ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

怠け者の研究日誌

9月29日

ハイリンク乱数調整

PGLがメンテナンスで利用できなくなった隙に、溜まっていた夢ゴビットのハイリンク乱数調整を再開。


ハイリンクでのゴビットの動きをよく見てみると同じ方向に回っているだけで、動きで乱数を消費するわけではないらしい。(ちなみにギギアルも同じ。回転方向は逆だけど。)

そのため、ゴビットだけであれば森の広場に複数出ていても乱数が消費される速さは変わらない模様。

ただし森の広場に出るゴビットの数が増えると、最速で捕まえた時の性格が変わる。たまに誤差があるが、基本的には1匹増えると性格値乱数が2個消費されるようだ。(ゴビットの配置決定に使われているような気がする。)


で、これを利用すると待ち時間を変えなくても目的の性格を出せることがある。

例えば↓のリストで91番目の「おとなしい」が出た場合、ゴビットを1匹森の奥に移動し、同じタイミングで捕まえれば89番目の「ようき」が出せる。


85,ゆうかん ,○,7A25D59C,

86,いじっぱり,○,9CCD2895,

87,ようき  ,×,2782C402,

88,のうてんき,×,8A9F999F,

89,ようき  ,○,5DE4C54A,

90,ひかえめ ,×,8D84A529,

91,おとなしい,○,1A5B0424,


ゴビットは時間経過による乱数消費が制御しにくかったので、場合によってはこの方法を使うと楽になるかもしれない。(森の奥には10匹までしか入らないので、容量に注意。)

ゴビットとギギアルが共存している場合にも使えたけど、他のポケモンがいる場合には未検証。

9月23日

キュレム+聖剣士ケルディオの野望

なんか変なタイトルがついてるけど、オールスターカップのパーティ紹介です。


ポケモン持ち物特性性格技1技2技3技4
リオルしんかのきせきいたずらごころわんぱくこのゆびとまれフェイントまねっこいばる
エルフーンのんきのおこういたずらこころおだやかおいかぜアンコールいばるしんぴのまもり
レシラムほのおのジュエルターボブレイズおくびょうねっぷうりゅうせいぐんおいかぜまもる
ゼクロムこだわりスカーフテラボルテージようきらいげきげきりんいわなだれクロスサンダー
ホワイトキュレムこだわりメガネターボブレイズおくびょうふぶきりゅうせいぐんだいちのちからクロスフレイム
ケルディオかくとうジュエルせいぎのこころおくびょうハイドロポンプしんぴのつるぎこごえるかぜあられ


とりあえずレシラム・ゼクロム・キュレムを使ってみたかったので、3匹は決定。

残りをサポート役で埋めつつ、伝説3匹の使い方も考えていく。


まず3匹だけではサザンドラオノノクスに抜かれるため、素早さの確保が課題。

そこで「おいかぜ」を確実に発動できるエルフーン。さらにレシラムは「おいかぜ」、ゼクロムは「こだわりスカーフ」で先制しやすくした。

最も攻撃力の高いホワイトキュレムは味方のサポートが整ってから登場してもらうことに。ちなみに普段は「こううんのおこう」を持たせてブラックシティで使っている個体。


「おいかぜ」を使う以上は「トリックルーム」対策が必要だが、エルフーンなら「アンコール」である程度は切り返せる。また、ボルトロスの「でんじは」も採用率が高そうなので「しんぴのまもり」を採用。残りは汎用性で「いばる」。一応ゼクロムのサポートにもなる。

ただし耐久振りのエルフーンを使ってしまったのはミスで、本当は「おくびょう」最速にするべきだった。どうせすぐ倒れるし。あと、「いばる」より「くさぶえ」の方が相手を止められる確率は高いのでそっちの方がいいかも。


続いて問題になるのが先制技の対策。ホワイトキュレムは「マッハパンチ」や「バレットパンチ」に弱く、「ねこだまし」の処理も面倒。(「ねこだまし」は「アンコール」に弱いので、そのターンを凌げればそんなに怖くはないけど。)先制技は全て単体攻撃なので、優先度+4の「このゆびとまれ」を使えるリオルを入れてみた。「しんかのきせき」のおかげで多少の攻撃は耐えられるし、ルカリオと違ってかくとうタイプが弱点でないのもいい。ついでに相手のドラゴン技も引き寄せられる。

残りは「ワイドガード」を崩すための「フェイント」、運ゲーの「いばる」に加えて「まねっこ」を覚えさせてみた。これも「トリックルーム」対策の一環であると同時に、相手エルフーンの「おいかぜ」に合わせて「おいかぜ」するといった使い方もできる(昨日のバトルビデオ)。


最後の枠にはドラゴン3匹と相性が良さそうなケルディオを入れてみた。

ランドロスバンギラスビクティニといった強力な相手の弱点を突くことができ、「こごえるかぜ」「あられ」でキュレムのサポートも可能。相手のキュレムを確実に倒せるようにしたいので、持ち物は「かくとうジュエル」にした。

ケルディオ自体も先制で弱点を突かれる相手はいるが、ボルトロスやトルネロスには「こだわりスカーフ」ゼクロムが有効。ビリジオンジャローダに対してはエルフーン+ドラゴンの選出をすればいい。


使ってみた感想としては、まずエルフーンの「アンコール」が強い。大火力のポケモンが並ぶと「まもる」を使うしかなくなる場面が多くなるので、エルフーンを後発に回すという選択肢も十分考えられる。

またパーティに性質によるのかもしれないが、ゼクロムが意外と強かった。キュレムやレシラムでは相手のみずタイプに有効な攻撃がないため、でんきタイプのポケモンとしてゼクロムが活躍しやすいルールだと思う。ボルトロスとの差別化が難しいところではあるけど、無振り霊獣ボルトロスが「らいげき」1発で落ちるあたりは役に立つ気がする。


そんなに多くは戦っていないものの、普段とは違うポケモンが見られて面白い大会だった。唯一の心残りはゼクロム「クロスサンダー」→キュレム「クロスフレイム」のコンボが発動できなかったことかなw

9月22日

オールスターカップ

実質的に1日目。金曜日なんてなかった。

ちょっと面白い試合ができたので、バトルビデオを上げてみた。


38-43200-87385


始まる前は伝説ポケモン同士の殴り合いになるかと思っていたが、あまり採用率は高くない模様。有利な状況を作れば一気に勝負が決まりやすいだけに、「じゅうりょく」や「おいかぜ」「トリックルーム」などの補助技がより重要になっている。そういう意味ではトリプルに近い要素があるのかもしれない。


…しかしtwitter見てたら既にレート2000超えた人がいるとかいう話が聞こえてきたんだけど。どう頑張っても上位に入るのは無理そうだし、ちょうど1600になったから今日は終了。明日少し遊んだらパーティ紹介でも書こう。

9月21日

オールスターカップ

始まったのでとりあえず1戦してみた。

レシラムゼクロムキュレムは「ターボブレイズ」「テラボルテージ」なので、相手の「がんじょう」はもちろん、「ちくでん」「もらいび」「あついしぼう」なども無効にできるのが面白い。


結局3匹全て入れたパーティにしたので、普段とは違ったバトルを楽しみつつ使い方を覚えてみたい。BPとメダルとミクルのみがあるので、前よりは気力が維持できるはず…?

9月17日

色違いテラキオン

サブのホワイトにコバルオンテラキオンビリジオンが残っていることを思い出したので、色違いを狙ってみることにした。


BW以降では固定シンボルの個体値と性格値が独立に決まるため、性格値乱数の消費数を大きくすればID調整をしなくても好きな色違い個体を出すことができる。

一番問題になりそうなのは消費数の数え間違いだが、レポート針を利用することで乱数の位置も簡単に把握できるようになった。


457,ようき  ,×,0D10DF74,★


例えば↑の個体を狙うとすると、性格値乱数を456個目まで消費する必要がある。これを地道に数えていると間違える上に時間がかかるので、以下のように進めた。

  1. まずレポートでTimer0がずれていないか確認する。ついでにオフセットを把握。「5441」だったのでオフセット47。
  2. 適当にペラップを鳴かせて性格値乱数を一気に進める。数えている必要はない。
  3. ある程度進んだと思ったらレポート。「4501」だったので169(+4)個消費したと分かる。
  4. まだ遠いので適当に進め、乱数の位置を確認。近くなってきたら確認の間隔も短くする。
  5. 残り20〜30個ぐらいになったら普通に数えて進める。最後の「566」をレポートで確認しておくと安心。


13521463406140655035157614263601306360263751471 544

16443514656715527035426331053362552631027233303325

42063571605207177636562256500530471352711450034305

3172163730772201706 4501162210464265667672562606423

13314774356337575442626631751101466767110571767067

34166374077354 605410733407251264607755266624051627

26763124514300536567222745675053305767525255233536

7260 7463306201162154415437114067564314751305033573

157100431310254463024446 54024012127212003435065343

5715663★


思ったより簡単だったので、BW2のポケモンも色違いで取ってみたい。今のデータは裏ID特定してないから、サブロムを買うことになりそうだけど。


最後に大事な注意事項:レポートを書いた後は、AではなくBボタンで画面を切り替えましょう。間違って途中で話しかけてしまう事故が起きるので。

9月8日

オールスターカップ

2週間前なので、そろそろ使うポケモンを考え始めた。


単純に能力だけを見ればレシラムゼクロムキュレムが強そう。

ただしレシラムとゼクロムは「じしん」に弱い上にランドロス(れいじゅうフォルム)より遅いのが問題。

また、レシラムとキュレムは「いわなだれ」が共通の弱点なので、テラキオンバンギラスにも苦戦しそう。

さらに伝説のドラゴン3匹はサザンドラオノノクスにも素早さで負けているので、強いけれど使い方が難しいポケモンになる気がする。


でもせっかく普段とは違うポケモンが使えるチャンスなので、うまく周りでサポートしてレシラム・ゼクロム・キュレムが活躍できるようにしてみたい。ビクティニケルディオ、メロエッタも「てだすけ」や「ひかりのかべ」「リフレクター」を覚えるので役に立ちそう。

9月6日

じゅうりょく+ふくろだたき

PWTでBPを稼げるよう、久しぶりに叩きパを作ってみた。


ポケモン持ち物特性性格技1技2技3技4
エルフーンきあいのタスキいたずらごころおくびょうふくろだたきてだすけおいかぜがむしゃら
テラキオンかたいいしせいぎのこころようきいわなだれインファイトでんこうせっかまもる
ヤミラミだっしゅつボタンいたずらごころしんちょうねこだましフェイントじゅうりょくにほんばれ
ドーブルせんせいのツメムラっけようきダークホールねこだましぜったいれいどまもる
ランドロスいのちのたまちからずくひかえめだいちのちからきあいだまサイコキネシスめざめるパワー
サザンドラこだわりメガネふゆうひかえめりゅうせいぐんあくのはどうねっぷうだいちのちから


叩きパの最大の問題は「いわなだれ」の命中率だったが、ヤミラミの「じゅうりょく」があれば心配なし。(去年の夏ぐらいに「じゅうりょく」入りの叩きパを作ってはいたものの、ヨノワールを使っていたので後攻になってしまい、1ターン目は効果が得られていなかった。)

相手によっては2ターンで終わることもあるが、意外と「きあいのタスキ」を持っていることが多くてそこまで簡単ではなかった。後ろ3匹は「じゅうりょく」下で強そうなポケモンを適当に入れてみただけ。必中する「ダークホール」はどう考えても反則技。

トリックルーム」を使われると困るので、エルフーンとヤミラミには「いばる」を入れた方が良いかもしれない。

8月28日

滅び雨パ?

トリプルで考えてはみたもののうまく行かなかったパーティ。


ポケモン持ち物特性性格技1技2技3技4
ニョロトノだっしゅつボタンあめふらしれいせいハイドロポンプてだすけほろびのうたまもる
ルンパッパこだわりスカーフすいすいおくびょうなみのりふぶきフラフラダンスねこだまし
ゴチルゼルラムのみかげふみなまいきまもるよこどりしんぴのまもりトリックルーム
アイアントきあいのタスキなまけようきいわなだれハサミギロチンなかまづくりまもる
モロバレルせんせいのツメさいせいりょくなまいきキノコのほうしいかりのこないえきまもる
ルージュラひかりのこなかんそうはだおくびょうねこだましてだすけほろびのうたまもる


ルンパッパの「フラフラダンス」やアイアントの「なかまづくり」で時間を稼いで「ほろびのうた」。相手がみずタイプに弱そうなら「なみのり」で普通に攻撃もできて便利…かと思ったが、普通に戦うには攻撃できないメンバーが多すぎるし、時間を稼ごうとしても耐久力が足りなくて持たないという。


攻撃も防御も中途半端になっていたので、1から作り直すことになりましたとさ。

8月26日

メロエッタ

ふしぎなカード5枚受け取ってきたので、とりあえず1匹取ってみた。

性格乱数の位置は例によって10で問題なし。


能力的にはステップフォルムの方が素早さが高くて強そう。できるだけフォルムチェンジして使いたいところだけど、少なくとも1ターンはボイスフォルムで動かなければいけないので、どの性格にするかが難しい。(なのでソフトがあるなら、たくさん取っておいた方が便利。)


ダブルだったら味方に「ねこだまし」させつつ、「いにしえのうた」でフォルムチェンジして使うパターンが多そう。

8月25日

トリプルオフ使用パーティ

トリプルオフに参加。結果は2勝2敗で予選落ちした。

とりあえずパーティのメモを書いておきます。


ポケモン持ち物特性性格技1技2技3技4
パッチールきあいのタスキあまのじゃくなまいきねこだましてだすけスキルスワップまもる
ラティアスドラゴンジュエルふゆうおくびょうりゅうせいぐんおいかぜしんぴのまもりなりきり
トルネロスひこうのジュエルまけんきようきアクロバットばかぢからなりきりねっぷう
シャンデラこだわりスカーフもらいびおくびょうねっぷうシャドーボールオーバーヒートソーラービーム
ヤミラミまんぷくおこういたずらごころしんちょうねこだましいばるにほんばれトリック
キノガッサかくとうジュエルテクニシャンようきキノコのほうしマッハパンチタネマシンガンてだすけ


パッチールの「あまのじゃく」をコピーして、「りゅうせいぐん」や「ばかぢから」で攻撃しつつ能力を上げるのが本来の狙い。

でも実際には「なりきり」や「スキルスワップ」を使う余裕があまりなく、「おいかぜ」と「にほんばれ」から攻撃する普通の晴れパになってしまいました。


晴れを選んだのは

雨→キングドラが怖い

砂→ドリュウズが怖い

霰→「ふぶき」が怖い

という消去法です。


キュウコンを入れるとシャンデラと弱点がかぶるので「にほんばれ」はヤミラミに任せました。相手の「ねこだまし」を受けない「ねこだまし」使いなのもやっぱり便利。相手の「あまごい」ヤミラミを意識して「まんぷくおこう」を持たせてみたものの、予選のブロックが晴れ3、砂2という偏った天候だったのでほとんど意味なしw

(ちなみに、全体では砂7、雨4、霰4、晴れ3だった模様)


最後にみずタイプへの打点不足とか、サザンドラ怖いとか、「じしん」「いわなだれ」への耐性とか色々と解消してくれそうなキノガッサを導入。攻撃面は非常に優秀なのですが、耐久力がありえないほど低いので使い方が難しいポケモンになりそうです。


久しぶりにパーティを組もうとしたらなかなか思うように行かず、前日に6匹総入れ替えとかやっていたので改良の余地は色々とあると思います。(ボツになった方の雨パも後で一応書きます。)「ちくでん」ボルトロスや「かげふみ」ゴチルゼルの登場で、「なりきり」自体の価値は上がった印象ですね。

まあ今回はいい練習(リハビリ)になったという感じなので、BW2環境でも面白いパーティが組めるように頑張っていきたいです。


というわけで主催および参加者の方々、ありがとうございました。

8月23日

アイアント

キャラ的に「なまけ」アイアントを使ってみたいと思ったので育ててみた。

「なかまづくり」は単体攻撃なので、ダブルやトリプルにはあまり向いていない印象だったが、思いがけない使い道に気付く。


ポケウッドで「なまけ」「なかまづくり」すると、技のエフェクトが2ターンに1回しか出ないから映画を見るのが早い


ちなみに〜カット生き残るパターンは、「まもる」を連打するだけで安全に終わる。(「なまけ」のターンを挟んでも連続使用したことにはならない。)

こういう意外な発見があった時はすごく楽しい。(←トリプル用パーティが間に合わないので現実逃避している人)

8月20日

BW2とBWの育成環境

色々とポケモンを集めたり育てたりして思ったことを適当にまとめてみる。


・タマゴ孵化

BW2では「かわらずのいし」による性格遺伝が100%起きるようになり、孵化もジョインアベニューの保育所を使えば一瞬。

ただし乱数孵化をする場合は、Timer0の候補が少ないBWの方が圧倒的に有利。時計いじったらジョインアベニューも使えないし。

乱数孵化の準備段階で性格だけ合わせる、といった場合にはBW2を使い、本番はBWで調整するのがよさそう。


・伝説のポケモン

基本的にBW2の方が種類が多いので便利。しかし例によってTimer0が合わないので、どちらでも取れるものはBWを推奨。

ボルトロストルネロスランドロス(通常特性):BWのみ

コバルオンビリジオンテラキオンレシラムゼクロムキュレム:両方取れる

レジロック、レジアイス、レジスチル、ラティアス、ラティオス、ユクシー、エムリット、アグノム、ヒードラン、レジギガス、クレセリア、夢ウォーグル:BW2のみ


・ハイリンク乱数

自分で成功したのはBW2のみだけど、BWの情報を見る限りでは一長一短な感じがした。アルセウスと「かるわざ」キモリが残っているので、そのうち試してみたい。

BW:Cギアオンなので1/60秒の精度で時刻合わせ→技術がいる

BW2:Timer0が合わない→運ゲー


・努力値

ジョインアベニューが便利すぎるのでBW2で安定。

1日にたくさん育てたいなどの理由で野生ポケモンを狩る場合、HA振りならBW(1番道路)の方が楽かもしれない。タワーオブヘブンもBW2では稀にゴルバットが出るので微妙に不利かもしれないが、そんなに気にならなかった。


・レベル上げ

BW2はジョインアベニューに加え、ポケモンブリーダーのラッキー・ハピナスが狙える白の樹洞、レベルの高いタブンネが手軽に見つかる1番道路と、どう考えても有利。

BWを使うとしたらライモンドームの乱数でドクター・ナースを狙う時ぐらい?


・その他

BWのハイリンクミッションでもらえた「けいけんち(おこづかい、タマゴふか)パワーMAX」や、レベル100フラットバトルは便利だった。

まあBW2なら大人数でのフェスミッションでデルダマを大量に稼げるし、1人でも「かけら」集めのついでに地道に稼げるけど。

8月19日

トリプルオフ

ガラティン君がトリプルバトルのオフ会を主催するらしいので、一応トリプル勢だし参加することに。ついでにちょっと宣伝してみます。


ルールは普通のBW2トリプル(「ダークホール」禁止)で、まだ人数には余裕がある模様。ガラティン君が煽られる様子が見られるトリプルバトルが楽しめるいい機会なので、興味のある方は是非ご参加ください。


で、今日は適当に5Vラティアスとかクレセリアを調達しながらパーティを考えたところまで。実際に作るのはこれからだけど間に合うのか…?

8月18日

ゲノセクト

せっかく受け取ったので乱数調整。

「性格乱数の位置」はデフォルトの設定(10)のままで大丈夫だった。


レポートorペラップによる性格値乱数の消費数+23の個体が実際に出てきたので、再挑戦しておくびょう5Vの個体をゲット。(最初から23消費されると分かっていれば、その分だけレポートorペラップの回数を調整して1回で取れるはず。)

一応実際の調整例をメモ。ちなみに場所はセッカシティのポケセンがよさそう。(動くNPCがいない。)


(狙った初期シード)

年,月,日,時,分,秒,Timer0,性格値乱数消費,性格,H,A,B,C,D,S,めざパ,威力,初期seed,キー入力

12,8,19,1,44,24,10f7,107,おくびょう,31,1,31,31,31,31,あく,68,7BA6AC48C0F9C562,ABSeR


(レポート針の位置)

0x10f7:7BA6AC48C0F9C562

4566120206

7342242326

1731574473

5627006713

104630337 3(←49個目が初期位置)

0576235546

7151001467

3715247736

1363 750474(←レポート2回+ペラップ33回で84個目まで消費)

3327653026


(配達員リスト)

105,ずぶとい ,15,11,31,1,31,31

106,ゆうかん ,11,31,1,31,31,31

107,おくびょう,31,1,31,31,31,31(←84個目まで消費した場合)

108,まじめ  ,1,31,31,31,31,10(←85個目まで消費した場合)

109,のうてんき,31,31,31,31,10,4

8月12日

ハイリンク乱数調整

先週の続き。

Timer0については相変わらず失敗が多いものの、3回に1回ぐらいは合う起動時刻を見つけて何とか調査ができるようになった。(うまく行ったのは0x1104だった。)


その後いろいろ試して「ようき」や「いじっぱり」5Vのゴビットギギアル、バルキー、ケンタロスを出すことはできたものの、いまだに性格値乱数の位置が把握できない。


例えば以下のようなリストが出力されて、Cギアオンから24秒で「おだやか」、25秒で「きまぐれ」、27秒で「いじっぱり」、28秒で「ようき」が出た。これだけだと1秒に1個ずつ進んでいるように見えるが、捕まえたポケモンの「こせい」が性格値から予想されるものと一致しなかった。(参考:こせい(ポケモンWiki)

0x4C188A7E mod 6 = 4だから、「おだやか」のときは特防に対応する「ちょっぴりみえっぱり」になるはずが、実際には「うたれづよい」だった。(特攻は個体値最高でないので。)

「きまぐれ」のケースのみ一致しているものの、他は合っていないので本当にこの位置の性格値乱数が使われたのか怪しい。


83,おだやか ,×,4C188A7E,4 うたれづよい

84,きまぐれ ,×,4E83F4BE,4 ちょっぴりみえっぱり

85,ゆうかん ,○,7A25D59C,0 ?

86,いじっぱり,○,9CCD2895,1 ちょっぴりみえっぱり

87,ようき  ,×,2782C402,4 うたれづよい

88,のうてんき,×,8A9F999F,3 ひるねをよくする


…が、目的の性格が思ったより簡単に出てくれたので、捕まえるポケモンがいなくなって調査がこれ以上できなかったという。

再調査するとしたら2週間後ぐらいだけど、そもそも調査の必要性がないような…。