Hatena::ブログ(Diary)

nakorakeの日記

2009 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 |

2016-10-29

現代思想 2016年10月臨時増刊号 総特集◎未解決問題集

10:52 |

先日、流し読み完了。

難しい最先端数学の話。

グロタンティーク:問題は究極まで一般化すれば自然に解ける

リーマン予想:解析的数論では解けない。無限では100%正しくても反例が無限に存在するかも知れない。セルバーク・ゼータ関数手法で究極の多様体を探す、全ての数学的対象を一元体上で構成する絶対数学、問題を一般化した深リーマン予想、の3つの取り組みが有力。

2016-10-15

トヨタとソフトバンクで鍛えた「0」から「1」を生み出す思考法 ゼロイチ

13:06 |

先日読了。

イノベーション系のビジネス書としての主張はよくある話と変わらないが、実体験に基づくため迫力がある。

出る杭だとチャンスがもらえる、恐怖心を無理に打ち消さない、制約条件(現段階でできること、できていることはどこまでか)がアイデアの源、偏った経験が強み、組織はつかわせていただく、無理難題が思考を活性化する、物語がエンジンになる、目標はゴールから設定する、意味のある無駄と意味のない無駄、ユーザーの言葉を信じない、等々。

2016-10-08

IoT時代のプラットフォーム競争戦略

23:06 |

本日読了。

IoT時代のプラットフォーム競争戦略

IoT時代のプラットフォーム競争戦略

IoTとはあまり関係無いが、プラットフォーム戦略をまとめた書としては面白い。このタイトルが無ければ満足度がもっと上がるのだが、このタイトルが無ければ読んでいない可能性もある、という複雑な状況。

多くの先行著作と、JavaVMWareケーススタディをもとに、階層介入により引き起こされるいくつかの確からしい仮説を導出。(1)コモディティ化の誘発〜介入された階層がコモディティ化する〜、(2)延命の助長〜介入された階層の下位業者延命する〜、(3)包囲されにくい防衛策〜介入された階層のドミナント包囲から防衛効果がある((2)と同義?)〜、(4)バンドルの分断〜ウィンテルのようなバンドルを崩す〜、(5)普及と収益のトレードオフ〜介入した階層を普及させるにはフリーミアム戦略が望ましいが収益は得られない、別階層での収益確保が必要〜

2016-10-01

2016年7-9月ベスト5

09:58 |

該当期間のエントリーからベスト5を選んでみた。

1位 RDB技術者のためのNoSQLガイド

最近IT系が上位に来ることが多いな〜。

2位 MongoDB in Action

MongoDB in Action

MongoDB in Action

3位 撫物語 (講談社BOX)

撫物語 (講談社BOX)

撫物語 (講談社BOX)

4位 経営学者の読み方 あなたの会社が理不尽な理由

5位 競争戦略としてのグローバルルール―世界市場で勝つ企業の秘訣

競争戦略としてのグローバルルール―世界市場で勝つ企業の秘訣

競争戦略としてのグローバルルール―世界市場で勝つ企業の秘訣

非合理な職場 ―あなたのロジカルシンキングはなぜ役に立たないのか

09:50 |

先日読了。

ロジカルシンキングが理解されない、実行されないのは、人や組織のスキーマ、経験値、感情、集団圧力、価値観などといった阻害要因があるから。時間がかかるが持続性ある内的動機付けと、即効性がある外的動機付けを使い分ける。