Hatena::ブログ(Diary)

nakorakeの日記

2009 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 |

2013-01-30

サムスン式 仕事の流儀 5年で一流社員になる

22:57 |

昨日読了。

サムスン式 仕事の流儀 5年で一流社員になる

サムスン式 仕事の流儀 5年で一流社員になる

サムスン式とは、80年代の古き良き日本企業のベタベタ感にあった!

80年代の日本企業がうまくグローバル化できていたら、こういう会社になったのだろう。

2013-01-27

「弱くても勝てます」: 開成高校野球部のセオリー

10:04 |

昨日読了。

「弱くても勝てます」―開成高校野球部のセオリー

「弱くても勝てます」―開成高校野球部のセオリー

最初は面白かったが、中盤〜終盤はダラダラ過ぎて、結論無く終わる。週刊誌連載ならではの展開。開成高校は変人の集まりですね。

2013-01-26

数学的推論が世界を変える―金融・ゲーム・コンピューター

13:25 |

本日読了。

数学的推論が世界を変える 金融・ゲーム・コンピューター (NHK出版新書)

数学的推論が世界を変える 金融・ゲーム・コンピューター (NHK出版新書)

奇数章でリアルな話を、偶数章で数理論理を語るって、後書きを見て初めて気づいた。どうりで、面白い話題と難しい話題が交錯しているな〜と思った。後半はかなり難しい。

2013-01-19

聞く力―心をひらく35のヒント

22:30 |

本日読了。

聞く力―心をひらく35のヒント ((文春新書))

聞く力―心をひらく35のヒント ((文春新書))

ベストセラーらしい。いろいろな有名人へのインタビューの裏話をエッセイで綴りつつ、インタビューの極意を語る。

2013-01-15

外資系金融マンのリストラ日記

22:45 |

本日読了。

外資系金融マンのリストラ日記

外資系金融マンのリストラ日記

まあまあ面白い。リストラにあった外資系金融マンが、自身や周辺の外資系生態、リストラ転職活動体験を語る。挿入される4コママンガか良い味を出している。リストラ中の居場所としては国会図書館が良いようだ。

2013-01-13

新約 とある魔術の禁書目録(6)

20:50 |

本日読了。

一端覧祭編完結。科学サイドがほぼフルキャラ登場。巻数を重ねるほど仲間が増えてくね。

2013-01-12

魔法少女かずみ☆マギカ ~The innocent malice~ (5)

13:06 |

本日読了。

かずみマギカ、遂に完結。ジュウベエの秘密、そして、かずみのとっておきの手段により、エンディングへ。

リーマン予想の探求 ~ABCからZまで~

09:12 |

先日読了。

リーマン予想の探求 ~ABCからZまで~ (知りたい! サイエンス)

リーマン予想の探求 ~ABCからZまで~ (知りたい! サイエンス)

リーマン予想から、最近話題のABC予想、さらに深リーマン予想まで、未解決数学最先端をガイド。相変わらず難しいが、「リーマン予想が成立するかは素数状態がとても整然か、乱雑かを決める、両極端」「それゆえ、リーマン予想成立可否によって、導出できる予想も多い(例えば、成立するとすると、多項式時間の素数判定方法かできる)」「よって、リーマン予想公理としてしまうという案もある」というのは面白かった。

なぜ、あのガムの包み紙は大きいのか

09:06 |

先日読了。

メインタイトルは本文の一テーマからキャッチーなものを選び、サブタイトルが実は本の全体を良く表している、という、最近使い古された感のあるタイトルの付け方である。内容的には、やや浅いが、まっとうな話。PDCAマネジメントではなく品質管理サイクルである。Why-Who-Value-Result-Planが必要。

2013-01-07

モバイルクラウド

22:12 |

本日読了。

モバイルクラウド

モバイルクラウド

どちらかというと経営者CIO向けの啓蒙書。終章には筆者独自の今後の見通しを語る。クラウド全盛を経て、端末あるいはネットワークで折り返し処理をする分散処理型のモバイルクラウド2.0の時代が来るとのこと。

2013-01-06

2012年10-12月ベスト5

15:13 |

該当期間のエントリー(年末読了を含む)からベスト5を選んでみた。

今回は全体的に小粒かも。

1位 採用基準

採用基準

採用基準

こういった典型的ビジネス書は食傷気味であるが、切り口が新しかった。

2位 でかいプレゼン 高橋メソッドの本

でかいプレゼン 高橋メソッドの本

でかいプレゼン 高橋メソッドの本

3位 外資系金融の終わり―年収5000万円トレーダーの悩ましき日々

外資系金融の終わり―年収5000万円トレーダーの悩ましき日々

外資系金融の終わり―年収5000万円トレーダーの悩ましき日々

4位 クロノス・ジョウンターの伝説∞インフィニティ

5位 Webサービスのつくり方 ~「新しい」を生み出すための33のエッセイ

Webサービスのつくり方 ~「新しい」を生み出すための33のエッセイ (Software Design plus)

Webサービスのつくり方 ~「新しい」を生み出すための33のエッセイ (Software Design plus)

2013-01-04

サービスデザインパターン SOAP/WSDLとRESTful Webサービスの基本的な設計ソリューション

15:20 |

年末読了。

Webサービスに関するデザインパターン集。ありがちな企画でありなから、まだこの手の本は見たことが無かった。収集したパターンがやや古臭いか?Web+DB PRESSあたりで企画してくれれば、有用な本になりそうである。

空洞化のウソ――日本企業の「現地化」戦略

15:18 |

年末読了。

空洞化のウソ――日本企業の「現地化」戦略 (講談社現代新書)

空洞化のウソ――日本企業の「現地化」戦略 (講談社現代新書)

新興アジアで公職に就く筆者の企業に向けた「熱い」アジア進出論。いいこと言っているが、最近の貿易赤字エネルギー要因じゃないの?

Webサービスのつくり方 ~「新しい」を生み出すための33のエッセイ

15:15 |

年末読了。

Webサービスのつくり方 ~「新しい」を生み出すための33のエッセイ (Software Design plus)

Webサービスのつくり方 ~「新しい」を生み出すための33のエッセイ (Software Design plus)

結構面白かった。小粒ながらアイデアを効かしたWebサービスアプリを作っている筆者のエッセイ集。

フロントエンドはJavaScript、バックエンドはMVC。月額980円のさくらVPS。nginx、Startman/Srartlet、MySQL/PostgreSQLmemcached

自分でやった方が早い病

15:09 |

年末読了

自分でやった方が早い病 (星海社新書)

自分でやった方が早い病 (星海社新書)

この表題だけでよく一冊の本が書けるな〜。表題だけで中身は想像できる内容でした。