Hatena::ブログ(Diary)

生肉さんが暇潰し

10月24日 2008年

Jack Brooks Monster Slayer

f:id:namaniku206:20081024221305j:image:w200

Jackは子供の頃、山中でキャンプ中に謎の怪物に襲われ両親を惨殺される。

大学生夜学)になった今もJackはそのことで、カウンセリングを受けるメンヘラだ。

f:id:namaniku206:20081024221306j:image:w200f:id:namaniku206:20081024221307j:image:w200

そんなJackは、配管のお仕事(なんでわざわざ配管工なんだろう)しながら

あんまり可愛くない上、ケンケン五月蠅い恋人Eveさんと大学へ通う毎日。

しかし大学にはR.イングランド分する”変な教授”Gordon教授もいて、

なんだかメンヘラだけど退屈はしていない様子。

f:id:namaniku206:20081024221308j:image:w200

ある日、Gordon教授は裏庭から謎の木箱を発掘し

箱の中にあった呪い心臓(みたいなの)に体を乗っ取られてしまう。

f:id:namaniku206:20081024221309j:image:w200f:id:namaniku206:20081024221310j:image:w200

日に日に行動や容姿に異常をきたしていくGordon教授

f:id:namaniku206:20081024221311j:image:w200f:id:namaniku206:20081024221312j:image:w200

そして、ある夜の講義中にGordon教授が完全変貌!

化け物に変身してしまい、クラスメートを次々と怪物へ変貌させていくではないか!

f:id:namaniku206:20081024222258j:image:w200

当然逃げ出すJackだったが、両親の死を思い出し、自分のトラウマに打ち勝つべく

化け物と化したGordon教授に戦いを挑むのだが・・・・。


実はロバートイングランドのための映画なんじゃないか?というくらい小一時間ロバートイングランドの独壇場です。

それこそガキ使の「七変化」よろしく、笑わしたいだけなんか?これは!?といった具合。後半15分ぐらいが、覚醒したJackさんの大立ち回り(でもなんか抜けてる)となっております。

f:id:namaniku206:20081024222121j:image:w200f:id:namaniku206:20081024222122j:image:w200

モンスターボディスーツが好きな人にはたまらない一品です。最近ボディスーツモンスターなんて、インディものでしか観られなくなってしまいましたからねー。こういうのは貴重ですよ。。っつーか、なんなの?このR.イングランドの最終形のジャバっぷりは。

全体としては、よくできたB級映画ではないかと。もう少し学校での乱闘シーンに緊張感があるといいのですが。。


監督はまだ20代のJon Knautz。短編ホラーをチマチマとり続けて修行して来た人みたい。なので基本がしっかりしていてとても見やすい映画です。Eli Rothもそうですが「とりあえず撮りたいモノを撮ってみました」という姿勢が感じられ、今後が楽しみな人です。