Hatena::ブログ(Diary)

nakorakeの日記

2009 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 |

2009-12-21

利益第二主義―過疎地の巨大スーパー「A-Z」の成功哲学

21:31 |

本日読了。

利益第二主義―過疎地の巨大スーパー「A-Z」の成功哲学

利益第二主義―過疎地の巨大スーパー「A-Z」の成功哲学

鹿児島のスーパー「A-Z」の経営本。利益よりも顧客満足度を追求。非上場だから出来る経営ですね。でも、上場メリットって実はあんまり無いのかも。

2009-12-20

「相対論」はやはり間違っていた

22:39 |

本日読了。

うわさのトンでも本を読んでみた。「間違っていた」のそれぞれの主張が相互矛盾しているような気がする。ローレンツ短縮は発生しておらず、観測することで「そう見える」という説はちょっと説得力あり。量子力学との矛盾は、ミクロとマクロの違い故あたりまえ。

2009-12-13

なぜ「科学」はウソをつくのか

11:06 |

昨日読了。

なぜ「科学」はウソをつくのか

なぜ「科学」はウソをつくのか

これは暴露本?「科学」がウソをつく理由とは、衣食足りて礼節を知る、売上増は七難隠す、などの言葉の反対の状態が「科学」(に携わる人々?)に慢性的に発生しているから。という何ともやりきれないお話。

2009-12-12

その英語、ネイティブにはこう聞こえます

15:46 |

本日読了。

メモメモ連発。May I〜?は断られてもよい場合の尋ね方。pleaseは押し付けがましい。goodは「良い」ではなく「及第」。willとbe going to、canとbe able to、I amとI'm、shouldとneed toとmustとhave toはニュアンスがかなり違う。

2009-12-09

数学オリンピック問題にみる現代数学

21:38 |

本日読了。

いや〜、ごめんなさい。数学オリンピック、難しすぎ。以上。

2009-12-07

ネットビジネスの終わり

21:48 |

本日読了。

ネットビジネスの終わり (Voice select)

ネットビジネスの終わり (Voice select)

日本のIT産業、コンテンツ産業、ネットビジネスに対する悲観論をこれでもかと並べている。結局何が言いたいのかよくわからない。

2009-12-06

若き友人たちへ

00:09 |

昨日読了。

若き友人たちへ―筑紫哲也ラスト・メッセージ (集英社新書 515B)

若き友人たちへ―筑紫哲也ラスト・メッセージ (集英社新書 515B)

愛国心は悪党の最後の隠れ家である」(筑紫さんの言葉ではありませんが)。故郷を愛すると国家を愛するの違い。などなど。いや〜、筑紫さんって左翼〜。

2009-12-01

しがみつかない生き方

00:03 |

本日読了。

人生はケセラセラさ、というアンチ自己啓発本。いやぁ、まったくその通り。でもこれも極論。逆方向に同じ分量だけもっともらしい主張があるという実例。要はバランスなのですよ。

イノセント・ゲリラの祝祭

00:00 |

本日読了。

イノセント・ゲリラの祝祭

イノセント・ゲリラの祝祭

このシリーズとしては珍しく死人が出ないお話。官僚権謀術数を描いたという感じ。官僚がマンガっぽいデフォルメが過ぎて、リアリティが薄い。これで実はリアルな話なのかも知れませんが。