Hatena::ブログ(Diary)

nakorakeの日記

2009 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

2018-05-20

定理のつくりかた

21:41 |

本日読了。

定理のつくりかた

定理のつくりかた

こういう本が出るのは喜ばしい。

定理を作る手順は、問題を立てる、問題を解く、答えを導く、からなる。

問題を立てるには、データを変える、一般化する・特殊化する、逆を考える、ほかの事項と関連付ける。

問題を解くには、過去の経験を生かす、ゴールから逆にたどる、条件をつかって絞り込む、具体例を観察して規則性を見つける、少し簡単にした問題を考える、などの方法がある。具体的技法では、場合分け、数学的帰納法(特に累積帰納法)、対偶背理法、などがある。

答えを書くには、当たり前に思えることもきちんと考え直す、議論をなるべく簡潔にする。

解くに偏重しているきらいはあるが、良書。

左遷社員池田リーダーになる

21:33 |

昨日読了。

いわゆるビジネスフィクションものであるが、何をテーマにしているのかが分かりにくい。

2018-05-10

現金の呪い――紙幣をいつ廃止するか?

20:44 |

本日読了。

キャッシュレスではなく、レスキャッシュを目指すことが有効。すなわち、高額紙幣を段階的に廃止する。

現金のほとんどは実需要ではなく、犯罪的な地下経済に使われている。また現金がある限りマイナス金利政策も限界がある。レスキャッシュにすることで、現金を刷るシニョリッジ利益は失われるが、メリットの方がはるかに大きい。代替策はクレジットやデビットなど従来のもので十分で、ビットコイン等の推進をするわけではない。むしろ、ビットコインは、政府による金融政策を困難にするため、今後、規制が強まるであろう。

2018-05-08

「P≠NP」問題 現代数学の超難問 (ブルーバックス)

20:34 |

先日読了。

小島先生の推薦本であったが、Amazonレビューはおどろおどろしい状況。読んでみると、おどろおどろしかった。。。

2018-05-01

徹底図解 IoTビジネスがよくわかる本

15:23 |

本日読了。

IoT新ビジネス関連の情報がだいたい集まっている本。