Hatena::ブログ(Diary)

生肉さんが暇潰し

10月10日 2010年

「デッドライジング2」 今日も娘のためにスタコラサッサ

f:id:namaniku206:20090602202724j:image

ロメロ爺サイドからケチをつけられちゃったとか何とかで、続編の制作がアホほど遅くなってしまった本作。「あー、ようやっとできたのね!」っと、喜んでいたのですが・・・。

ヌルい。ヌルいぞ!!そして鬱陶しいぞ!!!

ZOMBREXが鬱陶しい

主人公チャックさんの娘は、ゾンビ菌に感染してしまっているため24時間毎にZOMBREXというゾンビ化を押さえるクスリを打たなくてはならない。これが非常に鬱陶しい。しかも、ZOMBREXは簡単には手に入らない。「サイレン」アーカイブやら有名国産RPGのコインのように「え?そこにあんの?」という場所に落ちていたり、アホほど高い値段(後半は金余りまくりなので気にならないが)で買うしかない。しかも、一度ZOMBREXの入手場所を覚えてしまえば、2週目からは本当に鬱陶しいイベントでしかないという始末。

サイコがヌルイ

単純にヌルい。「人間が一番怖い」という発想の元に、極限状態によりキチガイ化したサイコ野郎が色々と邪魔をしてくる(別に無視もできるが)のもウリの本作。しかし、これが弱いんだ。ビックリする。ラスボスOver Timeじゃない方)に至っては、ライフルチョコチョコ撃つだけで倒せてしまう。また、キャラも弱い。前作のスーパーのオッサンくらいブッとんだキャラがいないのも厳しい。


他、前作の後半、信じられないようなゾンビの群れの中を突っ切らなくてはならないイベントなんかもあったのだが、今作はそういった絶望感が希薄で、なんだか親子で楽しいベガス旅行をしているだけみたいなゲームになっていて残念。オチになるアウトブレイクの原因も、B級としても今更感あふれるものである。自分日用品を組み合わせて武器を作れたり、ユルユル規制による人体破壊描写や何故か強調されまくるオッパイ等は愉快なのだが、肝心の内容ががなぁ・・・。

09月23日 2010年

油壺マリンパークのイルカアシカショーがアグレッシブすぎる

先日、油壺マリンパークになんとなく行ってきた。ウリがペンギンというので、なかなか渋い水族館なんだろうなーっと思っていたのだが、実際、本当に渋い。さらに3連休初日のお昼、大人の小無夫婦にとって、休日のこういう場所は非常に肩身が狭い感じがするのだが、ガラガラで(この水族館は、大丈夫なのか?)幸運なことにゆっくりと一通り観ることができた。とにかく展示されているものは激シブ。中でも超絶悪そうなウツボとやる気のないハリセンボンが非常に気に入りました。


f:id:namaniku206:20100918111749j:image:w200:left

f:id:namaniku206:20100918111209j:image:w200:left


水族館といえば、イルカアシカのショーである。水族館のショーってのは、各水族館それぞれに個性的なものを魅せているところが多い。品川みたいに無難すぎて退屈なものもあれば、江ノ島水族館あたりのハイクオリティなショーもある。

油壺でも、昭和が炸裂している思う存分に老朽化した屋内劇場でショーをやっていたので観てみたのだが、これはスゴイ・・。っていうか、親子連れが「ショーたのしかったね!」なーんて帰りの車の中で話せるような内容では無い。

ショーのストーリーHPからそのまま転載するとこうだ。

時は1960年代―。

ビエート共和国は敵国と軍備拡大競争を繰り広げていました。そしてシェフチェンコ海軍大佐の指揮の下では、イルカアシカ軍事利用する研究が密かに行われていたのでした。

でも、ペンギン博士リーダーとする優秀なはずの研究チームが開発するのは、見ている人を楽しませるようなパフォーマンスばかり。そんな研究成果に、最初は激怒する大佐でしたが・・・。

まず、いきなりのイルカアシカ軍事利用。これからして厳つい。で、シェフチェンコというUSSRなネーミングの大佐は、怒るとバカボンの本官さんのように、短銃を乱射するキレッキレのお兄さん。

ペンギン博士が、イルカアシカたちと楽しい出し物芸で戯れていると

「何をしているんだ!?ペンギン博士!(バキューーン!バキューーン!!)」

という具合だ。

f:id:namaniku206:20100918120534j:image:w200:left

f:id:namaniku206:20100918120551j:image:w200:left


ペンギン博士は、ハゲヅラを被ったペンギン着ぐるみなのだが、彼の行動もなかなかアグレッシブ軍事訓練の中止を要求すべく、手下のアシカに命じて大佐が大事にしているあからさまにヤバイマークの付いた爆弾強奪してしまうのだ。

人(アシカ)命よりイデオロギーを重視する非常にアレな姿勢が、これまた厳つい。


で、結局、このヤバイマークの付いた爆弾は爆発してしまい、爆弾の影響によりペンギン博士普通イワトビペンギンになってしまう。


ここで、キレキレシェフチェンコは気がつく。

戦争イクナイ!」

っと。そして、イルカアシカ軍事利用をやめる決心をするのだ。

すると、平和の力でペンギン博士が元の姿のハゲペンギンに戻って、大円団

しかし、爆弾が爆発してしまった責任を取り、シェフチェンコ大佐は辞職するのでした。


20分くらいのショーだったが、やたらと濃ゆい内容である。

公式には「イルカアシカたちが華麗なパフォーマンスお届けする、感動ストーリーです」と記されているが、確かにパフォーマンスジャンプ芸やボール芸やら楽器演奏など出し惜しみすることなく、矢継ぎ早に披露し、非常にクオリティも高いものだったが、これのドコが感動ストーリーなのかと。


最後、いつ、シェフチェンコ大佐が自らのこめかみに鉛玉ブチ込むのか?と大期待しちゃったじゃないか!


f:id:namaniku206:20100918125852j:image:w200:left

このショーのおかげで、三崎で喰ったマグロの味やら意外に可愛かったカワウソの寝顔とか全部ぶっ飛んでしまいました。

正直、規模の割には入場料が高めである本園だが、このイルカアシカショーだけのためにお金は払っても良いとは思う。

万人に勧められないが、ブラックジョーク好きな人には激オススメ。是非。

あ、そうそう、ショーの最中、観客から1人選んでイルカに芸をさせるという参加型イベントがあります。

普通は、ここで子供を選ぶと思うのですが、何故かシェフチェンコ大佐大きなお友達を選択。意外な選択に焦りの色を隠せない大きなお友達に向けて、シェフチェンコ大佐インタビュー。これもちょっと様子がおかしかった。

大佐今日は、どちらから?」

友達「あ、埼玉です!」

大佐「フヒッ、埼玉ですかーー。フフッ」

何故、”埼玉”が大佐のツボを刺激したのかが判りませんが、大佐はもう少し、演技やら選択眼を磨いたほうが良いと思いました。記念品として油壺マリンパークの招待券を彼にプレゼントしていましたが、たぶんもう来ないと思うぞ。

08月09日 2008年

スターテンビリオン

意外と楽しいよ!小さいときに持っていた記憶があるような、無いような。

f:id:namaniku206:20080809151102j:image

06月21日 2008年

片腕マシンガール(aka.The Machine Girl)

f:id:namaniku206:20080621130623j:image

2008年8月から単館といえども、めでたく日本公開も決まっているうえ、

ちょっとした知り合いがメイク支援助手として関係しているので

あんまり詳しく書くと怒られそう。。よって、さらりと。

お話は、ものすごく要約するとこんな感じ。

f:id:namaniku206:20080621130625j:image:w200

ヤクザな息子に弟を殺されたお姉さんが、復讐のためにヤクザの家に乗り込んだら

返り討ちに遭い、左腕を切断されてしまう。・・が、その後、なぜか片腕にマシンガンを装着し、

再度、忍者ヤクザ相手に復讐に立ち上がる。

それだけかよっ!って、はい、それだけです。

基本的に「作り物」の人体破壊を楽しめるひと専用の作品。

もちろんアクションも頑張っていますよ。

f:id:namaniku206:20080621130624j:image

(パンチラもあるよ!)

この手の作品に観られる自己満足的な空気はなく

ゾンビ自衛隊とかちょっとアレでした)

あくまで、「その筋の人」を楽しませるために作られているという感じです。

近年希にみる血の量も馬鹿馬鹿しいまでに多く(多すぎます)

f:id:namaniku206:20080621132629j:image:w200f:id:namaniku206:20080621131849j:image:w200

どこかで観たようなシーンも色々と。


あとは、町山さんが言っていたとおり、忍者!とスシ!と天プラ!と女の子!


f:id:namaniku206:20080621130831j:image:w200f:id:namaniku206:20080621131323j:image:w200

f:id:namaniku206:20080621131324j:image:w200f:id:namaniku206:20080621131847j:image:w200

↑個人的にはこのシーンが大好きだったり

f:id:namaniku206:20080621131850j:image:w200

この姐さんの装備がすげぇ!是非劇場で確認してください。


あとは諏訪太郎さんですね、あの人はこういう作品には欠かせませんな。


北米版DVDでの鑑賞でしたが、このDVDの英語吹替が結構楽しい

作品自体が海外市場をターゲットに(もともと出資は海外から)

している感じがあるせいか英語吹替による外連味がまたいいのだ。

機会があったらこちらも是非体験していただきたい。

04月26日 2008年

汚れるガジェット

日記を書く[・ _ゝ・]はやみずさん

id:hayamiz:20080425:1209091236

僕もカバーしない派。

ガジェットが汚れていく様が大好きさ。

左が年末に購入したiPodClassic、右が4年くらい前の4G iPod。

4G裏面なんて、右下凹んでるもんね。よくiPodはすぐ壊れるなんて聞いてたけど、結局壊れなかった。

買い換えた理由は「単に容量足んね」ってだけ。

f:id:namaniku206:20080426144051j:image

f:id:namaniku206:20080426144144j:image


こういうのは汚れていくのが楽しいと思う。

「あー、あん時付いた傷だなぁ・・・」とか

「知らぬ間に、裏面が擦れてるなあ、結構つかったなぁ」とか。

あぁ、美しいモノが汚れていく・・・ふひひ。

綺麗なまま保ちたいって人の気持ちも分かるが、

汚れていくのもまた良いモンですよ。えぇ。