Hatena::ブログ(Diary)

nakorakeの日記

2009 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 |

2016-11-27

Re:ゼロから始める異世界生活 4

14:34 |

昨日読了。

王選の自己紹介だけで1巻使うとは・・・。

アルファ碁はなぜ人間に勝てたのか

11:30 |

昨日読了。

とても面白い。アルファ碁を題材に、現在のAIの実力、できること/できないことを、科学的に説明している。

3目並べ、オセロチェスに使われているミニマックス法、αβ枝刈りから始まって、最近のモンテカルロ法ディープラーニングまで、アルファ碁の技術要素を紐解いていく。モンテカルロ法ミニマックス、αβ枝刈りとは異なる手法で、とにかく最終局面までランダムに打ち進めて(プレイアウト)、勝敗の確率をもとに、次の一手を決める。ディープラーニングは、上位者同士の非常に多数の対局をもとに、ある局面での次の一手を導き出す多次元評価関数最適化する。ある程度学習した後は、コンピュータ同士での自動対局で学習する強化学習を行う。

アルファ碁は、ディープラーニングモンテカルロ法との組み合わせでできている。ポリシーネットワークディープラーニングで次の一手の候補手を選択し、バリューネットワークモンテカルロ法評価している。しかし、シチョウやナカ手などのいくつかの手筋は、ディープラーニングでも候補手として現れにくいため、評価関数を付け加えている。

これらは囲碁というものに特化したモデルであり、さらに19路に特化している。そのため、他のゲーム、他の問題解決への汎用性は無い。原理としては単純なパターンマッチングであり、戦略や意味を解釈しているわけではないため、パターンが異なる問題には対応できない。これが現在のAIの限界である。ある程度決まった枠内であればAIの効果はあるが、汎用ロボットや完全な自動運転などにおいて、毎回異なる状況を判断していくには、今のディープラーニング手法とは異なる手法の確立が必要である。

2016-11-23

Re:ゼロから始める異世界生活2

14:53 |

先日読了。

姉様、姉様・・・。レム、レム・・・。

Re:ゼロから始める異世界生活1

14:52 |

先日読了。

エルザとカラミティ・メアリって似てるよね。

英文徹底解読 スティーブ・ジョブズのスタンフォード大学卒業式講演: ジョブズが本当に伝えたかったこと

14:50 |

先日読了。

ジョブズスタンフォード講演の意訳と背景うんちくを、本1冊かけて説明。なかなか面白い。

connecting the dots

Keep looking don't settle.

Stay Hungry, Stay Foolish.

2016-11-13

人工知能は碁盤の夢を見るか? アルファ碁VS李世ドル

11:35 |

昨日読了。

アルファ碁vsイセドルの棋譜を、当時の解説を受け持った韓国棋士が解説する。

2016-11-10

DeNAのサイバーセキュリティ Mobageを守った男の戦いの記録

20:25 |

先日読了。

珍しいセキュリティの組織(CSIRT)作りの話。技術的な話は一切出てこない。DeNAというキーワードで技術面を期待した場合は裏切られる。

2016-11-05

成功するIoT

11:08 |

昨日読了?

成功するIoT

成功するIoT

雑誌記事再編集なので読み飛ばし。

2016-11-01

ブロックチェーンの衝撃

21:17 |

本日読了。

この分野の書籍の中では秀逸。ビットコインの現状、限界、新しい動き、未来像と、満遍なく、かつ深い記述となっている。

従来のビットコインは、パブリック・トラストレス・パーミッションレス、これに対してプライベートブロックチェーンは、パブリック特性をプライベート(単一組織)やコンソーシアム(特定組織)に置き換える。

活用が期待される分野。金融物流、デジタルコンテンツ流通、貿易、不動産売買、中古品売買、予約、時間利用(駐車場、貸会議室など)、IoTなど自動取引登記IoTでは、様々な機器が、お互いに自動取引をしながらコトを作っていくモデルを提唱。

ブロックチェーンは低速だが確実な記録。これに対して分散型レジャーは大量で高速な記録。

ブロックチェーンの課題は、正確な時刻(非同期であるため)、実データの保管(ブロックチェーンに記載されるデータは全てのノードにコピーされ永久に記録されるため実データは別に保管することが望ましい)、有限時間での取引完了(確率的に完了するため)、アトミック、などができないこと。IoTのようなユースケースの規模はまだ現実的ではない。

新技術として、カラードコインはビットコインに色付けすることでトークんを発行する、Ethereumはブロックチェーン上で分散アプリを動作させる、NEMはブロックチェーンを完全に置き換える。

NEMの概要。マイニングからハーベスティングへ。独自アーキからJSON/RESTfulへ。ブロック承認サイクルの短縮。悪意を持つノードをレビュテーションシステムで除外する。複数署名。時刻同期。等々。