Hatena::ブログ(Diary)

nakoudonoyakataの日記

2017-09-24

恋愛日記とは

恋愛日記をブログやサイトを利用して書いている人が急増しているという噂をよく耳にします。
恋愛日記のジャンルは色々なものがあり、リアルタイムに恋人との出来事を書いた恋愛日記や、不倫を話題にした恋愛日記などもあるようです。
人妻不倫恋愛日記などは男性だけでなく、若い女性にも人気で、リアルな描写にドキドキしてしまう人も多いとか。
また多くの恋愛日記の書き手が女性という中で、男性が彼女との恋愛について書いた恋愛日記は一風変わった雰囲気とユーモアが溢れていて人気のようです。
恋愛日記に限らず、最近は芸能人や有名人による日記形式のブログが大変人気があり、ブログの女王ブログの帝王などもたくさんいるようです。
コミュニケーションアイテムでもあるブログを利用して、恋愛日記や趣味の日記などを書いて、情報発信してみましょう。
恋愛日記で一躍有名になったものといえば、携帯恋愛小説の「恋空」でしょうか。
女子高校生が様々な経験のなかで真実の愛を知るという内容の「恋空」は、携帯小説というジャンルにはなっていますが、事実を元にした恋愛日記形式の構成になっているようです。
恋愛日記形式の小説である「恋空」は、書籍化・映画化・ドラマ化とあらゆるジャンルで大人気と聞きます。
恋空」の主人公が高校生であったことや、「恋空」を読む読者が主人公と同じ年代の女子高校生だったこともあり、恋愛日記に感情移入しやすかったのも恋空ヒットの一因になったかもしれません。
恋愛日記小説「恋空」に続き、書く人がどんどん増えているようです。
恋愛日記という誰もが共感し易いテーマや、出会いや別れなどのイベント発生などが読者のハートをがっちり掴んでいるのでしょう。
しかしながら、二匹目のどじょうを狙ってもなかなか難しいようで、恋愛日記小説「恋空」のあとに続くような大ヒット小説はまだ出てこないようです。
恋愛日記は恋愛を経験した人でも、まだ恋愛を経験したことがない人でも書くことが出来る日記です。
仮想恋愛日記をきっかけにたくさんの人と交流が始まり、実際に恋愛まで発展した人もいると聞きます。
恋愛日記を数人のグループで掛け持ちして書いてみるのも楽しいかもしれませんね。
恋愛経験豊富な人の恋愛日記では、恋愛で悩む人たちの悩みを聞き、恋愛のアドバイスをしてくれるものもあるそうです。
恋愛日記は恋愛をテーマにしていれば大丈夫なので、リアルタイムで書くもよし、妄想たっぷりに書くもよし、自分の思い描く恋愛日記に挑戦してみると良いでしょう。
恋愛日記がきっかけで出版化が決まれば、一躍人気作家の仲間入りなんていう夢のような出来事が舞い込んでくるかも。
他の人の恋愛日記や恋愛小説を参考にしてブログを書いてみましょう。

東京の結婚相談所 

2017-09-23

恋愛心理学テスト

恋愛心理学というと何だか難しく感じますが、女性なら意外にも小学生ぐらいの頃から身近なものではないかと思います。
というのは、女性はやはり恋愛心理学テストや占いなどに関心が高いですよね。
中高生が読むようなティーン雑誌などでも、恋愛心理学テストやおまじないが頻繁に取り上げられています。
それだけ女性にとって、恋愛心理学は恋愛をする上で当たり前で身近なものなのです。
恋愛心理学のテストは、その信憑性はさておき、使い方によっては好きな人に急接近できるかもしれません。
雑誌などに載っている恋愛心理学テストを、その場で実際に好きなお相手にやってもらうのです。
そうすれば、話す機会ができる上に、恋愛心理学テストによって好きなお相手の恋愛傾向がわかってしまうという一石二鳥な作戦です。
大人の方にはオススメできませんが、学生の方なら休み時間などに友達に協力してもらいつつ「この恋愛心理学、超当たるんだって!」とかいうのもありではないでしょうか。
男性はあまり恋愛心理学という言葉に触れる機会がないので、上手くいけば「何それ!やるやる!」と食いついてくれるかもしれません。
1対1だと、ちょっと気まずいという方は、何人かでワイワイ恋愛心理学テストをした方が良いでしょう。

恋愛中の方、または恋愛準備中の方、恋愛心理学を知って幸せになってくださいね。
恋愛心理学の詳しい情報は、ネットやブログを参考にしてみてください。

東京の結婚相談所 

2017-09-22

恋愛心理学的に気になるしぐさ

恋愛心理学において、重要なポイントといえば「しぐさ」でしょう。
しぐさは恋愛心理学観点以外でも、育ちや性格などが無意識に表れます。
やはり好きな人のしぐさは気になりますよね。
恋愛心理学において有名なのが「同調の法則」というものです。
これは、好きな人のしぐさを意図的に、でもあくまでさり気なく真似をする事によって、お相手の気持ちをこちら側に向けるという恋愛心理学の1つです。
好きな人が脚を組んだら、自分も脚を組むという感じで真似するだけなので、恋愛心理学というよりちょっとしたお遊びみたいですね。
しかし、この恋愛心理学を知っているだけで、恋愛テクニックが少し上がったような気がしませんか。
恋愛心理学の面白い所は、自分自身で好きな人の気持ちを動かす事が出来るという所だと思います。
例えば「好意の返報性」、いわゆる「お相手から好きと言われると、自分も好きになる」という恋愛心理学は私も経験した事があります。
他にも「類似の法則」、自分に似ている所や共通している所がある人を好きになるという恋愛心理学も興味深いですね。
似た部分を多く持つ人=理解してくれる人ですから、恋愛心理学として納得できますが、人は自分にはないものを持っている人を好きになる傾向があるような気がします。
恋愛心理学を知った上で、周りの人を見てみると意外な発見があるかもしれません。

恋愛心理学でよく言われている、「チラチラ見てくる、よく目が合うのは好きの証拠」というのは身近で確認できるんじゃないでしょうか。
チラチラというのがポイントで、凝視するというのは恋愛心理学的に見ると威嚇などの意味があるようです。
そして、やはり目が合う回数が多いほど好意を持っているというのは、恋愛心理学初心者にもわかるサインですね。
恋愛心理学でなくとも、目は口ほどにものを言うというだけあって、視線は重要なポイントになります。
詳しい恋愛心理学は、ネットやブログで見つけられますので調べてみてください。

東京の結婚相談所 

2017-09-21

恋愛心理学は目線に注目

恋愛心理学の中で、目線に関係する理論が数多く存在しています。
「目は口ほどにものを言う」という言葉の通り、恋愛心理学では目線が重要なポイントになるようです。
確かに、恋愛心理学に限らず、口で嘘はつけても目では誤魔化せませんよね。
恋愛心理学観点から見ると、目線の方向でお相手の気持ちがわかると言われています。
好きな人ができた時には、恋愛心理学を思い出して、よくお相手の目線を観察してみてください。
目線に関係した恋愛心理学は、恋愛だけでなく人間関係にも応用できると思いますので、覚えておくと良いかもしれません。
ただ、恋愛心理学的な目線は、男女で差があるようですので注意が必要です。
恋愛心理学では、自分が女性でお相手が男性の場合、話をする時にじっと凝視するのは威圧感を与えてしまうので良い印象を与えません。
逆に、自分が男性でお相手が女性の場合は、じっと見つめて話をするのが効果的らしく、恋愛心理学は奥が深いです。
これは恋愛心理学的にも「好きなお相手と会話をする際、男性は凝視する、女性はチラチラ見る」と言われています。

恋愛心理学を駆使して、冷静で臨機応変に動ける人は恋愛テクニック上級者だと思います。
恋愛心理学の中には「これは使える!」というものが数多くありますが、なかなか駆け引き下手には難しいですね。
恋愛心理学観点からすれば、会話中に女性の武器と言われる「上目づかい」もあまり良い印象は与えないようです。
上目づかいは一見可愛くみえますが、依存心が強い、他力本願な人によく見られる傾向らしく、恋愛心理学的にはオススメできません。
あからさまな上目づかいの多用は、恋愛心理学をまったく知らない男性からも、不快に思われる場合もあるので気をつけましょう。
しかし、恋愛はマニュアル通りにはいかないのが普通で、全てを恋愛心理学に当てはめるのは難しいと思います。
恋愛心理学目線に関連する理論を勉強したい方は、ネットやブログで調べてみてくださいね。

東京の結婚相談所 

2017-09-20

恋愛心理学的に見る目をそらす人の真理

恋愛心理学上、お相手の心を知るのに重要なのが「目」です。
「目は口ほどにものを言う…」口で言わなくても目を見れば、その人が考えている事がわかると恋愛心理学に限らず言われている事はご存知だと思います。
恋愛心理学とは別の話になりますが、目は不思議なもので、その時の感情がはっきりと表れますよね。
恋愛心理学的な意味で、私はよく「感情が顔に出る」と言われますが、おそらく目が感情によって変わるのでしょう。

恋愛心理学では、話をする時にチラチラ見るのは好きの証拠、目を横にそらすのが嫌いの証拠と言われています。
恋愛心理学だけではありませんが、人は見たくないものには目をそらしたくなるのが普通です。
よって、恋愛心理学でも「目をそらす」というのは嫌いのサインだとされています。
これはあくまで恋愛心理学的に見た場合なので、目をそらす事が全て嫌いに繋がるわけではありません。
恋愛心理学的にはそうであっても、実際は大好きすぎて目をそれせてしまう人もいると思いますし、一概には言えません。
ですから、いくら恋愛心理学的に目をそらすというのが嫌いのサインと言われていても、それだけでは決め手にはならないという事です。
恋愛心理学的じゃなくても、目が合った時すぐにそらしたら感じ悪く思われてしまう場合があるので注意が必要ですね。
恋愛心理学では、目をそらす=嫌いと言いますが、実際に人の目を見て話をするというは結構難しい事だと思います。
コンプレックスがあったり自信がなかったりと人それぞれあるでしょうし、自信を持って目を見て話すのは恋愛心理学に関係なく意外に簡単ではありません。
恋愛心理学の詳しい情報は、ネットやブログで調べてみてくださいね。

東京の結婚相談所