Hatena::ブログ(Diary)

nakorakeの日記

2009 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 |

2017-02-18

シェアリングエコノミー

23:31 |

本日読了。

良書だが難解。ウーバーやエアビーアンドビー、日本ではまだあまり馴染みのないエッツィーなど、シェアリングビシネスに関する経済学。ブロックチェーンにより加速される。経済規模を表すGDPでは測れない。規制と消費者保護のありかた。労働者は雇用者なのか独立事業主なのか。などなど、シェアリングビジネス台頭により、経済の仕組みが変わっていく。

2017-02-17

モビリティー革命2030 自動車産業の破壊と創造

20:48 |

先日読了。

良書。自動車関連業界の今後の主要動向を記述。

3つのドライバー。次世代エコカーへの本格的シフト。自動運転の普及。シェリングサービスの台頭。これらにより自動車会社は利益率が悪化するとともに新車販売は半減する。よって、付加価値は川下へシフトする。部品メーカーの生態系は変化し、ティア0.5化、感性価値化、メガコモディティ、プロダクションエクセレンスなど、特化した部品メーカーしか生き残れなくなる。販売店・サービスショップ・保険業界も変革する。

2017-02-11

佐藤オオキのボツ本

11:35 |

本日読了。

佐藤オオキのボツ本

佐藤オオキのボツ本

一種のデザインシンキング。

抽象度が高いビジネス要望に対して、ボツになる覚悟で尖ったデザイン案を、ビジネスの素人目線で出すことで、プロの発想を醸成して、よいアウトプットにつなげていく。

ボツ活用のプロセス

レイヤー型: 複数の組織が絡み合う問題に対して、2つの事業ごとにアイデア(ボツ)を出すことで、結果的に全てにつながるアイデアが生まれる

ツリー型: 必要な要素を分解して、要素ごとにアイデア(ボツ)を出すことで、出てきたアイデアを再構成する

要求範囲拡張型: 要求ど真ん中の案、ぎりぎりはみだしそうな案、完全に振り切った案を提示することで、要求範囲が広がることがある

放射型: あるコンセプトを軸に、あらゆる場面での可能性を提案することで、当初は一部しか採用されなくても、将来に向け発展していく

結物語 (講談社BOX)

11:06 |

先日読了。

結物語 (講談社BOX)

結物語 (講談社BOX)

物語シリーズ・オフシーズン最終作は、アララギさんの働く姿。いろいろなキャラの将来の姿も登場。

2017-02-05

ゲノム編集とは何か 「DNAのメス」クリスパーの衝撃

11:57 |

先日読了。

良書。島耕作推薦。

DNA編集の技術が、アナログからデジタルになった、という印象。

従来の遺伝子組み換え技術は、本来の遺伝子を切断し、外来遺伝子とつなぎあわせることで行われる。しかし、狙った箇所を切断する成功率は100万分の1で、成功を得るために大量の実験の繰り返しが必要であった。さらに、それだけだと遺伝子の片方だけなので発現しない。そのため、さらに交配を行う必要があった。よって最低でも半年〜1年の時間を要した。また汎用性に乏しく、マウスで使った手法は人間には応用できない。

クリスパーは、特定の細菌遺伝子の一部から発見された。クリスパーを使うと、遺伝子の狙った箇所(一度に複数箇所)を、数分の1の確率で、ペアで切断〜改変することができる。数時間から1日で作業は完了し、汎用性も高い。

クリスパーは、すでに、食物の改良などに実用されはじめている。従来の遺伝子組み替え技術とは異なり、今の所規制もされていない。

技術的には、人間の遺伝子的病気を根絶し、さらには優良な人間にするデザイナーベビーの作成も可能になっている。あとは、遺伝子と病気や特質との相関を正確に知ることが必要で、遺伝子情報のビッグデータ解析が盛んになってきている。