ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

MY GARDENING LIFE 1行日記+

2017年-07月-24日

イト忠イト忠 2017/07/25 20:13 暑中お見舞い申し上げます。

暑さ負けしないのは水辺の生き物たち(笑)
此方蒸し暑さにかないません、そちらも熱中症などのお気につけあれ…

nami_edanami_eda 2017/07/26 17:20 ありがとうございます。イト忠さんもどうぞご自愛くださいませ。
アサザ、ガガブタ、スイレン・・暑さが増すにつれて綺麗な花を咲かせてくれますね。
癒されています。

toratora 2017/08/04 13:55 暑中 お見舞い申し上げます
例年通り、本年も清々しいワンショットをありがとうございます(^^)
来る7日はいよいよ立秋。
昼間はともかく、朝夕の爽やかな秋風を今から恋しく思っています。
引き続きご自愛くださいませ。

2017年-07月-23日

蜂のアパート その後

蜂のアパートを家の中から観察できる位置に作ってよかったなあ、と思った今朝の出来事。

ドロバチのペア発見。

f:id:nami_eda:20170723101430j:image


メス蜂が羽化して巣の外に出てくるのを待っているオス蜂。

f:id:nami_eda:20170723101427j:image


全国学校図書館協議会必読図書です。学校の図書室で探してみてください。

f:id:nami_eda:20170723101424j:image

2017年-07月-21日

メダカ鉢40℃超え

f:id:nami_eda:20170721142547j:image

睡蓮鉢の水温が40℃を超えていました。お湯です。我が家のメダカはもうずっとこの環境で飼っているので慣れているというか、この環境に順応できたメダカだけが生き残ってきたという感じです。姫睡蓮の白がやっと咲き始めました。

f:id:nami_eda:20170721142544j:image

2007年にメダカ友達から在来種のマツモを頂きました。はじめてのマツモでした。以来マツモを増やして、外来種のアナカリスを在来種のマツモに順次置き換えていきました。もうずっと前に全ての鉢で置き換えが終わっていますが、アナカリス花の可憐さゆえに完全には捨てきれず、大甕の中だけはアナカリスでした。

http://d.hatena.ne.jp/nami_eda/20170625

ま、でもねそれも思い切って処分しました。クサガメの大好物なので沢山食べてくれました(^^)。

今はマツモだけです。水が透き通って、水深70cmの底が見えています(^^)。底まで日光が当たり、水質が前よりもよくなっていると思うので大甕のメダカの飼育数を増やそうかなと思っています。


f:id:nami_eda:20170721142540j:image

2017年-07月-20日

トンボのお泊り

夜の庭を徘徊するもう一つの理由、それはトンボ。トンボが泊まっていることがあるんです。ブレブレですが、こちらは昨夜マユミの木でお泊りになったギンヤンマの(たぶん)メスです。

f:id:nami_eda:20170720171214j:image


こちらは朝見つけたのですが、オオシオカラトンボのメスではないかと思います。

f:id:nami_eda:20170720171211j:image


トンボだけではなく、蝶が泊まっていることもあります。こちらの蝶(たぶんジャコウアゲハ)夕方から窓の外をチラチラしています(窓を開けて撮りました)。吸蜜するでもなく産卵するでもなく、とまっては飛び、飛んではとまり、今宵のお宿をお探し中なのかも。どうぞどうぞ、うちで泊まってってくださいまし〜。センリョウの葉にとまっています。奥に見える葉はナンテンです。

f:id:nami_eda:20170720171207j:image

外に出て横から撮ってきました。ジャコウアゲハで間違いないです。近寄ると逃げますが、また舞い戻ってきました。今夜、お泊りで間違いなさそうです(^^)。何のおもてなしもできませんが(笑)。

f:id:nami_eda:20170720173759j:image

2017年-07月-19日

熱帯睡蓮開花

熱帯睡蓮ティナの今年最初の花です。秋の終わりまで何本の花が上がるか数えてみようと思います。

f:id:nami_eda:20170719114722j:image

f:id:nami_eda:20170719114717j:image



ガガブタも咲き始めました。

f:id:nami_eda:20170719114714j:image



そして、ミズオオバコも今年最初の花が咲きました。

f:id:nami_eda:20170719114711j:image



6月の夕方〜夜の庭、ナメクジ駆除のためにピンセットと懐中電灯を持ってウロウロする怪しい影、それは私です。梅雨明け間近の今の時期はもうナメクジはいませんが、皮手袋に懐中電灯を持って夜の庭をウロウロしています。コンクリートやアスファルトの上でひっくり返ってもがいている蝉の幼虫を拾って羽化しやすい木のほうへ誘導してやるためです。セミの幼虫はひっくり返ってしまうと起き上がれません。もがいているうちに蟻に襲われたり、力尽きたりして死んでしまいます。昨夜も、もがいている幼虫を見つけ、木の枝につかまらせてアサガオの支柱に誘導しました。元気よく、支柱をのぼり、先端部で羽化するはず・・だったのに、上手に方向転換して下向きに降りてきました(^^;)。何をやっているんだ!?地面は(蟻がいて)危険なのに・・。と思ったら、支柱の側の草の茎に足を引っかけて、草を登ろうとします。その草は弱いよ大丈夫か?・・ああ、ほらやっぱり落ちた。日が暮れて暗くなってくると、先に登った幼虫たちが羽化し始めます、まだ、登る木を見つけられずウロウロしているのは1匹だけです。「ああ、もう見ていられない」幼虫を(皮手袋越しに)つまんでマユミの木にとまらせます。「さあ、登れ、ぼんやりしてたらアリに刺されるよ。」登り始めた幼虫を見て一安心。ところが、枝の先端部で気に入った場所を探してゴソゴソしています。セミは葉の裏で羽化することが多いのですが何を思ったのか、葉の表に出ようとしているのです。ちょっとちょっと、何やっているの?!そこから落ちたらもう無理だよ、死んじゃうよ。さっさと落ち着いて羽化しなさいよ!!早く!!蚊がくるし、腕も痛いし〜!!(笑)

f:id:nami_eda:20170719114702j:image


羽化を見守ろうと思ったのですが就寝時間が来たので寝ました。朝起きて、すぐに見に行ったら、無事羽化していました。結局、葉の表で羽化したようです。珍しいです。

f:id:nami_eda:20170719115054j:image


これまではセミの羽化殻を毎日回収していました。昨日は何個、今日は何個という具合です。今年はちょっと放置してみようと思ったのです。すると、こんなことになりました。

同じ場所で別の日に羽化した蝉殻が結構あるんです。

f:id:nami_eda:20170719114656j:image


f:id:nami_eda:20170719114650j:image


羽化する場所へのこだわりがあるのかなあ、登りやすいルート、風向き、葉の茂り具合・・で、ここなら大丈夫という場所は何度も利用される、なーんて想像するのが楽しいです。

2017年-07月-18日

ダルマメダカ

ひさしぶりにダルマメダカがでました。この春に生まれた黒メダカです。我が家のダルマは現在これ1匹だけですが、無精卵を産んでいるのでメスのようです。早速オスを入れてやろうと思います。

f:id:nami_eda:20170718141959j:image


この春採卵した白メダカとヒメダカもずいぶん大きくなりました。大人の鉢に戻して群れで飼う予定です。

f:id:nami_eda:20170718141956j:image

2017年-07月-17日

プラ舟周辺 ルドベキア開花

ルドベキアの花が咲き始めました。夏らしい綺麗な花ですが、イラガがつくことがあるので接触注意の花なのです。

f:id:nami_eda:20170717111450j:image