ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

怠け者の研究日誌

9月8日

隠しアイテムマップ

コメントで情報をもらったので微妙に更新してみた。(フキヨセシティにブロムヘキシン追加。)

そういえば建物内の調査はあまりしていなかったので、同様の見落としがまだあるかも…。


最近ポケモンはあまりやっていないものの、9/4のポケモンダイレクトを見てXYへの期待はさらに高くなった。今まで初回プレイではみずタイプを必ず選んでいたが、今回はゼニガメフォッコにしてみるのもいいかもしれない。

そういえばXYでも隠しアイテムはあるんだろうけど、マップがマス目構造になっていなさそうなので書くのが難しそう。

8月24日

色ゲノセクト

ゲノセクト乱数調整してみたら、普通と少し違ったので一応メモ。


まず、今回のゲノセクトは性格が「せっかち」、攻撃と素早さの個体値が31に固定されている。…のを知らないでやってみたら25-31-21-19-12-31という個体が取れた。配達員リストは以下の通り。


123,きまぐれ ,23,8,25,21,19,12

124,きまぐれ ,8,25,21,19,12,26

125,きまぐれ ,25,21,19,12,26,31

126,きまぐれ ,21,19,12,26,31,31

127,がんばりや,19,12,26,31,31,31

128,せっかち ,12,26,31,31,31,31

129,のうてんき,26,31,31,31,31,31

130,れいせい ,31,31,31,31,31,31

131,むじゃき ,31,31,31,31,31,31 ←狙ったやつ


どうやらHP、防御、特攻、特防の個体値は普通に計算している模様。しかし性格や攻撃・素早さが固定の分乱数消費が減っているらしい。乱数消費を5個増やして再挑戦したら6Vが出た。

つまりこのゲノセクトの場合、連続した4Vが出せるような起動時刻を使えばいいらしい。性格乱数の位置は意味がない。


6Vのシード検索に無駄な時間を使ってしまったが、たまたま残っていた「Vジェネレート」レックウザの調整に使えたからマーイーカ。

8月17日

XY体験イベント

ポケモンXYの試遊のために東京ビッグサイトへ。

入場で40〜50分と中で20〜30分待ったら遊べたので思ったより楽だった。手持ちはケロマツ、ニンフィア、エリキテルの3匹で、少し進んだら博士から唐突にミュウツーレベル100を渡されるという。

そのままメガミュウツーでバトルになるが、カイリューを「サイコブレイク」で8割以上削っていたので相当強そう。個人的にはクチートやアブソルのメガシンカの方に興味があるけどw


その後ポケモンスクランブルU用のNFCフィギュアを買ったり、地方別のレンタルポケモンを使ったバトルで小学生に勝つという大人気なさを見せたりしてきた。ポケモン配布は混んでいたので断念。ピジョットすら120分待ちだったし。

さらに帰りに映画館に寄って、色ゲノセクトを6匹ほど回収。XYで何か(ゲーム内の)イベントがあるかもしれないから、1匹は乱数調整しておかないと。

それにしても映画のミュウツー、安易にメガシンカし過ぎだったな。

7月7日

最後のWi-fi大会

XY発売に伴い、BW(2)のネット連動機能は停止になるらしい。

PDWも年末には使えなくなるので、今のうちにきのみを回収しておいた方がよさそう。XYに道具を持ち込めるのかは分からないが、たぶんBWで育てないといけないポケモンも出てくるだろうし、ミクルとかは手軽に30000円稼げるので役に立つはず。


そして最後のWi-fi大会は何でもありシングル。

デオキシス、キュレム、ミュウツーあたりが入ることで1戦の時間はかなり短くなりそうな気がする。「アイアンヘッド」を連打するスカーフジラーチとかもいそうだけど。

結局トリプルの大会は一度もなかったという。XYで存続できるのか…?

6月30日

デオキシス

5月ぐらいに配布されていたのを、カードだけ受け取って乱数調整していなかったのでやってみた。BW2なので、以前に調べた通りセッカシティのポケセンを使用。ペラップはいなかったが、レポート1回で目的の位置になることが分かったので大丈夫だった。(消費数80前後のやつを選べば、たぶんレポート10回未満で行けるはず。)

ちなみに性格乱数の位置は今回も10。


実は今までデオキシスの入手機会を何度か逃してしまっていて、今回初めて手に入れることができた。

これで649種類集めて本当の図鑑完成。だいぶ遅くなったけど、XY発売前に達成できたのはうれしい。

6月16日

重力雨晴れ叩きパ

前にPWTでBP稼ぎ用に考えていた「じゅうりょく」+「ふくろだたき」+「いわなだれ」の改良版。昨日のポケモン会合の間にテストしていたが、1周で15〜16BPは普通に稼げるので割と効率が良さそう。


ポケモン持ち物特性性格技1技2技3技4
マニューラきあいのタスキプレッシャーようきふくろだたきれいとうパンチばくれつパンチねこだまし
テラキオンいわのジュエルせいぎのこころようきいわなだれインファイトでんこうせっかまもる
ヤミラミあくのジュエルいたずらごころゆうかんふいうちじゅうりょくあまごいにほんばれ
トルネロスこだわりメガネさいせいりょくおくびょうぼうふうねっぷうきあいだまめざめるパワー(こおり)
キングドラいのちのたますいすいひかえめだくりゅうふぶきりゅうのはどうまもる
コータスほのおのジュエルしろいけむりれいせいふんかじわれおさきにどうぞまもる


前回からの変更点は、まずエルフーンをマニューラに変えたこと。「おいかぜ」が使えなくなる代わりに、自分でも攻撃ができるようになり、テラキオンにとって嫌なポケモン(フーディンやスターミー)を倒してしまうことも可能になる。(「ふいうち」ヤミラミのおかげで、相手がどの位置に出ていようと対応できるのもポイント。)また「じゅうりょく」下であれば「ばくれつパンチ」がそれなりに当たるので、「いわなだれ」が効きにくいはがねタイプなどに大ダメージを与えられる。

また「ふくろだたき」ではなく、「ねこだまし」を使用してサンダースなどを止められるのも便利。


テラキオンは持ち物を「いわのジュエル」に。まず単純に「ふくろだたき」+「いわなだれ」の威力が大きく上がるため、半減でもフライゴン程度なら余裕で倒せてしまう。また「ねこだまし」「いわなだれ」と行動してもそれなりの火力を確保できることも重要。1ターン目で多くの相手を倒せば、その分2ターン目で全員が生き残っている可能性も高くなり、改めて「ふくろだたき」「いわなだれ」を狙える。


ヤミラミは駒場祭で使ったのとほぼ同じ。チェリムで強化しなくても十分強い。

トルネロスもやっぱり使い回しだが、「ねっぷう」の威力や素早さを考えると「こだわりスカーフ」ファイヤーの方が強いかも。要検討。


「あまごい」からのキングドラという要素を追加したのは今回の大きな改善点で、「おいかぜ」がないことによる素早さ不足を補うとともに、攻撃面でのテラキオン依存をだいぶ緩和してくれる。ただし「あまごい」の発動タイミングが難しく、天候が変わる前にキングドラを出さなければいけない場面も出てくるので、「まもる」があると安心できる。


最後にコータスを入れたのは普通のポケモンばかりで面白くなかったから「トリックルーム」対策。強化されたテラキオンやキングドラが真ん中に出ている状況であれば、「おさきにどうぞ」をすることで簡単に逆転できてしまう。また自身の「ふんか」の威力も馬鹿にならないし、「じゅうりょく」下ならほとんどのポケモンに「じわれ」が効く可能性もある。

ただし「トリックルーム」中でないと残念なことになるので、「せんせいのツメ」を持たせた方がいいかも。


一応最後に注意しておくと、このパーティは「このゆびとまれ」「いかりのこな」に弱め。PWTでは全く問題ないが、対人戦で使う場合はその辺の調整が必要になる気がする。

3月24日

Wi-fi大会

「レンブのみ」を手に入れるために参加。

新しいパーティを作っている時間がなかったので、1月の時に使ったパーティでムシャーナ→ランドロス(化身)を試してみた。


とりあえずヤミラミ+ニョロボンで相手を眠らせて、後は適当に攻撃して一気に倒すというパターンが一番いいらしい。少なくともニョロボンを出す場合は「じゅうりょく」は必須だと思った。

それから全体的に遅いポケモンが多くて、ヤミラミに「こうこうのしっぽ」「トリック」でもさせないと厳しい気がした。(もともとトリパだったのに「トリックルーム」役を抜いてしまったから当然だけど。)


前回の日記を見たら「ばくれつパンチ」バンギラスが欲しいとか書いてあったし、ヨノワールとかカビゴンも作りたいけどエメループが全然進んでない…。ルイージマンション2は割と速く終わりそうなので、時間が取れるかどうかはピクミン3の発売日次第かな。

3月16日

第5回TGAオフ

無事に終了しました。

結果は3勝3敗で予選落ちだったものの、それなりに健闘できたので良かったです。


ポケモン持ち物特性性格技1技2技3技4
ヤミラミきあいのタスキいたずらごころれいせいあやしいひかりメタルバーストフラッシュまもる
ボスゴドライバンのみがんじょうゆうかんもろはのずつきメタルバーストがむしゃらこらえる
ラティオスこだわりメガネふゆうおくびょうりゅうせいぐんりゅうのはどうサイコキネシスなみのり
キノガッサいのちのたまテクニシャンいじっぱりタネマシンガンマッハパンチキノコのほうしまもる
マリルリゴツゴツメットそうしょくしんちょうアクアジェットほろびのうたひかりのかべまもる
マンムーこだわりスカーフあついしぼうようきつららばりつららおとしじしんいわなだれ


元々はヤミラミ+ボスゴドラの「メタルバースト」を使ってみたいと思って組んだパーティ。タイプ的にも相性が良く、HP1になっても「いたずらごころ」や「イバンのみ」で先制できるのが強いような気がした…ものの、実際に使ってみると全然成功しない。

特に今回はヤミラミの使い方が悪く、ヤミラミの存在自体が「みがわり」を誘いやすかったり、「あやしいひかり」に期待するあまりに「メタルバースト」で相手を倒せるタイミングを逃してしまったりと残念な場面が多かったです。

ちなみに「メタルバースト」を使う都合上、ヤミラミは合計個体値が32で努力値も252しか振っていない謎個体です。


それで他のメンバーについても説明すると、まずはボスゴドラとの相性補完が優秀なラティオス。素早い特殊アタッカーで確かに強いが、そのせいで攻撃面がラティオスに依存し過ぎてしまい、積極的に動かせなかったのが反省点。実際のところラティオスを選出していない試合でも勝てているので、無理に残そうとするべきではなかったのでしょう。


キノガッサは「がむしゃら」で残った相手のHPを削ったり、遅いポケモンを「キノコのほうし」で止めたりする。また、今回はいなかったが「かたやぶり」ドリュウズがボスゴドラの天敵なのでその対策も兼ねています。耐久力は低いが、ここまでの3匹が相手のエスパー技を出しにくくしているので意外と生き残ります。

「まもる」は「トリックルーム」「おいかぜ」の対策や、後述するマリルリとの相性を考えて入れたもの。結構使う場面場多かったです。


ここまでが最初の段階で考えていた基本の4匹。

残りの2匹は先週の会合前に思いついて入れてみた「そうしょく」マリルリと、本番前日に「前回はウリムー使ったから、今回は進化形を使おう」という謎のノリでマンムーになりましたが、この2匹が今日は活躍していました。


マリルリはここまでのメンバーがくさタイプへの打点が不足していて、キノガッサやナットレイに苦戦しそうだったので入れてみました。「ほろびのうた」があればナットレイやヒードランの「みがわり」にも強くなります。

本番でもナットレイ+ブルンゲルに対して「ほろびのうた」で詰ませることができたのが楽しかったです。しかし相手にキノガッサがいた試合で選出しなかったのは完全にミス。

他にも「ゴツゴツメット」で地味に相手が削れたり、「ひかりのかべ」が張れたりと結構器用で、ルリリから育てれば「アンコール」「みずびたし」も覚えられます。(「アクアジェット」「ほろびのうた」はマリル限定。)

いろいろ可能性がありそうなポケモンで、マリルリを中心に新しいパーティを考えてみるのも面白そうだと思いました。


マリルリを使う以上でんき対策が必要になるので、最後にマンムー。「つららおとし」がサンダーやボルトロスだけでなくラティオスにも刺さり、十分に役割を果たしてくれました。

最初のうちはロトムやジバコイルを考えて「かたやぶり」ドリュウズを使っていたが、これらのポケモンにはキノガッサやラティオスである程度対策できるので変えて良かったと思います。

あと「つららおとし」は3割ひるみが強いと思っていたが、今回は全然引いてくれなかったのが残念。うまく当たってくれれば「ほろびのうた」との相性もいいはず。


というわけで構築の完成度がいまひとつだったものの、「そうしょく」マリルリを使うといった新しい道が見えてきたのが面白い大会でした。

やっぱり新しいポケモンを開拓していくのが楽しいので、今後も機会があれば参加していきたいです。

参加者の方々、ありがとうございました。

3月10日

ポケモン会合

第5回TGAオフまで1週間を切ったので、練習のためTGA会合へ。

…とか言いつつ大半はフェスミッションでかけらとデルダマ、ほしのかけらを稼いでいた。まあ一応今のパーティでも戦えることは分かったのであとは調整。

他の人のパーティを見てもいろいろ個性的なポケモンが入っていて、面白いことになりそうという感じだった。


というわけで、来週参加される方はよろしくお願いします。

ちなみに締め切りは3/13なので、今からでも参加できますよ。(←効果の薄い宣伝)

3月4日

ローテ練習

今のところレベル50で使えるパーティを使う予定なので、練習として初めてPWTでローテをやってみた。


ワールドリーダーズトーナメントの感覚がトリプルとはだいぶ違い、自分の攻撃が一貫しやすいのが印象的。例えばトリプルの場合、相手が「りゅうのはどう」に弱いポケモンばかりだったとしても1回に攻撃できるのは1匹だけなので、攻撃が一貫しているとは言い難い。(トリプルの場合、一貫するか注意すべきなのは主にみず・ほのお・こおり・いわ・じめんの5タイプだと思っている。)一方でローテだと「1ターンに1匹しか攻撃できない」ことは何のデメリットにもならないわけだから、それはドラゴンやはがねタイプが増えるわけだと今さら思った。


さらにトリプルの場合、相手からは例えばドラゴンタイプの攻撃が3回とか、ひこうタイプの攻撃が3回とか、通常は滅多に見られないような攻撃パターンが飛んでくる。これがトリプルのワールドリーダーズトーナメントを少し難しくしていると同時に、見落としがちなパーティの弱点を見つけるきっかけになったりもするが、ローテではそういうことはないので楽。


というわけで、ローテの場合は練習するならチャンピオンズトーナメントを使った方がいい気がした。


逆にトリプルと共通していると思ったのは、相手ポケモンを倒す手段が足りているかどうかの確認にPWTが役立つということ。補助技に偏ったパーティを作ると、相性が悪くなくても全然勝てないのですぐ分かる。


あと練習には関係ないけど、優勝時にもらえるBPが少ないのはやっぱり悲しかった。トリプルで7BPとか出たら大事故だし。

…何か結局トリプルの話ばかりになっているのは気のせい。

2月24日

カントーカップ

例によって1戦したら勝てたので終了。


ポケモン持ち物特性性格技1技2技3技4
パルシェンこだわりスカーフスキルリンクようきつららばりロックブラストシェルブレードこおりのつぶて
レアコイルしんかのきせきアナライズひかえめ10まんボルトラスターカノンめざめるパワー(こおり)みがわり
ゲンガーくろいヘドロふゆうおくびょうシャドーボールきあいだまみがわりかなしばり
メタモンきあいのタスキかわりものゆうかんへんしん---
ウツボットいのちのたまようりょくそようきタネマシンガンふいうちねむりごなつるぎのまい
カイリキーせんせいのツメノーガードゆうかんばくれつパンチストーンエッジバレットパンチれいとうパンチ


カントーカップの高速ポケモンは全体的に物理耐久が低かったので、急所込みならサンダースまでほぼ確実に倒せる「こだわりスカーフ」パルシェンをとりあえず入れてみた。

対くさ・でんき用にレアコイル、対かくとう用にゲンガーを入れて基本選出はこの3匹。


あとの3匹は積みが怖いのでメタモン、晴れが怖いのでウツボット、ラッキーやサイドンにカイリキーと選んだものの統一感が全然ないのが反省点。また、ほのお弱点が2匹いるのに誰もほのおを受けられない。(一応メタモンはいるが…。)

普通にメタモン→キュウコンにして、余ったタスキをゲンガーに渡せばよかったかもしれない。


やっぱりシングルは難しいとか思っている暇もなく、3週間後に備えてローテに切り替えるのだった。

2月23日

第5回TGAポケモンオフ

久しぶりにポケモンの話…というか宣伝。


現在第5回TGAポケモンオフの参加者を募集中です。

ルールは去年と同じローテーションバトルです。

ローテは経験が全くなかった人でも工夫次第で勝てるルールみたいなので、興味のある方はぜひご参加ください。


さて、僕もローテは(イーブイカップを除けば)1年ぶりなのでそろそろ準備しないと。前回みたいに楽しいパーティができるように頑張ります。

2月1日

カントーカップ

毎月恒例になったWi-fiの公式大会、今度はカントー限定のシングルらしい。


シングルは1年以上やってないのでよく分からないけど、とりあえずカイリュー・パルシェンが怖いのでメタモンは入れたい気がする。

あとは「かるわざ」サワムラーとか、「はやあし」サンダースを使えば先制することはできそうだけど、HPも防御も低いので「しんそく」のダメージが痛い。「イバンのみ」ゲンガーとかも面白いかも。


で、トリプルの公式大会はいつ開かれるんですか?

1月26日

Wi-fi大会

「ジャポのみ」目当てに1戦だけしてきた。

一応勝てたけど微妙な感じだったので終了。


ポケモン持ち物特性性格技1技2技3技4
ニョロボンこだわりスカーフすいすいようきばくれつパンチたきのぼりいわなだれさいみんじゅつ
カビゴンイバンのみくいしんぼうゆうかんじしんいわなだれじばくおさきにどうぞ
ヤミラミメンタルハーブいたずらごころしんちょうフェイントにらみつけるみやぶるじゅうりょく
メタグロスこだわりハチマキクリアボディようきコメットパンチしねんのずつきばくれつパンチだいばくはつ
ユキノオーきあいのタスキゆきふらしれいせいふぶきギガドレインこおりのつぶてくさぶえ
ムシャーナせんせいのツメテレパシーなまいきてだすけさいみんじゅつじゅうりょくトリックルーム


「じゅうりょく」→「ばくれつパンチ」が本当に強いのか試してみたかったので組んでみた。


とりあえずエメループで頑張って孵化したメタグロスは入れるとして、もう1匹ぐらい欲しかったのでニョロボンを採用。「さいみんじゅつ」も覚えるので「じゅうりょく」との相性が良く、メタグロスの弱点をカバーできる。

もう1つの役割として「すいすい」による雨対策もできるが、キングドラより遅いので「こだわりスカーフ」持ちに。雨でなくても先制しやすくなるので、「さいみんじゅつ」「ばくれつパンチ」「いわなだれ」による妨害が役に立つ。


もう1匹「じゅうりょく」とはあまり関係ないけど使ってみたかったポケモンが「イバンのみ」「くいしんぼう」カビゴン。通常の「イバンのみ」発動条件であるHP1/4以下では先制技で倒されてしまう可能性が高くなるが、「くいしんぼう」なら有効活用できるかもしれないと思った。カビゴンなら「じばく」で一発逆転が狙えるし、「おさきにどうぞ」で味方を先制行動にできるのもいい。


使ってみた感想としては、「ばくれつパンチ」が当たらない。「じゅうりょく」の効果があっても命中率は83%なので、行動回数を稼げるようにしないと厳しい。「さいみんじゅつ」による相手への妨害があって初めて役に立ったという感じ。

逆に強い点としては交代でどんなポケモンが出てきても(ゴースト以外は)被害を与えられるところだと思う。相手がゴーストタイプを出しにくくなるようなメンバーにするには…やっぱり「ばくれつパンチ」バンギラスも作ってみるべきなのか。(まずエメラルドがもう1個必要だけど。)

1月20日

隠し穴

久しぶりに隠し穴乱数

6V以外のメタモンが必要になったので調整してみたが、個体値乱数は他の固定シンボルと同じく消費2で大丈夫だった。

性格値は伝説系よりも1〜2個余計に消費したのが出る模様。レベル決定に使っているのかな。


あとは埋まっているポイントマックス回収用の起動時刻も調べた。

ダウジング(1%)、Dのみで検索すればすぐ見つかるが、Timer0ずれがあるため、できるだけ多くのTimer0で合うようにしたい。

キー入力あり、15〜30秒、性格値乱数消費60〜100で検索すると、Timer0が3個ヒットなら範囲1日でも10個ぐらい見つかるが、4個の場合は範囲10日で1個見つかる程度。5個ヒットは見つけられなかった。


実際のポイントマックス回収はカゴメの右の方にある隠し穴を使ってみたが、1回3分程度。Timer0の運が悪くなければ1時間半で6匹分(24個)回収できる。

BWのベテラントレーナー戦に比べるとNPCの動きに左右されないし、日替わりイベントではないので毎回起動時刻を検索する必要もないのが便利だと思った。


…アイテムは集まったものの、来週のWi-fi大会に使うパーティはまだ作成中。普通のルールだったのであまり頑張る気もないけど、参加するからには何か面白いものを使いたい。