Hatena::ブログ(Diary)

生活と趣味に関するブログ

2017-08-11

ムーブカスタム

15:03

今日は友だちが誕生日祝いをしてくれました。

生活と趣味に関する情報です。





ムーブカスタムを販売しているダイハツは、現在はトヨタ自動車の傘下にあるが、日本で最も歴史の長い量産車メーカーであるといわれている。

インターネットなどで、ムーブカスタムのオーナーズクラブを探したり、情報サイト、ブログなどで最新のパーツ情報を検索してみるといいだろう。

ムーブカスタムが、これほど長い間、愛されている理由は、いくつかあるだろう。ムーブカスタムは、ダイハツの軽自動車のブランド名で、その名前は広く知れ渡っており、車に詳しくない人でも知っている。

ムーブカスタムとは、その名の示す通り、「ムーブ改」と思っていただいて良いだろう。

ムーブカスタムをリリースしている、ダイハツ工業株式会社は、軽自動車を中心に「スモールカー」を主力として製造してきた。

カスタマーがスモールカーや軽自動車に、何を求めているかを徹底的に追求し、その要求を満たす車を生産してきたのがダイハツだが、ムーブカスタムもそんな車の一つだ。

どんな自動車にも言えることだが、目的や用途が明確な車はスタイルにも表れるが、ムーブカスタムも例外ではない。

ムーブカスタムの歴史は、そのまま日本の軽自動車の歴史と言っても良いかもしれない。

ダイハツのブランドイメージと相まって、ムーブカスタムは軽のトールワゴンタイプの中で、確固たる位置を確立しているのだ。

長い期間に、メーカーが培ってきた技術が年々積み重なり、今のムーブカスタムのスタイルになっているが、目的や用途が明確な車だから激変はしない。

信頼のブランドイメージで、「ダイハツのムーブカスタムなら間違いないだろう」という考えにつながる。

ムーブカスタムオーナーの、口コミ情報などは参考になるし、質問サイトで聞いてみるのもいいだろう。

ダイハツは、当時、スズキのワゴンRに独占されていた、軽の「トールワゴンタイプ」というセグメントに、満を持してムーブを投入し、後発のムーブカスタム誕生へとつながっていく。

ふー、今日もつかれたー

明日も「生活と趣味に関する情報」をお知らせします。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nakazima851/20170811/1502431389