Hatena::ブログ(Diary)

生肉さんが暇潰し

09月23日 2010年

油壺マリンパークのイルカアシカショーがアグレッシブすぎる

先日、油壺マリンパークになんとなく行ってきた。ウリがペンギンというので、なかなか渋い水族館なんだろうなーっと思っていたのだが、実際、本当に渋い。さらに3連休初日のお昼、大人の小無夫婦にとって、休日のこういう場所は非常に肩身が狭い感じがするのだが、ガラガラで(この水族館は、大丈夫なのか?)幸運なことにゆっくりと一通り観ることができた。とにかく展示されているものは激シブ。中でも超絶悪そうなウツボとやる気のないハリセンボンが非常に気に入りました。


f:id:namaniku206:20100918111749j:image:w200:left

f:id:namaniku206:20100918111209j:image:w200:left


水族館といえば、イルカアシカのショーである。水族館のショーってのは、各水族館それぞれに個性的なものを魅せているところが多い。品川みたいに無難すぎて退屈なものもあれば、江ノ島水族館あたりのハイクオリティなショーもある。

油壺でも、昭和が炸裂している思う存分に老朽化した屋内劇場でショーをやっていたので観てみたのだが、これはスゴイ・・。っていうか、親子連れが「ショーたのしかったね!」なーんて帰りの車の中で話せるような内容では無い。

ショーのストーリーHPからそのまま転載するとこうだ。

時は1960年代―。

ビエート共和国は敵国と軍備拡大競争を繰り広げていました。そしてシェフチェンコ海軍大佐の指揮の下では、イルカアシカ軍事利用する研究が密かに行われていたのでした。

でも、ペンギン博士リーダーとする優秀なはずの研究チームが開発するのは、見ている人を楽しませるようなパフォーマンスばかり。そんな研究成果に、最初は激怒する大佐でしたが・・・。

まず、いきなりのイルカアシカ軍事利用。これからして厳つい。で、シェフチェンコというUSSRなネーミングの大佐は、怒るとバカボンの本官さんのように、短銃を乱射するキレッキレのお兄さん。

ペンギン博士が、イルカアシカたちと楽しい出し物芸で戯れていると

「何をしているんだ!?ペンギン博士!(バキューーン!バキューーン!!)」

という具合だ。

f:id:namaniku206:20100918120534j:image:w200:left

f:id:namaniku206:20100918120551j:image:w200:left


ペンギン博士は、ハゲヅラを被ったペンギン着ぐるみなのだが、彼の行動もなかなかアグレッシブ軍事訓練の中止を要求すべく、手下のアシカに命じて大佐が大事にしているあからさまにヤバイマークの付いた爆弾強奪してしまうのだ。

人(アシカ)命よりイデオロギーを重視する非常にアレな姿勢が、これまた厳つい。


で、結局、このヤバイマークの付いた爆弾は爆発してしまい、爆弾の影響によりペンギン博士普通イワトビペンギンになってしまう。


ここで、キレキレシェフチェンコは気がつく。

戦争イクナイ!」

っと。そして、イルカアシカ軍事利用をやめる決心をするのだ。

すると、平和の力でペンギン博士が元の姿のハゲペンギンに戻って、大円団

しかし、爆弾が爆発してしまった責任を取り、シェフチェンコ大佐は辞職するのでした。


20分くらいのショーだったが、やたらと濃ゆい内容である。

公式には「イルカアシカたちが華麗なパフォーマンスお届けする、感動ストーリーです」と記されているが、確かにパフォーマンスジャンプ芸やボール芸やら楽器演奏など出し惜しみすることなく、矢継ぎ早に披露し、非常にクオリティも高いものだったが、これのドコが感動ストーリーなのかと。


最後、いつ、シェフチェンコ大佐が自らのこめかみに鉛玉ブチ込むのか?と大期待しちゃったじゃないか!


f:id:namaniku206:20100918125852j:image:w200:left

このショーのおかげで、三崎で喰ったマグロの味やら意外に可愛かったカワウソの寝顔とか全部ぶっ飛んでしまいました。

正直、規模の割には入場料が高めである本園だが、このイルカアシカショーだけのためにお金は払っても良いとは思う。

万人に勧められないが、ブラックジョーク好きな人には激オススメ。是非。

あ、そうそう、ショーの最中、観客から1人選んでイルカに芸をさせるという参加型イベントがあります。

普通は、ここで子供を選ぶと思うのですが、何故かシェフチェンコ大佐大きなお友達を選択。意外な選択に焦りの色を隠せない大きなお友達に向けて、シェフチェンコ大佐インタビュー。これもちょっと様子がおかしかった。

大佐今日は、どちらから?」

友達「あ、埼玉です!」

大佐「フヒッ、埼玉ですかーー。フフッ」

何故、”埼玉”が大佐のツボを刺激したのかが判りませんが、大佐はもう少し、演技やら選択眼を磨いたほうが良いと思いました。記念品として油壺マリンパークの招待券を彼にプレゼントしていましたが、たぶんもう来ないと思うぞ。

08月16日 2010年

井の頭自然文化園のカエル祭り

先日、井の頭自然文化園に行ってみた。というのも、カエルハウスなどというベタ名前の野外飼育ケージが設置されたとのことで、カエル好きの俺としては、行かざるを得なかったからである。

カエルハウスは、水生生物が展示されている分園の入り口にシレーーっと設置してあり、中には7匹のモリアオガエルがケロケロしてた。

f:id:namaniku206:20100814124102j:image:left:w200f:id:namaniku206:20100814124231j:image:left:w200


※説明に7匹居ると書かれていたが、4匹しか見つけられんかった。

カエルハウスさえ観らればいいやーっと思っていたのだが、さらに中の水生生物館でカエル特別展示を行っていた。これはラッキー。だって、ないぜー。各種カエルを仰々しく展示しているようなとこ。俺と嫁は喜びまくり、他の子供連れが引きそうな勢いで愛玩しているカエルぬいぐるみとともに記念撮影をしまくるのであった。

f:id:namaniku206:20100814124138j:image:left:w200

f:id:namaniku206:20100814125222j:image:left:w200


f:id:namaniku206:20100814130736j:image:left:w200

f:id:namaniku206:20100814130703j:image:left:w200


f:id:namaniku206:20100814130546j:image:left:w200

f:id:namaniku206:20100814131151j:image:left:w200


休日に、カエルぬいぐるみを従えた夫婦連れが、カエルをみて大はしゃぎ。アホだなぁ。。

08月08日 2010年

namaniku2062010-08-08

おとなこども

子供を育てていない年寄りは大人ではなくタダの高齢者だそうな。ウチ夫婦は怖くて子供を作ることに未だ躊躇している。友人曰く「気負いすぎ、もっと気軽に!」っと言って、色々後押ししてくれるのだが、やはり怖い。一回、ミスっていることもあるし。

というわけで、いまのところウチは間違いないくただの高齢者になるわけだが、それはさておき、愚痴である。


僕は、なぜか主任である。いい加減な風貌でいい加減な仕事をしているような気がするのだが、昇格してから1年半くらいたった。絶倫紫ダブルスーツリーゼント上司*1からは


「なまにくは、部会には帰るは、社員旅行にいくは、ずいぶんやることかわったなぁ」


といわれている。実際、ちょっと変わったが、根っこいい加減なことには変わりないし、果ては「あの女は誰だ?」とかいわれちゃう始末なわけです。

どっからどう見ても男なんだけどな。


一応、後輩、育てなきゃいかんし、思考が完全にオッサンなので、ちょっとは若めな人々と行動しないといかんなとは思っているのだ。


まぁ、それはさておき、今の現場では、先月、2人の人が昇格して主任になったのだが、そのうち一人が、非常にいただけない。とにかくガキなのだ。


僕は、彼は彼なりの考えがあって、ガキっぽい行動をとっているんだろうと思っていたが、最近。本当に馬鹿でガキなだけなんじゃないかと思うようになった。彼は、事あるごとに「俺が、ガキなのかもしれないが・・」「俺が、わがままなのかもしれないが・・」という免罪修飾を自分の発言に付け加えるのが多い。

30超えてるんだからさ、高校生みたいなこといつまで言い続けてるんだろう?って。僕がその発言に返す言葉は


「いい歳こいて、ガキのわがままで仕事しないでくれる?鬱陶しいから」


である。


今週の発言で、心底失望したので、どうしようかと思っているところだ。小一時間の会議への出席を依頼したところ


「俺に24時間働けって言うんですか?」


だって。おいおい、おまえ、さっき携帯でゲームしてたやん・・・。


「どこまでやればいいのか、線引きしてください」


だって。じゃぁ、お前は、何をどこまでどうすればできるんだよ?言ってみろよ。


これ、30過ぎたのオッサンの言うことじゃないと思うんですよ。さらに相談持ちかけた後輩に向かって



「俺は忙しいから、今の仕事を放って、

    お前の相手をしてよいか、お客に聞け」


とか言ったりね。もうね、がっかりするよね。


週末の会議では、PMに「やらされていると思って仕事をしてるというような発言はどうなのよ?」と問い詰められたのだが

「そんなこと、思ってないですよ」っと、ちょっと歯切れの悪い声量で言ってのけ、あげくにPMに向かって


「先日のユーザとの会議の時の○○○○という発言は、問題があるので止めてもらえません?」


とか、責める始末。(実際PMはまずい発言はしたのだが)彼は、人に対しての要求は遠慮無く言うくせに、自分に言われると、脊髄反射で拒絶するのだ。

要は絵に描いたような「自分に甘く・他人に厳しい」を実践するオッサンなのだ。


こういう大人子供を地で行くバカと、これからどうやって付き合っていけばよいのか、さっぱりわからない。


腹立たしいことに僕と彼の共通点は、見てくれがリーマンらしくないとのことで、社内では仲が良いと思われている。確かに、今のところ"まだ"仲が悪いわけではないのだが、EXILEのAtushi*2みたいになりたいッスとか、素で言ってのけるオッサンと仲が良いとは思われたくない・・・。

*1:本当にそうなのだ。やくざですよやくざ。商社系Sierのやくざ

*2:この人、よく知らないんだけど、三十路が目指すような人間じゃないよね?たぶん。

07月25日 2010年

今週のまとめ

花を喰われる

f:id:namaniku206:20100725151247j:image:w200

「あっついなぁ」とか言いながら、ベランダに出てみたら俺の愛しのマリーゴールドがモスラ野郎に喰われてた。しかも、ウンコもてんこ盛りにされており、怒り心頭になったので、試しに火であぶってみたら、ちょっと苦しそうにモゾモゾしやがったので、そのまま箸でつまんで隣のスギ林に投げ込んでやったのであります。

ロールちゃんがおもったより進歩していて驚く

はてなハイクの人たちは、ロールちゃんが好きだ。2年前までハイクやってたときは、よくドロリッチとロールちゃんでTLが埋まっていたもんだ。

f:id:namaniku206:20100725151248j:image:w200

久しぶりにロールチャン買ったら、コスプレしててわろた。「トレロン」って、もしかして「トレビアン」と「ロング」をくっつけた訳じゃないだろうなと。

公式サイトもできていて、メロンロールがメキシコ帰りの覆面レスラーという安易な設定にほっこりした。

会社でやや切れ気味

プロジェクトの進め方で、同僚と言い合いになる。「自分がガキかもしれないですけど、納得できないです」とか、自らを「ガキ」という前設定をされてしまったので、ちょっと切れた。30過ぎた男に「俺がガキなのかもしれないですけど」とか言われちゃうとね・・・。つまり、自分に正当性があまりないことに気がついたにもかかわらず、それでも納得したくないのを「自分が子供だから」という言い訳で逃げようとするのは汚いだろうと。

映画を観ていない

観ていない。こまった・・・。来週はゾンビランドをチッタに観に行く予定。

11月02日 2008年

namaniku2062008-11-02

Lady Blood

その昔、松坂季実子という乳がでっかいのがウリのAV女優がおってのぅ。この人が吹き替えを担当した「Baby Blood」っつー不遇な映画あります。この映画、悪魔(?)の子供を孕んだ女が夜な夜な男を誘ってはぶっ殺して血を飲むという、相変わらずな内容だったんですけれども、その血の量が多すぎる上、おフランス独特のクドいエスプリプンプンで、そんな不遇な扱いを受けるほどの映画ではなかったのです。*1

要は、結構面白いよって事なんですけどね。*2

そんな「Baby Blood」の続編「Lady Blood」、古い方のブログ*3でも言及したのですが、最近やっと公式サイトもできて、ティーザーも公開している様子。

男をぶっ殺しまくったBaby Bloodの主人公、ヤンカさんは何故か元気に生きている様子。海に帰った自分の子(古代の生物)と戦うらしいです・・。

*1:あー、どっかに中古ビデオ落ちてないかなぁ

*2最低映画館あたりに詳細載っています

*3http://www.namaniku.net/blog/2007/12/post_9.html