ヒトコトヒトゴトヒトリゴト。 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2011-03-07 緑川蘭子のドゥカティ・F1

[]ドゥカティ・F1 22:52

エースをねらえ!2」8話より、

緑川蘭子のドゥカティ・F1


f:id:namasutenohito:20110307220808j:image

f:id:namasutenohito:20110307220809j:image

f:id:namasutenohito:20110307220810j:image

f:id:namasutenohito:20110307220811j:image


ドゥカティというブランドはバイクを手段や方法や道具としてでなく、『バイク』という単体の存在として扱っている。

そんな印象を常々感じさせられる。

残念ながら、日本国内のメーカーで同じ事が出来ている所は無い。

だからこそ、コストパフォーマンスだの、メンテナンス&トラブル頻度だの、大型免許必須*1だのといった障害を苦ともせず、その魅力に取り憑かれたドゥカティスト達が世界中で後を絶えないのだろうと。


そんな事をドゥカティスト(特に旧モンスター乗り)からは嫌われていそうなホンダ・VTR250所有の貧乏ライダーは思ったりするのよさね。

いや、だって壊れないしコストパフォーマンス良いし扱い易いんだもんVTRって。

いや、ドゥカの方がカッチョ良いってのは認めちゃうケドさ。


アニメバイク本―時代を駆け抜けたマシン達

アニメバイク本―時代を駆け抜けたマシン達

*1:中型免許で乗れるドゥカティも少数ですがあります。ハッキリ言って、ソレの人気があるかと言ったら微妙だけど。

2010-11-28 木村達也のヤマハ・R1−Z

[]ヤマハ・R1−Z 23:02

はじめの一歩(1期)」63話より、

木村達也のヤマハ・R1−Z

f:id:namasutenohito:20101127213149j:image

f:id:namasutenohito:20101127213151j:image

f:id:namasutenohito:20101127213150j:image

f:id:namasutenohito:20101127213152j:image


AKIRAの冒頭で


ピーキー過ぎてお前にゃ無理だよ」


との台詞があり、今思えば映画が公開された1988年という時代を反映した台詞回しだよなぁとか。

というのも、80〜90年代は未だ10代のクソガキ共がピーキーな・・・即ち、高回転でそのハイパワーな特性を発揮する反面、低回転ではスカスカなトルクで車体制御が難しく、慣れない内はエンストしまくりで両極端な性能だった・・・2ストロークのレーサーレプリカやネイキッドバイクが市販車として入手し易い状況にあり、その恰もナイフみたいに尖った特性の2ストマシンは当然の様にヤンキーや暴走族にも好まれたもので、ウチが高校生だった当時、校舎前のロータリーに乗り付けては空吹かしして、そのカン高い排気音が鳴り響かせ、校舎から教師が出てくるとなるとトンズラしていく様を見たものだけど、昨今でもそういった文化(?)って残っているものなのかしらん・・・?


まぁ、さておき、馬鹿で無謀でキレ易いガキンチョと2ストバイクとゆー、火に油を注いだ様な組み合わせが今日日余り見られなくなっちゃった事が残念でもあるのよねぇ・・・。

そして、その組み合わせが再放送のアニメで久々見られて嬉しかったりしたのよね。

はじめの一歩DVD-BOX VOL.1

はじめの一歩DVD-BOX VOL.1

はじめの一歩 DVD-BOX VOL.2

はじめの一歩 DVD-BOX VOL.2