko,Yanagawa shamisen

Recipient of the Kyoto City Special Bounty Program for Arts and Culture 2016

with ensemble clumusica, Nakamura lab, Faculty of Music, Kyoto City University of Arts

主催 : ensemble clumusica 京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻中村研究室

nakamura@kcua.ac.jp phone : 075-334-2363

Organizer:ensemble clumusica Nakamura lab, Faculty of Music, Kyoto City University of Arts

協力:京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター

Collaboration:Research Centre for Japanese Traditional Music, Kyoto City University of Arts


2016.12.22[木] 19:00開演[18:30開場]京都市立芸術大学大学会館ホール

University Hall, Kyoto City University of Arts 入場無料 Admission Free

桂駅東口より京阪京都交通バス1.2.13.14.25.25系統で

芸大前下車(約20分)徒歩すぐ、正門入って左手の円形の建物です。




レクチャーコンサート

Lecture Concert

《第1部 同時代音楽》

Part I Music of the Same Age

ヨハン・パッへルベル 《カノン

Johann Pachelbel (1656-1706) : Canon (ca.1680)

パブロ・ブルーナ 《聖母の連禱》

Pablo Bruna (1611-1679) : Tiento de Falsas 2 tono (17C)

柳川検校  《早舟》  [作詞不詳] (抜粋)

Yanagawa Kengyo ( ?-1680 ) : Hayafune (17C) [extract]

《第2部 語りの御継》 一部録音より*

Part II Inheritance of Traditional Singing  * includes recording

代博 (1988- )[中国] 《空谷幽兰》より*

Dai Bo(1988- )[China] : KONG GU YU LAN (2008)

パンソリ (伝承曲)[韓国] 《春香伝》より*

Pan’Sori (traditional) [Korea] : from”Chunhyangga”(18C)

金重希 (1963- )[韓国]  《夢なり》より*

Kim Joonghee (1963- ) [Korea] : 꿈이로다”Dream”(2015)

中村典子 (1965-)[日本] 《御通木》 柳川三味線と弦楽の協奏曲 (2016,世界初演)

Nakamura Noriko:“MITSUGI”

          Concerto for Yanagawa Shamisen and Strings (2016, World Premiere)

柳川三味線:林美音子 Yanagawa Shamisen : Hayashi Mineko 

お話:久保田敏子 [京都市立芸術大学名誉教授・元日本伝統音楽研究センター所長]

Lecture:Kubota Satoko [Professor emeritus, Kyoto City University of Arts,

Ex-Head of Research Centre for Japanese Traditional Music]

弦楽:アンサンブル・クラムジカ 

中村公俊 江口純子 水野万裕里 大藪英子 北條エレナ 柳樂毬乃 三上さくら 

大西泰徳 孫工恵嗣 村田静菜 井上大貴 池田源輝

ご案内・指揮:中村典子 [京都市立芸術大学音楽学部准教授]

Strings:ensemble clumusica

Nakamura Kimitoshi  Eguchi Junko  Mizuno Mayuri  

Oyabu Hideko  Hojo Elena Yagira Marino Mikami Sakura

Onishi Yasunori Magoku Keishi Murata Shizuna Inoue Hiroki Ikeda Genki

Presenter & Conductor : Nakamura Noriko [associate professor,

Faculty of Music, Kyoto City University of Arts]



確固としたものが揺れ動くより、

揺れ動くものがしっかりあるほうがいい。

             如何美輝暁星&暁環


Multiple singing firmly with elasticity on time frame,

than slight waving of perfect completion by time grid.

Nakamura Noriko:"Wie Schön leuchtet der Morgenstern" für Kammerorchester(2013)

& Nakamura Noriko:"annulus aurorae" concerto for bassoon and orchestra(2016)


Nakamura Noriko:眞聲 vox verum 2013 - 地馨 dixin 2016 with Nakagawa Hidetaka[bassoon]

graphic notation ⇆ proportional notation

2013 bassoon solo 眞聲 vox rerum   

bassoon solo:Nakagawa Hidetaka

[Nakagawa Hidetaka bassoon contemporary technique lecture & short concert]

2013 shakuhachi solo 伊福 inspirare  

shakuhachi solo:Fukuda Teruhisa

[2013 East Asia Contemporary Music Festival (Hiroshima)]

2013 viola solo 雛鳥詞 soul voice

viola solo:Hanada Wakako [ensemble contemporary α]

[2013 Daegu International Music Festival (South Korea)]

2013 orchestra 2013如何美輝暁星 Wie schön leuchtet der Morgenstern 

flute solo:Morimoto Hideki viola solo:Samoto Hiroko

bassoon solo:Nakagawa Hidetaka percussion:Minamoto Yasuko,Goto Yuriko

17gen:Oe Miyako orchestra:L'ensemble du temps conductor:Nakamura Noriko

[Ogata Korin's death & Ito Jakuchu's birth 300 anniversary

Le jardin du temps et d'espace no.0 concert]

2014 trombone & tenor concerto 韻禱 yundao

trombone:Go Shinichi tenor:Yang Xueyuan

orchestra:ensemble clumusica conductor:Nakamura Noriko

[2014 International Contemrapory Music Festival "Present of Orchestral Asia II(Kyoto) ]

2014 electronics 花如 quasi flos

electronics:Nakamura Noriko

[la musica è sacra music is sacred" flower blooms the garden of spirit"

spirituality through the mysticism of early works and the visionary spirit of electronic music

sasso morelli-Chiesa del Morelli (Italy)]

2014 percussion solo 斎 jae

percussion solo:Miyamoto Yasuko

[HEIWADO foundation 25 anniversary concert,Biwako Hall (Otsu,Shiga)]

2014 soprano & pianoforte 2014 夜色樓臺雪萬家-与謝蕪村聲十景

mezzo soprano:Akiko Kozato piano:Adele D'Aronzo

[labyrinth of voices Vol.IV A journey to explore the possibilities of contemporary music,

Osaka South Port Sunset Hall]

2015 koto with singing solo 斎 chai

koto soloYokohama Kayoko

[series encounter "strings for encounter" empty note & ensemble clumusica

Kyoto Art Center,Auditorium]

2015 soprano saxophone solo "聲愈 audible

soprano saxophone:Hirata Eiji

[Hirata Eiji Saxophone Recital,Japanese Society for Contemporary Music,Dolce Artist Salon,Osaka]

2015 眞聲花如 vox verum quasi flos

bassoon solo:Nakagawa Hidetaka electronics:Nakamura Noriko

[OE international contemporary festival "contribute Rin-pa 400 anniversary"]

2015 soprano & orchestra 永九 yongjiu

[text:Pan Jun & Nakamura Noriko,article 9,The Constitution of Japan]

soprano:Hishiki Emi orchestra:ensemble clumusica conductor:Nakamura Noriko

2015 marimba concerto 2015 眼天地耳 sky eyes,ground ears

marimba soloMakoto Nakura percussion:KCUA percussion

[International Festival"Music,Dance,Present in Asia II 2015]

2015 sho & string orchestra 2015 海煥草木川花奏鳴 hae hwan cho mokgcheon hwa ju meong

sho:Manabe Naoyuki  orchestra:ensemble clumusica

conductor:Nakamura Noriko

[series encounter:50th Anniversary Japan-Korea Diplomatic Relations-

Hwaum Project Festival "Chosen Tongsinsa"]

2016 violin & 2 percussion 響 resonare

violin:Sanada Aya percussion;Miyakoto Yasuko,Nakamura Noriko

[series encounter Daegu Art Factory"Suchon Hall,South Korea

"響律動夢 禱櫻命運" clumusica & empty note]

2016 oratorio 2016 天聲地韻 vox caelum,terra rithimus

spiritual voice [soprano]:Ueno Yoko Yatsuhashi Kengyo [tenor]:Yang Xueyuan

koto:Fukuhara Sawako koto:Yokohama Kayoko

koto:Nakagawa Kayoko 17gen:Oe Miyako

percussion:Minamoto Yasuko Kaminaka Asami

chorus:vocal ensemble clumusica conductor:Nakamura Noriko

[International Music Festival "Present of Orchestral Asia IV 2016]

2016 bassoon duo 眞聲天如 vox verum quasi caelum

bassoon:Takashima Shota basso:Nakagawa Hidetaka[tape]

electronics:Nakamura Noriko

[International Festival "Music,Dance,Present in Asia" III 2016"

2016 piano concerto 眞聲水如 vox verum quasi aqua

piano:Takeda Yumi orchestra Keibun Sinfonietta conductor:Nakamura Noriko

[Waterland composers Collection of Nakamura Noriko & Wakabayashi Chiharu"]

2016 [inatani_yusuke: basson duo 双樹 sohju

bassoon:Takashima Shota,Suyama Suyama Saki,Auditorium,KCUA]

2016 bassoon concerto 2016 暁環 annulus aurorae

bassoon solo:Nakagawa Hidetaka

orchestra:L'ensemble du temps conductor:Nakamura Noriko

[300 anniversary Ogata Korin's death & Ito Jakuchu's birth

Le jardin du temps et d'espace no.1 concert Kyoto Art Center]

2016 bassoon solo 地馨 dixin

bassoon solo:Nakagawa Hidetaka

[Hidetaka Nakagawa Lecture & Short Concert, University Hall,KCUA]








2016 Nakamura contributes for Bartok's works:






NAKAMURA Noriko:連聲 vox benedictus (2016,World Premiere)

conductor:AWATSUJI So,Aulos Flute Ensemble

premiere:4th December,2016 Rohm Theater South Hall

commissioned work for 30th Kyoto Art Festival & 110th Subscription Concert

by Aulos Flute Ensemble,conductor SHIRAISHI Takako

composer's note:

Introduction of eastern percussion Kane and western instrument flute orchestra,

and starting harmonization of homeland folk song of Omi.

It continues to counter point of the folk songs of Inaba and Izumo,and

turn to summons choral with folk songs melodies Miyagi and Kumamoto and Toyama.

Yamato's melismatic melodies flow and flow.At last, it turned to flying with spinning one beat,

and it reaches to rhythmic shamisen expression of Kii.

At final climax, it starts canonic fugue with Naniwa,Sanuki and Awa with dancing,

they hold spiritual songs of Yi dynasty,Kokuryo and Qing dynasty highly on their shoulder,

with Sakura Sakura's and Magenta's melodies of Musashi,and Ise & Omi,

at last, on the obstinato of Gionbayashi,it reaches to Kyo,Yamashiro.

中村典子:連聲 vox benedictus [聲への祝福](2016)

故郷近江の民謡を起点に因幡出雲を廻り宮城熊本富山の眼差しをうけて、

大和出雲紀伊を廻り難波讃岐阿波を廻りに廻る踊り手達が渦となり、

東アジア民謡を神輿しつついざやいざやと武蔵伊勢山城を廻り、

祇園囃子の京へと達する。



20161204 中村典子:連聲 vox benedictus 原曲一覧

淡海 江州音頭 [滋賀] https://www.youtube.com/watch?v=DftwFeov28E

因幡 貝殻節 [鳥取] https://www.youtube.com/watch?v=NdSJjLyLShQ

出雲 安来節 [島根] https://www.youtube.com/watch?v=0qB0QodRVrY

大和 吉野木挽唄 [奈良] https://www.youtube.com/watch?v=FzSVdFNXVtQ

出雲 安来節 [島根] https://www.youtube.com/watch?v=0qB0QodRVrY

紀伊 新宮節 [和歌山]https://www.youtube.com/watch?v=2WQn21eC648

難波 河内音頭 [大阪]https://www.youtube.com/watch?v=Z7-73v7BiM0

讃岐 金比羅船船 [香川] https://www.youtube.com/watch?v=Pxmfq6d-jFI

阿波 阿波踊 [徳島] https://www.youtube.com/watch?v=aYMTrsOdCks

武蔵 咲良咲良 [東京] https://www.youtube.com/watch?v=MKmWDL1wJvA

李朝 アリラン [韓国] https://www.youtube.com/watch?v=PFJ1bR1Duos

高句麗 ドラジ [韓国] https://www.youtube.com/watch?v=3r_JzIbxw5s

茉莉花 [中国] https://www.youtube.com/watch?v=vHnQ0TFom9Y

武蔵 咲良咲良 [東京] https://www.youtube.com/watch?v=MKmWDL1wJvA

伊勢 鈴鹿馬子唄 [三重] https://www.youtube.com/watch?v=5rK69NRCivE

山城 祇園囃子 [京都] https://www.youtube.com/watch?v=0fEO37m4R30






Until all resonance

    Nakamura Noriko

Do not forget yesterday

Do not afraid tomorrow

Today embraces you

When I was born

Yesterday and Tomorrow

have embraced you

Until all resonance

Until all resonance

Someday all resonant with you

Someday all resonant with you and you

Until all resonance

Until all resonance

Someday all resonant with you

Someday all resonant in the earth

Someday all resonant in this space

When my space resonant

Tomorrow space embrace

Tomorrow embrace you in tomorrow

Today,I embrace all this space

Space ask you

When yesterday and tomorrow

embrace today

resonant all

this space



共振するまで

      中村典子

昨日のことをわすれない

明日のことをこわがらない

今日がわたしを抱きしめる

わたしが生まれたところでは

わたしが生まれたそのときの

ふたりのうでが包んでいる

共振するまで

共振するまで

いつかあなたと共振するまで

いつかふたりが共振するまで

共振するまで

共振するまで

いつかあなたが共振すれば

いつかみんなが共振する

いつか宇宙が共振する

わたしの宇宙が共振すると

明日の宇宙が抱きしめる

明日のあなたを抱きしめる

今日のわたしが抱きしめた

宇宙があなたを求めている

あなたとわたしのうでで

今日を抱きしめれば

共振するよ昨日と明日も

宇宙のすべてが


공진할 때 까지

나카무라노라코

어제가 내일과 상의해

오늘 나를 껴안아 말린다

내가 태어난 곳에서는

내가 태어난 그 때의

두 사람의 팔에 싸여져

공진할 때 까지

공진할 때 까지

언젠가 누군가와 공진할 때 까지

언젠가 둘이서 공진할 때 까지

공진할때 까지 공진할때 까지

언젠가 누군가가 공진하면

언젠가 모두가 공진한다

언젠가 우주가 공진한다

나의 우주가 공진하면

누군가의 우주가 손을 넓혀

어제의 나를 껴안아 말린다

오늘 내가 껴안아 말린 우주를

누군가가 껴안는다

누군가와 나의 팔이

오늘을 꼬옥 껴안고 공진한다

어제와 내일과 우주의 전부가

[2012@nakamuranoriko-kimsohyon]

Kim Soohyon studied with Nakamura Noriko,at KCUA in 2010-2014.



Shadow of left,halation of right

Nakamura Noriko

On the first day of concerts,it was heavy raining.

I reached almost 20:00 by this condition,and

I heard there was a leak in the roof in concert place. 

On the second day,it was fine,although

a female composer who was only one existence on

the program by the almost male composer,

she was not appeared to the concert.


running up directly KAWAKAMI,he was on the halation

as the strong contrast of his visual on the

back of cathedral's organic curves.

About the first day's program,

ISHIBASHI 's trembling firmly on the first day,

HASHIZUME's complement, balancing firmly

with ARIMA'sleft-handed piano by his eyes.

About the second day's program,

KADOTA's symbolism and TSUBOI's Whole spatial continuity.

On these crossing roads,there are existing

a window for diverse organic lights.

from the shadow of classic to the future of classic

Organiser:Les Pois Music Office Co-organizer:Kyoto Art Center



左の日陰、右の眩暈

              中村典子

1日目の極端な土砂降りの雷雨に着く筈の会場に

小一時間の遅れ、会場には雨漏りがあったそうだ。

2日目天気には恵まれたが、プログラム唯一の若い

女性作家が来れず、若い男性達の応酬の景となる。

駆け抜ける川上はビジュアル後方の聖堂の曲線の

有機性とは対照に、またハッチントンの対象との

交差とも無結に、対照の対照の反射の光暈にある。

1日目の石橋の確固たる震え、

橋爪の眼差しにある左手の有馬を補完させる

確固たるゆるぎ。

2日目の門田の表象性と壷井の全的空間性。

その交差の径に、多様なる有機性への光の

小窓が開いている。

2016年9月8日(木)

クラッシックの日陰から 未来のクラシック

主催:レポワ音楽事務所 共催:京都芸術センター


Youtube

中村典子:眼天地耳 

Nakamura Noriko:Ske Eyes,Ground Ears

marimba:Makoto Nakura & KCUA percussion

(Prof.Yamamoto Tsuyoshi,Percussion Studies,Kyoto City University of Arts) [Japan]

https://www.youtube.com/watch?v=DZ1HexbU7cs

marimba:Makoto Nakura & UCF Percussion

(Prof.Thad Anderson,Percussion Studies,University of Central Florida) [U.S.A.]

https://www.facebook.com/performingartsatucf/videos/1459806627397946/?pnref=story

中村典子:遠聲譜

Nakamura Noriko:Onjofu

marimba:Makoto Namura & Art Ensemble

(Prof.Massimo Pastole,Conservatorio Pollini di Padva) [Italy]

https://www.youtube.com/watch?v=z9ENhMUxnzg

中村典子:奈備

Noriko Nakamura:Navi

InNova Dúo

https://www.youtube.com/watch?v=CwS3Pn9Lx4Q [Spain]

中村典子:奈備

Noriko Nakamura:Navi

Recital de percussion - Fabrice Vernay - mai 2008 - Lausanne (CH) [Swiss]

https://www.youtube.com/watch?v=SBJEJZkG4Sw

中村典子:奈備

Noriko Nakamura:Navi

flute:Yuri Hashimoto percussion:Miki Campins [Sweden]

https://www.youtube.com/watch?v=faYZRf_hNB4

https://www.youtube.com/watch?v=-__g5bTskbM

中村典子:奈備

Noriko Nakamura:Navi

flute:Sarah Hartong AlexandrosD.Fragislatos [U.S.A.]

hargerger Institute for design and the arts,school of Music,Arizona state university

https://m.youtube.com/watch?v=i5suBs-2xL8

蕪村 京ことばによせて 音楽:中村典子 

語り:山下智子 菊川徳之助

指揮:桑山博 合唱:アンサンブルアカデミー京都 

篠笛:井伊亮子 十七絃:麻植美弥子

チェロ:松崎安里子 十七絃:麻植美弥子

ソプラノ:美堂舞

弦楽四重奏中村仁美、木須すみれ、中村公俊、大西泰徳

BUSON contribute Kyo Kotoba Music:Nakamura Noriko

Narrator:Yamashita Tomoko Kikukawa Tokunosuke

Conductor:Kuwayama Hiroshi Chorus:Ensemble Academy Kyoto

Shinbone:Ii akin 17-gen:Oe Miyako

Cello:Matsuzaki Ariko 17-gen:Oe Miyako

Soprano:Midou Mai

String Quartet:Kisu Sumire Nakamura Hitomi Nakamura Kimitoshi Onishi Yasunori

https://www.youtube.com/watch?v=lUB1s6ciOPc

中村典子:楽舞台鑑眞

鑑眞:楊雪元

光明子:村辺恵奈

行基:虫本友

光明皇后:岡田由美子

孝謙天皇:奥田聖子

聖武天皇:菊田義典

栄叡:中川公志(HAMORI-BE)

普照:小原有貴(HAMORI-BE)

フルート:田呈媛

打楽器:宮本妥子

箏・十七絃十七絃

ピアノ:南木優子

弦楽四重奏:木村直子 宮下和子 法橋泰子 木村政雄

指揮・語り・台本・歌詞:中村典子

Opera Jianzhen [Ganjin]

Jianzhen[Ganjin]:Yang Xueyuan

Gyoki:Mushimoto Yu

Empress Komyo:Okada Yuriko

Emperor Koken:Okuda Seiko

Emperor Shomu:Kikuta Yoshinori

Eisho:Nakagawa Koji [HAMORI-BE]

Fish:Ohara Yuki [HAMORI-BE]

Conductor,Narrator,Text&Lyrics:Nakamura Noriko

Nakamura Noriko:opera Jianzhen

https://www.youtube.com/watch?v=E-RBQkSoZLU

中村典子:雙光 lucis propinquis

Nakamura Noriko:Lucis propinquis

organ:Carlo Forlivesi koto:Oe miyako

https://www.youtube.com/watch?v=nhd-x2E2UNk

滋賀県長浜市立浅井小学校校歌 あざいのまなご

作詞作曲:中村典子 

ソプラノ:村辺恵奈 アルト:片山千聖 

テノール:池田真己 バス:菊田義典

篠笛:井伊亮子 十七絃:麻植美弥子

ヴァイオリン I:今西彩菜  太田ゆみえ 太田かなえ 

ヴァイオリン II:小西果林 竹下芳乃 大藪英子 

ヴィオラ:岡田瑠実 中山智子 江川菜緒

チェロ:孫工恵嗣 大熊勇希 河野明敏

コントラバス:井上大貴 名和俊

指揮:中村典子

録音・整音・マスタリング:西村千津子

http://azai-es.nagahama.ed.jp/wordpress/school-song/

かしの木のうた[滋賀県長浜市立下草野小学校みんなのうた]

(JASRAC東日本大震災復興支援「こころ音(ね)プロジェクト」参加)

作詞作曲:中村典子 

英訳・スペイン語訳・ポルトガル語訳:田中由佳子 

韓国語訳:鄭善謨 川那辺恵津子 金文沫[第1稿]

篠笛:井伊亮子 十七絃:麻植美弥子 

ソプラノ:村辺恵奈 ピアノ:中村典子 

http://www.jasrac.or.jp/kokorone/track_list_01.html

http://www.jasrac.or.jp/kokorone/message_153.html

http://www.jasrac.or.jp/kokorone/pdf/track_176.pdf

歌詞一覧

江州音頭

えい-皆様たのみます

(アードッコイセ)

お見かけ通りの若輩が

習い覚えた一節を

つたないながらも

時間まで一生懸命

読み上げまするで

芽をだしまする

二つ葉の苗の育つよう

熱い情のご声援

ひとえにお願い申しまする

(コラ ヨイトヨイヤマカ ドッコイサノセ)

そもそも永正十七年

行基菩薩の御発願

四十九院の一寺にて

日吉山は千樹寺に

観音阿みだ如来をば

ご本尊と安置して

万民快楽をいのらるる

近郷近在 処々方々

善男善女の参詣に

門前市をなす繁盛

(コラ ヨイトヨイヤマカ ドッコイサノセ)

永禄十一年 秋半ば

織田信長の軍勢に

焼打ちされて たちまちに

さしも栄えし千樹寺も

跡かたもなく なりにけり

そこで 天正十四年

藤野太郎右ェ門その人が

私財を喜捨し 一寄進

寺の再建折念せり

めでたく本道建立

落慶供養の余興にて

時の住職 根誉上人

自らお経に節をつけ

声高らかに読みければ

(コラ ヨイトヨイヤマカ ドッコイサノセ)

(コラ ヨイトヨイヤマカ ドッコイサノセ)

信長の面々 相つどい

ぎゃあてい ぎゃあてい

はらぎゃあてい

はら僧ぎゃあてい

と踊りつく

身ぶり手ぶりも面白く

夜の白むのも打ち忘れ

互いに喜びかわしれり

(コラ ヨイトヨイヤマカ ドッコイサノセ)

貝殻節

何の因果(いんが)で

貝殻(かいがら)漕(こ)ぎなろうた

カワイヤノー カワイヤノ

色は黒うなる 身はやせる

ヤサホーエヤ ホーエヤエー

ヨイヤサノ サッサ

ヤンサノエー ヨイヤサノ サッサ

浜村沖から 貝殻が招く

カワイヤノー カワイヤノ

嬶(かか)よ まま炊け 出にゃならぬ

ヤサホーエヤ ホーエヤエー

ヨイヤサノ サッサ

ヤンサノエー ヨイヤサノ サッサ

戻る舟路(ふなじ)にゃ 櫓櫂(ろかい)が勇む

カワイヤノー カワイヤノ

いとし妻子(つまこ)が 待つほどに

ヤサホーエヤ ホーエヤエー

ヨイヤサノ サッサ

ヤンサノエー ヨイヤサノ サッサ

押せよ 押せ 押せ港が見える

カワイヤノー カワイヤノ

押せば皆が 近くなる

ヤサホーエヤ ホーエヤエー

ヨイヤサノ サッサ

ヤンサノエー ヨイヤサノ サッサ

安来節

<素 唄>

○安来千軒 名の出たところ 社日桜に 十神山

○松江名所は 数々あれど 千鳥お城に 嫁ケ島

○出雲名物 荷物にならぬ 聞いてお帰り 安来節

○上げた白帆が 染まりはせぬか 安来港は 花吹雪

○安来安来と 駅呼ぶ声に 見れば間近に 十神山

○いつも変わらぬ 緑の色で 裏も表もない 十神

○鶴が来ました 十神の山へ さぞや亀島 うれしかろ

○鐘に送られ 清水もどり 早やも社日の夕桜

○愛宕お山に 春風吹けば 安来千軒 花吹雪

○わしがお国で 自慢なものは 出雲大社安来節

恵比寿大黒 出雲の国の 西と東の 守り神

○十神お山に 花衣着せて 添わせたいぞえ 出雲富士

○旅は道連れ この世は情け 助け合うてぞ 世は丸い

○安来港に 碇はいらぬ 十神水雲(もずく)で 船つなぐ

○関は朝日よ 杵築は夕日 名所出雲の 西東

○山晴れ山晴れ 出て山見れば 雲のかからぬ 山はない

○松江大橋 流りょが焼きょが 和田見通いは 船でする

○和田見恋しや 伊勢宮様の 松が見えます ほのぼのと

伯耆大山 だらりの帯よ 解いて投げたか 五里ケ浜

○咲いた時より その散り際を 人に見せたい 桜花

○人の手前は 薄茶と見せて 心濃茶の 四畳半

○鐘に送られ 清水もどり 早やも社日の夕桜

汽車の窓から 社日ヶ丘は 一目千本花ざかり

○出雲八重垣 鏡の池に 写す二人の 晴れ姿

○国のお方と 知らずにいたが 唄で気づいた 安来節

○荒い波風 さぞ辛かろう 姿かわすな 嫁ケ島

○何はなくとも 出雲へござりゃ 心尽くしの 安来節

○お国ばかりか 外つ国までも 唄い響かす 安来節

○お国訛りを つい悟られて 唄いましたよ 安来節

○私ゃ出雲の 安来の生まれ 子守唄から 安来節

○狭い安来に お糸が生まれ 広い世界に 安来節

○秋の色草 先出た花の 咲いた中より 咲き誇る

○通う千鳥の 心も知らず 君が隠した 須磨の浦

○神代ながらの 出雲の国に 昔かわらぬ 安来節

○さても珍らし 月の輪まつり 夜の安来は 人の波

○唄に名高い 社日の桜 安来千軒花霞

○出雲札所は 清水さまよ 花が散ります 菅の笠

○一夜泊りの 安来の宿に 聞くもうれしい 安来節

○芸はなけれど 生まれは出雲 下手も自慢の 安来節

○まとまるものなら まとめておくれ いやで別れた 仲じゃない

○三味の音色は 千両のあたい 唄は万両の 安来節

出雲大社で 結んだ帯を 心安来の 宵に解く

○心安来に 思いは隠岐に 波を枕に 船の旅

○熱い情に 鋼も溶ける 溶けて社日の 花と咲く

○恋と鋼は よう似たものよ 焼きよ次第で 味が出る

宍道湖水の 朝霧晴れて 浮いたお城の 晴姿

○松江大橋 柳の雨に わたしゃあなたを 濡れて待つ

○咲いた桜に なぜ駒つなぐ 駒が勇めば 花が散る

○恋にこがれて 鳴く蝉よりも 啼かぬ蛍が身をこがす

○金はなけれど 日毎に唄で 心楽しく 暮らしたい

○恩を忘るな 育ての親の 手許はなるる 巣立鳥

○咲いた時より その散り際を 人に見せたい 桜花

○兎角世間は 枯木に見せて 裏で咲かせる 藤の花

○思い出すよじゃ 惚れよが浅い 思い出さずに 忘れずに

○山に切る木は 数々あれど 思い切る木は 更にない

○薮の筍 どなたのために 今朝も一肌 ぬぐのやら

○露に濡れたる つがいの蝶々 しばし菜の葉の 裏住まい

○月も宿らず 汲む人もなし 木の葉がくれの 谷の水

○安来大橋 朝もやこめて 夢の港は まださめぬ

○安来千軒 昔のことよ 今じゃ万軒 唄の街

○親の手ほどき その子がうけて 孫も唄うよ 安来節

○大和島根の 北から南 歌で踊らす 安来節

○親がうたって 子供についで 孫子も好きだよ 安来節

○今も昔も 変わらぬものは お糸まつりの うたの声

○響け歌声 世界の空へ とどけ島根の 安来節

○お国訛りと 神話が自慢 うたい響かせ 安来節

○見ても聞いても 心がはずむ 日本一だよ 安来節

○花の安来で 生まれて育ち 今じゃ世界の 安来節

○三味の音色と 自慢の声で さすが本場の 安来節

○みどり豊かな 島根の旅路 唄も明るい 安来節

○唄の安来か 安来の唄か 唄で伸び行く 安来節

○出雲生まれを 誇りに持って 声張りあげよ 安来節

○唄いつづけりゃ 苦労も年も 忘れますぞえ 安来節

○花の社日と 十神の山を 風が掛けたる 桜橋

○唄は聞きもの 踊りは見もの 唄え踊れよ 安来節

わたしゃ出雲の 安来の生まれ 子守り唄から 安来節

○年に一度の 月の輪まつり 唄いますぞえ 安来節

○安来名所は 社日の桜 人の心に 花が咲く

○たった一節 唄へば知れる 本場仕込みの 安来節

○年は取れども 鍛えた喉で 唄う自慢の 安来節

○主の踊りで 妾の唄で 世界隈なく 広めたや

○踊るあの娘の 身振りに惚れて 習い覚えた 安来節

○嫁御唄えば 鶴亀踊る 笑顔千両の 安来節

○唄に聞き惚れ 踊りにみとれ 月も浮かれる 安来節

○老いを忘れて ただ一筋に 唄い続ける 安来節

○夢の大橋 安来と米子 かけて嬉しや 中の海

宍道湖水の 屋形の上で 仰ぐ大山 雪の肌

○島根見どころ 荒波しぶき 神楽太鼓に 安来節

○十神大橋 朝もや晴れりゃ 安来鋼の 鎚の音

○伊予に石鎚 島根に大社 共に育てる 安来節

○可愛いお手ゝが 十から先は 指が足りない 幼稚園

○紅いりんごを 並べたような 子等の寝顔に 母の笑み

○親の意見と 茄子の花は 千に一つの 仇がない

○誰が生けたか 一輪差しの 春が芽を吹く 猫柳

吉野木挽唄

ハアー 吉野吉野と 訪ねてくればよ

吉野千本 サア 花盛りよ

ハアー何んの因果で 木挽を習いよ

花の盛りを サア 山奥によ

ハアー木挽女房に なるなよ妹よ

思う中でも サア 引き分けるよ

新宮節

新宮よいとこ 十二社様の

(セノ ヨイヤサノセー)

神のまします よいところ

(エッサーエッサー ヤレコノセ

ヒーヤーリ ハリハリセー)

お灯祭りは 男の祭り

山は火の滝 下り竜

河内音頭

エーさては一座の皆様へ

ちょいと出ました私は

おみかけ通りの悪声で ヨホーイホイ

まかり出ました未熟者お気に召すようにゃ

読めないけれど 七百年の昔より

唄い続けた河内音頭にのせまして

せいこんこめて唄いましょ

ソラ ヨイトコサッサノ ヨイヤサッサ

エー 大和と河内の国境

中にひときわ悠然と

ヨーホイホイ エンヤコラ

ドッコイセ

そびえて高き金鋼山 よ 建武の昔大楠公

その名も 楠正成公 今に伝えた民謡

河内音頭と申します 聞いておくれよ

荷物にゃならぬ 聞いて心も

うきうきしゃんせ

気から病が出るわいな

唄の文句は小粋でも 私しゃ未熟で

とってもうまくも きっちり実際まことに

みごとに読めないけれど

八千八声のほととぎす

血をはくまでも つとめましょ

金比羅船船

金毘羅(こんぴら) 船船

追い手に 帆かけて

シュラシュシュシュ

回れば 四国は

讃州(さんしゅう) 那珂(なか)の郡(ごおり)

象頭山(ぞうずさん) 金毘羅大権現(だいごんげん)

いちど まわれば

金毘羅石段(いしだん) 桜の真盛(まさか)り キララララ

振袖(ふりそで)島田が サッと上(あが)る

裾(すそ)には降りくる 花の雲

いちど まわれば

金毘羅み山の 青葉のかげから キララララ

金の御幣(ごへい)の 光がチョイさしゃ

海山雲霧(うみやまくもきり) 晴れわたる

いちど まわれば

お宮は金毘羅 船神(ふながみ)さまだよ キララララ

時化(しけ)でも無事だよ 雪洞(ぼんぼり)ゃ明るい

錨(いかり)を下(おろ)して 遊ばんせ

いちど まわれば

阿波踊

<はやし>

(ア ヤットサーヤットサー ア ヤットヤット)

(アーラエライヤッチャ エライヤッチャ ヨイヨイヨイヨイ)

○阿波の殿様 蜂須賀公が 今に残せし 阿波踊り(盆踊り)

○月の眉山 浮かれて浮いて 様は踊りの 夕化粧

○踊り踊らば 品よく踊れ 品の良い娘を 嫁にとる

○阿波の徳島 十郎兵衛娘 お鶴いとしや 巡礼歌

○巡礼お鶴の あの菅笠に いとし涙の 雨が降る

○手ぶり足ぶり 七つの海を 越えて見せたい 阿波踊り

○阿波へ阿波へと 流れる潮は やがて鳴門の 渦となる

○風がそよそよ 浮気の風で 滝の山から 花咲かす

○思う汐先 恋路の底へ 深う鳴門の 渦がまく

○阿波はよいとこ 蜂須賀様の お威勢踊に 夜が明ける

○こうも鳴門で 未練の深み それで渦ほど 気がまわる

○秋の時雨に 紅葉を染めて 流れ筏の 吉野川

○盆に見せたい 編笠姿 誰と踊ろか 宵星に

○顔は見えねど 編笠越しに 主を見初めた 盆踊り

○阿波の踊り子 よしこの囃子 盆の三日を 町々へ

○盆の踊りと 眉山の桜 聞かせやりたい 阿波だより

<唄ばやし>

!踊る阿呆に 見る阿呆

同じ阿呆なら 踊らにゃ損々 !

新町橋まで行かんか 来い来い

!お先のお方に お負けなよ

わたしは負けるの 大嫌い !

大谷通れば石ばかり

笹山通れば笹ばかり

猪豆喰うて ホーイホイホイ !

ひょうたんばかりが浮きものか

私の心も浮いてきた

ホーラ浮いた浮いた

咲良咲良

さくら さくら

弥生の空は 見わたすかぎり

霞か雲か 匂ひぞ出づる

いざや いざや 見に行かん

さくら さくら

野山も里も 見渡す限り

霞か雲か 朝日に匂ふ

さくら さくら 花盛り

アリラン

アリラン アリラン アラリヨ

アリラン峠を越えて行く

私を捨てて行かれる方は、

十里も行けずに足が痛む。

アリラン アリラン アラリヨ

アリラン峠を越えて行く

晴れ晴れとした空には星も多く、

我々の胸には夢も多い。

アリラン アリラン アラリヨ

アリラン峠を越えて行く

あそこ、あの山が白頭山

(満州民族朝鮮民族の霊峰)だが、

冬至師走でも花ばかり咲く

아리랑

아리랑 아리랑 아라리요

아리랑고개로 넘어 간다 나를 버리고 가시는 님은 십리도 못가서 발병난다

아리랑 아리랑 아라리요 아리랑 고개로 넘어간다 청천하늘엔 별도 많고 우리네 가슴엔 꿈도 많다

아리랑 아리랑 아라리요 아리랑 고개로 넘어간다 저기 저 산이 백두산이라지 동지 섣달에도 꽃만 핀다

アリラン

アリラン アリラン アラリヨ

アリラン ゴゲロ ノモガンダ

ナルル ボリゴ ガシヌン ニムン

シプリド モッカソ パルビョンナンダ

アリラン アリラン アラリヨ

アリラン ゴゲロ ノモガンダ チョンチョンハヌルエヌ

ビョルド マンコ ウリネ ガスメン クムドマンタ

アリラン アリラン アラリヨ

アリラン ゴゲロ ノモガンダ

ジョギ ジョサニ ベッドゥサニラジ

ドンジ ソッダレド ッコンマヌ ピンダ

トラジ

トラジ トラジ トラジ

可愛いトラジの花咲いている

峠を越えてゆく道

幼なじみの道だよ

ヘイヘイヤ ヘイヘイヤ

ヘイヘイヤ!

トラジ トラジ トラジ

白いトラジの花みつめて

母を偲ぶたそがれ

星はやさしく揺れるよ

ヘイヘイヤ ヘイヘイヤ

ヘイヘイヤ!

トラジ トラジ トラジ

髪にトラジの花飾れば

過ぎた昔なつかし

夢もほのかに浮かぶよ

ヘイヘイヤ ヘイヘイヤ

ヘイヘイヤ!

도라지

도라지 도라지 도라지

심심산천의 도라지

한두 뿌리만 캐어도

대바구니로 반실만 되누나 (후렴) 에헤요 에헤요 에헤애야 어여라난다 지화자

좋다 저기 저 산 밑에 도라지가 한들한들

도라지 도라지 도라지 은율(殷栗) 금산포(金山浦) 백도라지

한 뿌리 두 뿌리 받으니

산골에 도라지 풍년일세

도라지 도라지 도라지 강원도 금강산 백도라지 도라지 캐는 아가씨들 손맵시도 멋들어졌네

Doraji

(Korean pronunciation)

dolaji dolaji dolaji

simsimsancheon-ui dolaji

handu ppuliman kaeeodo

daebagunilo bansilman doenuna

(hulyeom) eheyo eheyo eheaeya

eoyeolananda jihwaja

johda jeogi jeo san mit-e

dolajiga handeulhandeul

dolaji dolaji dolaji eun-yul(eunlyul)

geumsanpo(geumsanpo) baegdolaji

han ppuli du ppuli bad-euni sangol-e

dolaji pungnyeon-ilse

dolaji dolaji dolaji

gang-wondo geumgangsan baegdolaji

dolaji kaeneun agassideul sonmaebsido

meosdeul-eojyeossne

Doraji

(Traditional Korean Folk Song)

Doraji, doraji, doraji!

I walk over the pass

where doraji flowers bloom. It is a path

that is familiar to me. Hey-ya, hey!

Doraji, doraji, doraji!

I look at these white flowers

that remind me of my mother, in the evening

with the twinkling stars. Hey-ya-hei!

Doraji, doraji, doraji!

When I wear these

white flowers on my hair,

it reminds me of my young days and my dreams.

Hey-ya, hey!

麻莉花

きれいな茉莉花

庭中に咲いたどの花も

その香りにはかなわない

麻莉花

好一朶美麗的茉莉花

好一朶美麗的茉莉花

芬芳美麗滿枝椏

又香又白

人人誇 讓我來將你摘下

送給別人家

茉莉花茉莉花

mòlìhuā

(Mandarin pronunciation)

hǎo yī duǒ měilì de mòlìhuā hǎo yī duǒ měilì de mòlìhuā fēnfāng měilì mǎn zhīyá

yòu xiāng yòu báirén rén kuā ràng wǒ lái jiāng nǐ zhāi xià sòng gěi bié rénjiā

mòlìhuā ya mòlìhuā ya

JASMINE FLOWER

(Traditional Chinese Folksong)

Here is a beautiful jasmine flower;

Here is a beautiful jasmine flower.

Perfumed blossoms fill the branch,

Fragrant and white for everyone's delight.

Let me come and pick a blossom

To give to someone,

Jasmine flower, oh jasmine flower.

鈴鹿馬子唄

坂は照る照る鈴鹿は曇る

あいの土山雨が降る

馬がものいうた鈴鹿の坂で

おさん女郎なら乗しょというた

手綱片手の浮雲ぐらし

馬の鼻唄通り雨

与作思えば照る日も曇る

関の小万の涙雨

関の小万が亀山通い

月に雪駄が二十五足

関の小万の米かす音は

一里聞こえて二里ひびく

馬はいんだにお主は見えぬ

関の小万がとめたやら

昔恋しい鈴鹿を越えりゃ

関の小万の声がする

Thank you so much for a lot of web sites,I could research a lot of traditional folk song lyrics.

祇園囃子 歌詞無し

ー映画祇園囃子(1953 監督:溝口健二)からー

新しい時代、基本的人権を主張する時代と、

芸妓の世界. 美代春も栄子も基本的人権を主張する女性でした.

義理、人情に、ここでは詳しくは触れずに置きますが、

描かれた義理、人情は決して良いものではありません.

人としての情を失ってはならないけれど、

義理、人情で他人にすがる行為はいけないのですね.

栄子は母親の友人だった美代春に頼み込んで芸妓になったのは、

美代春の義理、人情にすがった行為でした.

美代春もまた、栄子が芸妓として顔見せするとき、

他人の義理、人情にすがってお金を借りました.

そして、この借りたお金が後々まで尾を引くことになります.

基本的人権を主張するということは、

一つには人間として自立することであり、

他人に頼らない、義理、人情に頼らないことである.

ことさら、お金に関わることで、義理、人情にすがることは

卑怯なことと言うべきなのでしょう.

結果として、卑怯な人間たちの都合によって、

体を与えることになってしまいました.

人としての情を失わず、

互いに助け合うことは 大切なことなのですが.

義理、人情が支配し、基本的人権が守られない世界ならば、

芸妓の世界はなくさなければならない世界である.

文化遺産だ、無形文化財だからと言って、

基本的人権が無視されてよいはずがありません.

最後に栄子が言ったとおりなのですね.

神崎(役人)

楠田(専務) 佐伯(部下)--- お君(女将)

美代春(芸妓)

栄子(舞妓)

<あらすじ>

置屋に所属せず一人で商売を営む芸妓、美代春は、

没落した昔の馴染み客の娘、栄子に頼って来られ、

「芸妓になりたい」という彼女の願いを聞き入れて

祇園を仕切る女将のお君に借金の相談に行く。

修行を重ね「美代栄」としてお披露目となった席で

栄子は、車両会社の御曹司で専務の楠田に見初められ、

同時に美代春も、そこで接待を受けていた役人の神崎に

一目惚れされる。

神崎に取り入って大きな仕事の受注を受けたい楠田の部下の佐伯は、

美代春が神崎と寝るように計らってくれと女将のお君に頼む。

お君の説得に美代春はなかなか良い返事をしない。

進展しない事態に焦れた楠田は東京見物を仕組み、

強引に美代春と神崎を会わせる一方、

自分は栄子を手込めにしようとするが、

抵抗した栄子に舌を噛まれて大怪我する。

佐伯は、こうなった以上どうしても美代春を

神崎に差し出して事を収めるようお君に釘を刺し、

お君は美代春を呼びつけて恫喝する。

お君の差し金で商売を干され進退窮まった美代春は、

栄子の免罪と引き換えに神崎と寝る。

それを知った栄子は反発するが、

「あんたを守るため」と美代春に宥められ、

晴れてお座敷解禁となった二人は

着飾って祇園の街に出て行く。

祇園の情緒たっぷりに

女の哀しみを描いた佳作といった扱いの本作だが、

ここに描かれているのは最初から最後まで、

露骨なまでの権力関係である。

錯綜する権力関係があらゆる場面に充満している。

[@大野左紀子:Ohnoblog2より]

http://d.hatena.ne.jp/ohnosakiko/about

民謡の読人知らずの言葉は力構造との抗いで、

触れずにいたい無意識が逆転構造を発生させ得る。

耳とは閉じることのできない器官である。

無言語の音楽化が構造からの浮上とともに

原点からの剥離の構造も発生させ得る。

[2016@中村典子]






2016年度中村研究室時間割 Schedule of NAKMAURA lab.2016

[schedule]

月曜 1講時 作曲法(音楽学部生・専門講義室) 

   2講時 作曲レッスン(予約・研究室)

  12:10-13:00 昼休み 

   3講時 音楽学演習i[創造のための電子音楽演習](CM室)

   4講時 作曲演習([M2C]研究室 or CM室)

   5講時 作曲([5] 研究室)

Mon 9:00- Composition(for undergraduate

all speciality students,lecture room)   

10:40- Composition(undergraduate 4B,lab.)

12:10- noon break

13:00- Musicology Seminar i[elecotronic acoustic studies for creation](CM lab,Uni.Hall)

14:30- Composition(reservation,lesson,lab.or CM lab.)

16:10-Composition(undergraduate 4A,lab.)

火曜 1講時 作曲([3B] 研究室)

   2講時 作曲理論研究(大学院・小合奏室・研究室)

   12:10-13:00 昼休み 

    3講時 委員会(中央棟)

   4講時 委員会(中央棟)

   5講時 教授会(大学会館)

Tue 9:00- Composition(undergraduate3A,reservation,lesson,lab.)

10:40- Study of Composing Theory (master course all students,lab.)

12:10- noon break

13:00-18:00 Meeting(Committee)[central building,uni Hall]

水曜  1講時  楽曲分析(音楽学部・専門講義室)

    2講時  3回生楽曲分析(作曲・指揮専攻、研究室)

    12:10-13:00 オフィス・アワー(研究室)

    3講時  作曲レッスン(学3A,研究室)

    4講時  作曲レッスン(予約・研究室)

    5講時  4回生楽曲分析(研究室)

Wed 9:00- Analysis

   (undergraduate all speciality students,lecture room)

   10:40- Analysis(undergraduate 3,comp.&cond.,lab.)

12:10-Office Hour(lab.)

13:00-Composition(undergraduate 3A,lesson,lab.)

14:40-Composition(reservation,lesson,lab.)

16:10- Composition (undergraduate 4A,lab.)

木曜 1講時 2回生楽曲分析(研究室)  

   2講時 作曲実習(院1A院1C,研究室)

   12:10−13:00 昼休み 

   3講時 作曲演習(院1A院1C,研究室)

   4講時 作曲レッスン(学4B・研究室)

   5講時 1回生楽曲分析(研究室)

Thu 9:00- Analysis(undergraduate 2,lab.)

10:40- Composition(graduate 1A)

11:40-Composition(graduate 1C)

13:00- Composition Seminar(graduate 1 A&C,lab.)

14:30- Composition(undergraduate,4B)

16:20- Analysis(undergraduate 1,lab.)

金曜 1講時 作曲レッスン(予約・研究室,CM室,伝音)

   2講時 作曲レッスン(予約・研究室,CM室,伝音)

   12:10-13:00

   3講時 作曲レッスン(予約・研究室,CM室,伝音)

   4講時 作曲レッスン(予約・研究室,CM室,伝音)

   5講時 作曲レッスン(予約・研究室,CM室,伝音)

Fri 9:00- Composition(lesson,reservation)

10:40- Composition(lesson,reservation)

12:10- noon break

13:00- Composition(lesson,reservation)

14:30- Composition(lesson,resavation)

16:10- Composition(lesson,reservation)

平成11年修士論文 

平野一郎

『宇良(浦嶋)神社の『夏祭』とその音楽』

主査

平成16年修士論文 

清水慶彦

ルチアーノ・ベリオの作品における音楽的「注釈」

《Sequenza10》、《Kol od(Chemins6)》を例に』

副査

平成19年度修士論文 

長谷川結花

アルバン・ベルクヴァイオリン協奏曲》の

表現技法にみる「伝統」と「現代」の和解』

主査

平成19年度博士論文

ウメル・ママット

ウイグル古典芸術音楽の「十二ムカーム」について

 ―構造と演奏の実態を中心に』

副査

平成20年博士論文

清水慶彦

黛敏郎の音列技法:

  音列にもとづく「堆積的音響」の手法』

副査

平成25年博士論文

増田真結

『箏唄の作曲技法ー

 古代歌曲の古楽譜の解釈と音律研究を起点として』

副査

平成28年博士論文審査中

山路敦司

武満徹ポピュラー音楽に見られる作曲語法

 ー映画音楽における旋律の分析による実証を中心にー』

2016-09-09

2016年度中村研究室時間割 Schedule of NAKAMURA lab.2016

16:13

毎日の活動はこちら:

Daily activity⇨  http://nakamura89.exblog.jp

大学web:http://www.kcua.ac.jp/music/music-professors/

確固としたものが揺れ動くより、

揺れ動くものがしっかりあるほうがいい。

             如何美輝暁星&暁環


Multiple singing firmly with elasticity on time frame,

than slight waving of perfect completion by time grid.

Nakamura Noriko:"Wie Schön leuchtet der Morgenstern" für Kammerorchester(2013)

& Nakamura Noriko:"annulus aurorae" concerto for bassoon and orchestra(2016)




Nakamura Noriko:

眞聲 vox verum 2013 - 地馨 dixin 2016

graphic notation ⇆ proportional notation

bassoon solo 2013眞聲 vox verum

shakuhachi solo 2013伊福 inspirare

viola solo 2013雛鳥詞 soul voice

orchestra 2013如何美輝暁星 Wie schön leuchtet der Morgenstern

trombone & tenor concerto 2014 韻禱 yundao

electronics 2014 花如 quasi flos

percussion solo 2014斎 jae

koto with singing 2015斎 zhai

bassoon&electronics 2015 眞聲花如 vox verum quasi flos

soprano & orchestra 2015 永九 yongjiu

marimba concerto 2015 眼天地耳 sky eyes,ground ears

sho & string orchestra 2015 海煥草木川花奏鳴 hae hwan cho mokgcheon hwa ju meong

oratorio 2016 天聲地韻 vox caelum,terra rithimus

bassoon duo 2016 眞聲天如vox verum quasi caelum

piano concerto 2016 眞聲水如 vox verum quasi aqua

[inataniyusuke: bn duo 2016 双樹 sohju]

bassoon concerto 2016 暁環 annulus aurorae

bassoon solo 2016 地馨 dioxin


20161204 中村典子:連聲 vox benedictus 原曲一覧

淡海 江州音頭 [滋賀] https://www.youtube.com/watch?v=DftwFeov28E

因幡 貝殻節 [鳥取] https://www.youtube.com/watch?v=NdSJjLyLShQ

出雲 安来節 [島根] https://www.youtube.com/watch?v=0qB0QodRVrY

大和 吉野木挽唄 [奈良] https://www.youtube.com/watch?v=FzSVdFNXVtQ

出雲 安来節 [島根] https://www.youtube.com/watch?v=0qB0QodRVrY

紀伊 新宮節 [和歌山]https://www.youtube.com/watch?v=2WQn21eC648

難波 河内音頭 [大阪]https://www.youtube.com/watch?v=Z7-73v7BiM0

讃岐 金比羅舟舟 [香川] https://www.youtube.com/watch?v=Pxmfq6d-jFI

阿波 阿波踊 [徳島] https://www.youtube.com/watch?v=aYMTrsOdCks

武蔵 咲良咲良 [東京] https://www.youtube.com/watch?v=MKmWDL1wJvA

李朝 アリラン [韓国] https://www.youtube.com/watch?v=PFJ1bR1Duos

高句麗 ドラジ [韓国] https://www.youtube.com/watch?v=3r_JzIbxw5s

茉莉花 [中国] https://www.youtube.com/watch?v=vHnQ0TFom9Y

武蔵 咲良咲良 [東京] https://www.youtube.com/watch?v=MKmWDL1wJvA

伊勢 鈴鹿馬子唄 [三重] https://www.youtube.com/watch?v=5rK69NRCivE

山城 祇園囃子 [京都] https://www.youtube.com/watch?v=0fEO37m4R30




Until all resonance

    Nakamura Noriko

Do not forget yesterday

Do not afraid tomorrow

Today embrace you

When I was born

Yesterday and Tomorrow

hace embraced you

Until all resonance

Until all resonance

Someday all resonant with you

Someday all resonant with you and you

Until all resonance

Until all resonance

Someday all resonant with you

Someday all resonant in the earth

Someday all resonant in this space

When my space resonant

Tomorrow space embrace

Tomorrow embrace you in tomorrow

Today,I embrace all this space

Space ask you

When yesterday and tomorrow

embrace today

resonant all

this space


共振するまで

      中村典子

昨日のことをわすれない

明日のことをこわがらない

今日がわたしを抱きしめる

わたしが生まれたところでは

わたしが生まれたそのときの

ふたりのうでが包んでいる

共振するまで

共振するまで

いつかあなたと共振するまで

いつかふたりが共振するまで

共振するまで

共振するまで

いつかあなたが共振すれば

いつかみんなが共振する

いつか宇宙が共振する

わたしの宇宙が共振すると

明日の宇宙が抱きしめる

明日のあなたを抱きしめる

今日のわたしが抱きしめた

宇宙があなたを求めている

あなたとわたしのうでで

今日を抱きしめれば

共振するよ昨日と明日も

宇宙のすべてが

공진할 때 까지

나카무라노라코

어제가 내일과 상의해

오늘 나를 껴안아 말린다

내가 태어난 곳에서는

내가 태어난 그 때의

두 사람의 팔에 싸여져

공진할 때 까지

공진할 때 까지

언젠가 누군가와 공진할 때 까지

언젠가 둘이서 공진할 때 까지

공진할때 까지 공진할때 까지

언젠가 누군가가 공진하면

언젠가 모두가 공진한다

언젠가 우주가 공진한다

나의 우주가 공진하면

누군가의 우주가 손을 넓혀

어제의 나를 껴안아 말린다

오늘 내가 껴안아 말린 우주를

누군가가 껴안는다

누군가와 나의 팔이

오늘을 꼬옥 껴안고 공진한다

어제와 내일과 우주의 전부가

[2012@nakamuranoriko-kimsohyon]


クラッシックの日陰から 

未来のクラシック

from the shadow of classic

to the future of classic

Shadow of left,Halation of right

Nakamura Noriko

On the first day of concerts,it was heavy raining.

I reached almost 20:00 by this condition,and

I heard there was a leak in the roof in concert place. 

On the second day,it was fine,although

a female composer who was only one existence on

the program by the almost male composer,

she was not appeared to the concert.


running up directly KAWAKAMI,he was on the halation

as the strong contrast of his visual on the

back of cathedral's organic curves.

About the first day's program,

ISHIBASHI 's trembling firmly on the first day,

HASHIZUME's complement, balancing firmly

with ARIMA'sleft-handed piano by his eyes.

About the second day's program,

KADOTA's symbolism and TSUBOI's Whole spatial continuity.

On these crossing roads,there are existing

a window for diverse organic lights.

左の日陰、右の眩暈

              中村典子

1日目の極端な土砂降りの雷雨に着く筈の会場に

小一時間の遅れ、会場には雨漏りがあったそうだ。

2日目天気には恵まれたが、プログラム唯一の若い

女性作家が来れず、若い男性達の応酬の景となる。

駆け抜ける川上はビジュアル後方の聖堂の曲線の

有機性とは対照に、またハッチントンの対象との

交差とも無結に、対照の対照の反射の光暈にある。

1日目の石橋の確固たる震え、

橋爪の眼差しにある左手の有馬を補完させる

確固たるゆるぎ。

2日目の門田の表象性と壷井の全的空間性。

その交差の径に、多様なる有機性への光の

小窓が開いている。

Youtube

中村典子:眼天地耳 

Nakamura Noriko:Sye Eyes,Ground Ears

marimba:Makoto Nakura & Art Ensemble [Italy]

https://www.youtube.com/watch?v=DZ1HexbU7cs

中村典子:遠聲譜

Nakamura Noriko:Onjofu

marimba:Makoto Namura & Art Ensemble Italy]

https://www.youtube.com/watch?v=z9ENhMUxnzg

中村典子:奈備

Noriko Nakamura:Navi

InNova Dúo

https://www.youtube.com/watch?v=CwS3Pn9Lx4Q [Spain]

中村典子:奈備

Noriko Nakamura:Navi

Recital de percussion - Fabrice Vernay - mai 2008 - Lausanne (CH) [Swiss]

https://www.youtube.com/watch?v=SBJEJZkG4Sw

中村典子:奈備

Noriko Nakamura:Navi

flute:Yuri Hashimoto percussion:Miki Campins [Sweden]

https://www.youtube.com/watch?v=faYZRf_hNB4

https://www.youtube.com/watch?v=-__g5bTskbM

中村典子:奈備

Nakamura Noriko:Navi

flute:Sarah Hartong AlexandrosD.Fragislatos [U.S.A.]

hargerger Institute for design and the arts,school of Music,Arizona state university

https://m.youtube.com/watch?v=i5suBs-2xL8

蕪村 京ことばによせて 音楽:中村典子 

語り:山下智子 菊川徳之助

合唱:アンサンブルアカデミー京都

篠笛:井伊亮子 十七絃:麻植美弥子

チェロ:松崎安里子 十七絃:麻植美弥子

ソプラノ:美堂舞

弦楽四重奏中村仁美、木須すみれ、中村公俊、大西泰徳

Buson -contribute Kyo dialect-(2011)

music:Nakamura Noriko

https://www.youtube.com/watch?v=lUB1s6ciOPc

中村典子:楽舞台鑑眞

鑑眞:楊雪元

光明子:村辺恵奈

行基:虫本友

光明皇后:岡田由美子

孝謙天皇:奥田聖子

聖武天皇:菊田義典

栄叡:中川公志(HAMORI-BE)

普照:小原有貴(HAMORI-BE)

フルート:田呈媛

打楽器:宮本妥子

箏・十七絃十七絃

ピアノ:南木優子

弦楽四重奏:木村直子 宮下和子 法橋泰子 木村政雄

Nakamura Noriko:opera Jianzhen (2012)

https://www.youtube.com/watch?v=E-RBQkSoZLU

中村典子:雙光 lucis propinquis

Nakamura Noriko:Lucis propinquis (2016)

organ:Carlo Forlivesi koto:Oe miyako

Azuchi Bungei Seminario

https://www.youtube.com/watch?v=nhd-x2E2UNk

中村典子:廉太郎の花

Nakamura Noriko:die Blüte der Rentaro für zwei marimba mit zwei Spieler (2008)

marimba:Miyamoto Yasuko & Goto Yuriko

Miyamoto Yasuko Recital

Hyogo performing Arts Center

https://www.youtube.com/watch?v=zVIQPlZSSYY

歌詞一覧

江州音頭

えい-皆様たのみます

(アードッコイセ)

お見かけ通りの若輩が

習い覚えた一節を

つたないながらも

時間まで一生懸命

読み上げまするで

芽をだしまする

二つ葉の苗の育つよう

熱い情のご声援

ひとえにお願い申しまする

(コラ ヨイトヨイヤマカ ドッコイサノセ)

そもそも永正十七年

行基菩薩の御発願

四十九院の一寺にて

日吉山は千樹寺に

観音阿みだ如来をば

本尊と安置して

万民快楽をいのらるる

近郷近在 処々方々

善男善女の参詣に

門前市をなす繁盛

(コラ ヨイトヨイヤマカ ドッコイサノセ)

永禄十一年 秋半ば

織田信長の軍勢に

焼打ちされて たちまちに

さしも栄えし千樹寺も

跡かたもなく なりにけり

そこで 天正十四年

藤野太郎右ェ門その人が

私財を喜捨し 一寄進

寺の再建折念せり

めでたく本道建立

落慶供養の余興にて

時の住職 根誉上人

自らお経に節をつけ

声高らかに読みければ

(コラ ヨイトヨイヤマカ ドッコイサノセ)

(コラ ヨイトヨイヤマカ ドッコイサノセ)

信長の面々 相つどい

ぎゃあてい ぎゃあてい

はらぎゃあてい

はら僧ぎゃあてい

と踊りつく

身ぶり手ぶりも面白く

夜の白むのも打ち忘れ

互いに喜びかわしれり

(コラ ヨイトヨイヤマカ ドッコイサノセ)

貝殻節

何の因果(いんが)で

貝殻(かいがら)漕(こ)ぎなろうた

カワイヤノー カワイヤノ

色は黒うなる 身はやせる

ヤサホーエヤ ホーエヤエー

ヨイヤサノ サッサ

ヤンサノエー ヨイヤサノ サッサ

浜村沖から 貝殻が招く

カワイヤノー カワイヤノ

嬶(かか)よ まま炊け 出にゃならぬ

ヤサホーエヤ ホーエヤエー

ヨイヤサノ サッサ

ヤンサノエー ヨイヤサノ サッサ

戻る舟路(ふなじ)にゃ 櫓櫂(ろかい)が勇む

カワイヤノー カワイヤノ

いとし妻子(つまこ)が 待つほどに

ヤサホーエヤ ホーエヤエー

ヨイヤサノ サッサ

ヤンサノエー ヨイヤサノ サッサ

押せよ 押せ 押せ港が見える

カワイヤノー カワイヤノ

押せば皆が 近くなる

ヤサホーエヤ ホーエヤエー

ヨイヤサノ サッサ

ヤンサノエー ヨイヤサノ サッサ

安来節

<素 唄>

安来千軒 名の出たところ 社日桜に 十神山

松江名所は 数々あれど 千鳥お城に 嫁ケ島

出雲名物 荷物にならぬ 聞いてお帰り 安来節

○上げた白帆が 染まりはせぬか 安来港は 花吹雪

安来安来と 駅呼ぶ声に 見れば間近に 十神山

○いつも変わらぬ 緑の色で 裏も表もない 十神

○鶴が来ました 十神の山へ さぞや亀島 うれしかろ

○鐘に送られ 清水もどり 早やも社日の夕桜

愛宕お山に 春風吹けば 安来千軒 花吹雪

○わしがお国で 自慢なものは 出雲大社安来節

恵比寿大黒 出雲の国の 西と東の 守り神

○十神お山に 花衣着せて 添わせたいぞえ 出雲富士

○旅は道連れ この世は情け 助け合うてぞ 世は丸い

安来港に 碇はいらぬ 十神水雲(もずく)で 船つなぐ

○関は朝日よ 杵築は夕日 名所出雲の 西東

○山晴れ山晴れ 出て山見れば 雲のかからぬ 山はない

松江大橋 流りょが焼きょが 和田見通いは 船でする

○和田見恋しや 伊勢宮様の 松が見えます ほのぼのと

伯耆大山 だらりの帯よ 解いて投げたか 五里ケ浜

○咲いた時より その散り際を 人に見せたい 桜花

○人の手前は 薄茶と見せて 心濃茶四畳半

○鐘に送られ 清水もどり 早やも社日の夕桜

汽車の窓から 社日ヶ丘は 一目千本花ざかり

出雲八重垣 鏡の池に 写す二人の 晴れ姿

○国のお方と 知らずにいたが 唄で気づいた 安来節

○荒い波風 さぞ辛かろう 姿かわすな 嫁ケ島

○何はなくとも 出雲へござりゃ 心尽くしの 安来節

○お国ばかりか 外つ国までも 唄い響かす 安来節

○お国訛りを つい悟られて 唄いましたよ 安来節

○私ゃ出雲安来の生まれ 子守唄から 安来節

○狭い安来に お糸が生まれ 広い世界に 安来節

○秋の色草 先出た花の 咲いた中より 咲き誇る

○通う千鳥の 心も知らず 君が隠した 須磨の浦

神代ながらの 出雲の国に 昔かわらぬ 安来節

○さても珍らし 月の輪まつり 夜の安来は 人の波

○唄に名高い 社日の桜 安来千軒花霞

出雲札所は 清水さまよ 花が散ります 菅の笠

○一夜泊りの 安来の宿に 聞くもうれしい 安来節

○芸はなけれど 生まれは出雲 下手も自慢の 安来節

○まとまるものなら まとめておくれ いやで別れた 仲じゃない

○三味の音色は 千両のあたい 唄は万両の 安来節

出雲大社で 結んだ帯を 心安来の 宵に解く

○心安来に 思いは隠岐に 波を枕に 船の旅

○熱い情に 鋼も溶ける 溶けて社日の 花と咲く

○恋と鋼は よう似たものよ 焼きよ次第で 味が出る

宍道湖水の 朝霧晴れて 浮いたお城の 晴姿

松江大橋 柳の雨に わたしゃあなたを 濡れて待つ

○咲いた桜に なぜ駒つなぐ 駒が勇めば 花が散る

○恋にこがれて 鳴く蝉よりも 啼かぬ蛍が身をこがす

○金はなけれど 日毎に唄で 心楽しく 暮らしたい

○恩を忘るな 育ての親の 手許はなるる 巣立鳥

○咲いた時より その散り際を 人に見せたい 桜花

○兎角世間は 枯木に見せて 裏で咲かせる 藤の花

○思い出すよじゃ 惚れよが浅い 思い出さずに 忘れずに

○山に切る木は 数々あれど 思い切る木は 更にない

○薮の筍 どなたのために 今朝も一肌 ぬぐのやら

○露に濡れたる つがいの蝶々 しばし菜の葉の 裏住まい

○月も宿らず 汲む人もなし 木の葉がくれの 谷の水

安来大橋 朝もやこめて 夢の港は まださめぬ

安来千軒 昔のことよ 今じゃ万軒 唄の街

○親の手ほどき その子がうけて 孫も唄うよ 安来節

大和島根の 北から南 歌で踊らす 安来節

○親がうたって 子供についで 孫子も好きだよ 安来節

○今も昔も 変わらぬものは お糸まつりの うたの声

○響け歌声 世界の空へ とどけ島根安来節

○お国訛りと 神話が自慢 うたい響かせ 安来節

○見ても聞いても 心がはずむ 日本一だよ 安来節

○花の安来で 生まれて育ち 今じゃ世界の 安来節

○三味の音色と 自慢の声で さすが本場の 安来節

○みどり豊かな 島根の旅路 唄も明るい 安来節

○唄の安来安来の唄か 唄で伸び行く 安来節

出雲生まれを 誇りに持って 声張りあげよ 安来節

○唄いつづけりゃ 苦労も年も 忘れますぞえ 安来節

○花の社日と 十神の山を 風が掛けたる 桜橋

○唄は聞きもの 踊りは見もの 唄え踊れよ 安来節

わたし出雲安来の生まれ 子守り唄から 安来節

○年に一度の 月の輪まつり 唄いますぞえ 安来節

安来名所は 社日の桜 人の心に 花が咲く

○たった一節 唄へば知れる 本場仕込みの 安来節

○年は取れども 鍛えた喉で 唄う自慢の 安来節

○主の踊りで 妾の唄で 世界隈なく 広めたや

○踊るあの娘の 身振りに惚れて 習い覚えた 安来節

○嫁御唄えば 鶴亀踊る 笑顔千両の 安来節

○唄に聞き惚れ 踊りにみとれ 月も浮かれる 安来節

○老いを忘れて ただ一筋に 唄い続ける 安来節

○夢の大橋 安来米子 かけて嬉しや 中の海

宍道湖水の 屋形の上で 仰ぐ大山 雪の肌

島根見どころ 荒波しぶき 神楽太鼓に 安来節

○十神大橋 朝もや晴れりゃ 安来鋼の 鎚の音

伊予に石鎚 島根大社 共に育てる 安来節

○可愛いお手ゝが 十から先は 指が足りない 幼稚園

○紅いりんごを 並べたような 子等の寝顔に 母の笑み

○親の意見と 茄子の花は 千に一つの 仇がない

○誰が生けたか 一輪差しの 春が芽を吹く 猫柳

吉野木挽唄

ハアー 吉野吉野と 訪ねてくればよ

吉野千本 サア 花盛りよ

ハアー何んの因果で 木挽を習いよ

花の盛りを サア 山奥によ

ハアー木挽女房に なるなよ妹よ

思う中でも サア 引き分けるよ

新宮節

新宮よいとこ 十二社様の

(セノ ヨイヤサノセー)

神のまします よいところ

(エッサーエッサー ヤレコノセ

ヒーヤーリ ハリハリセー)

お灯祭りは 男の祭り

山は火の滝 下り竜

河内音頭

エーさては一座の皆様へ

ちょいと出ました私は

おみかけ通りの悪声で ヨホーイホイ

まかり出ました未熟者お気に召すようにゃ

読めないけれど 七百年の昔より

唄い続けた河内音頭にのせまして

せいこんこめて唄いましょ

ソラ ヨイトコサッサノ ヨイヤサッサ

エー 大和河内の国境

中にひときわ悠然と

ヨーホイホイ エンヤコラ

ドッコイセ

そびえて高き金鋼山 よ 建武の昔大楠公

その名も 楠正成公 今に伝えた民謡

河内音頭と申します 聞いておくれよ

荷物にゃならぬ 聞いて心も

うきうきしゃんせ

気から病が出るわいな

唄の文句は小粋でも 私しゃ未熟で

とってもうまくも きっちり実際まことに

みごとに読めないけれど

八千八声のほととぎす

血をはくまでも つとめましょ

金比羅舟舟

金毘羅(こんぴら) 舟舟

追い手に 帆かけて

シュラシュシュシュ

回れば 四国

讃州(さんしゅう) 那珂(なか)の郡(ごおり)

象頭山(ぞうずさん) 金毘羅大権現(だいごんげん)

いちど まわれば

金毘羅石段(いしだん) 桜の真盛(まさか)り キララララ

振袖(ふりそで)島田が サッと上(あが)る

裾(すそ)には降りくる 花の雲

いちど まわれば

金毘羅み山の 青葉のかげから キララララ

金の御幣(ごへい)の 光がチョイさしゃ

海山雲霧(うみやまくもきり) 晴れわたる

いちど まわれば

お宮は金毘羅 船神(ふながみ)さまだよ キララララ

時化(しけ)でも無事だよ 雪洞(ぼんぼり)ゃ明るい

錨(いかり)を下(おろ)して 遊ばんせ

いちど まわれば

阿波

<はやし>

(ア ヤットサーヤットサー ア ヤットヤット)

(アーラエライヤッチャ エライヤッチャ ヨイヨイヨイヨイ)

阿波の殿様 蜂須賀公が 今に残せし 阿波踊り(盆踊り)

○月の眉山 浮かれて浮いて 様は踊りの 夕化粧

○踊り踊らば 品よく踊れ 品の良い娘を 嫁にとる

阿波徳島 十郎兵衛娘 お鶴いとしや 巡礼

巡礼お鶴の あの菅笠に いとし涙の 雨が降る

○手ぶり足ぶり 七つの海を 越えて見せたい 阿波踊り

阿波阿波へと 流れる潮は やがて鳴門の 渦となる

○風がそよそよ 浮気の風で 滝の山から 花咲かす

○思う汐先 恋路の底へ 深う鳴門の 渦がまく

阿波はよいとこ 蜂須賀様の お威勢踊に 夜が明ける

○こうも鳴門で 未練の深み それで渦ほど 気がまわる

○秋の時雨に 紅葉を染めて 流れ筏の 吉野川

○盆に見せたい 編笠姿 誰と踊ろか 宵星に

○顔は見えねど 編笠越しに 主を見初めた 盆踊り

阿波の踊り子 よしこの囃子 盆の三日を 町々へ

○盆の踊りと 眉山の桜 聞かせやりたい 阿波だより

<唄ばやし>

!踊る阿呆に 見る阿呆

同じ阿呆なら 踊らにゃ損々 !

新町橋まで行かんか 来い来い

!お先のお方に お負けなよ

わたしは負けるの 大嫌い !

大谷通れば石ばかり

笹山通れば笹ばかり

猪豆喰うて ホーイホイホイ !

ひょうたんばかりが浮きものか

私の心も浮いてきた

ホーラ浮いた浮いた

咲良咲良

さくら さくら

弥生の空は 見わたすかぎり

霞か雲か 匂ひぞ出づる

いざや いざや 見に行かん

さくら さくら

野山も里も 見渡す限り

霞か雲か 朝日に匂ふ

さくら さくら 花盛り

アリラン

アリラン アリラン アラリヨ

アリラン峠を越えて行く

私を捨てて行かれる方は、

十里も行けずに足が痛む。

アリラン アリラン アラリヨ

アリラン峠を越えて行く

晴れ晴れとした空には星も多く、

我々の胸には夢も多い。

アリラン アリラン アラリヨ

アリラン峠を越えて行く

あそこ、あの山が白頭山

(満州民族朝鮮民族霊峰)だが、

冬至師走でも花ばかり咲く

아리랑

아리랑 아리랑 아라리요

아리랑고개로 넘어 간다 나를 버리고 가시는 님은 십리도 못가서 발병난다

아리랑 아리랑 아라리요 아리랑 고개로 넘어간다 청천하늘엔 별도 많고 우리네 가슴엔 꿈도 많다

아리랑 아리랑 아라리요 아리랑 고개로 넘어간다 저기 저 산이 백두산이라지 동지 섣달에도 꽃만 핀다

アリラン

アリラン アリラン アラリヨ

アリラン ゴゲロ ノモガンダ

ナルル ボリゴ ガシヌン ニムン

シプリド モッカソ パルビョンナンダ

アリラン アリラン アラリヨ

アリラン ゴゲロ ノモガンダ チョンチョンハヌルエヌ

ビョルド マンコ ウリネ ガスメン クムドマンタ

アリラン アリラン アラリヨ

アリラン ゴゲロ ノモガンダ

ジョギ ジョサニ ベッドゥサニラジ

ドンジ ソッダレド ッコンマヌ ピンダ

トラジ

トラジ トラジ トラジ

可愛いトラジの花咲いている

峠を越えてゆく道

幼なじみの道だよ

ヘイヘイヤ ヘイヘイヤ

ヘイヘイヤ!

トラジ トラジ トラジ

白いトラジの花みつめて

母を偲ぶたそがれ

星はやさしく揺れるよ

ヘイヘイヤ ヘイヘイヤ

ヘイヘイヤ!

トラジ トラジ トラジ

髪にトラジの花飾れば

過ぎた昔なつかし

夢もほのかに浮かぶよ

ヘイヘイヤ ヘイヘイヤ

ヘイヘイヤ!

도라지

도라지 도라지 도라지

심심산천의 도라지

한두 뿌리만 캐어도

대바구니로 반실만 되누나 (후렴) 에헤요 에헤요 에헤애야 어여라난다 지화자

좋다 저기 저 산 밑에 도라지가 한들한들

도라지 도라지 도라지 은율(殷栗) 금산포(金山浦) 백도라지

한 뿌리 두 뿌리 받으니

산골에 도라지 풍년일세

도라지 도라지 도라지 강원도 금강산 백도라지 도라지 캐는 아가씨들 손맵시도 멋들어졌네

Doraji

(Korean pronunciation)

dolaji dolaji dolaji

simsimsancheon-ui dolaji

handu ppuliman kaeeodo

daebagunilo bansilman doenuna

(hulyeom) eheyo eheyo eheaeya

eoyeolananda jihwaja

johda jeogi jeo san mit-e

dolajiga handeulhandeul

dolaji dolaji dolaji eun-yul(eunlyul)

geumsanpo(geumsanpo) baegdolaji

han ppuli du ppuli bad-euni sangol-e

dolaji pungnyeon-ilse

dolaji dolaji dolaji

gang-wondo geumgangsan baegdolaji

dolaji kaeneun agassideul sonmaebsido

meosdeul-eojyeossne

Doraji

(Traditional Korean Folk Song)

Doraji, doraji, doraji!

I walk over the pass

where doraji flowers bloom. It is a path

that is familiar to me. Hey-ya, hey!

Doraji, doraji, doraji!

I look at these white flowers

that remind me of my mother, in the evening

with the twinkling stars. Hey-ya-hei!

Doraji, doraji, doraji!

When I wear these

white flowers on my hair,

it reminds me of my young days and my dreams.

Hey-ya, hey!

麻莉花

きれいな茉莉花

庭中に咲いたどの花も

その香りにはかなわない

麻莉花

好一朶美麗的茉莉花

好一朶美麗的茉莉花

芬芳美麗滿枝椏

又香又白

人人誇 讓我來將你摘下

送給別人家

茉莉花茉莉花

mòlìhuā

(Mandarin pronunciation)

hǎo yī duǒ měilì de mòlìhuā hǎo yī duǒ měilì de mòlìhuā fēnfāng měilì mǎn zhīyá

yòu xiāng yòu báirén rén kuā ràng wǒ lái jiāng nǐ zhāi xià sòng gěi bié rénjiā

mòlìhuā ya mòlìhuā ya

JASMINE FLOWER

(Traditional Chinese Folksong)

Here is a beautiful jasmine flower;

Here is a beautiful jasmine flower.

Perfumed blossoms fill the branch,

Fragrant and white for everyone's delight.

Let me come and pick a blossom

To give to someone,

Jasmine flower, oh jasmine flower.

鈴鹿馬子唄

坂は照る照る鈴鹿は曇る

あいの土山雨が降る

馬がものいうた鈴鹿の坂で

おさん女郎なら乗しょというた

手綱片手の浮雲ぐらし

馬の鼻唄通り雨

与作思えば照る日も曇る

関の小万の涙雨

関の小万が亀山通い

月に雪駄が二十五足

関の小万の米かす音は

一里聞こえて二里ひびく

馬はいんだにお主は見えぬ

関の小万がとめたやら

昔恋しい鈴鹿を越えりゃ

関の小万の声がする

祇園囃子 歌詞無し

ー映画祇園囃子(1953 監督:溝口健二)からー

新しい時代、基本的人権を主張する時代と、

芸妓の世界. 美代春も栄子も基本的人権を主張する女性でした.

義理、人情に、ここでは詳しくは触れずに置きますが、

描かれた義理、人情は決して良いものではありません.

人としての情を失ってはならないけれど、

義理、人情で他人にすがる行為はいけないのですね.

栄子は母親の友人だった美代春に頼み込んで芸妓になったのは、 美

代春の義理、人情にすがった行為でした.

美代春もまた、栄子が芸妓として顔見せするとき、

他人の義理、人情にすがってお金を借りました.

そして、この借りたお金が後々まで尾を引くことになります.

基本的人権を主張するということは、 一つには人間として自立することであり、

他人に頼らない、義理、人情に頼らないことである.

ことさら、お金に関わることで、義理、人情にすがることは

卑怯なことと言うべきなのでしょう.

結果として、卑怯な人間たちの都合によって、

体を与えることになってしまいました.

人としての情を失わず、互いに助け合うことは 大切なことなのですが.

義理、人情が支配し、基本的人権が守られない世界ならば、

芸妓の世界はなくさなければならない世界である.

文化遺産だ、無形文化財だからと言って、

基本的人権が無視されてよいはずがありません.

最後に栄子が言ったとおりなのですね.

神崎(役人)

楠田(専務) 佐伯(部下)--- お君(女将)

美代春(芸妓)

栄子(舞妓)

<あらすじ>

置屋に所属せず一人で商売を営む芸妓、美代春は、

没落した昔の馴染み客の娘、栄子に頼って来られ、

「芸妓になりたい」という彼女の願いを聞き入れて

祇園を仕切る女将のお君に借金の相談に行く。

修行を重ね「美代栄」としてお披露目となった席で

栄子は、車両会社の御曹司で専務の楠田に見初められ、

同時に美代春も、そこで接待を受けていた役人の神崎に

一目惚れされる。

神崎に取り入って大きな仕事の受注を受けたい楠田の部下の佐伯は、

美代春が神崎と寝るように計らってくれと女将のお君に頼む。

お君の説得に美代春はなかなか良い返事をしない。

進展しない事態に焦れた楠田は東京見物を仕組み、

強引に美代春と神崎を会わせる一方、

自分は栄子を手込めにしようとするが、

抵抗した栄子に舌を噛まれて大怪我する。

佐伯は、こうなった以上どうしても美代春を

神崎に差し出して事を収めるようお君に釘を刺し、

お君は美代春を呼びつけて恫喝する。

お君の差し金で商売を干され進退窮まった美代春は、

栄子の免罪と引き換えに神崎と寝る。

それを知った栄子は反発するが、

「あんたを守るため」と美代春に宥められ、

晴れてお座敷解禁となった二人は

着飾って祇園の街に出て行く。

祇園の情緒たっぷりに

女の哀しみを描いた佳作といった扱いの本作だが、

ここに描かれているのは最初から最後まで、

露骨なまでの権力関係である。

錯綜する権力関係があらゆる場面に充満している。

民謡の読人知らずの言葉は力構造との抗いで、

触れずにいたい無意識が逆転構造を発生させ得る

耳とは閉じることのできない器官である。

無言語の音楽化が対位する原点を軸に

浮上の構造も発生させ得る。

2016年度中村研究室時間割 Schedule of NAKMAURA lab.2016

[schedule]

月曜 1講時 作曲法(音楽学部生・専門講義室) 

   2講時 作曲レッスン(予約・研究室)

  12:10-13:00 昼休み 

   3講時 音楽学演習i[創造のための電子音楽演習](CM室)

   4講時 作曲演習([M2C]研究室 or CM室)

   5講時 作曲([5] 研究室)

Mon 9:00- Composition(for undergraduate

all speciality students,lecture room)   

10:40- Composition(undergraduate 4B,lab.)

12:10- noon break

13:00- Musicology Seminar i[elecotronic acoustic studies for creation](CM lab,Uni.Hall)

14:30- Composition(reservation,lesson,lab.or CM lab.)

16:10-Composition(undergraduate 4A,lab.)

火曜 1講時 作曲([3B] 研究室)

   2講時 作曲理論研究(大学院・小合奏室・研究室)

   12:10-13:00 昼休み 

    3講時 委員会(中央棟)

   4講時 委員会(中央棟)

   5講時 教授会(大学会館)

Tue 9:00- Composition(undergraduate3A,reservation,lesson,lab.)

10:40- Study of Composing Theory (master course all students,lab.)

12:10- noon break

13:00-18:00 Meeting(Committee)[central building,uni Hall]

水曜  1講時  楽曲分析(音楽学部・専門講義室)

    2講時  3回生楽曲分析(作曲・指揮専攻、研究室)

    12:10-13:00 オフィス・アワー(研究室)

    3講時  作曲レッスン(学3A,研究室)

    4講時  作曲レッスン(予約・研究室)

    5講時  4回生楽曲分析(研究室)

Wed 9:00- Analysis

   (undergraduate all speciality students,lecture room)

   10:40- Analysis(undergraduate 3,comp.&cond.,lab.)

12:10-Office Hour(lab.)

13:00-Composition(undergraduate 3A,lesson,lab.)

14:40-Composition(reservation,lesson,lab.)

16:10- Composition (undergraduate 4A,lab.)

木曜 1講時 2回生楽曲分析(研究室)  

   2講時 作曲実習(院1A院1C,研究室)

   12:10−13:00 昼休み 

   3講時 作曲演習(院1A院1C,研究室)

   4講時 作曲レッスン(学4B・研究室)

   5講時 1回生楽曲分析(研究室)

Thu 9:00- Analysis(undergraduate 2,lab.)

10:40- Composition(graduate 1A)

11:40-Composition(graduate 1C)

13:00- Composition Seminar(graduate 1 A&C,lab.)

14:30- Composition(undergraduate,4B)

16:20- Analysis(undergraduate 1,lab.)

金曜 1講時 作曲レッスン(予約・研究室,CM室,伝音)

   2講時 作曲レッスン(予約・研究室,CM室,伝音)

   12:10-13:00

   3講時 作曲レッスン(予約・研究室,CM室,伝音)

   4講時 作曲レッスン(予約・研究室,CM室,伝音)

   5講時 作曲レッスン(予約・研究室,CM室,伝音)

Fri 9:00- Composition(lesson,reservation)

10:40- Composition(lesson,reservation)

12:10- noon break

13:00- Composition(lesson,reservation)

14:30- Composition(lesson,resavation)

16:10- Composition(lesson,reservation)

2014-03-16

2015年度2014年度中村研究室時間割 Schedule of NAKAMURA lab. 2015 2014

08:08

2015年度中村研究室時間割 Schedule of NAKMAURA lab.2015

[schedule]

月曜 1講時 作曲法(音楽学部生・専門講義室) 

   2講時 作曲レッスン(予約・研究室)

  12:10-13:00 昼休み 

   3講時 音楽学演習i[創造のための電子音楽演習](CM室)

   4講時 作曲レッスン(学4A 研究室 or CM室)

   5講時 作曲レッスン(予約・研究室)

Mon 9:00- Composition(for undergraduate

all speciality students,lecture room)   

10:40- Composition(undergraduate 4B,lab.)

12:10- noon break

13:00- Musicology Seminar i[elecotronic acoustic studies for creation](CM lab,Uni.Hall)

14:30- Composition(reservation,lesson,lab.or CM lab.)

16:10-Composition(undergraduate 4A,lab.)

火曜 1講時 作曲レッスン(予約・学3A・研究室)

   2講時 作曲理論研究(大学院・小合奏室・研究室)

   12:10-13:00 昼休み 

    3講時 委員会(中央棟)

   4講時 委員会(中央棟)

   5講時 教授会(大学会館)

Tue 9:00- Composition(undergraduate3A,reservation,lesson,lab.)

10:40- Study of Composing Theory (master course all students,lab.)

12:10- noon break

13:00-18:00 Meeting(Committee)[central building,uni Hall]

水曜  1講時  楽曲分析(音楽学部・専門講義室)

    2講時  3回生楽曲分析(作曲・指揮専攻、研究室)

    12:10-13:00 オフィス・アワー(研究室)

    3講時  作曲レッスン(学3A,研究室)

    4講時  作曲レッスン(予約・研究室)

    5講時  4回生楽曲分析(研究室)

Wed 9:00- Analysis

   (undergraduate all speciality students,lecture room)

   10:40- Analysis(undergraduate 3,comp.&cond.,lab.)

12:10-Office Hour(lab.)

13:00-Composition(undergraduate 3A,lesson,lab.)

14:40-Composition(reservation,lesson,lab.)

16:10- Composition (undergraduate 4A,lab.)

木曜 1講時 2回生楽曲分析(研究室)  

   2講時 作曲実習(院1A院1C,研究室)

   12:10−13:00 昼休み 

   3講時 作曲演習(院1A院1C,研究室)

   4講時 作曲レッスン(学4B・研究室)

   5講時 1回生楽曲分析(研究室)

Thu 9:00- Analysis(undergraduate 2,lab.)

10:40- Composition(graduate 1A)

11:40-Composition(graduate 1C)

13:00- Composition Seminar(graduate 1 A&C,lab.)

14:30- Composition(undergraduate,4B)

16:20- Analysis(undergraduate 1,lab.)

金曜 1講時 作曲レッスン(予約・研究室,CM室,伝音)

   2講時 作曲レッスン(予約・研究室,CM室,伝音)

   12:10-13:00

   3講時 作曲レッスン(予約・研究室,CM室,伝音)

   4講時 作曲レッスン(予約・研究室,CM室,伝音)

   5講時 作曲レッスン(予約・研究室,CM室,伝音)

Fri 9:00- Composition(lesson,reservation)

10:40- Composition(lesson,reservation)

12:10- noon break

13:00- Composition(lesson,reservation)

14:30- Composition(lesson,resavation)

16:10- Composition(lesson,reservation)




New Year Message

              Nakamura Noriko[20140110]

510 million children

who are not able to go to school.

5000 million adults

who did not learn on the school.

Parents 10 times the number of a child

which cannot go to school cannot read.

There is a area as like this condition.


There are 5700 million children

who are not able to go to school on this earth.

There are 3200 million girls,it is two third of whole.


Twice [Two times] five is ten.

What times 5 is 100 ?

(Malala YOUSAFZAI to NAKAMURA Noriko)

510万人の学校に行けない子ども達がいる。

5000万人の学校で字を習うことができなかった大人達がいる。

学校に行けない子どもの10倍の数の大人達が

字を読むことができない。

そういう地域が世界にある。

世界には学校に通えない

5700万人の子どもがいる。

女の子は3200万人で

全体の3分の2。


5の倍は10だ。

5を何倍すると100になるか?

(マララ・ユサフザイ→中村典子)


ASIAN SCALE MAP PLAN

[NAKAMURA lab.]

RITSU 5 6 1 2 3 3 2 1 6 5

RYO 1 2 3 5 6 6 5 3 2 1

SLENDRO 1 2 3 5 6 6 5 3 2 1

PELOG    3 4 5 7 1 1 7 5 4 3

RYUKYU 5 6++ 1 2 3++     

INAKA 5 6+ 1 2 3+  

YOU 5 6 1 2 3+    3 2 1 6 5

RITSU  5 6 1 2 3+   3 2 1 6 5

YIN   5 6−1 2 3+   3−2 1 6 5

MIYAKO 5 6−1 2 3−   3−2 1 6−5


「日本のうた」

2014年2月8日、大雪のなかだが

駅隣の音楽堂であるため

車椅子での外出の安全は確保されると考えて

初めて車椅子独力で新幹線に乗り、公演に出かけた。

昨年夏座骨神経痛を患って車椅子を必要とし、

立位目線近くの高さの二つの鍵穴に

自力で鍵を開け閉めしての外出ができなかったが

思い切って雪の困難日に出かけてみた。

行き先は筆者の在住する関西圏と関東圏の中間に位置する

政令指定都市に拠を置く音楽堂。

公演で考えたことを書く。

プログラムは4作から構成されていた。

第1のプログラム

近代日本語と西洋大衆歌曲(ポップソング)の合体による

最も著名な反戦歌の一つにおいては

音楽堂立地拠点の大学現役アマチュア合唱団との

半分ずつの混合により互いの盲点に自然に手を貸し合って

人間性の発露を通した優れた表現となった。

第2のプログラム

言語による近代化と汎時代作曲技法

総覧的衝突的超克的コメントの合体による

最も優れた劇場作品theater pieceにおいては

プロフェッショナル合唱団本領発揮に

明治維新前の日本語と音楽の結合による眞華と

明治維新後の日本語による断絶による衝突を基盤に

日本の伝統楽器を呼び込み

あらゆる能動はほぼ不可能の痛みと共に

世界全体への表現に向けたコメンタリーに始動した。

第3のプログラム

漢語から和語による往復的主体精神に則った

選良特権階級の女性文学者による

世界的に著名な四季の日常への眼差しは

日本語を母語としない西洋圏の

非常に若い男性作曲者による

自己覚醒的微細コメントの合体による表現となり

非常に繊細に自然に新作初演された。

第4のプログラム

時代の異なる四篇の日本のうたの幻想的合唱編曲は

当地当医音楽堂音楽監督である作曲者自身の

他に類例をみないピアノ演奏を伴う以下三つと

日本中世童歌のリズム考、

近代日本語と西洋芸術歌曲の融合による

抒情歌(叙情歌)の幻想的色調変化、

現代日本語と黒人霊歌労働歌白人口承説話の

融合による和製ブルース

そして近世日本の語りものの一種の編曲では

名人の妻の作の伝のある平和の世に煥発する

社会の生命賛歌の詞章は

楽器部分の口唱歌を歌い込んだ無伴奏合唱に到着した。

日本のプロフェッショナル合唱団と日本の尺八奏者

ほぼ西洋圏で仕事する若い世代の日本の指揮者の仕事は

いずれも能動的非常に優れたものである。

そしてアンコール。

近代児童文学の一大運動誌に寄稿された

クリスチャン詩人の作による

代表的な日本の近代童謡が歌われた。

指揮者と同姓の日本初交響曲作曲家の作。

作曲家もまた同じく明治クリスチャン作曲家

歌詞の4番まで一点の翳りなく

オペラの如く詩の意味作用を完全に外して朗々と歌われた。

この簡素なスタイルの無伴奏合唱がこの合唱団の美声で

この日東西南北の地球の歴史的多面を

立体にし切るかに思えながらも

有節歌曲の同旋律の繰り返しに

詞の意味によって演者が伝達するはずの一点が流された。

日本語として意味文脈を発する

源の一節である消失点からの

詩人を通してあらわれたこのうたの

まことのはっするところからの表現に

達しなかったのは残念だ。

この著名な愛らしくはかない

赤色益虫を題名に持つ近代日本の国民的童謡は

特に子供には現在の社会にほぼあらわれない

社会習慣が含まれている3番を抜いて

歌われることがかつてあった。

詞の3番には

作者と日本近代を背負い育んできた

社会的弱者・人間の片割れへの痛み・

消失点からの眼差しが

具体的にあらわされる。

これがこの歌の全体そして

まことの近代のうたの発するところであり

調べて女性の初婚年齢は旧民法では満十五だったと知った。

私の窓は雪中展望を得た。

ご招待いただいた音楽堂の音楽監督にこころより深く感謝。

文中、構造を現すため一切の固有名詞を省いてみた。

2月1日に聴けたコンサート後のシンポジウム

ブログにコメントを書こうと思うと会場で発言して

溜まりに溜まっている曲や原稿を片付けているうちに

こちらが早くなった。

Song in Japan,Japanese Songs.

On the date of 8th February 2014,

I went to concert by wheel chair alone with SHINKANSEN,

because it seemed to keep safety myself

both way to concert hall the nearest next station.

Wheel chair is my nessesary by sciatica from last summer,

in addition to,it was hard by strong pain

to close and open key at high positioning key hole

on the entrance door,

I tried to go to concert in a lot of snow.

To concert hall at the between mid west area

and mid east erea in Japan,

it is in one of the ordiance designated city.

I write about my thinking during concert.

About first programme.

It was so excellent through expression of humanity

on one of the most famous anti-war songs

by the combination with modern Japanese language

and western pop song,

because they were helping each other

on the each blind spots on the combination of

half and half with professional chorus

with university active amatuer chorus.

About second programme.

On one of the most excellent theater piece

by the synthesis of the comprehensive,clashed

and overcoming comments

,the foundation that truth flower

by combitnation with Japanese language and Music

before the Maiji Restration,and

conflict by the break off of new Japanese langage between music from western culture after the Meiji Restration,

voices were calling really Japanese instrument and

staring for making comments for the expression facing whole the world,by themselves.

About third programme.

The world famous daily look for four seasons

by the woman author following the spirits independently

on the both way from Chinese langage to Japanese langage and from Japanese langage to Chinese langage

as the elite on privileged class,

it became the expression by the synthesis

of self-awakening minute comments by

so young man composer of western cultural sphere,

and premired delicately and naturally very much.

About fourth programme.

The Japanese songs fantastic arrangements,consist of

four pieces in different ages,it was perfomed as musical highlight with composers' unpararelled wonderful piano three performances

as this concert hall's general music director.

The rhythm research on Japanese medieval children song,and

The change on fantastic color coordination on lyrics,

Made-in-Japan blues by the fusion of modern Japanese langage and

black spirituals,work song and white oral narrative,and

The arrangement on the one sort of Katarimono narrative of early modern age in Japan,the sparkling poem of social hymn to life in peace age that tradition works by the wife of master narrator,

at last,it had reached to unaccompanied chorus with the singing of  traditional instrumental solmization without piano.

Japanese professional chorus,

professitonal shakuhachi player and

young generation conductor who is working

in western cultural area,

their works was all active and excellent.

And about ancore piece.

Japanese important famous modern children song

written by Chirstian poet on most greatest modern

children literature magazine was sung.

This song was composed also Christian musician

who is first symphony composer in Japan,

and conductor said this song's composer is the

just same name.

This song was sung all lyrics by sonorous voices

without meaning operation perfectly as like early opera,

and without sense for shadow perfectly.

This simple styled unaccompanied chorus piece

by great beautiful singing voice,

it was almost seemed in this concert to express

perfectly 3D from

this many sided lyrics on the histrorical

east-west-south-north globe,

but the one point was not reflected,

although it should be telling by meaning of lyrics

on the sequence of same melody line of strophic song.

It is so regrettable that music was not reached

the expression of truth from vanishing point's

original phrase of this lyric through poet

by the appearance of meaning context

as Japanese language.

This famous lovely transient red insect's titled

Japanese national folk children song was sung at once,

in the custum except third range by the reason of

including the almost lost social custum in this age.

On third range,the lyrics express concretely

the eyes from vanishing point,

the pain for the half of human as the social weak

who was carrying and raising up modern Japanese

and author,himself.

This is the emitting point of the true song,

I knew by the research,it was fifteen that mean

most youngest age of marriage possible

in old law under constitution of the Empire of Japan

as like this very young woman carriers

of modern Japanese.

My windows got a view in heavy snowing.

I thank deeply for the invitation

from the general musical director of this hall.

I omitted all proper nouns for the appearance of structure,

in the sentence.

at the date of 1st Febubuary 2014,

I could listen to concert and heard symposium,

and in the place,I said to write comment in my blog

on this occasion.But I wrote this comment at the first,

because I had a lots of commissioned composition and reports at that time and I went to this impressive concert.



「それにしても時間がかかる」


2014年2月1日(日)に行われた

「歌うアジア」と銘打たれた演奏会と公開討論の報告までに

一ヶ月半が経過した。

隣国の友人作曲家の名や友人演奏家達の名を見つけて

聴くために最大現に努力しつつも前週の

折からの激しい寒気に激痛を発し始めた腰痛により

当日居合わせられるか実に不安定のなか

演奏会と併設されたシンポジウムまで

結果として聴くことができたゆえの報告である。

当夜自分のブログに直接コメントすると発言したゆえに

気になって仕方ないながら数ヶ月前から溜めに溜めた原稿や

諸々作曲もという説明責任現場責任を

ひとつひとつ片付ける最中に

演奏会より9日後受けることが出来たMRI検査で

「杖をついて前向きにあらゆるところへ身体を運び

 出向いたがゆえに腰椎が重さに耐えかねての

 熱感を伴う激痛状態」が判明、

夏の手術までの方策に即刻減量開始と

内部筋鍛錬体操や水中歩行が処方された。

常時車椅子に載り激痛発生原因の重さを分散させ

鍛錬に励む。結果次第で減量結果により

手術が軽くなるあるいは夏までに理想の負担減状態まで

持って行けたら手術の必要がないかといったことも想像される。

2月8日(土)に雪中新幹線車椅子で出かけた

同じ「歌」に関する上記合唱音楽を聴いたことが

結果として2日後にMRI検査を受けることに繋がり

この合唱演奏会報告を先に書くこととなった。

さて2月1日(日)の演奏会について、

筆者在住地域に在する地域の私鉄文化財団の

運営美術館内の百程度の規模の音楽堂としても使用される

多目的空間で行われたそれらは

前掲に本州中央部日本海側地域の近代美術館での

演奏会と公開討論が設定されてあった。

主催は国立女子大学アートマネージメント科で

さらに省庁事業として

大学を活用した文化芸術推進事業とのことである。

首都圏拠点で国際的に活躍するこの演奏団体は

この都道府県での演奏が始めてであることが

アナウンスされてあった。

公開討論は

国立大学あるいは国規模の研究機構に所属の音楽学者4人に

作曲家で主催大学の名誉教授の司会という構成は

「批評者を作曲者が批評する」という視点を

作り出している点が展開的であった。

演奏会への参加者は4-50名程度、

シンポジウムへの参加者は数十人程度の聴衆であった。

パネリストにはほぼ批評を行っていないという

女性音楽学者も一人含まれていた。

まず、演奏会について書く。

プログラム

前半が東アジア圏の中国韓国作曲家の作品と

日本の女性作曲家による東洋的素材による

東洋楽器作品の作曲者自身による西洋楽器への移替編曲作品、

後半が東南アジア圏のフィリピン作曲家の作品と

インドネシアの音素材による演奏家による編作曲(日本)の

5曲で構成されていた。

後で検索していると演奏会プログラムとして

6曲とweb上でアナウンスされていたうちの

中国作曲家潭盾の作品が抜けていたことに先程気がつく。

一曲目の中国人作曲家の堯舜的表現は、

その意識からの表現として演奏者全体で一体化しようとして

その表現が消失点より発するものではないがゆえに

本来の表現の核にここでも触るに至らないもどかしさがあった。

この演奏団体の素晴らしい実力からはもっと出来る筈であるが、

その核は結果として捉えられてはいないということになる。

二曲目の友人韓国人女性作曲家の作品はこの演奏団体が

この曲を韓国初演した筈であるのだが

その日の演奏は楽曲解説されているようには私には聴こえず

ちょっと気の毒でもあった。

先輩日本人女性作曲家に委嘱されての編曲作品では

演奏において東洋楽器のさわりが西洋楽器から表現される

必要があったと感じる。

前半の東洋表現には

音への焦点速度が西洋圏と逆の相であることが

少なくとも捉えられていれば強く満足できたのではと感じた。

面白い現象として、

このプログラムは「前半が女性的で後半が男性的」であり、

明らかにこの演奏団体は後半を得意としている。

この演奏の実力誠実を以てして得意ではない前半の東洋表現、

それはその最も近い地点に演奏が最短で近づくがゆえに

その核を捉えずその核から発しないゆえとも感じる。

後半フィリピン作曲家作品は歌が入った唯一の作品で、

プログラム中央に置かれた歌は非常に力強い熱演であった。

近代西洋音楽研究者の批評者からは

ここを核にこの演奏会批評を書くと発言があった。

この曲ではこの演奏団体の音楽監督による楽曲解説には

歌詞とその翻訳が入っていなかったがために、

聴衆は会場で意味作用は同時に聴取できなかった。

結果として「声」という音響による音楽表現として

会場の聴衆に提供されたということになる。

この観点から、この状況は

「歌」は言葉と音楽の一体としての意味作用を

往復する表現としては発せられるに至れない状態

とも言えるのではないか。


声での演奏を通しての表現には、

たとえばオペラ的発声としては

標的となる部位を迅速に捉えての均一の美は

科学としても美学として文化として肝要であると考える。

よって、

西洋的発語、それは到達点に達するまで

最短距離をとるがゆえの直線を取る。

一方、

東洋的発語、到達点に達しないあるいは

そこまでの最長距離を競うがゆえの曲線となる。

これは、動物性と植物性とすると非常によく理解できる。

この演奏団体の名前は遊牧民、放浪、漂流を差す。

よって動物性移動性であり、西洋基盤の表現に長ける。

軋轢衝突を力で乗り越える力強さから偏在の強さを合わせ持つ。

動物は移動できるが

植物は移動できない。

受動的生の植物性。

対照的であるこの責任のみの存在の変わらぬ永続。

従って、

東洋的表現としての焦点とは、

焦点を捉えるまでを以てする生命の巧みさ=その藝術と捉える。

結果としてそれは

均一の美と対極にあり、

不均一の善、そして結果としての

不均一不均衡・唯一無二の眞とも言える。

それが声であれ楽器であれ、東西対極の表現があるならば

今後の表現はどちらの表現も切替可能である必要を痛感した。

焦点速度をいかに生命を以て巧みに緩め

また曲線的な文脈を持つものであることからの

「歌」でもあることが意識化されてはじめて

表現は東西あるいは南北はっきりとした焦点を得て

全的表現に至る可能性を持つ。

演奏会最後の作品はインドネシア民謡演奏家が編作し

湿気の少なさと可愛らしさに溢れた良質エンタテイメントとして

成功していた。

続くシンポでは音楽の聴取能力の幅を広げるという意味では

多少大型メディア側というか広げるより若干せばめると

感じとれるところがやや大きかった。

音楽学者がほほ毎週ジャズピアニストのレッスンを予約

ジャズピアノ演奏に大きく時間を割いているとの発言に

創作と演奏の相互往復運動の基盤に立つ姿勢で

非常に納得がいく。

その一方焦点を絞っても絞っても

非近代からまた非西洋音楽からの視点は

星の砂の如く現れなかった。

演奏者かつ大学教員からの発言では

大学や研究者の業績が大型有名ホール演奏で○点、

有名楽団有名演奏家有名企業との共演で○点という計算式、

それには背けず大変だという意見もでた。

これなど

我が身を振り返ればこの観点から計算できた試しもなく

筆者の活動は日誌を検証いただくほかない。

http://nakamura89.exblog.jp

日々追われてコンクールなど受けられた試しもなく

留学も学内から短期間、過去作品を条件に従って応募し

入賞入選招待の機会があったことが絶無ではないものの

著者などこの計算式からは結果としてかなり外れており、

その割にそれを生き延びさせてもいるアカデミアのまち

京都のかなりふところはかなり深いと感じ入った。


いずれにしても好むか好まない(嫌い)か表し、

その責任を負ってはじめて近代がはじまる訳であり、

常時現場責任に意識がとらわれる私は子供も配偶者もいないが

いいかえれば子だくさん子連れバッハといったところ、

この報告のかけるのもかなりの僥倖というべきか。

書いているうちに朝である。

結果としてこの間に2014年2月5日(水)

大型メディア寵児の作曲家作品が代作者の書いたものであると

代作者本人からの告白もあった。

これについては2月20日(木)ちょうど近くに拠を移され

お会いできた音楽学者とかなり長く対話したので

のちに触れるかもしれない。

かような往復的視点観点を現地提供された

運営者、演奏者、作曲者、批評者のみなさまに

遅ればせの感謝を捧ぐ。英訳近日としたく補筆する。


技巧という人間の身体による運動性を通した表現か。

現在の困難な命題に対する解決への思考の具体化

ならびにその雛型の試行による表現か。

もちろんその両方を追求する。

Even so,it is necessary to take time

It was passed away one month and half to report about the concert titled "Singing Asia" and Symposium on the date of 1st February,2014.

I found the names of my Korean friend composer and friend ensemble players in this concert and I was making effort to go to concert and and the attendance was unsettled under the condition of my lumbago starting to bring a lot of pain cause by February cold,as a result,I could listen to the concert and symposium and I am now writing report.

At that night,I spoke to comment on my blog about this concert and symposium,but I could not to start for accomplish lot of other writings and various several composition as the accountability and site responciibility,in this condition,it was becoming clear by MRI check about my heavy condition that my lumbar was not able to bear the body weight by walking around very much with stick in every place and having a lot of feverish pain,finally I was received prescription that reducing weight,inner mascle exercise and walking in the water before the operation in this summer.

It was hard training days with wheel chair for reduction of weight as occurance result of a lot of pain.If this training will achieve ideal success,by the result,it is able to image light operation or no opetation.

On the date of 8th February,I tried to go to concert by Shinkansen in heavy snow,I could listen to choral music,as the result,I could receive MRI check after two days after,and I wrote this report before"Singing Asia2concert and Symposium.

About the concert of 1st February,2014,it was held at the multi purpose space with 100 seats as also concert hall in art museum by the management of private railway in writer's living erea, and this line up was linking with the concert and symposium in modern art museum.

This activity was organized by art management section in national women university,and also cultural art promotion project by making use of university on government agency's projects.

This international famous ensemble group which based in the metropolitan erea,was announced the this concert as the first performance in this prefecture.

It was showing new development offering "the the view of critaizing "critics"by creators" and constructing by four musicolosists and emeritas professor moderator belonging national university or national research organization.

The concert audience was 40-50 persons,and symposium audience was 20-30 persons.

Panel members was concluding an almost non critic woman musicolosist.

The first,about concert.This concert program was consisted by five works by Chinese,Korean composers in East Asia erea, by the own composer's arrangement for western instruments of Japanese woman composer's work for eastern instruments by eastern music materials,and arrangemental composition on the Indonesian music materials.by Japanese player-composer.

After concert,it was known six programs on web announced Including Chinese American composer,conductor TAN Dun.

The first program,Chinese comporser 's work was on the expression as like GYO=SHUN period,but whole ensemble members were trying to one expression nearly,and it was remaining the feeling impatient and the performance was guessed that was not starting from the vanishing point,the essence of eastern origin.

It was should be high quality performance from this ensemble 's high revel super potential,but I felt it was not reached because they did not find the core, eastern expression form vanishing point.

About second program of my friend woman Korean composer,this ensemble was premiered her this work in Korea,but I could feel from the performance in this concert as like the explanation by ensemble director about this music,in spite of the same her music by same this ensemble.

In addition,about next third program of the composer's self-arrangement by ensemble director's commission to Japanese senior woman composer's work,it was nessesary to express eastern traditional SAWARIby western instruments in performing.

About eastern expression on the former half,I were satisfaied greatly with ensemble performance,if all players cathched the reversal aspect of eastern expression from western expression on the closing core by playing.

It was interesting phenomenon on the program,it was feminine on the former and it was masculine in latter,and this ensemble is strong at in latter half,clearly.

From this super revel ensemble's honesty,it was not good at former half,eastern expression,I felt that it was closing nearest core by the shortest way,not from core,vanishing point.

About the latter half program,the center of program by Pillipines

was only work with voice,it was great enthusiastic performance.

The critic was commented this piece as the core of this concert.

In this piece,the lyrics and translation were not including on the program note by ensemble director,audience could not to do active listening with meaning.As the result,it was almost presented to audience as the expression through vocal sound.

Though the integrity and high ability of this ensemble,

they have ithe weak in eastern expression in the latter.

I felt paradox that can not be emitted from your destination in order to approach the destination by fastest way.

From this viewpoint, it seems the unable condition to reach expression for going andcoming back on the meaning action as the unificated song by word and music.

For example,about operatic vocalization, the uniformitic beauty by taking target is important as science,athetetics and cluture.

Therefore,about the western utterance,it take straight line by catching the shortest distance to reaching point.

On the other hand,about eastern utterance,it take curved line by catching a lot of voices and it is almost unreaching operation.

It is understanding by substituting to the contrast of animal and votanical.

This ensemble's name means nomadic,wandering and drifting.

Consequently,they are good at western based expression and strong at animai and migratory.In according to,they have the strongness as maldistributiion by overcoming friction and collision by power.

Animal,it is mobile,but botanical,it is not mobile.The passive life,it is botanical.Great contrast between mobile and unmobile and passive destiny that take heavy responsibility in eternity.

From this thought,the target as eastern expression,it is the art to skillfull to look and catch the target of almost all voices in whole time and space.

As the result,it is the opposite side of the beauty by uniformity,and

It is the good by uniformity,and as the result,it is able to say individual only one true by uniformity and imbalance for sky and ground.

Even by the performance by voices or instruments,I felt keenly the nessesity strongly to change over from western way to eastern way or eastern way to western way between the both opposite sided eastern and western expressions.

How go slowing down by life for catching target,also having curved context for life, by starting such these consciousness,"singing" have expressive possibility for whole exsistence clearly in reaching the south and north,west and east points.

About the last program,it was arrangement on the Indnesian folk song by performer composer,it is successful in dry and cute good entertainments.

On the Simposium, from the view point for spreading listening ability through music,It was working a little to be narrow it.

It was including partial a little as like large media demerit side.

The statement by one musicolosit study jazz piano and reverves in every week lessons,it is effective attitude for standing on the bace to go and come back movement between creation and performance.

In the other hand,the viewpoint from non western music,it did not appear with spreading topics,at all.

Singer professor mentioned the seriousness of caliculation method to give high score for the performances at large and hall,or famous players and orchestras,as achievement of university and laboratory persons.

About the achievement of myself,it was not almost reaching to this opinion's viewpoint. I referred to for verification the following address.

http://nakamura89.exblog.jp

Although I could not do anything at all, my activity is not from the view of the above. I am surviving from a depth of bosom of the place where I live. My town is Kyoto of academia.

Love it or hate it,by representing with responsibility,modern time starts.

Though I have no time to have spouse and child,my condition is like Bach having a lot of children.

It should say were able to write this report now as a great happiness.

Dawned in the middle of writing.

On the date of 5th February,2014,Ghost writer confessed that it had been composed instead the work of a composer.

About this topics,I spoke long time with musicolosist who moved to Kyoto,

on the date of 20th Feburuary and I perhaps write about this.

I appreciate to the providers of reciprocal viewpoint to this place.They consists of operators,performers,composers and critics.

The skillful expression thorough human body,or

the representation through images to solute hard problem =

the expression through miniature,

I pursue both way.(NAKAMURA,Noriko)

.

■NAKMURA Noriko [Composition]

1965 Born in Shiga prefecture,Japan.

1987 Graduated from Kyoto City University of Arts [KCUA],

   faculty of Music

1990 Nov.-1991 Feb. as 1st exchange student in

   Hochschule fuer Kuenste Bremen

1991 Received Master's degree from KCUA

1980-95 Studied under

R.Hirose,M.Kitazume,S.Maeda,M.Fujishima,W.Tajima,

H.J.Kauffmann (in Germany)and G.Amy(in Kyoto),and so on.

1985- Own works have been performed and introduced in

the each places of the following fifteen countries,

Japan,Korea,China,Taiwan,U.S.A,Mexico,Germany,

France,Italy,Swiss,Austria,Spain,Sweden,Norway,

and Israel.

■Awards & Scholarship

1987 Received Kyoto Music Association Award

1991 Received Master Course Prize for

Graduated School of KCUA

1991 Received Grant from Rohm Foundation for

Lecture about own work & Japanese

Women Composers and Participation for Festivals

1997 Received 1st OGURA RISABURO Music Schorlarship

for the reseach of western culture× eastern culture

[Japanese and Korean folk song,traditional dance &

theatrical music]

2001 Received Kyoto City New Artist Award for

recent international and domestic activity

2010 Received Shiga Prefectural Encouragement of

Clutural Award for decade achivements

■Lecture & Forum

1991 Lectured about "Japanese Woman composers"

and introduced own work at the research centre of

Musicology in in Heidelberg University.

2001 Participated with Discussion Forum in the theme of

"Nicht Freiheit wovon,sondern Freiheit wozu…."

in Internationale Komponistinnentage für Neue Musik

2011 Country Report in Asian Composers League

Conference and Festival in Taiwan

2012 Moderated with composers in Japan,Korea,

Hong Kong,Italy in "KOTO,present in Asia"

2013 Moderated with Korean,Korean-Japanese and

Japanese composers and director[8 persons]

■Selecition

1997 Konzert deutsh-japanischer neuer Musik

(Goethe Institut Kyoto Kansai)

2001 Artist-in-residence at Kunstlerinnenhof

Die Höge(Syke,Germany)

2001 Konzert deutsh-japanischer neuer Musik

(Goethe Institut Kyoto Kansai)

2001 Internationale Komponistinnentage für

Neue Musik”(Syke,Germany)

2002 ISCM world Music Days in Yokohama

JSCM New Century Music Festival

2002 The 7th Evening of ACL・ISCM

JFC Exchanges concert"2002 Korea"

2002 The 25th ACL FORUM in Seoul Korea-Japan

Exchange Concerts

2009 Asian Paciific Contemporary Music Festival

in Korea(Seoul)

2011 Asian Composers League Conference & Festival

in Taiwan(Taipei)

2012 Asian Composers League Conference & Festival

in Israel(Tel.Aviv)

■Members

1991-1996 lecturer of Kyoto City University of Arts,

Faculty of Music

1995- The Japan Federation of Composers

1996- Japan Society for Contemporary Music

1996-2011 Full time lecturer of Kyoto City University

of Arts, Faculty of Music.

1999-2002 Project Committee of Kyoto Art Center

2007- The Society for Research in Asiatic Music

2007- International Council for Traditional Music

2008- Steering committee of Kyoto Art Center

2011- Associate Professor of Kyoto City University

of Arts,Faculty of Music

■Collections

2010- Own works for Japanese traditional instruments

collected in Library of Japan Traditional Music

Research Centre in KCUA

2011- Own works collected in Library of

Kyoto City University of Arts (2011- )

2013- Own works collected in Collection of

chamber music by women composers at

Felicja Blumental Music Centre & Library

(20131010-)

■Publishers & CD DVD

Mother Earth Publishing

The Japan Federation of Composers

Studio FLORE

Kuenstlerinnenhof Die Höge Internatioanl

Humanity Association Japan

International League of Artist Japan

■Thesis

Study of HIROSE Ryohei's Cello Concerto

[Master Thesis of KCUA]

Study of HIROSE Ryohei's Cello Concerto [1]

HARMONIA 28[KCUA]

Study of HIROSE Ryohei's Cello Concerto [2]

HARMONIA 30[KCUA]

■Orchestral works:

1993 “la fonte di luce光之泉”per flauti orchestra [9 min.]

2000 "Inner Lake内なる湖" for wind orchestra [17 min.]

2002 “Like a Water Ring水の輪のように”

for flute orchestra [7 min.]

2007 “Ode to Sky and Lake 天湖頌”

for flute orchestra [7 min.]

2009 …..goes in the river of light…..誰渡洸河

for 17gen & koto and string orchestra [10 min.]

2011 Sound for Crossing Voices on”SUZUKA MAGO UTA”

鈴鹿馬子唄による交聲譜 [5 min.]

2011 Concerto for Strings in East and West Voices

   東西の絃の協奏曲 [12 min.]

2011 Symphonic Concertante for percussion and

   17gen koto and orchestra”郷sato-hyang-xiang”

    [12 min.]

2012 "水秘魚Segredo" la promesa bonita del cielo

   y un lago y un pez para la orquesta de la flauta

   [4 min.]

2013 "遥聲Voices from Sky and Ground" for flute solo

and strings with cembalo [ 6 min.]

2013 "揺韻Vibrating Rhythm" for 25gen,koto.20gen,

17gen and flute orchestra[ 12 min.]

2013 "如何美輝暁星Wie schoen leuchtet der Morgenstern "

fuer Kammerorchester [ 10 min.]

2014 "韻禱 YUNDAO rhymed prayer" for trombone solo,tenor solo

and chamber orchestra with electronics [10 min.]

■Ballet works

1994 Ballet “Sakura 櫻-Metamorphosis” [21 min.]

female voice 2 violinists

solo female ballet dancer

3 male ballet dancers

1995 Ballet “NOLI律” [26 min.]

female voicepianoforte percussion

solo female ballet dancer 3 male ballet dancers

Theatrical works

1997-8 Trilogy "MANA” “HARU” “HANA”

[Kyoto International Exchange Festival

(Daitoku -jI temple)

Kyoto International Music Festival

(Kyoto Concert Hall)

Art Festival KYO

(The site of Meirin Elementary School) ]

[ 27 min.]

unaccompanied coloratura soprano

[with Noh-dance]

2003 Five Winter Songs by Haiku of YOSA Buson

与謝蕪村の五つの冬の歌 [ 16 min.]

[ Kyoto Art Center ]

coloratura soprano

Noh dance

2008 Music Story ”GIN NO NAMI ODORU

dancing silver waves 銀の波おどる” [ 19 min.]

[ Shiga Art Complex Creation Hall ]

story telling perccusionist

violinist

singing 17gen & koto player

2010 Theater piece ”Ship of Life 生命の舟” [ 60 min.]

[ Shiga Art complex Hall ]

flute & alto-flute player

17gen & koto player

5 percussionists 2 vocalists

electronics images dancers

2 child actors

mezzo soprano counter tenor

mixed chorus members

2011 Theater piece “The Oak Tree’s Story

かしの木物語” [ 45 min.]

[Nagahama Manisipal Shimo-Kusano

Elementary School Gymnasium]

recitations group with percussion

shinobue solo & sinobue ensemble

17-gen koto soprano solo mixed chorus

visual image

2012 "Sand Prosody沙韻" for soprano,

flute Shamisen and Strings [ 6 min.]

2012 "八月の光の祈りPrayer of the light of August "

Light & Matrix 8×9 Sun & Moon

[TMPP studio]

2 percusionists

electronics

lighting

solo dancers with light & percussion

4 dancers with light & percussion

2012 Light Opera "Jian zhen 鑑眞" [ 50 min.]

[Haruta-san Jigen-in Saiho-ji Temple

Main Hall ]

dramatic Tenor light Soprano

lyric dramatic tenor lyric soprano

lyric doramatic soprano

baritone light tenor lyric tenor

flute & alto flute 17gen koto & koto

percussion piano strings

2013 Times' ringときのわ children's story

with both music and text by composer

[Kusatsu City Tokiwa Elementary School

Gymnasium]

narrator

shinobue 17gen koto &koto 2

piano 3 soprano

■Chamber works

1989 "Noli" foir female voce,pianoforte and percussion

[24 min.]

1991 “Kasanuhi” for violin,viola and violoncello

[18 min.]

1993 “Sakura” for 2 violinists [12 min.]

1994 “閼伽Aqua” for pianist [15 min.]

1996-7 "Mure邑" for 3 marimbists [ 22 min.]

1997 “Naga” for marimbist [11 min.]

1998 “Kusa” for 5 percussionists [ 13 min.]

1998 "Kata" for marimbist [ 5 min.]

2001 "Riverside lullaby" for guitar solo [ 4 min.]

2001 "朱雀抄Red sparrow's story" for harpist [ 8 min.]

2002 "Agata " for flute solo [9 min.]

2007 "Hata" for oboe and piano [12 min.]

2007 "川のほとりのこもりうたRiverside lullaby"

for toy piano [ 4 min.]

2007 "Kawa no hotori no komoriuta"

for yoshibue esemble [4 min.]

2008 "廉太郎の花die Blüte der Rentaro "

für zwei marimba mit zwei Spieler [ 10 min.]

2008 "りんごの朝の歌Alborada de la manzana"

del la para el violin y piano [ 6 min.]

2009 "GANJIN WAY " for trombone and marimba

[ 8 min.]

2010 "笠KASA Bach" for violin solo [ 6 min.]

2010 "草KUSA Bach" for violoncello solo [ 5 min.]

2010 "瀬SE Bach" for clarinet solo [ 5 min.]

2010 "玉TAMA Bach" for 17 gen koto solo [ 6 min.]

2010 "薙日Nagu-hi " for percussionist [10 min.]

2010 "ホカヒHOKAHi" for percussionist and

two partners [ 7 min.]

2010 "凛RlN" for solo percussionist and

percussion dance player [ 10 min.]

2011 "遠聲譜Onjo-fu”for marimba solo and

marimba ensemble [ 10 min.]

2012 "宙sola" for piano alone [ 6 min.]

2012 "つちのいのりPrayer from Ground"

for double base solo [ 5 min.]

2012 "巴月照Eddy Moon Shining"

for oboe solo [ 5 min.]

2012 "山月双Pairing Mountain and Moon"

for fagotto solo [ 5 min.]

2012 "暁天Dawn Sky " for violin solo [ 7 min.]

2012 "地韻Magna Mater” for percussionist [ 6 min.]

2013 "雛翠baby green " for three keyboard harmonica

[ 3 min.]

2013 "眞聲vox verum " for fagotto solo [ 6 min.]

2013 "雛鳥詞soul voice " for viola solo [ 6 min.]

2014 "眼天SKY EYES "

for three cellos and two double bases [ 13 min.]

2014 "地耳GOUND EARS"

for three cellos and double bases [ 10 min.]

2015""伊福inspirare " for flute solo [ 6 min.]

■Works for electronics

2014 "花如 quasi flos" for electronics [ 4 min.]

■Works with electronics

2012 "連壽litania " for 2 pianist on one piano

with electronics [ 7 min.]

2012 "Prayer of the light of August"

Light & Matrix 8×9 Sun & Moon

[TMPP studio]

2 percusionists electronics lighting

solo dancers with light & percussion

4 dancers with light & percussion

2013 "桃雲pink cloud "

for toy-pianopiano & breath & strings &

live-electronics [ 5 min.]

2015 "眞聲花如 vox verum quasi flos" for electronics and fagotto [ 12 min.]

■Works for Japanese traditional instruments

1998 "クリタKurita" for 2 koto players [ 10 min.]

2001 "妹背Imose " for Shakuhachi and 20 gen koto [ 11 min.]

2001 "如月Kisaraghi" 3 pieces for Shakuhachi solo [ 8 min.]

2008 "喜春楽幻想Kishun-raku fantasy " for Shino-bue,

17gen koto & koto [ 6 min.]

2008 "秋風楽幻想Shuhu-raku fantasy " for Shino-bue,

17gen koto & koto [ 5 min.]

2009 "明月楽弐之巻Bright Moon Music Vol.2 "

for 17 gen & koto player with vocalise [ 10 min.]

2010 "渡渡韻韻"DUDUYUNYUN " for two 17gen player

with metal percussion [12 min.]

2011 "Rengetsu- shin蓮月心" for koto solo [7 min.]

2012 "青渡絲韻QIINGDUSIYUN" for two 17gen player

with metal percussion [ 12 min.]

2012 "かしの木変奏曲The Oak Tree Variation"

for koto ensemble [ 8 min. ]

2013 "伊福inspirare " for shakuhachi solo [ 6 min.]

■Japanese traditional instruments & Western instruments

2004 "鏡海KAGAMI" for oboe and 20 gen koto [ 11 min.]

2008 "越天楽幻想Eten-raku fantasy " for violin,

17gen koto & koto, pianoforte and percussion[ 6 min.]

2008 "くさのおとKUSA NO OTO" for violincello and

17gen koto [ 5 min.]

2009 "明月楽壱之巻Bright Moon Music Vol.1 "

for alto flute and 17gen koto & koto [10 min.]

2010 "月下芙蓉Rotus under Moon"

for oboe,fagotto and koto [10 min.]

2010 "明月楽参之巻Bright Moon Music vol.3"

for violoncello and 20 gen koto [10 min.]

2012 "珠潭遺舟Forgotten Boat in Pearl Lake"

for Biwa and 17gen koto [12 min.]

2012 "一輪の花One flower" for koto solo [11 min.]

Vocal works

1995 "Manaマナ" for coloratura soprano solo [ 9 min.]

1997 "Haruハル" for coloratura soprano solo [ 9 min.]

1998 "Hanaハナ" for coloratura soprano solo [9 min.]

2006 "Inoriいのり" for coloratura soprano solo [ 5 min.]

2007 "Riverside lullaby川のほとりのこもりうた" [ 3 min.]

2010 "UTSUKUSHII IMA美しい今"

(Lyrics:HOSHINO Tomihiro)[ 3 min.]

2011 "KASHI NO KI NO UTAかしの木のうた (The Oak Tree)"

(Original Lyrics:NAKAMURA Noriko) [ 3 min.]

[Portoguese,Spanish,English,Korean,Japanese language]

2012 "Akeshidaあけしだ"

for unaccompanied soprano solo [ 5"]

2014 "花FLORE" for voice and keyboard [ 8 min.]

2014 "夜色樓臺雪萬家 与謝蕪村聲十景

Das Anschauen von deckendem Schnee

zu allen Haeusern im Nachtbalkon

mit grossem Dach

YOSA Buson innere Stimme neben

zehn Landschaften

Guardando a corpire per neve per tutte le case

in balance note con grande tetto -

YOSA Buson voce interiore di dieci paessagi-

2015 "聲愈 audible"for soprano saxophone solo

■Choral works

2003 "Nanohana ya Tsuki wa higashi ni

Hi wa nishi ni" (Lyrics:YOSA Buson)

菜の花月は東に日は西に[ 5 min.]

2003-4 "Four Seasons Songs of Buson"

for unaccompanied mixed chorus

(Lyric:YOSA Buson)[16 min.]

与謝蕪村の句による四季のうた

2008 "Mimizuka no Okuno

oku yori Mushi Shigure" (Lyrics:TAMORI Shizen)

耳塚の奥の奥より虫しぐれ[ 2 min.]

2006-10 "Cosmos Light Hug宇宙 光 抱容"

(Lyrics:NAKAMURA Noriko) [ 6 min.]

2010 "川のほとりのこもりうたRiverside lullaby" [ 3 min.]

2010 "蕪村のまなざしBuson's eyes"

for female chorus and 17 gen koto [15 min.]

2013 "行之家YUKINOYA"

Requiem for mixed chorus[ 7 min.]

2014 "あざいのまなごAZAI no MANAGO"

Cantata for chorus and orchestra [ 3 min.]

■Additional

2012 80 anniversary memorial work by Japan Society

for Contemporary Music from one attack materials

of 80 members

[schedule]

月曜 1講時 作曲法(音楽学部生・専門講義室) 

   2講時 作曲レッスン(学3・研究室)

  12:10-13:00   

   3講時 作曲レッスン(学4・研究室)

   4講時 作曲レッスン(予約・研究室)or CM室(大学会館)

   5講時 作曲レッスン(予約・研究室)or CM室(大学会館)

Mon 9:00- Composition(for undergraduate

all speciality students,lecture room)   

10:40- Composition(undergraduate 3A,lab.)

12:10- noon break

13:00- Composition(undergraduate 4D,lab.)

14:30- Composition(reservation,lesson) or CM lab.[uni.Hall]

16:10-Composition(reservation,lesson) or CM lab.[uni.Hall]

火曜 1講時 作曲レッスン(予約・研究室)

   2講時 作曲理論研究(大学院・研究室)

   12:10-13:00 オフィスアワー(研究室)  

    3講時 委員会(中央棟)

   4講時 委員会(中央棟)

   5講時 教授会(大学会館)

Tue 9:00- Composition( reservation,lesson,lab.)

10:40- Study of Composing Theory (master course all students,lab.)

12:10- Office Hour(lab.)

13:00-18:00 Meeting(Committee)[central building,uni Hall]

水曜  1講時  楽曲分析(音楽学部・専門講義室)

    2講時  2回生楽曲分析(作曲・指揮専攻、研究室)

    12:10-13:00  

    3講時  3回生楽曲分析(研究室)

    4講時  作曲レッスン(学3,研究室)

    5講時  作曲レッスン(学4,研究室)

Wed 9:00- Analysis

   (undergraduate all speciality students,lecture room)

   10:40- Analysis(undergraduate 2,comp.&cond.,lab.)

12:10-noon break

13:00- Analysis(undergraduate 3,lab.)

14:40- Composition(undergraduate 3,lab.)

16:10- Composition (undergraduate 4A,lab.)

木曜 1講時 作曲レッスン(予約・研究室)  

   2講時 作曲法研究(院1・研究室) 

   12:10−13:00  

   3講時 4回生楽曲分析(研究室)

   4講時 作曲レッスン(予約・研究室)

   5講時 1回生楽曲分析(研究室)

Thu 9:00- Composition(lesson,reservation)

10:40- Study of Composition(graduate1,lab.)

12:10-noon break

13:00- Analysis(undergraduate,composition class 4)

14:30- Composition(undergraduate)

16:20- Analysis(undergraduate 1.lab.)

金曜 1講時 作曲レッスン(予約・研究室)

   2講時 作曲レッスン(予約・研究室)

   12:10-13:00

   3講時 作曲レッスン(予約・研究室)

   4講時 作曲レッスン(予約・研究室)

   5講時 作曲レッスン(予約・研究室)

Fri 9:00- Composition(lesson,reservation)

10:40- Composition(lesson,reservation)

12:10-noon break

13:00- Composition(lesson,reservation)

14:30- Composition(lesson,resavation)

16:10- Composition(lesson,reservation)

研究室075-334-2363へご連絡ください。

携帯は090-8754-5805です。

作曲専攻以外の方へも研究室を解放しています。

和声、対位法フーガ作曲法、楽曲分析、

作曲、研究レポート、論文など専攻を問わず、

ご相談にのっています。

ご予約くださり、授業期間にどうぞおいでください。

前期は5月より7月(8月初旬まで試験期間)

後期は(9月下旬より)10月より1月

   (2月中旬まで試験期間、3月は試験月間)です。

1講時 9:00-10:30 2講時 10:40-12:10 昼休み12:10-13:00

3講時 1300-14:30 4講時 14:40-16:10 5講時 16:20-17:50

楽曲分析1-8 [作曲・指揮専攻:1回生2回生3回生4回生]

Analysis 1-8 for composition students in 1st-4th year

1st year

Bach[Sweelink]

Beethoven[Haydn Mozart]

Brahms[Tchaikovsky Dvorak]

Faure Debussy Ravel

2nd year

Bartok Kodaly

Schoenberg Berg Webern

Varese Messiaen Dutilleux

3rd year

Xenakis Ligeti Berio

Stockhousen Boulez

Yun Yashiro Bekku

4th year

Grisey Sciarrino

Kagel Globokar

Matsumura Takemitsu Hirose

Ung Pagh=Paan

楽曲分析[学部生] (前期)(後期)

Analysis for all speciality students

[spring semester 2014]

Bach:Unaccompanied Cello Suite No.1-6 all movements

Bach:Partita & Sonata No.1-3 all movements

[autumn semester 2014]

Faure:Requiem

Dovorak:Symphony No.8

[spring semester 2013]

Haendel:Messiah

Beethoven:Symphony No.9 all movements

[autumn semester 2013]

Respighi:Pini di Roma Fontane di Roma Feste Romane

Respighi:Siciliana Faure:Sicilienne Bach:Siciliano

作曲理論研究[大学院](前期) (後期)

Studies for theory of composition

for all speciality students in master course

[spring semester 2014]

works of 20 & 21 century composers in German Language

[autumn semester 2014]

works of 20 & 21 century composers in Asia

on the keywords of words,traditions,physics and memories

[spring semester 2013]

works of Dutilleux,Grisey,Berio and Sciarrino

[autumn semester 2013]

Asian composers and composition for Asian instruments

on the keywords of folklore,tradition,oriental thoughts

for building and renewing identity

 

作曲法[学部]

第1回、第2回、第3回、第4回提出

作品発表会、試験

Composition for all speciality students

[spring semester & autumn semester]

overview of the music on the Earth

variation from folklore & symphony from folklore

motif partial motif sentence theme

exposition development recapitulation coda

ordered and disordered structure

basic form[A AB ABA]

applied form

[compound form Lied,dance suite,rondo,

sonata ,fugue,variation]

twelve tone technique seriel music

from listening to nature concrete sounds

for graphical notion

preparation of performance

presentation by performance

examination for completion of composition[90 min.]


[reference]

pitched instruments register

[relative expression from VOX HUMANA

A-f-f1-f2-f3] A0-C8

flute c1-c2-c3- c4

piccolo d2-c3-c4-c5

alto flute in G  g-g1-g2-g3 [notation:c1-c2-c3-c4]

oboe b-b1-b2-g3

oboe d'amore gis-gis1-gis2-cis3  [notation:h-h1-h2-e3]

english horn in F h-h1-h2-f3 [notation:e-e1-e2-b2]

clarinet in B d-d1-d2-d3-b4 [notation:e-e1-e2-e3-c4]

bass clarinet in B D-d-d1-d2-d4 [notation:e-e1-e2-e3-g3]

bassoon B-b-b1-b2-g3

double bassoon D1-D-d-d1-f1 [notaion:D1-D-d-f]

horn F-f-f1-f2 [notation:C-c1-c2-c3]

trumpet e-e1-e2-c3

trombone E-e-e1-b1

bass trombone   H1-H-h-a1

tuba F1-F-f-f1-b1

timpani C-A(32) D-H(30) F-d(28) A-F(25) c-a(22.5) [ordinary: F-f]

glockenspiel c2-c3-c4-c5 [notaion:C-c-c1-c2]

xylophone   c1-f1-f2-f3-f4-c5       

vibraphone f-f1-f2-f3

marimba C-c-c1-c2-c3-c4-f4

tubular bells   c1-c2-f2

harp    C1-C-c-c1-c2-c3-c4-g4

piano A2-C1-C-c-c1-c2-c3-c4-c5

celesta  c2-c3-c4-c5-c6 [notation:c1-c2-c3-c4-c5]    

harpsichord   F-f-f1-f2-f3-g3

organ A2-C1--C-c-c1-c2-c3-c4-c5 [A0-C8]

soprano  d1-d2-c3

alto g-g1-f2

tenor c-c1-b1

bass D-d-f

violin g-g1-g2-g3-d4 [g-d1-a1-e2]

viola c-c1-c2-c3-g4 [c-g-d1-a1]

cello C-c-c1-c2-c3 [C-G-d-a]

double bass C1-C-c1-c2-c3-c4 [C1-E1-A1-D-G]

[notaion:C-c1-c2-c3-(harmonics:c4)]


担当:

作曲専攻対象:作曲(学部:共同担任制)

楽曲分析1.2.(学部1回生) 楽曲分析3.4.(学部2回生)

楽曲分析5.6.(学部3回生) 楽曲分析7.8.(学部4回生)

作曲法研究(大学院修士課程)領域研究(大学院博士課程)

指揮専攻対象:楽曲分析(学部2回生

全専攻対象:楽曲分析(前期・後期)(学部

作曲法(編曲法を含む)(前期・後期)(学部) 

作曲理論研究(前期・後期)(大学院修士課程

[charge]

for composition,conducting and all speciality

Composition

(undergraduate,master course,and doctoral course,

speciality of composition)

Analysis 1-8

(undergraduate 1 2 3 4, speciality of composition)

Analysis 1-4

(undergraduate 1 2,class of specialty of conducting)

Compositon(undergraduate,all speciality)

Analysis a1 a2(undergraduate,all speciality)

Composition(master course)

Study of composition

(master course,speciality of composition) 

Studies for theory of composition

(master course,all speciality)

Studies for research (doctoral course)

平成11年修士論文 

平野一郎

『宇良(浦嶋)神社の『夏祭』とその音楽』

主査

平成16年修士論文 

清水慶彦

ルチアーノ・ベリオの作品における音楽的「注釈」

    • 《Sequenza10》、《Kol od(Chemins6)》を例に』

副査

平成19年度修士論文 

長谷川結花

アルバン・ベルクヴァイオリン協奏曲》の

表現技法にみる「伝統」と「現代」の和解』

主査

平成19年度博士論文

ウメル・ママット

ウイグル古典芸術音楽の「十二ムカーム」について

 ―構造と演奏の実態を中心に』

副査

平成20年博士論文

清水慶彦

黛敏郎の音列技法

  音列にもとづく「堆積的音響」の手法

副査

平成25年博士論文

増田真結

『箏唄の作曲技法

 古代歌曲古楽譜の解釈と音律研究を起点として』

副査

2013-05-03

2013年度中村研究室時間割 Schedule of NAKAMURA lab.2013

18:05

New Year Message       

              NAKAMURA,Noriko 2013.01.01

It was so special miracle event of

gold crow solar eclipse,in 2012.

It was arrived to the south area of China,

Kyushu&KInki& Kanto in Japan,

and the west area of U.S.A.

It had happen only one time

on each several hundred years.

2018,it is justn 5 years after,and

It is 150 anniversary year

since Meiji restoration in 1868.

In addition,it is just 333 years later

since the special year"1685"on Music.

Father and mother of Music,

Bach and Haendel was born,and

Yatsuhashi kengyo was died in Kyoto,

here in 1685.

We started again from here.

We make special efforts

for relating to ground and

for meeting to time as historical true.

Please pay attention for us.

Listen to music in our time and place.

昨年、中国南部九州近畿関東米国西部を訪れた金環日食

地球上同地点で数百年に一度の出来事。

5年後2018年

明治維新より150年

八橋検校が没しバッハヘンデル生誕より333年。

私達はまた始まった。

2013年も地と時と真に結ばんと雛翠と共に力を尽くします。

どうぞよろしくお願いいたします。(中村典子2013.01.01)


The Alumni Association of

Kyoto City University of Arts,Faculty of Music

Faculty of Music 60 Anniversary Memorial Conversation by faculty teaching staffs and alumni board members

"The visions and developments for the further of KCUA"

25th September,2012 at KCUA Universtiy Hall

NAKAMURA:I am just feeling of the sister's & brother's relations on art and music by my whole body,it is crossing on same ground that I have spent near 30 years in university since entering as a student.

As the viewpoint from this span,10 times 130 anniversary is

just 1300

京都市立芸術大学音楽学部同窓会真声会

音楽学部創設60周年学部創設記念座談会

ーこれからの発展と将来ビジョンー 

2012年9月25日(火) 大学会



中村:芸大130周年と音楽学部60周年を続けて 音楽学部同窓会をお手伝いし、入学以来約30年弱を過ごす学舎で両者は(美術+音楽)として地続きに交差する兄弟姉妹だと改めて全身に感じる毎日です。

この大きなスパンで見ると、大学創立130年 の十倍は1300年、創立130年がちょうど奈良 遷都1300年に重なっていて、当時遣唐使中国への命がけの旅を続けた奈良から京都遷都1300 年を迎える2094年までにはあと82年の年月が 存在することを意味します。

これはちょうど人間の 一生分の年月にあたり、その年音楽学部はようやく 現在の美術学部と同じ130周年を迎えます。学生 や教員が時に一週間単位でパリやウィーン京都を 行き来する現在、音楽学部130年の2082年の 社会で音楽によって達成されるのが何であるかを 遥かに想像するとすると、それは東西南北の文化 がまごうことなく互いに高め深め分かち合うこと で、その意味で音楽学部60年とは人間の還暦にあたり、今まさに三世代の交感と共感そのものの Harmonization が奏でられんとしています。

バックボーンとしての洋楽と日本の関係を確認すると、約150年前の1868年明治維新により 日本に西洋音楽、具体的にはバッハのプロテスタン ト音楽以降が主に導入され、バッハヘンデルドイツで生誕の1685年は「六段の調」の作曲者にして近世箏曲の祖・八橋検校の没年と重なります。

八橋の墓は京都・黒谷金戒名寺にあり、美術において京都フランスが結ぶ如く、京都ドイツは東西の遥かな橋で結ばれています。そして 1549 年種子島に鉄砲と共にキリスト教が伝来してカトリック音 楽・中世ヨーロッパ音楽が伝わり、当時天下人の信長城下町・隣県滋賀にはセミナリオが建ってキリシタン音楽が全国に広まり、この専門音楽伝習処は信長が没し安土の町が陥落するまでの一年半余り安土に存在した。 日本へのバッハ以降のクラシック音楽全面的導入から約150年の周期。折しも日本へのキリシタン 音楽受容(グレゴリオ聖歌クレド」と八橋検校「六 段」の重層(九州箏曲家からの指摘を受けて研究された中世音楽学者皆川達夫氏と京都芸大音楽のもう一翼・日本伝統音楽センター久保田敏子前所長、 箏曲家野坂操壽氏・ヴィオラダガンバ奏者神戸愉樹美氏と中世合唱団の実演発表による)から約300 年の二倍周期。中世ヨーロッパ音楽の日本到達約 600年、という四倍周期による3重(さんじゅう) の虹は京都及び関西圏で完全に重なっています。その点においても京都芸大音楽学部の歴史的意義 とは、日常ダイレクトに海外で活動・就職できる素 晴らしさと共に、海外を経由した人達が京都京都 の新たな音楽表現を共に作るため使命を持って世界 各地からやってくる基点であることと感じます。 21世紀の始めの10年は911(ニューヨーク北アメリカ東部)と311(東日本アジア)とい う痛ましい自然と人為の犠牲のもとに始まりまし た。この二重のクロスへの回答が芸術の常に背負うものであることは言をまたず、この素晴らしい過去 と未来の間に聖潔かつ清新に、奇跡の歴史的架橋の 地・京都で生命を第 1 義に新たな表現を求め、ゼ ロからの真なる創造を誰もが恊働する時代到来への 通奏低音と化している。そこからも、多数のノーベル賞受賞者を抱き育む京都のコアがサイエンスアジアの交差にあり、京都芸大の今後 10 年間がまさにこの一点に集約されると感じ、その責任の重大さに身が引き締まる思いです。

(中村典子 2012.09.25)


遥聲  Voices from Sky and Ground         

息でうがつ点 points by breaking with breath

息で揺らす線 lines by swinging with breath

絃をはじく点 points by plucking strings

絃を震わす線  lines by vibrating strings

音のない空が      air is tying with spreading

緊まり拡がる there is no sound

場のすべての音が air are filled by sounds

空を充たし here is no sound

関わる全てが all sounds in space

無音の楽をかたしろし these are figured

時となる it is time

(中村典子:2013.03.14) (NAKAMURA Noriko:2013.03.14)


眞聲 VOX VERUM

さかさはりつけの姿 figure of upside-down crucifixion

髪からしたたる血が地に注ぎ dripping blood from hair to the ground

鹿が鳥が虫が鳴く deers cry,birds sing and insects chirp

草木川花奏鳴 grass,woods,rivers and flowers vibrate

この世のすべての音は all sounds on the ground

この永遠から生まれる these are born from this eternity

(中村典子:2013.03.14) (NAKAMURA,Noriko:2013.03.14)

premiere 2013.04.22 at University Hall in KCUA

fg:中川日出鷹 NAKAGAWA Hidetaka

中村典子[作曲]

京都市立芸術大学を経て同大学院修了。京都音楽協会賞。首席修了により大学院賞受賞。在学中ブレーメン芸術大学へセメスター派遣留学。故廣瀬量平、北爪道夫、藤島昌壽、前田守一、田島亘、故H.J.カウフマン、G.アミ等の各氏に師事。日本、韓国中国台湾ドイツフランスイタリアスイスオーストリアスペインノルウェースウェーデンアメリカメキシコイスラエルの15カ国各地の音楽祭・大学での公演や放送などで作品上演。NHK大阪放送局でテーマ音楽制作。NHK-FM現代の音楽で作品放送。NHKオーディオドラマ制作担当。1991年ハイデルベルク大学で講演(中村典子:ノリ、日本の女性作曲家達)。1993年金剛能楽堂世界初演の「花變容」を東京フェスティバルバレエが全米9都市で《桜・メタモフォシス》として巡演。1995年国連憲章50周年記念UNited We Dance[世界舞踊フェスティバル]で日本代表舞踊作品としてサンフランシスコ戦勝記念オペラハウスで連続公演(石井潤振付:東京フェスティバルバレエNOLI")。舞踊家李周護煕と日韓で舞踊作品を度々連続公演[Noli][KURITA]。1997年第1回小倉理三郎音楽奨学金受給者。2001年京都市芸術新人賞受賞。Artist in Residence in die& Hoegeで滞在制作(Syke,北ドイツ)。国際女性作曲家会議(ドイツ)。ケルン国営放送局でクラウディア・ビルクホルツがAQUAドイツ放送初演。2008年より京都芸術センター運営委員。2010年平成22年度滋賀県文化奨励賞受賞。2009年クラウディア・ビルクホルツがトイピアノのためのSchlaflied am Flussuferをクンストフェラインアルテシュミーデウィーンオーストラリア初演。同作品CD収録。ニューヨークのマリンビスト名倉誠人が2010年京都芸大打楽器研究室メンバーとソロマリンバマリンバアンサンブルのための「遠聲譜」世界初演後、2011年ニュージャージー市立大学パーカッションアンサンブルとアメリカ初演、2012年イタリアパドヴァ”M.ポリーニ音楽院アートパーカッションアンサンブルとヨーロッパ初演。ACL Conference & Festival(2009統営・ソウル韓国)(2011台湾)(2012イスラエル)入選。東西アンサンブルと混声合唱のためのエレクトロニクス・映像によるステージ・シアターピース「生命の舟」[滋賀県文化振興事業団]、長浜市立下草野小学校小学生・教員・地域住民400人によるシアターピース「かしの木物語」[テキスト&作曲]、日中韓三カ国語によるテキストと東西管弦楽のための楽舞台「鑑真」[テキスト・作曲・指揮],マンダラ般若心経パーカッション、ダンス、エレクトロニクスよるコンセプチュアルパフォーマンス「8月の光の祈り」[ヴィジュアル・テキスト・ライティングデザイン・作曲]、箏と西洋楽器、室内管弦楽エレクトロニクスによるステージ「宙(そら)との対話」[構成・テキスト・ライティングデザイン・作曲]、映像・絵画・染織・能楽声楽・東西伝統楽器との新旧聖歌による「平和への夢」[構成・テキスト・ヴィジュアル・ライティングデザイン・作曲]など総合的舞台でテキスト、ヴィジュアル、作曲、指揮に至る全てに乗り出す。国際現代音楽祭「アジアの箏の現在2012」国際現代音楽祭「アジアの管絃の現在2013,2014」国際フェスティバル「アジアの音舞の現在 2013」開催。7回の個展。9枚のCDと1枚のDVDが日本とドイツでリリース。2008年より京都芸術センター運営委員。2013年韓国大邱国際現代音楽祭委嘱作品世界初演(雛鳥詞 soul voice 演奏:花田和加子[ Ensemble Contemporary α] )国際現代音楽祭 Musicaranma 2014に招聘、香港初演(櫻花 演奏:キム・ホンジュン、ヨ・ヒョジュン[Ensemble eclat])。2014年ザルツブルグ・モーツァルテウム大学で講演・演奏(ホカヒ:身体と図譜)。東洋テキスト[詩経奥の細道・禅・荘子・間]を水にかかわるプログラミングでまとめたモーツァルテウム大学と京都市立芸術大学学生教員作品によるプロフェッサーコンサートをソプラノ&クラヴィーアリサイタルとして交流演奏会を行う。日現代音楽協会、日本作曲家協議会、東洋音楽学会、国際伝統音楽学会会員。清水慶彦、増田真結とclumusica協同主宰。コチの会・東風同人。現在、京都市立芸術大学音楽学部准教授

 

NAKAMURA Noriko is Japanese composer.She graduated from Kyoto City University of Art and received Kyoto music association award,and received master's degree from KUCA,and received master prize as the top of the year(music).She studied in Hochschle fuer Kuenste Bremen by clutural exchange student from KCUA.She studied with HIROSE Ryohei,KITAZUME Michio,FUJISHIMA Masahisa,TAJIMA Wataru,Hans Joachim Kauffmann,and Gilbert Amy and so on.

Her works have been performed and broadcasted in various festivals,in universities at the following countries:Japan,Korea,Taiwan,China,

Germany,France,Italy,Swiss,Austria,Spain,Norway,Sweden,Mexico,Israel

and U.S.A.Her all works concerts have been held seven times in the following: by all contemporary dance stage works,by all percussive works,by all Japanese traditional instrumental works,by concerning "water"works,and so on.

She lectured about "Japanese Women Composers"with own work in Heidelberg University at International Women Composers Festival.

Her ballet work"Sakura Metamorhosis"[coreographied by ISHII Jun,Tokoyo Festival Ballet] was performed in 9 cities in U.S.A.In addition,her debut work "Noli" was performed several times in San Fransisco War Memorial Opera House at an International Festival "UNited We dance" as the Chapter of United Nations 50 Anniversary.SanFransisco Ballet and Opera theater invited thirteen famous ballet companies from thirteen countries in the following:Holland National Ballet,Denmark Royal Ballet,Cuba National Ballet,Rambert Dance Company,Bolshoi Ballet,Australia Ballet,Shanghai Balllet Company,Leipzig Ballet,British Colombia,Tokyo Festival Ballet,and so on.

She and Korean traditional dancer LEE Juhee[Dr.prof.of Chung-ang University] have been performed their collaborative stages[Noli][Kurita] in Japan and Korea.She received 1st OGURA Risaburo Music Scholarship for the research of Japanese and Korean traditional music and the creation from these elements[the trilogy by unaccompanied solo voice "Mana","Haru","Hana".

She was invited as the resident artist from Kuentlerinnenhof die Hoege,

stayed in Syke[North Germany],summer of 2011,and participated in the International Women Composers Festival,and recorded for CD by Radio Bremen.She received Kyoto City New Artist Award in 2001.

Claudia Birkholz premiered in Europe "AQUA" ,and it was broadcasted from Radio Koeln,and premiered Schlaflied am Flussufer for toy-piano in Hochschule fuer Kuenste Bremen,and recorded CD,and performed in arte schmide kunstverein wien and various cities in Europe. She is a member of the steering committee of Kyoto Art Center since 2008.She received Shiga Prefectural Cultural Encouragement Award in 2010.

Marimbist Makoto NAKURA in New York commissioned her "Onjo-fu" for solo marimba and marimba ensemble,and he premiered with KCUA percussion laboratory members,and premiered in U.S.A. with New Jersey City University Percussion Ensemble in 2011,premiered in Europe with Art Percussion Ensemble at M.Pollini Conservatory Padva,Italy,in 2012.

Her works have been selected at ACL Conference & Festival[Tongyong & Seoul,2009][Taiwan,2011][Israel,2012],

In recent years,she starts to produce various comprehensive synthesised stages from the experience of composition for theater piece " Ship of Life" for east and west instruments,percussion ensemble,electronics,visual images,contemporary dancers,solo singers,mixed chorus

[director&conductor:TOMIOKA Ken,produced by Shiga Prefecure Foundation for Cultural Promotion]has been produced various stages by her own text[in several language of lJapanese,Korean,Chinese,and English and Latin],visual image,composition,conducting,and is working for holding International

Festival with Symposium in every time with clumusica members.

Her works have been recorded in 9 CD and 1 DVD in Japan and Germany.

She is a member of Japan Society for Contemporary Music,Japanese Federation of Composers,International Counsil for Traditional Music[ICTM],The Society of Research for Asian Music[TOG]

In present time,she is an associate professor in KCUA.

NAKAMURA Noriko[composition]

[news blog]http://nakamura89.exblog.jp/

[biography] website of KCUA

http://www.kcua.ac.jp/professors/nakamura-noriko/

Born in Shiga,Japan(1965).

Graduated from Kyoto City University of Arts(KCUA)

faculty of Music, and

Received Kyoto Music Association Award(1987).

Received from master's degree from KCUA,and

Received Master Prise(1991).

Studied underR.Hirose,M.Kitazume,S.Maeda,M.Fujishima,W.Tajima,

H.J.Kauffmann and G.Amy,and so on.

Has been introduced own works on the 15 countries in

Japan,Korea,China,Taiwan,U.S.A,Mexico,Germany,France,

Italy,Swiss,Austria,Spain,Sweden,Norway,Israel.

Received Ogura Risaburo Music Scholarship for the research of

traditional east-Asian music(1997).

Artist-in-residence at Kunstlerinnenhof Die Hoege in Germany(2001).

Kyoto City New Artist Award (2001).

ACL FORUM(2002)in KOREA(Seoul)[NAGA for marimbist(1997)]

ACL Festival(2009) in KOREA(Seoul)[KATA for marimbist(1998)]

Shiga Prefectural Art Award(2010)[Theater Piece"Ship of Life"].

ACL Conference & Festival(2011) in Taiwan[Taipei].

ACL Conference & Festival(2012) in ISRAEL[Tel.Aviv].

A driving comittee of Kyoto Art Center(2008- ).

A member of Japan Society for Contemporary Music and The Japan

Federation of Composers.

A member of the Society for Research in Asiatic Music and International

Council for Traditional Music.

Present,an associate Professor of KCUA,Faculty of Music.

Collection:

Collection of chamber music by women composers at Felicja Blumental Music Centre & Library [Socre & CD]

Felicja Blumental Music Library

director Irit Schoenhorn

Chairwoman of Israeli Women Composers forum

On behalf of Israeli Women Composers Forum

Alona Epshtein


[YouTube]

Nakamura - Onjou-fu 遠聲譜

Makoto Nakura wirh Art Ensemble

[Arrigo Axia,Irene Bianco,Sofia,Vanni Vespani Direttore:Massimo pastore])

http://www.youtube.com/watch?v=z9ENhMUxnzg

Nakamura - Navi 奈備 (Miki Campins,Yuri Hashimoto)

http://www.youtube.com/watch?v=faYZRf_hNB4(1/2)

http://www.youtube.com/watch?v=-__g5bTskbM(2/2)

Nakamura - Navi 奈備 (Récital de percussion - Fabrice Vernay)

http://www.youtube.com/watch?v=_yXx9r9YaLY&feature=related(1/2)

http://www.youtube.com/watch?v=SBJEJZkG4Sw&feature=relmfu(2/2)

[iTunes]

クリタ(日本音楽集団第197回定期演奏会ライブ-1)

(曲:中村典子 箏:宮越圭子 熊沢栄利子)

NAKAMURA Noriko:Kurita for two koto players Koto

Koto:MIYAKOSHI Keiko KUMZAWA Eriko[PRO MUSICA NIPPONIA 197th Regular concert live]

http://itunes.apple.com/jp/album/kurita-ri-ben-yin-le-ji-tuan/id364570970

[TV]

蕪村 京ことばにのせて

出演:山下智子 菊川徳之助

脚本:藤田真一

音楽:中村典子  「蕪村の句による四季のうた」より

(出版:マザーアース

《夏河を越す嬉しさよ手に草履

指揮 桑山博 合唱 アンサンブルアカデミー京都 

《かしの木のうた》(長浜市立下草野小学校みんなのうた

篠笛 井伊亮子 十七絃 麻植美弥子

《川のほとりのこもりうた》(出版:マザーアース

ソプラノ 美堂舞

ヴァイオリン:木須すみれ ヴァイオリン中村仁美

ヴィオラ:中村公俊 チェロ:大西泰徳

《草のおと》    

チェロ  松崎安里子 十七絃 麻植美弥子

"BUSON" Recitation KYO intonation

  YAMASHITA Tomoko KIKUKAWA Tokunosuke

   Music:NAKAMURA Noriko Script:FUJITA Shin-ichi

Four Seasons Songs on Buson for unacompanied mixed chorus

[publisher:Mother Earth]

”Natsu kawa wo kosu ureshisa yo te ni zo(u)ri”

conductor:KUWAYAMA Hiroshi Ensemble Academy Kyoto 

The Oak Tree[Nagahama Manicipal Shimokusano

Elementary School Our song]

shinobue:II Akiko 17gen:OE Miyako

Riverside Lullaby [publisher:Mother Earth]

soprano:MIDOU Mai

violin:KISU Sumire violon:NAKAMURA Hitomi

viola:NAKAMURA Kimitoshi Cello:ONISHI Yasunori

Kusa no oto[Kusatsu Amika Hall presents]

Cello:Matsuzaki Ariko 17gen :OE Miyako    

http://www.youtube.com/watch?v=lUB1s6ciOPc

[Interview]

中村典子 季刊文化情報誌 湖|株式会社しがぎん経済文化センター

interview:NAKAMURA Noriko

seasonal magagine for cultural information "mizuumi lake" SHIGAGIN bunka center

http://www.keibun.co.jp/saveimg/mizuumi/0000000010/pdf_main__20120321113032.pdf

[blog]

http://nakamura89.exblog.jp/

[Twitter]

https://twitter.com/satohyangxiang

[facebook]

http://www.facebook.com/nakamuranoriko

[list]

http://www.n-nakamura.com/list.html

[clumusica]

http://www.clumusica.com/ http://d.hatena.ne.jp/clumusica/

[biography] website of KCUA

http://www.kcua.ac.jp/professors/nakamura-noriko/

f:id:nakamura96:20080831134236j:image

[schedule]

月曜 1講時 作曲法(音楽学部生・専門講義室) 

   2講時 作曲レッスン(院2・研究室)

   12:10-13:00   

   3講時 作曲レッスン(研究室)or CM室(大学会館)

   4講時 作曲レッスン(研究室)or CM室(大学会館)

   5講時 2回生分析(作曲専攻・研究室)

Mon 9:00- Composition(for undergraduate

all speciality students,lecture room)   

10:40- Composition(graduate 2,lab.)

12:10- Alumini Office[central building]

13:00- Composition(reservation,lesson) or CM lab.[Uni.Hall]

14:30- Composition(reservation,lesson) or CM lab.[uni.Hall]

16:10- Analysis (undergraduate,composition class 2,lab.)

火曜 1講時 作曲レッスン(予約・研究室)

   2講時 作曲理論研究(大学院・研究室)

   12:10-13:00 オフィスアワー(研究室)  

    3講時 委員会(中央棟)

    4講時 委員会(中央棟)

    5講時 教授会(大学会館)

Tue 9:00- Composition(undergraduate,lesson,lab.)

10:40- Study of Composing Theory (master course all students,lab.)

12:10- Office hour(lab.)

13:00-18:00 Meeting(Committee)[central building]

水曜  1講時 楽曲分析(音楽学部・専門講義室)

    2講時 作曲法研究(院2・研究室)

    12:10-13:00  

    3講時  作曲レッスン(院2・研究室)

    4講時  作曲レッスン(研究室)or CM室(大学会館)

    5講時  作曲レッスン(研究室)

Wed 9:00- Analysis

   (undergraduate all speciality students,lecture room)

   10:40- Study of composition

        (master course 2ab,composition)

12:10-

13:00- Composition(lesson)

14:40- Composition(lesson,reservation)

        or CM Lab.(Uni.Hall)

16:10- Study of composition C (master course 2 a)

木曜 1講時 作曲レッスン(予約・研究室)  

   2講時 作曲レッスン(学4・研究室) 

   12:10−13:00  

   3講時 4回生楽曲分析(研究室)

   4講時 作曲レッスン(学3B・研究室)

   5講時 1回生楽曲分析(作曲専攻&指揮専攻・研究室)

Thu 9:00- Composition(lesson,reservation)

10:40- Composition(underguraduate 4b,lesson)

12:10-

13:00- Analysis(undergraduate,composition class 4)

14:30- Composition(undergraduate)

16:20- Analysis(undergraduate,composition & conducting class 1)

金曜 1講時 3回生楽曲分析[前期](研究室)

   2講時 作曲レッスン(予約・研究室)

   12:10-13:00

   3講時 作曲レッスン(学3A・研究室)

   4講時 3回生楽曲分析[後期](研究室)

   5講時 作曲レッスン(予約・研究室)

Fri 9:00- Analysis(for undergraduate3,composition) 

10:40- Composition(lesson,reservation)

12:10-

13:00- Analysis(for undergraduate3,composition)

14:30- Composition(lesson,resavation)

16:10- Composition(lesson,reservation)

研究室の扉に各時間の所在場所を確認できる表を貼っています。

研究室075-334-2363へご連絡ください。

携帯は090-8754-5805です。

作曲専攻以外の方へも研究室を解放しています。

和声、対位法フーガ作曲法、楽曲分析、

作曲、研究レポート、論文など専攻を問わず、

ご相談にのっています。

ご予約くださり、授業期間にどうぞおいでください。

前期は5月より7月(8月初旬まで試験期間)

後期は(9月下旬より)10月より1月

   (2月中旬まで試験期間、3月は試験月間)です。

1講時 9:00-10:30 2講時 10:40-12:10 昼休み12:10-13:00

3講時 1300-14:30 4講時 14:40-16:10 5講時 16:20-17:50

楽曲分析1-8 [作曲専攻:1回生2回生3回生4回生] 

Analysis 1-8 for composition students in 1st-4th year

1st year

Bach[Sweelink]

Beethoven[Haydn Mozart]

Brahms[Tchaikovsky Dvorak]

Faure Debussy Ravel

2nd year

Bartok Kodaly

Schoenberg Berg Webern

Varese Messiaen Dutilleux

3rd year

Xenakis Ligeti Berio

Stockhousen Boulez

Yun Yashiro Bekku

4th year

Grisey Sciarrino

Kagel Globokar

Matsumura Takemitsu Hirose

Ung Pagh=Paan

楽曲分析[学部生] (前期)(後期)

Analysis for all speciality students

[spring semester]

Haendel:Messiah

Beethoven:Symphony No.9

[autumn semester]

Respighi:Pini di Roma Fontane di Roma Feste Romane

Respighi:Siciliana Faure:Sicilienne Bach:Siciliano

作曲理論研究[大学院](前期) (後期)

Studies for theory of composition

for all speciality students in master course

[spring semester]

works of Dutilleux,Grisey,Berio and Sciarrino

[autumn semester]

Asian Composers and Composition for Asian instruments

on the keywords of folklore,tradition,oriental thoughts

for building and renewing identity

 

作曲法[学部]第1回、第2回、第3回、第4回提出、作品発表会、試験

Composition for all speciality students

[spring semester & autumn semester]

overview of the music on the Earth

variation from folklore & symphony from folklore

motif partial motif sentence theme

exposition development recapitulation coda

ordered and disordered structure

basic form[A AB ABA]

applied form[compound form Lied,dance suite,rondo,sonata ,fugue,variation]

twelve tone technique seriel music

from listening to nature concrete sounds for graphical notion

preparation of performance

presentation by performance

examination for completion of composition[90 min.]



[reference]

pitched instruments register

[relative expression from VOX HUMANA

A-f-f1-f2-f3] A0-C8

flute c1-c2-c3- c4

piccolo d2-c3-c4-c5

alto flute in G  g-g1-g2-g3 [notation:c1-c2-c3-c4]

oboe b-b1-b2-g3

oboe d'amore gis-gis1-gis2-cis3  [notation:h-h1-h2-e3]

english horn in F h-h1-h2-f3 [notation:e-e1-e2-b2]

clarinet in B d-d1-d2-d3-b4 [notation:e-e1-e2-e3-c4]

bass clarinet in B D-d-d1-d2-d4 [notation:e-e1-e2-e3-g3]

bassoon B-b-b1-b2-g3

double bassoon D1-D-d-d1-f1 [notaion:D1-D-d-f]

horn F-f-f1-f2 [notation:C-c1-c2-c3]

trumpet e-e1-e2-c3

trombone E-e-e1-b1

bass trombone   H1-H-h-a1

tuba F1-F-f-f1-b1

timpani C-A(32) D-H(30) F-d(28) A-F(25) c-a(22.5) [ordinary: F-f]

glockenspiel c2-c3-c4-c5 [notaion:C-c-c1-c2]

xylophone     c1-f1-f2-f3-f4-c5       

vibraphone f-f1f2-f3

marimba C-c-c1-c2-c3-c4-f4

tubular bells   c1-c2-f2

harp    C1-C-c-c1-c2-c3-c4-g4

piano A2-C1-C-c-c1-c2-c3-c4-c5

celesta  c2-c3-c4-c5-c6 [notation:c1-c2-c3-c4-c5]    

harpsichord   F-f-f1-f2-f3-g3

organ A2-C1--C-c-c1-c2-c3-c4-c5 [A0-C8]

soprano  d1-d2-c3

alto g-g1-f2

tenor c-c1-b1

bass D-d-f

violin g-g1-g2-g3-d4 [g-d1-a1-e2]

viola c-c1-c2-c3-g4 [c-g-d1-a1]

cello C-c-c1-c2-c3 [C-G-d-a]

double bass C1-C-c1-c2-c3-c4 [C1-E1-A1-D-G]

[notaion:C-c1-c2-c3-(harmonics:c4)]


担当:

作曲専攻対象:作曲(学部:共同担任制)

楽曲分析1.2.(学部1回生) 楽曲分析3.4.(学部2回生)

楽曲分析5.6.(学部3回生) 楽曲分析7.8.(学部4回生)

       作曲法研究(大学院)領域研究(博士課程)

指揮専攻対象:楽曲分析(学部4回生

全専攻対象:楽曲分析(前期・後期)(学部

  作曲法(編曲法を含む)(前期・後期)(学部) 

  作曲理論研究(前期・後期)(大学院

[charge]

for composition,conducting and all speciality

Composition(undergraduate,master course,and doctoral course)

Analysis 1-8(undergraduate 1 2 3 4, speciality of composition)

Analysis 1-4(undergraduate 1 2,class of specialty of conducting)

Compositon(undergraduate,all speciality)

Analysis a1 a2(undergraduate,all speciality)

Composition(master course)

Study of composition (master course,speciality of composition) 

Studies for theory of composition(master course,all speciality)

Studies for research (doctoral course)


   

f:id:nakamura96:20080831135637j:image

2013-04-05

2014-2006年度中村研究室時間割

06:34

2014年度中村研究室時間割

[schedule]

月曜 1講時 作曲法(音楽学部生・専門講義室) 

   2講時 作曲レッスン(学3・研究室)

  12:10-13:00   

   3講時 作曲レッスン(学4・研究室)

   4講時 作曲レッスン(予約・研究室)or CM室(大学会館)

   5講時 作曲レッスン(予約・研究室)or CM室(大学会館)

Mon 9:00- Composition(for undergraduate

all speciality students,lecture room)   

10:40- Composition(undergraduate 3A,lab.)

12:10- noon break

13:00- Composition(undergraduate 4D,lab.)

14:30- Composition(reservation,lesson) or CM lab.[uni.Hall]

16:10-Composition(reservation,lesson) or CM lab.[uni.Hall]

火曜 1講時 作曲レッスン(予約・研究室)

   2講時 作曲理論研究(大学院・研究室)

   12:10-13:00 オフィスアワー(研究室)  

    3講時 委員会(中央棟)

   4講時 委員会(中央棟)

   5講時 教授会(大学会館)

Tue 9:00- Composition( reservation,lesson,lab.)

10:40- Study of Composing Theory (master course all students,lab.)

12:10- Office Hour(lab.)

13:00-18:00 Meeting(Committee)[central building,uni Hall]

水曜  1講時  楽曲分析(音楽学部・専門講義室)

    2講時  2回生楽曲分析(作曲・指揮専攻、研究室)

    12:10-13:00  

    3講時  3回生楽曲分析(研究室)

    4講時  作曲レッスン(学3,研究室)

    5講時  作曲レッスン(学4,研究室)

Wed 9:00- Analysis

   (undergraduate all speciality students,lecture room)

   10:40- Analysis(undergraduate 2,comp.&cond.,lab.)

12:10-noon break

13:00- Analysis(undergraduate 3,lab.)

14:40- Composition(undergraduate 3,lab.)

16:10- Composition (undergraduate 4A,lab.)

木曜 1講時 作曲レッスン(予約・研究室)  

   2講時 作曲法研究(院1・研究室) 

   12:10−13:00  

   3講時 4回生楽曲分析(研究室)

   4講時 作曲レッスン(予約・研究室)

   5講時 1回生楽曲分析(研究室)

Thu 9:00- Composition(lesson,reservation)

10:40- Study of Composition(graduate1,lab.)

12:10-noon break

13:00- Analysis(undergraduate,composition class 4)

14:30- Composition(undergraduate)

16:20- Analysis(undergraduate 1.lab.)

金曜 1講時 作曲レッスン(予約・研究室)

   2講時 作曲レッスン(予約・研究室)

   12:10-13:00

   3講時 作曲レッスン(予約・研究室)

   4講時 作曲レッスン(予約・研究室)

   5講時 作曲レッスン(予約・研究室)

Fri 9:00- Composition(lesson,reservation)

10:40- Composition(lesson,reservation)

12:10-noon break

13:00- Composition(lesson,reservation)

14:30- Composition(lesson,resavation)

16:10- Composition(lesson,reservation)

研究室075-334-2363へご連絡ください。

携帯は090-8754-5805です。

作曲専攻以外の方へも研究室を解放しています。

和声、対位法フーガ作曲法、楽曲分析、

作曲、研究レポート、論文など専攻を問わず、

ご相談にのっています。

ご予約くださり、授業期間にどうぞおいでください。

前期は5月より7月(8月初旬まで試験期間)

後期は(9月下旬より)10月より1月

   (2月中旬まで試験期間、3月は試験月間)です。

1講時 9:00-10:30 2講時 10:40-12:10 昼休み12:10-13:00

3講時 1300-14:30 4講時 14:40-16:10 5講時 16:20-17:50

楽曲分析1-8 [作曲・指揮専攻:1回生2回生3回生4回生]

Analysis 1-8 for composition students in 1st-4th year

1st year

Bach[Sweelink]

Beethoven[Haydn Mozart]

Brahms[Tchaikovsky Dvorak]

Faure Debussy Ravel

2nd year

Bartok Kodaly

Schoenberg Berg Webern

Varese Messiaen Dutilleux

3rd year

Xenakis Ligeti Berio

Stockhousen Boulez

Yun Yashiro Bekku

4th year

Grisey Sciarrino

Kagel Globokar

Matsumura Takemitsu Hirose

Ung Pagh=Paan

楽曲分析[学部生] (前期)(後期)

Analysis for all speciality students

[spring semester 2014]

Bach:Unaccompanied Cello Suite No.1-6 all movements

Bach:Partita & Sonata No.1-3 all movements

[autumn semester 2014]

Faure:Requiem

Dovorak:Symphony No.8

[spring semester 2013]

Haendel:Messiah

Beethoven:Symphony No.9 all movements

[autumn semester 2013]

Respighi:Pini di Roma Fontane di Roma Feste Romane

Respighi:Siciliana Faure:Sicilienne Bach:Siciliano

作曲理論研究[大学院](前期) (後期)

Studies for theory of composition

for all speciality students in master course

[spring semester 2014]

works of 20 & 21 century composers in German Language

[autumn semester 2014]

works of 20 & 21 century composers in Asia

on the keywords of words,traditions,physics and memories

[spring semester 2013]

works of Dutilleux,Grisey,Berio and Sciarrino

[autumn semester 2013]

Asian composers and composition for Asian instruments

on the keywords of folklore,tradition,oriental thoughts

for building and renewing identity

 

作曲法[学部]

第1回、第2回、第3回、第4回提出

作品発表会、試験

Composition for all speciality students

[spring semester & autumn semester]

overview of the music on the Earth

variation from folklore & symphony from folklore

motif partial motif sentence theme

exposition development recapitulation coda

ordered and disordered structure

basic form[A AB ABA]

applied form

[compound form Lied,dance suite,rondo,

sonata ,fugue,variation]

twelve tone technique seriel music

from listening to nature concrete sounds

for graphical notion

preparation of performance

presentation by performance

examination for completion of composition[90 min.]


2013年度中村研究室時間割

[schedule]

月曜 1講時 作曲法(音楽学部生・専門講義室) 

   2講時 作曲レッスン(院2・研究室)

   12:10-13:00   

   3講時 作曲レッスン(研究室)or CM室(大学会館)

   4講時 作曲レッスン(研究室)or CM室(大学会館)

   5講時 2回生分析(作曲専攻・研究室)

Mon 9:00- Composition(for undergraduate

all speciality students,lecture room)   

10:40- Composition(graduate 2,lab.)

12:10- Alumini Office[central building]

13:00- Composition(reservation,lesson) or CM lab.[Uni.Hall]

14:30- Composition(reservation,lesson) or CM lab.[uni.Hall]

16:10- Analysis (undergraduate,composition class 2,lab.)

火曜 1講時 作曲レッスン(予約・研究室)

   2講時 作曲理論研究(大学院・研究室)

   12:10-13:00 オフィスアワー(研究室)  

    3講時 委員会(中央棟)

    4講時 委員会(中央棟)

    5講時 教授会(大学会館)

Tue 9:00- Composition(undergraduate,lesson,lab.)

10:40- Study of Composing Theory (master course all students,lab.)

12:10- Office hour(lab.)

13:00-18:00 Meeting(Committee)[central building]

水曜  1講時 楽曲分析(音楽学部・専門講義室)

    2講時 作曲法研究(院2・研究室)

    12:10-13:00  

    3講時  作曲レッスン(院2・研究室)

    4講時  作曲レッスン(研究室)or CM室(大学会館)

    5講時  作曲レッスン(研究室)

Wed 9:00- Analysis

   (undergraduate all speciality students,lecture room)

   10:40- Study of composition

   (master course 2ab,composition)

12:10-

13:00- Composition(lesson)

14:40- Composition(lesson,reservation)

        or CM Lab.(Uni.Hall)

16:10- Study of composition C (master course 2 a)

木曜 1講時 作曲レッスン(予約・研究室)  

   2講時 作曲レッスン(学4・研究室) 

   12:10−13:00  

   3講時 4回生楽曲分析(研究室)

   4講時 作曲レッスン(学3B・研究室)

   5講時 1回生楽曲分析(作曲専攻&指揮専攻・研究室)

Thu 9:00- Composition(lesson,reservation)

10:40- Composition(underguraduate 4b,lesson)

12:10-

13:00- Analysis(undergraduate,composition class 4)

14:30- Composition(undergraduate)

16:20- Analysis(undergraduate,composition & conducting class 1)

金曜 1講時 3回生楽曲分析[前期](研究室)

   2講時 作曲レッスン(予約・研究室)

   12:10-13:00

   3講時 作曲レッスン(学3A・研究室)

   4講時 3回生楽曲分析[後期](研究室)

   5講時 作曲レッスン(予約・研究室)

Fri 9:00- Analysis(for undergraduate3,composition) 

10:40- Composition(lesson,reservation)

12:10-

13:00- Analysis(for undergraduate3,composition)

14:30- Composition(lesson,resavation)

16:10- Composition(lesson,reservation)

研究室の扉に各時間の所在場所を確認できる表を貼っています。

研究室075-334-2363へご連絡ください。

携帯は090-8754-5805です。

作曲専攻以外の方へも研究室を解放しています。

和声、対位法フーガ作曲法、楽曲分析、

作曲、研究レポート、論文など専攻を問わず、

ご相談にのっています。

ご予約くださり、授業期間にどうぞおいでください。

前期は5月より7月(8月初旬まで試験期間)

後期は(9月下旬より)10月より1月

   (2月中旬まで試験期間、3月は試験月間)です。

1講時 9:00-10:30 2講時 10:40-12:10 昼休み12:10-13:00

3講時 1300-14:30 4講時 14:40-16:10 5講時 16:20-17:50


楽曲分析1-8 [作曲専攻:1回生2回生3回生4回生] 

Analysis 1-8 for composition students in 1st-4th year

1st year

Bach[Sweelink]

Beethoven[Haydn Mozart]

Brahms[Tchaikovsky Dvorak]

Faure Debussy Ravel

2nd year

Bartok Kodaly

Schoenberg Berg Webern

Varese Messiaen Dutilleux

3rd year

Xenakis Ligeti Berio

Stockhousen Boulez

Yun Yashiro Bekku

4th year

Grisey Sciarrino

Kagel Globokar

Matsumura Takemitsu Hirose

Ung Pagh=Paan

楽曲分析[学部生] (前期)(後期)

Analysis for all speciality students

[spring semester]

Haendel:Messiah

Beethoven:Symphony No.9

[autumn semester]

Respighi:Pini di Roma Fontane di Roma Feste Romane

Respighi:Siciliana Faure:Sicilienne Bach:Siciliano

作曲理論研究[大学院](前期) (後期)

Studies for theory of composition

for all speciality students in master course

[spring semester]

works of Dutilleux,Grisey,Berio and Sciarrino

[autumn semester]

Asian Composers and Composition for Asian instruments

on the keywords of folklore,tradition,oriental thoughts

for building and renewing identity

 

作曲法[学部]第1回、第2回、第3回、第4回提出、作品発表会、試験

Composition for all speciality students

[spring semester & autumn semester]

overview of the music on the Earth

variation from folklore & symphony from folklore

motif partial motif sentence theme

exposition development recapitulation coda

ordered and disordered structure

basic form[A AB ABA]

applied form[compound form Lied,dance suite,rondo,sonata ,fugue,variation]

twelve tone technique seriel music

from listening to nature concrete sounds for graphical notion

preparation of performance

presentation by performance

examination for completion of composition[90 min.]



2012年度中村研究室時間割


[schedule 2012]

月曜 1講時 作曲法(音楽学部生・専門講義室) 

   2講時 作曲レッスン(3回生・研究室)

   12:10-13:00 同窓会事務室  

   3講時 作曲レッスン(予約・研究室)

   4講時 院1回生 作曲1・2(作曲専攻・研究室) 

   5講時院1回生 作曲法研究A(作曲専攻・研究室)

Mon 9:00- Composition(for undergraduate students)   

10:40- Composition(reservation,lesson))

12:10- Alumini Office

13:00- Composition(reservation,lesson)

14:30- Composition(master couse)

16:10- Study of composition A (master course)

火曜 1講時 作曲レッスン(予約・研究室)

   2講時 作曲理論研究(大学院・研究室)

   12:10-13:00 オフィスアワー(研究室)  

     3講時 委員会(中央棟)

    4講時 委員会(中央棟)

    5講時 教授会(大学会館)

Tue 9:00- Composition(lesson)

10:40- Study of Composing Theory (master course students)

12:10- Office hour

13:00-18:00 Meeting

水曜 1講時 楽曲分析(音楽学部・専門講義室)

   2講時 作曲レッスン(予約・研究室) 伝音聴講(新研究棟) 

   12:10-13:00 同窓会事務室 

   3講時  4回生楽曲分析(作曲専攻・研究室)(大学会館)

   4講時  4回生楽曲分析(作曲専攻・研究室)(大学会館)

   5講時 院1回生 作曲法研究C(作曲専攻・研究室)

Wed 9:00- Analysis(undergraduate students)   

10:40- Composition or Tratditonal Music of Japan Study

12:10- Alumini Office

13:00- Analysis(undergraduate4,composition)biweekly

14:40- Analisis(undergraduate4,composition) biweekly

16:10- Study of composition C (master course)

木曜 1講時 4回生楽曲分析(作曲専攻・研究室)  

   2講時 作曲レッスン(予約・研究室) 

   12:10−13:00  作曲レッスン(3回生) 

   3講時 6回生楽曲分析(作曲専攻・研究室)

   4講時 作曲レッスン(予約・研究室)

   5講時 1回生楽曲分析(作曲専攻・研究室)

Thu 9:00- Composition(lesson,reservation)

10:40- Composition(lesson,resavation)

12:10- Compositon(undergraduate 3)

13:00- Compositon(lesson,reservation)

14:30- Analysis(for undergraduate,conducting class 4)

16:20- Analysis(undergraduate,composition class 1)

金曜 1講時 作曲レッスン(予約・研究室)

   2講時 2回生楽曲分析(作曲専攻・研究室)

   12:10-13:00 同窓会事務室

  3講時 3回生 楽曲分析(作曲専攻・研究室)

   4講時 作曲レッスン(予約・研究室)

   5講時 院1回生 作曲法研究B(作曲専攻・研究室)

Fri 9:00- Composition(lesson,resavation) 

10:40- Analysis(for undergraduate2,composition)

12:10- Almuni Office

13:00- Analysis(for undergraduate3,composition)

14:30- Composition(lesson,resavation)

16:10- Study of Composition B (master course)

研究室の扉に各時間の所在場所を確認できる表を貼っています。

研究室075-334-2363へご連絡ください。

携帯は090-8754-5805です。

作曲専攻以外の方へも研究室を解放しています。

和声、対位法フーガ作曲法、楽曲分析、

作曲、研究レポート、論文など専攻を問わず、

ご相談にのっています。

ご予約くださり、授業期間にどうぞおいでください。

前期は5月より7月(8月初旬まで試験期間)

後期は(9月下旬より)10月より1月

   (2月中旬まで試験期間、3月は試験月間)です。

1講時 9:00-10:30 2講時 10:40-12:10 昼休み12:10-13:00

3講時 1300-14:30 4講時 14:40-16:10 5講時 16:20-17:50

楽曲分析1-8 [作曲専攻:1回生2回生3回生4回生] 

Analysis 1-8 for composition students in 1st-4th year

1st year

Bach[Sweelink}

Beethoven{Haydn Mozart]

Brahms[Tchaikovsky]

Faure Debussy Ravel

2nd year

Bartok Kodaly

Schoenberg Berg Webern

Varese Messiaen Dutilleux

3rd year

Xenakis Ligeti

Stockhousen Boulez

Yun Yashiro Bekku

4th year

Grisey Sciarrino

Kagel Globokar

Matsumura Takemitsu Hirose

Ung Pagh=Paan

楽曲分析[学部生] (前期)(後期)

Analysis for all speciality students

Beethoven Piano Sonata No.1 Mov.1

Brahms Symphony No.1 Mahler Symphony No.1

[Keyboard work's relation]

Sweelinck-Teleman-Bach-Haydn-Mozart-

Beethoven-Liszt-Frank-Faure-Debussy-Ravel-

Bartok-Hindemith-Schoenberg-Webern-Boulez

J.S.Bach Cantata

作曲理論研究[大学院](前期) (後期)

Studies for theory of composition

for all speciality students in master course

別宮貞雄 林光 間宮芳生 BEKKU HAYASHI MAMIYA

Chinary Ung Younghi Pagh-Paan Asian contemporary composers

 

作曲法[学部]第1回、第2回、第3回、第4回提出、

作品発表会、試験

Composition for all speciality students

overview of music in Earth

from folklore to variation & from symphony to folklore

motif partial motif sentence theme

exposition development recapitulation coda

ordered and disordered structure

basic form[A AB ABA]

applied form[compound form lied dance suite rondo sonata fugue variation]

12 tone technique seriel music

listening to nature concrete sound graphical notaion

concert presentation

examination

[reference]

pitched instruments register

[relative expression from VOX HUMANA A-f-f1-f2-f3] A0-C8 88keys

flute c1-c2-c3- c4

piccolo d2-c3-c4-c5

alto flute in G  g-g1-g2-g3 [notation:c1-c2-c3-c4]

oboe b-b1-b2-g3

oboe d'amore gis-gis1-gis2-cis3  [notation:h-h1-h2-e3]

english horn in F h-h1-h2-f3 [notation:e-e1-e2-b2]

clarinet in B d-d1-d2-d3-b4 [notation:e-e1-e2-e3-c4]

bass clarinet in B D-d-d1-d2-d4 [notation:e-e1-e2-e3-g3]

bassoon B-b-b1-b2-g3

double bassoon D1-D-d-d1-f1 [notaion:D1-D-d-f]

horn F-f-f1-f2 [notation:C-c1-c2-c3]

trumpet e-e1-e2-c3

trombone E-e-e1-b1

bass trombone   H1-H-h-a1

tuba F1-F-f-f1-b1

timpani C-A(32) D-H(30) F-d(28) A-F(25) c-a(22.5) [ordinary: F-f]

glockenspiel c2-c3-c4-c5 [notaion:C-c-c1-c2]

xylophone     c1-f1-f2-f3-f4-c5       

vibraphone f-f1f2-f3

marimba C-c-c1-c2-c3-c4-f4

tubular bells   c1-c2-f2

harp    C1-C-c-c1-c2-c3-c4-g4

piano A2-C1-C-c-c1-c2-c3-c4-c5

celesta  c2-c3-c4-c5-c6 [notation:c1-c2-c3-c4-c5]    

harpsichord   F-f-f1-f2-f3-g3

organ A2-C1--C-c-c1-c2-c3-c4-c5 [A0-C8]

soprano  d1-d2-c3

alto g-g1-f2

tenor c-c1-b1

bass D-d-f

violin g-g1-g2-g3-d4 [g-d1-a1-e2]

viola c-c1-c2-c3-g4 [c-g-d1-a1]

cello C-c-c1-c2-c3 [C-G-d-a]

double bass C1-C-c1-c2-c3-c4 [C1-E1-A1-D-G]

[notaion:C-c1-c2-c3-(harmonics:c4)]

担当:

作曲専攻対象:作曲(学部:共同担任制)

楽曲分析1.2.(学部1回生) 楽曲分析3.4.(学部2回生)

楽曲分析5.6.(学部3回生) 楽曲分析7.8.(学部4回生)

       作曲法研究(大学院)領域研究(博士課程)

指揮専攻対象:楽曲分析(学部4回生

全専攻対象:楽曲分析(前期・後期)(学部

  作曲法(編曲法を含む)(前期・後期)(学部) 

  作曲理論研究(前期・後期)(大学院



2011年度中村研究室時間割



月曜 1講時 作曲法(音楽学部・専門講義室) 

   2講時 作曲レッスン(予約・研究室)  

   12:10-13:00 同窓会事務室  

   3講時 2回生分析(作曲専攻・研究室)

   4講時 作曲法レッスン(予約・研究室)

   5講時 作曲法研究(研究室)   

火曜 1講時 作曲レッスン(予約・研究室)

   2講時 作曲理論研究(大学院・研究室)

   12:10-13:00 オフィスアワー(研究室)  

    3講時-5講時 委員会教授会

水曜 1講時 楽曲分析(音楽学部・専門講義室)

  2講時 伝音センター講義受講(新研究棟) 

   12:10-13:00 同窓会事務室 

   3講時 4回生分析(作曲専攻・研究室)  

   4講時 (作曲レッスン・予約/研究室)

   5講時 作曲法研究(研究室)

木曜 1講時 作曲レッスン(予約/研究室) 

   2講時 研究留学生レッスン(研究室) 

   12:10−13:00 (学内) 

   3講時 5回生分析(研究室)

   4講時 作曲レッスン(予約・研究室)

   5講時 1回生分析(作曲専攻・研究室)

金曜 1講時 作曲レッスン(作曲専攻・研究室)

   2講時 2回生分析(作曲専攻・研究室)

   12:00-13:00 同窓会事務室

   3講時 3回生分析(作曲専攻・研究室)

   3−5講時(予約/新研究棟)



2010年度中村研究室時間割



月曜 1講時 作曲法(音楽学部・専門講義室) 

   2講時 5回生分析(作曲専攻・研究室)  

   12:10-13:00 同窓会事務室  

   3講時(同窓会事務室 [繁期]or作曲レッスン・予約[閑期])

   4-5講時 (作曲レッスン・予約/新研究棟)   

火曜 1講時 作曲レッスン(5回生)

   2講時 作曲理論研究(大学院・研究室)

   12:10-13:00 オフィスアワー(研究室)  

     3講時-5講時 委員会教授会

水曜 1講時 楽曲分析(音楽学部・専門講義室)

     2講時 伝音センター講義受講(新研究棟) 

   12:10-13:00 同窓会事務室 

   3講時 1回生分析(作曲専攻・研究室)  

   4講時 (作曲レッスン・予約/研究室)

   5講時 (作曲レッスン・予約/研究室)

木曜 1講時 2回生分析(指揮専攻・研究室)  

   2講時 研究留学生レッスン(研究室) 

   12:10−13:00 (学内) 

   3講時 分析 準備(研究室)

   4講時 3回生分析(作曲専攻・研究室)

   5講時 4回生分析(作曲専攻・研究室)

金曜 10:00-12:00 2回生分析(作曲専攻・研究室)

   12:00-13:00 同窓会事務室

   3−5講時(予約/新研究棟)

研究室の扉に各時間の所在場所を確認できる表を貼っています。

箏奏法研究のため新研究棟にいることもあります。

075-334-2399へご連絡ください。

木曜の午前8−9時は、どなたが来られてもかまいません。

(7時30分には来ています)

研究室を解放し、和声、対位法フーガ作曲法、

楽曲分析、作曲、研究レポート、論文など

専攻を問わず、なんでもご相談にのっています。

ご予約くださり、授業期間にどうぞおいでください。

前期は4月より7月、後期は10月より1月です。

1講時 9:00-10:30 2講時 10:40-12:10 昼休み12:10-13:00

3講時 1300-14:30 4講時 14:40-16:10 5講時 16:20-17:50


休講通知および補講通知

4月21日(水) 風邪のため早退 5講時 2回生分析休講→7月21日(水)4講時補講

4月22日(木) 風邪のため2講時 研究留学生レッスン休講→4月28日(水)4講時補講

      3講時 2回生分析(指揮)→7月21日(水)2講時補講

      4−5講時 4回生分析休講→4月23日(金)4−5講時 4回生分析補講

*4月26日(月) 忌引 1講時 作曲法(クラス授業) 

5月26日(水) 体調不良のため早退 3講時 1回生分析休講→7月19日(月)2講時補講

      5講時 2回生分析休講→7月21日(水)3講時補講 

6月15日(火) 発熱のため作曲理論研究(大学院)休講→7月13日(火)補講

7月8日(木) 練習のため3講時2回生分析 (指揮)及び4-5講時 4回生分析休講

      →7月15日(木)3講時2回生分析 (指揮)及び4-5講時 4回生分析補講

10月4日(月) 音楽祭のため休講 1講時 作曲法→1月31日(月)1講時補講

10月5日(火) 音楽祭のため休講 2講時 作曲理論研究(大学院)→1月25日(火)2講時補講

10月6日(水) 音楽祭のため休講 1講時 楽曲分析→1月26日(水)1講時補講

11月17日(水)風邪のため3講時休講→11月18日(木)昼休み補講

11月17日(水)風邪のため休講 4講時 1回生分析→11月18日(木)2講時補講

11月19日(金)風邪のため休講 2講時 2回生a分析→2011年1月28日(金)2講時補講

12月7日(火)体調不良のため休講 2講時作曲理論研究→2011年1月25日(火)2講時補講

1月13日(木)申し出により3講時4講時楽曲分析を移動→2011年2月4日と7日補講 

            

補講通知

4月30日(金)スケジュール調整のため4−5講時 4回生分析補講

      [4回生教育実習に対応]

7月15日(木) 2-3講時 研究留学生レッスン 4-5講時 4回生分析

7月21日(水) 9時-10時 2回生分析(指揮) 10時-16時(3コマ分)2回生分析

7月22日(木) 9時-10時 2回生分析(指揮) 10時-13時(2コマ分) 3回生分析

      14時-15時 研究留学生レッスン

7月23日(金) 1講時 2回生分析(指揮)     

7月29日(木) 10時-13時 4回生分析補講 14-15時 研究留学生レッスン

8月2日(月) 2講時 2回生分析→8月3日(火)15時-17時40分 2回生分析

8月9日(月)17時-18時 2回生分析

8月10日(火)11時-12時 研究留学生レッスン

8月11日(水)17時−18時 2回生分析

8月20日(金)9時半-10時半 2回生分析

8月23日(月)11時-12時半 2回生分析

9月7日(火)15時半-17時半 2回生分析

作曲専攻生:楽曲分析1-8

現在 1回生 Bach Beethoven 2回生 Bartok Ravel Berg

3回生−4回生 Schoenberg Webern Berg Varese Dutilleux Yun

一般クラス:

現在 楽曲分析(学部Mahler Symphony 2(前期)

       Haendel Messiah Faure Requiem(後期)です。

  作曲理論研究(大学院) Schubert WInterReise-

New Wien School Modern Vocal Works(前期)

             YUN Isang(後期)です。

  作曲法(学部)第1回、第2回、第3回提出、

作品発表会、試験

担当:

作曲専攻対象:作曲(学部:共同担任制)

楽曲分析1.2.(学部1回生) 楽曲分析3.4.(学部2回生)

楽曲分析5.6.(学部3回生) 楽曲分析7.8.(学部4回生) 

       作曲法研究(大学院

       研究留学生大学院)領域研究(博士課程)

指揮専攻対象:楽曲分析(学部2回生

全専攻対象:楽曲分析(前期・後期)(学部

  作曲法(編曲法を含む)(前期・後期)(学部) 

      作曲理論研究(前期・後期)(大学院



2009年度中村研究室時間割



月曜 1講時 楽曲分析(音楽学部)     

   2講時 作曲法(音楽学部)

   12:10-13:00 同窓会事務

   3講時 同窓会事務

   4講時 (作曲レッスン・予約)

火曜 1講時 2回生分析(作曲専攻)

   2講時 作曲理論研究(大学院) 

   12:10-13:00 委員会

   3講時-4講時 委員会教授会

水曜 1講時 1回生分析(作曲専攻)

   2講時 3回生分析(作曲専攻)

   12:10-12:30 同窓会事務

   12:30-13:00 1回生分析(指揮専攻)

   3講時 4回生分析(作曲専攻)

   4講時 作曲法研究(院・作曲専攻)

木曜 1講時 (作曲レッスン・予約)

   12:10〜13:00 オフィスアワー

   3講時 作曲法研究(院・作曲専攻)

   4講時 5回生分析(作曲専攻)

金曜 1講時-4講時 (作曲レッスン・予約)


ほほぼ毎日、午前8時前には研究室に到着しています。

木曜の午前7時30分−9時は、どなたが来られてもかまいません。

研究室を解放し、和声、対位法フーガ作曲法、

楽曲分析、作曲、研究レポート、論文など

専攻を問わず、なんでもご相談にのっています。

授業期間にどうぞおいでください。

前期は4月より7月、後期は10月より1月です。



2008年度中村研究室時間割



月曜 1講時 楽曲分析(音楽学部)     

   2講時 作曲法(音楽学部)

   12:10-13:00 同窓会事務

   3講時 同窓会事務

   4講時 (作曲レッスン・予約)

火曜 1講時 2回生分析(作曲専攻)

   2講時 作曲理論研究(大学院) 

   12:10-13:00 委員会

   3講時-4講時 委員会教授会

水曜 1講時 1回生分析(作曲専攻)

   2講時 3回生分析(作曲専攻)

   12:10-12:30 同窓会事務

   12:30-13:00 1回生分析(指揮専攻)

   3講時 4回生分析(作曲専攻)

   4講時 作曲法研究(院・作曲専攻)

木曜 1講時 (作曲レッスン・予約)

   12:10〜13:00 オフィスアワー

   3講時 作曲法研究(院・作曲専攻)

   4講時 5回生分析(作曲専攻)

金曜 1講時-4講時 (作曲レッスン・予約)


2007年度中村研究室時間割


月曜 1講時 楽曲分析(音楽学部)     

   2講時 作曲法(音楽学部)

   12:10-13:00 指揮1回生分析(研究室・木6と両方)

   3講時 (同窓会事務)

   4講時 作曲レッスン(予約・研究室)

5講時 2回生分析

火曜 1講時 作曲レッスン(院・研究室)

   2講時 作曲法研究(院・研究室) 

   12:10-13:00 委員会

   3講時 作曲レッスン(院・研究室)

   4-5 講時 委員会教授会

水曜 1講時 作曲法研究(作曲専攻)

   2講時 作曲レッスン(博士課程)

   12:10-13:00 同窓会事務

   3講時 3回生分析(作曲専攻・研究室)

   4講時 作曲レッスン(院・研究室)

   5講時 作曲法(専門講義室)

   6講時 作曲レッスン(博士課程)

木曜 1講時 楽曲分析 (専門講義室)

   12:10〜13:00 オフィスアワー

   3講時 作曲理論研究(院一般・研究室)

   4講時 5回生分析(作曲専攻)

   5講時 1回生分析(作曲専攻・研究室)

   6講時 指揮1回生分析(研究室)

金曜 1講時-5講時 (作曲レッスン・予約)


2006年度中村研究室時間割


月曜 1講時 楽曲分析(音楽学部・専門講義室)     

   2講時 作曲法(音楽学部・専門講義室)

   12:10-13:00  昼休み

   3講時 作曲レッスン(予約・研究室)

   4講時 作曲レッスン(予約・研究室)

   5講時 作曲レッスン(予約・研究室)

火曜 1講時 作曲法研究(研究室)

   2講時 2回生分析(研究室) 

   12:10-13:00 委員会

   3講時-5講時 委員会教授会

水曜 1講時 楽曲分析(一般・専門講義室)

   2講時 3回生分析(作曲専攻)

   12:10-12:30 同窓会事務

   12:30-13:00 1回生分析(指揮専攻)

   3講時 1回生分析(作曲専攻)

   4講時 作曲レッスン(大学院・作曲専攻)

   5講時 作曲法a(専門講義室)

木曜 1講時 (作曲レッスン・予約)

   12:10〜13:00 オフィスアワー

   3講時 作曲理論研究(院・一般)

   4講時 作曲レッスン(研究室)

   5講時 作曲法b(専門講義室)

   6講時 作曲レッスン(博士課程)

金曜 1講時-5講時 (作曲レッスン・予約)