Hatena::ブログ(Diary)

nakorakeの日記

2009 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 |

2012-06-24

「キャリアアップ」のバカヤロー

11:55 |

昨日読了。

「キャリアアップ(笑)」の風潮に疑問符をつける。目の前の仕事で成果を出すことに集中するのがキャリア形成への基本とのこと。

2012-06-21

魔法少女かずみ☆マギカ ?The innocent malice? (3)

21:04 |

本日読了。

まどマギ非公式外伝その3。プレイアデス星団の目的と、かずみの秘密とは。

数学ガール ガロア理論

20:54 |

本日読了。

数学ガール/ガロア理論 (数学ガールシリーズ 5)

数学ガール/ガロア理論 (数学ガールシリーズ 5)

何度も理解途中で挫折してきたガロア理論を、本書で80%くらいは理解できた気がする。100%にはならなかった。

体の正規拡大と、群の正規部分群が対応すること。群の構造を見える化するケーリーグラフ。などなど。

2012-06-19

重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る

21:07 |

本日読了。

なかなか面白い。相対性理論量子力学の基本から、超弦理論を通り抜け、最先端、しかも2012年初めの超光速ニュートリノの発見?の話題(6月時点で間違いだったとなりましたが)まで含めて、分かりやすく記述されている。日本人って物理学最先端の重要な仕事をしている人が多いのですね。

2012-06-17

インクジェット時代がきた! 液晶テレビも骨も作れる驚異の技術

22:28 |

本日読了。

ふ〜ん,となる本。インクジェット技術を使って、どんな形にも何でも吹き付けることで、最先端のモノ作りが1品から出来るようになってくるというお話。

2012-06-16

社会保障の「不都合な真実」

14:47 |

本日読了。

社会保障の「不都合な真実」

社会保障の「不都合な真実」

社会保障の破綻の構造を明らかにして、自由化によって防止できるとした本。少し古い本になってしまっているが、主張そのものは納得できる。認可保育園と待機児童の問題の本質は、自由競争の防止と既得権にあるというのは勉強になった。

2012-06-15

自滅する選択―先延ばしで後悔しないための新しい経済学

22:27 |

先日読了。

自滅する選択―先延ばしで後悔しないための新しい経済学

自滅する選択―先延ばしで後悔しないための新しい経済学

行動経済学は面白そうなのに、なぜそれらの本はつまらないか?どれも、いろいろなトピックスをオムニバス的に紹介するだけでストーリーが無い。筆者特有の主張やオリジナリティが感じられない。

感性の限界――不合理性・不自由性・不条理性

22:22 |

先日読了。

感性の限界――不合理性・不自由性・不条理性 (講談社現代新書)

感性の限界――不合理性・不自由性・不条理性 (講談社現代新書)

限界シリーズの最終巻。相変わらず難しい。今回は、論理的な選択を必ずしもしないという行動経済学的な話。

2012-06-11

入社1年目の教科書

23:42 |

本日読了。

入社1年目の教科書

入社1年目の教科書

ライフネット生命副社長岩瀬さんが社会人成りたての人へ贈る仕事術の本。内容的にはかなり保守的で、仕事人間礼賛という感じであり、ちょっと意外。島耕作の世界。

2012-06-09

フランスの子育てが、日本よりも10倍楽な理由

15:47 |

本日読了。

フランスの子育てが、日本よりも10倍楽な理由

フランスの子育てが、日本よりも10倍楽な理由

先進国の中で出生率が高いフランスと、日本を比較して、子育て支援など政府のあり方について論じる。

高負担・高福祉国家を目指すのが、人の幸せのためには必要ではないかという主張。

「超」入門 失敗の本質 日本軍と現代日本に共通する23の組織的ジレンマ

09:52 |

本日読了。

まあまあ。旧日本軍の失敗を教訓に現代ビジネス戦略を述べている。原著は読んでいないが、本書では要するに、現場とリーダーとの間で双方向での情報流通を心がけることが成功につながると述べている。

「指標」の大切さを述べているところは秀逸。戦略とは追いかける「指標」のこととである。イノベーションとは、戦場の勝敗を支配している「既存の指標」を発見し、敵が使いこなしている指標を「無効化」し、支配的だった指標を凌駕する「新たな指標」で戦うことである。

2012-06-07

「病院」がトヨタを超える日 医療は日本を救う輸出産業になる!

22:33 |

昨日読了。

パーフェクト!医療は産業になりえ、国民皆保険+総医療費抑制ではなく、自由化+セーフティネットこそがその処方箋であることを、実データと諸外国の状況をもとに論理的に主張している。さらに、医療の難しさとして、論理だけではない感情論も理解し、処方箋として、医療の形が決まっていない途上国理想郷を作り上げようとしている。

2012-06-03

少子社会日本―もうひとつの格差のゆくえ

16:42 |

本日読了。

少子社会日本―もうひとつの格差のゆくえ (岩波新書)

少子社会日本―もうひとつの格差のゆくえ (岩波新書)

良書。少子化の原因を統計と推論によって「生活期待水準>将来の収入の見通し」に帰着させる。左辺を高めているのが「パラサイトシングル現象」であり、右辺を低めているのが「格差社会」である。対策としての提言は平凡。財源が無い。

2012-06-02

メルトダウン ドキュメント福島第一原発事故

11:37 |

本日読了。

メルトダウン ドキュメント福島第一原発事故

メルトダウン ドキュメント福島第一原発事故

後世の歴史家に貴重な史実を伝えることになるかもしれない良書。東日本大震災での福島原発事故の当時およびその後を、膨大な取材に基づき実名ドキュメントで伝える。これだけみると、菅総理もよくやったんじゃないかと思えます。

2012-06-01

アップルのデザイン ジョブズは“究極”をどう生み出したのか

23:07 |

本日読了。

アップルのデザイン

アップルのデザイン

期待して読んだのだが消化不良。デザイン雑誌のような雰囲気の書籍。わかったようなわからないような読後感。