Neil and Rush and Me このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-09-23-Sat

15・16・17期合同ゼミ合宿@飛鳥

15・16・17期合同ゼミ合宿@飛鳥

ゼミ生(2回生=17期生)17名の加わった初めての合同ゼミ合宿を飛鳥文化研究所で実施した。

昨年度冬の合宿の際には、改修工事中のために利用できなかった飛鳥のセミナーハウス。今回の合宿では利用可能になっていたが、ここ数年人気が高まっている施設のようで、希望の日程での予約が毎回難しくなっている。他の団体に先に(半年近くも前に!)おさえられてしまっている。自分の講義を休講にしてゼミ合宿を行うのは本意ではないだが、昨日・今日という日程でないと実施が難しいことが判明したため、やむをえないと判断した(昨日の4限の経済学説史、5限の大学院は休講)。

17期生17名、16期生17名、15期生17名、合計51名のうち、50名が参加。メニューは17回生の紙芝居自己紹介、16期生のインカレ&学内ゼミ大会中間報告、15期生卒論中間報告&就活報告(+レクリエーションの卓球と大宴会)。3年連続で宴会で粗相のあった飛鳥ゼミ合宿だが、今回は平穏無事に終えることができた。ほっとした。

16期生の中間報告に対して15期生が非常に的を射た改善コメントをしてくれた。去年のインカレを通じてたくさんをことを学び成長してくれていたことがわかり、非常に頼もしくうれしく感じた。

これだけの大所帯を引っ張っていくのにはたいへんな時間と労力がかかったはず。煩雑な幹事の仕事を手際よくこなしてくれたTさん、AMN君、SNKY君の3名に心より感謝したい。

2017-09-21-Thu

17期ゼミが本格始動

新学期の授業は5限の17期(2回生ゼミからスタート。記念すべき第1回のゼミ。17名全員出席。ガイダンス的な内容で、今学期のプレゼン担当者を決定した。久々の授業だったが、勘は鈍っていなかった。いざ教室に入れば、特に違和感なく授業を進められた。

5限目以外は科研費申請書類の作成に集中する。かなり捗った。

2017-09-20-Wed

科研費書類の作成開始

幾度も逡巡したが、結局、来年度の科研費申請することにした。さっそく、申請書類の作成に着手する。今日は(16期生との面談を除いて)終日、申請書類にかかりきり。明日から新学期なので、授業モードに頭を切り替えなければならないが、学内締切(10月11日)には何とか間に合わせられるのではないか。

2017-09-19-Tue

超地味な一日

終日研究室でデータ入力をしていた超地味な一日。こういうふうに贅沢な時間の使い方ができるのも明日で最後。明後日から秋学期開始。

2017-09-18-Mon

夜の動物園

台風一過、好天に恵まれた。娘へのサービスデーとする。

一昨日・昨日と御射山公園で遊べずストレスをためこんでいた娘だったが、今日の午前中は公園で友だちと一緒に思う存分遊ばせることができた。

この3連休は岡崎京都市動物園で夜間営業のサービスがあった。台風が襲来していた一昨日と昨日はさすがに無理だったが、ようやく今日娘と一緒に訪れることができた。もっとも、娘は動物よりも遊具のほうに夢中だったが。

2017-09-17-Sun

こどもみらい館

台風が接近していたが、夕方までは空模様が悪いだけで雨に降られなかった。そこで午前中は娘をこどもみらい館へ連れて行く。少しでも体を動かせた娘はやはりうれしそう。午後は高島屋のおもちゃ売り場へ連れて行き、地階で御座候を買い与えてから帰宅する。

夕方から風雨が本格化。子どもたちの就寝後、データ入力の作業を少しだけ進める。

2017-09-16-Sat

おとうさんスイッチ

台風接近。終日雨天。外で遊べない娘は退屈の極み。一緒に「おとうさんスイッチ」(ピタゴラスイッチ)を工作する。

2017-09-14-Thu

 アクセプト祈願

今日やったこと、以下の3冊のマルサス研究書に対する書評の収集と読解。

New Perspectives on Malthus

New Perspectives on Malthus

新しい論文(になるかもしれないもの)のデータ入力。16期生のインカレ相談。顧問を務めている某劇団のメンバーとの面会(書類押印)。バーク研究会開催に関わる書面の作成。

先日再投稿した某海外ジャーナルの本拠地オランダということで、アクセプトを祈願して、オランダビールハイネケン)を買い込み、飲み干す。

2017-09-13-Wed

ゼミ生のちゃらんぽらんと不誠実

昨日に引き続き、入試関係の会議。終了後、論文資料の整理。

一部の15期生(4回生)の卒論執筆に対する意識(と言うよりもゼミ生としての意識)が非常に低い。今日もまた一人そういうゼミ生が発覚してしまい、怒りがおさまらない。初稿を仕上げないまま(参考文献たった一冊!)放置して遊びの旅行へ出発してしまう。ギリギリ(出発日は明日)の連絡なので、代替課題すら出せない。連絡と言っても、一方的な告知・通達である。合宿も欠席(キャンセル)になる。「帰って来たら一生懸命やりますから行かせてください」という空手形の一点張りなので、まったく話にならない。勉強のできる/できない以前に、僕と接する態度がちゃらんぽらんで不誠実きわまりなく、それがいちばん腹立たしい。このまま社会に出したくない。後輩ゼミ生には絶対に真似させたくない。ゼミ活動の吸引力がここまで落ちてしまっているのかと思うと愕然とする。そして、悲しくなってくる。

2017-09-12-Tue

世界各国の名前で「ドレミの歌」

"Where's My Thing?"(Rush cover)

D

入試関係の会議。たまっていた仕事メールの返信をまとめて書く。マルサス&ペイン論文の新たな投稿先の模索(昨日の続き)。

自宅の風呂場には、以前、日本地図とひらがなとカカタカの50音表が貼られていたのだが、50音表のほうを娘が覚えてしまったので、今は世界地図(国旗付き)とアルファベット表に入れ替わっている。娘と一緒にお風呂に入ると、自然とそれについて会話が弾む。そんな折り、世界各国の名前でドレミの歌を歌おうということになった。当然、歌詞は娘が世界地図を見ながら考えるのである。こんな感じで一番と二番の歌詞は作れたのだが、

ファを含む国名が(僕も一緒に探してみたが)他にどうしても見つけられず、三番の歌詞は作れなかった。

2017-09-11-Mon

2か月ぶりのスタジオセッション

午前中は7月13日以来、約2か月ぶりのスタジオセッション。午後から大学へ。マルサス&ペイン論文の新たな投稿先(海外ジャーナル)を模索する。

"Malignant Narcissism"(Rush cover)はかなりの難曲で、ずいぶん前から練習しているが、ようやく他人様に披露できるレベル(もちろん完成にはまだほど遠いが)に到達したので、YouTubeアップロードした。

D

2017-09-10-Sun

気楽

娘を御射山公園で遊ばせるいつもの日曜日。年齢の近い娘のお友だちも来ていたので、子どもたちだけで勝手に遊んでくれる。僕はお友だちのお母さんたちと世間話。子どもの成長に伴う住居の狭隘化はどこの家でも悩みの種である。

同僚Kさんの退職記念号の件も英語論文の再投稿の件も一区切りついたので、かなり気が楽である。

2017-09-09-Sat

参観日

参観日&『正義・平等・責任』合評会

午前中は娘の通う幼稚園の参観日。本来は敬老の日に合わせておじいちゃん・おばあちゃんに参観(&孫と交流)してもらう日なのだが、わが家ではそれがかなわないので、父親である僕が代わりに参観する。10月7日の運動会には仕事(保守主義自由主義研究会)と重なり出席できそうにないので、そのせめてもの罪滅ぼしにという思いもあって。

午後はR大学生存学研究センター主催の研究会「『正義・平等・責任』から/とともに生存をめぐる制度・政策についてかんがえる」に出席する。畏友Iさんの新著の合評会である。

せっかく出席したので、門外漢ながら、フロアから質問・コメントもさせてもらった。旧知の間柄ということもあって、Iさんの問題意識の輪郭は理解&共感できているつもりだが、議論の細部までは僕自身の能力の制約によりフォローできていなかった。この研究会への参加によって理解をかなり深めることができた。懇親会にも参加させてもらったが、R大の若手研究者が放つ熱気がすさまじく、圧倒される。まるで四半世紀前(自分が大学院生だった頃)の大学院生を見ているかのようだ。

2017-09-08-Fri

再投稿

研究推進委員会に出席する。今日は普段よりかなり長く、2時間もかかった。

それ以外の時間は英語論文の改訂作業に充てる。作業を終え、何度も見直して、16時過ぎに再投稿する。21時過ぎ(日本時間)、ジャーナルのエディターからさっそく返信が届く:"Many thanks for this. I have decided to consult with the referees of the previous round and will let you know my editorial decision as soon as I hear back from them." 神様、お願い、今度こそ通してちょうだい〜!

これで夏休みの宿題(笑)が終わった。来週から中国語の勉強を遅まきながら再開することにしよう。さて、どれだけ思い出せるか、覚えているか? そして、ご恵送いただいた本を読んで、お礼状を書かないと。不義理が続いているものだから。