Hatena::ブログ(Diary)

生肉さんが暇潰し

10月10日 2010年

「デッドライジング2」 今日も娘のためにスタコラサッサ

f:id:namaniku206:20090602202724j:image

ロメロ爺サイドからケチをつけられちゃったとか何とかで、続編の制作がアホほど遅くなってしまった本作。「あー、ようやっとできたのね!」っと、喜んでいたのですが・・・。

ヌルい。ヌルいぞ!!そして鬱陶しいぞ!!!

ZOMBREXが鬱陶しい

主人公チャックさんの娘は、ゾンビ菌に感染してしまっているため24時間毎にZOMBREXというゾンビ化を押さえるクスリを打たなくてはならない。これが非常に鬱陶しい。しかも、ZOMBREXは簡単には手に入らない。「サイレン」アーカイブやら有名国産RPGのコインのように「え?そこにあんの?」という場所に落ちていたり、アホほど高い値段(後半は金余りまくりなので気にならないが)で買うしかない。しかも、一度ZOMBREXの入手場所を覚えてしまえば、2週目からは本当に鬱陶しいイベントでしかないという始末。

サイコがヌルイ

単純にヌルい。「人間が一番怖い」という発想の元に、極限状態によりキチガイ化したサイコ野郎が色々と邪魔をしてくる(別に無視もできるが)のもウリの本作。しかし、これが弱いんだ。ビックリする。ラスボスOver Timeじゃない方)に至っては、ライフルチョコチョコ撃つだけで倒せてしまう。また、キャラも弱い。前作のスーパーのオッサンくらいブッとんだキャラがいないのも厳しい。


他、前作の後半、信じられないようなゾンビの群れの中を突っ切らなくてはならないイベントなんかもあったのだが、今作はそういった絶望感が希薄で、なんだか親子で楽しいベガス旅行をしているだけみたいなゲームになっていて残念。オチになるアウトブレイクの原因も、B級としても今更感あふれるものである。自分日用品を組み合わせて武器を作れたり、ユルユル規制による人体破壊描写や何故か強調されまくるオッパイ等は愉快なのだが、肝心の内容ががなぁ・・・。

08月25日 2010年

「特攻野郎Aチーム」 サービスしすぎて胃もたれするわ!

僕は、「特攻野郎Aチーム」のTVシリーズには、さほど思い入れはない。月に1回観る程度だったし、「今日は、夕ニャンタイマンテレフォンの日だから帰る!」と叫んで公園から走って帰って見るよな、マスト番組ではなかった。

ただ、あのテーマ曲「♪テーッテテーテレッテー♪」のは、ソプラノリコーダーでもアルトリコーダでも吹いて遊んだくらい気に入ってた。

f:id:namaniku206:20100825212727j:image:w200

というわけで、そんなさほど思い入れがない「特攻野郎Aチーム」を観に行った。ホラーじゃないのでこっちでレビュー

うん。すごい面白い。TV版を軽く凌駕するほどの「アホっぷり」は、すばらしい。特に冒頭のAチーム結成エピソードから中盤までの流れは、ほんとよかった。ハンニバルリーアム・ニーソンは格好良いし、フェイスもマードックもバラカスもみんなキャラ立ちしてて、すんばらしい。特にバカラスが良いです。

ところが、中盤以降の典型的悪役リンチとバカ傭兵(?)パイクが目立ち始めると、とたんに失速。なんだか普通スパイアクションになってしまう。

悪役に個性を持たせるのは良いのだが、いかんせん、スマート過ぎるような気がする。リンチは前半はボケっぷりが目立っていたが、後半に行くに従って、シリアスさが邪魔くさくなってくる。

僕は「Aチーム」って、もっとバカだったように記憶してるんですよ。中心の4人は徹底的にバカだけど、悪運の強さも手伝い、結果、ミッションをこなしてしまう。悪役には、さほど個性はなく、そろってヌケサク。「うわぁ、それは無いわあ!!」の連続ピンチを切り抜ける。そんなドラマだったと。

本作は、前半は確かにアホほどバカでゲップが出るくらいお腹いっぱいになるんだけど、後半のシリアスさがちょっと残念なような。

「うーん、ちょっと惜しいなぁ」っと、そんな一品でした。

それでも、とっても面白い映画だし、クレジット後の遊びもサービス精神旺盛で印象いいですよー。

05月25日 2010年

知らない人たちに会う

土曜日の話。

僕は、基本的に出不精で人見知りをするので、知らない人に会うのが得意ではない。

いや、正直なことろ、いろいろな人に会ってみたいとは思うのだが、初対面の人とはまともに話すことができず「あぁ、また話せなかったなぁ」っと、家で体育座りをするのが常という、福満しげゆきみたいな人間なのです。しかし、関東に出てきて6年、決定的に友達が少ないので、ここは一つ頑張ってみようと。

そんなわけで、「すきなものだけでいいです」のアガサさんが、文学フリマのために岡山から上京される際に開催されるという、罪山罰太郎さん、カトキチさん、フモさん、paseyoさん、doyさん、トラネコさんとビックリするメンツが揃う場、「人妻をみんなで愛でる会」に参加してきた。

しかし「愛でる会」は、夕方から渋谷で開催とのことで、一日暇だった僕はシアターNで「戦闘少女」の初日初回を見に行くことする。

ついったーを観ていたら、アガサさんも早朝にノーブラで上京し、同じ「戦闘少女」の初日初回を観る段取りであるようだった。

しかし、ここで

「一緒に観ましょう!ふひひ!」

などと、いきなりメールを送ったら、「なにこのひとこわい」とか思われそうなので、「たぶん、アガサさんの後ろにいます」などと、取り返しのつかない呟きを残し、鑑賞に入る。

ラッキーなことに、上映前、井口監督が現れ舞台挨拶をしてくださった。さらに鑑賞後、無事アガサさんと挨拶をすませ、ロビーを彷徨く井口監督に特攻。握手&写真を撮ってもらう。緊張で手がちょっとだけプルプルしていたのは秘密だ。


「うん、たまには早起きもいいもんですな。ふひひ。」とか思う。


この後、アガサさんは高円寺の豆魚雷に行く用事があるとのこと。メガネの人妻とデートできるなんて滅多にある機会ではないので、邪魔じゃないだろうか?っと思いつつ同行させてもらう。


「やっぱり、たまには早起きもいいもんですな。ふひひ。」とか思う。


道中、なんだか沢山話したいことがあったはずなのだが、「津山で、30人殺しの話とか御法度なんですかね?」などと、どうしようもない話をしていたような気がする。すんませんすんません。

豆魚雷では、僕も前から気になっていたケサランパサラン謹製のリビングデッドシリーズフィギュアが置いてあり、危うく買いそうになる。しかし、我が嫁から


「あんた、私がパートに出ている間、人妻とデートしたあげく無駄遣いしてきやがったか!」


とか怒られそうなので、なんとか物欲を抑える。傍らではランランと目を輝かせたアガサさんが、バブのフィギュアやらをワッシワッシとご購入。なんというか、人がランランと買い物をしている姿を見るのも良いモンだなぁっと思う。

そんなこんなでお時間となり「人妻を愛でる会」が始まった。

結構緊張していたので、これがまた何を話したか覚えていない。自分からは「僕はブルーレイのパッキパキの画質が好きじゃないんす」とか「ウチのマンションの向かいが精神病院なので」とか「酔っぱらってウンコ漏らした話」とかしていたように思える。

「ゴタールが・・・」という話が始まったときは、僕は本格的に場違いな場所に居るのではなかろか?っと思ったりもしたが、罰山さんのTENGAの話でちょっと落ちついた記憶がある。それは翌日、TENGAをポチッたことからも明らかであろう。

また、フモさんが「ナマニクは、ジョニー・デップに似てるな!」っと連呼されていたが、嫁にいったら「んなわけねぇだろ」っと一蹴りされました。

みんな暖かい優しい良い人たちで良かった。また会えればいいなと思う。

結局話せなかったことがいろいろあったので次の機会のためにメモっておく。

  • 罰山さんが着ていた「14」Tシャツだが、僕は間違いなくドラゴンファンタジーゲームブックは8巻まで遊んでいた記憶がある
  • ギャスパー・ノエが好き・嫌いの話があったが、じゃぁ、ミヒャエル・ハネケあたりはどうなんですかとか。あ、僕はハネケは大好きですが、ノエは嫌いです。
  • 僕は「2001年宇宙の旅」を最後まで観ることができない。どうあがいても寝てしまう。
  • AntiChristですが、ウィレム・デフォーのチンコをシャルロット・ゲンスプールがしごいたら真っ赤な血がどぴゅどぴゅでる映画なのでどう何を書いて良いのかさっぱりわからないのです。どうしたらいいですか?

04月23日 2008年

一応技術者なんだから

お客さんから、「○○ツールの講習会やるんだけど、くる?」っていわれて

無反応なヤツって一体なんなの?って思った。

そりゃぁ会社から言われて、仕事しているだけで自分から望んだ仕事じゃないかもしれないが

ちょっとした好奇心すら持てないようなつまらない気分でやってるくらいなら

辞めちゃえばいいのにな。邪魔だし。

「せっかくだし、業務時間内だからみんな出ようよ」

って、出ることにはしたけど。。。

なんだかなぁ。