Hatena::ブログ(Diary)

nakorakeの日記

2009 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 |

2018-02-09

ブラックバイト――学生が危ない

23:19 |

本日読了。

居酒屋や塾産業を中心に、ブラックバイトが学生を危険に晒している。マニュアル化により学生バイトでも戦力にしやすい、実態はフランチャイズで遵法意識が少ないか法を知らない雇用者(不法な賠償契約で退職させない等)、やりがい搾取、就職予行演習や居場所となり権利意識が希薄、貧困学生の生活の糧、そもそも頼るべき正社員が疲弊している、などの理由で、一方的なシフト要請を受け入れ、学生生活就職活動弊害を与えてしまう。

2018-02-04

誰がアパレルを殺すのか

11:34 |

本日読了。

誰がアパレルを殺すのか

誰がアパレルを殺すのか

とても面白い。アパレル業界の課題や最近のトレンドがよくわかる。

  • 一般的なアパレル企業: 工場->商社OEMメーカー->アパレル企業^>百貨店などの店舗->消費者
  • SPA: 提携工場->SPA->自社店舗->消費者
  • オンラインSPA: 提携工場->オンラインSPA->消費者

といった形で、サプライチェーンが短縮され、これまでの常識(低原価率、大量生産、消化仕入れ、新品販売、セール、売れ残り廃棄)を破るビジネスモデルが生まれてきている。一方、旧来のプレイヤーは衰退(百貨店も売上の3割はアパレルであるため道連れ)、もてはやされたユニクロなどのSPAも壁にぶつかっている。

店舗をそのままオンライン化したゾゾタウン(日)、商品コスト構成をすべて開示しネットで商品予約をしてから店舗に購入に行くエバーレーン(米)、中古品販売して販売済商品を買取るゾゾユーズド「顧客のクローゼットを在庫として管理する」、シェアリングエコノミーでもある個人間売買仲介のメルカリ(日)は取引の4割が衣料品、メルカリで中古価格を確認してから新品を購入するなど生活スタイルが変わってきた、スタイリストが選んだ洋服を定額レンタルできるエアークローゼット(日)、同じく定額レンタルのメチャカリ(日)は新品を貸出しし60日間借り続ければ所有でき返却品を中古として販売する、定額レンタルのレントザランウェイ(米)を高級品の入り口として提携する老舗百貨店のニーマン・マカース(米)、顧客と縫製職人をマッチングさせカスタマイズに対応するヌッテ(日)、ずっと売れ続ける商品を作るミナペルホネン(日)、持続的社会を目指して修理をして長く使い続けることを提供するパタゴニア(米)。

2018-02-03

ユニクロ潜入一年

12:58 |

先日読了。

ユニクロ潜入一年

ユニクロ潜入一年

とても迫力あるドキュメンタリーユニクロの実態がどうというよりも、SPAと呼ばれる製造小売業となったアパレルの業界事情がよく分かる。店長の方針で店の雰囲気はかなり異なる。活気だし。顧客に在庫を尋ねられた時が最も大変。5分以内に在庫確認が必要だが、倉庫は不良在庫の山となっており探しきれない。空ハンガー回収やタタミ直しなどに手が回らない。納品確認やダンボールを開けて袋から出す。飲食や家電よりも時給や待遇が悪い。アルバイトはパートナーと呼ぶ。柳井会長トップダウンの部長会議。などなど。

2018-01-27

数学文章作法 推敲編

22:37 |

先日読了。

推敲編が出ていたとは知らなかった。相変わらず文章がうまい。しかし、全体的に散発的で、軸となるテーマがバラけている。まとめの章に何十個もポイントが描かれているのはいかがなものか。そのため、読後にコレという得たものが残りにくく、事典のように後から参照する書物になっている。

2018-01-21