Hatena::ブログ(Diary)

研究開発創作日誌 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-03-28 OpenBio11

第11回オープンバイオ研究会を開催しました

2009/03/27-28に人工知能学会分子生物情報研究会(SIG-MBI)と共催で第11回オープンバイオ研究会を開催しました。

screenshot screenshot screenshot


今回は4コマプレゼンポスターという発表形式でおこないました。4コマプレゼンポスター形式は今回の研究会のために発案されたものです。これまでのハンズオンセミナー、オープンスペースプログラミングコンテストなどを経て、あたらしい地平をめざしてみました。

参加者はもれなく4コマポスタープレゼンをしていただきます。4コマプレゼンとは、誰が思いついたかしらないが、起承転結のようにストーリーを四枚の画面で発表するプレゼン技法です。ポスターとしてA4四枚やA4両面二枚に印刷して持参していただきます。もちろん、4台の MacBook を持ち込んで並べるなど創意工夫も歓迎します。

3月27日28日に第11回オープンバイオ研究会を開催します。 - 研究開発創作日誌

参加者の皆様はポスターをちゃんと紙に印刷して持参しており、会場には書画カメラが設置されていたので、全員にプレビューしていただきました。ちょうどA4 4枚持参しているので、だいたい一人5分くらいのライトニングトークのようにスムーズな進行でこれはいいかんじ。参加者が11人でしたので、ちょうど一時間で終了。

f:id:nakao_mitsuteru:20090328100411j:image f:id:nakao_mitsuteru:20090328100417j:image

プレビュー後は、パネルに掲示して、普通ポスターセッションを行いました。さきほどのプレビュー自己紹介として良い方向に作用してポスターでの議論が盛んに行われていました。

f:id:nakao_mitsuteru:20090328134417j:image

ポスターセッションの全員プレビューといえば、恵比寿時代のGIWが思い出されます。あのころは、OHP一枚もって一列に並んで、1分くらい述べるのが一時間くらい続くなかなかつらい時間でしたが、いい経験だったとおもいます。

f:id:nakao_mitsuteru:20090328121230j:image

4コマプレゼンポスター形式は、今回は参加者の盛り上がりから成功したといえます。ふつうポスターセッションでも、トークでも達成できないコミュニケーションが達成できました。10名くらいの規模で研究交流会をするときに有効な形式であるとおもいました。

f:id:nakao_mitsuteru:20090328121323j:image

似たような形式としては、ポジションペーパ形式ライトニングトークがあげられます。わりときつい制約があるのは共通点です。ちがいは、ポジションペーパーは一枚で全員に配布しなければいけないし、ライトニングトークは5分間という時間が重視されています。

4コマプレゼンポスター形式はポータブルであるといえます。今回はパネルを準備していただけましたが、4枚程度だと、机にならべても十分閲覧できるので、場所を選ばない形式かもしれません。また、プレビューのための書画カメラが準備できないときは、印刷と同時にPDFにも出力しておけば、通常のプロジェクタでもプレゼンが可能です。機材の要求が低いというのも良い点だといえます。


KPT

Keep
  1. 研究会を開催する。
  2. 4コマポスター+全員プレビュー
Problem
  1. 当日まで進行がきまっていなかった。
Try
  1. 事前に進行を考えておく。

2009-02-03 op11

3月27日28日に第11回オープンバイオ研究会を開催します。

第40回 人工知能学会 分子生物情報研究会(SIG-MBI)との共催で第11回オープンバイオ研究会を開催します。

screenshot screenshot

参加者はもれなく4コマポスタープレゼンをしていただきます。4コマプレゼンとは、誰が思いついたかしらないが、起承転結のようにストーリーを四枚の画面で発表するプレゼン技法です。ポスターとしてA4四枚やA4両面二枚に印刷して持参していただきます。もちろん、4台の MacBook を持ち込んで並べるなど創意工夫も歓迎します。

詳しくは、no title もしくは 404 Not Found へ。

2008-11-28 OB10

第10回オープンバイオ研究会を JSBi2008 で開催します。12/16

12月16日に千里ライフサイエンスセンターで開催される JSBi2008 内の自由集会として、第10回オープンバイオ研究会を開催いたします。

screenshot screenshot

今回もオープンスペースをおこないます。話題のある方はぜひご参加ください。また、ライトニングトークも同時に募集しています。5分程度で発表する話題のあるかたはご応募よろしくおねがいします。どちらも応募は会場の掲示板もしくはWikiで行います。

あたらしい試みとして、Ustream.Tv をつかった配信を計画しています。単に配信するか、チャットを通してオープンスペースに参加できるようにするか、可能性を探ってみたいと考えております。会場に来られない方はこちらをご期待ください。

開催概要

2008-03-08 SIG-MBI 37 + OBJ 9

中尾光輝「DAS workshop 2008 参加報告」第37回 人工知能学会 分子生物情報研究会(SIG-MBI)(オープンバイオ研究会と共催)

タイトル
DAS workshop 2008 参加報告
講演者
○中尾光輝(かずさディー・エヌ・エー研究所)
講演概要
DAS workshop 2008に参加してきました。ゲノム配列と遺伝子のアノテーションの共有プロトコルとして、ヨーロッパを中心に利用実績がとてもたかまっていることやサーバやクライアントの実装とその利用や拡張、導入法について報告します。

DAS workshop 2008 参加レポート - 研究開発創作日誌の内容から抜粋して口頭で説明しました。とくに、

  1. BioSapiens Network of Excellence の説明
  2. DAS の座標系(名前空間)
  3. ProteinDAS クライアント SPICE の紹介

にフォーカスしました。

発表の様子は、http://open-bio.jp/?meeting9-slidesにて動画で公開されています。

http://www.sigmbi.jp/080307/photo/TN_SANY0010.JPG

screenshot

2008-02-11

Creative Commons License
このブログの個別に注のある作品以外はクリエイティブ・コモンズ・ライセンス 表示 2.1 日本としてライセンスされています。