ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

MY GARDENING LIFE 1行日記+

2016年-07月-15日

水無月十二日 癒しのメダカ

今年生まれたメダカです。サイズも色もバラバラ、分別していません。大きくなったら順次親の容器に移したほうがいいんですけどね。

f:id:nami_eda:20160715175359j:image

実は介護職員初任者研修の受講を申し込んであった。在宅介護のために申し込んだのに・・もう在宅では無理って言われたし・・なんだかなあ。でも受講料も振り込んであったので、勉強しておこう、ともやもやを抱えながら受講しています。

先日、講師からこんな話を聞いた。申請書を出すと1か月くらいで判定が出るものだが、場合によっては2か月、3か月かかることもあるという。どんな場合か?それはいろいろな事情で主治医の意見書が遅い場合だそうだ。それを避けるためには、申請したら、すぐに受診して「意見書を書いて下さい、よろしくお願いします」と先生にお願いすればいいだけのこと、と講師は簡単に言う。(いやホントその通りなんですけどね、うちのケアマネは○先生は意見書出るのが遅いから△先生にしましょう、って言ったんですよね。で△先生の紹介でなぜか□先生のところに行かされて、要介護3だったのに、ヤバい薬を飲んだとたんに全介助になっちゃったんです、ありえないでしょう?)ともやもや。

講師は続けてこう言った。ま、認定が出るまで2か月3か月かかっても、その間、サービスを受けられないわけではない、受けられるんです!申請した日から受けられます。「暫定プラン」とホワイトボードに大きな字で書いた。私は思わず大きくうなづいた。(そうなんですってね。そんなこと私も母も知りませんでしたよ。うちのケアマネはそんなこと一言もおっしゃらないで母に昼夜逆転を治さないとケアプランは立てられないから精神科の□先生のところへ行ってください、と言ったんですよね・・。ありえないでしょう?)とまたもやもや。

ありえないケアマネだとしても、学べば学ぶほど、自分たちの無知が招いた結果ではないかと思い始めて、それが辛いし、情けないし、悔しいし、なにより父に申し訳ない。本当に申し訳ない。もうね、本当にね、暫定プランを立ててくれていたら絶対に今の状況にはなってないんですよね。なんで?なんで?ってここ1か月そればかり。

前置きが長くなってしまい申し訳ありません。

「介護職のストレスケアマネジメント」の授業中に「これをやっていると時間が経つのを忘れる、没頭できる、そんな趣味を3つ書いて下さい」と言われたので、私は

・植物

・メダカ

・虫

と書いた。でも、これ3つとも「庭仕事」だ。ヤバいな私。他に趣味ないわ。と思ったその時、講師の先生が

「私はね、メダカを見ている時が一番幸せです。」とおっしゃったのだ。メダカの卵を取って、孵化した小さいメダカをサイズ別に容器に分けている時、最高に幸せなのだそうです。というわけで、癒しのメダカというタイトルをつけてみました。

私はまだ混乱の中に居て、怒りもあるし、悲しみもあるし、悔しいのもあるし、不安もある、メダカを見てああ幸せだなあ、と思える日がいつ来るか想像がつきません。そんなわけで、ちょっとブログをお休みしようかな、と思います。すみません。

ナミハルナミハル 2016/07/19 23:31 ブログのお休みはさみしいですが、
無理して続けるものでもないと思いますので、
ナミさんの体と心と時間に余裕ができて、
またいつか再開してくださることを楽しみにしたいと思います。
一日でも早く、
メダカや、お庭に来る虫や、
季節ごとに咲く花たちに、
ナミさんの心が癒され、幸せをかみしめる日が来ますように。

ふうふう 2016/07/22 19:38 namiさん講習頑張ってぇ・・私もドライバーから始まって、介護士資格取り10年たちリハの手伝いしてますぅ。これからいろいろ役に立ちますからね。

2016年-07月-07日

水無月四日 考えても考えても納得できない

老老介護の負担が増してきたから介護サービスを受けたいと願っただけ。しかし、ケアプランは立てられなかった。昼夜逆転しているから、まずそれを治してからケアプランを立てるのだと、とケアマネが言った。そして精神科を紹介された。いや主治医は脳神経外科の先生なのだが、と言うと、主治医とは話がついているという。よくわからないが、介護認定に必要な受診なのかもしれないと精神科を受診した。向精神薬を処方された。過沈静の副作用が出た。過沈静による廃用症候群であっという間に要介護5である。チェック項目のほぼすべてが「できない」「全介助」「判定不能」である。在宅介護は厳しいと言われた。退院後の施設探しに頭を悩ませている。

どう考えても納得できない。向精神薬は外来処方であったから、母は私があの薬を飲ませたからこんなことになってしまったのだ・・と自分を責め続けている。一日おきに遠い病院まで面会に行って、父にいろいろ話しかけているがまともな答えは返ってこない。たった1か月前、父は母と一緒に散歩した。私の買って帰った「分大」の最中を「これは旨い」と言って嬉しそうに食べた。なぜこんなことになってしまったのか。

どう考えても納得できない。認知症のせん妄への精神薬による治療は最終手段であり、まずは適切なケアやリハビリテーションを考慮するべきではないのか、そのマネジメントがケアマネの仕事ではないのか?

夜間起きてウロウロすることが多いので介護する母の負担が増していた。デイサービスなどで昼間の生活を充実させれば、夜寝てくれるのではないかと考えた。介護サービスを受けることができれば母の負担も減るし、これからも在宅介護を続けていくことができると思っていた。ただ、介護サービスを望んだだけなのになぜこんなことになってしまったのか、考えても考えても納得できる答えは出てこない。

ふうふう 2016/07/08 13:42 お父さんの介護大変ですね、認知対応型のデイサービスを開設したお方がおりますので何か良い対応方法があったらと思いますが、このサイト仁訪れてみたら如何?https://www.facebook.com/%E3%83%87%E3%82%A4%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E9%87%8E%E3%81%AE%E8%8A%B1-229533400730887/

ナミハルナミハル 2016/07/08 15:21 お辛いですね。
それは、決して納得のいくものではないと思います。
先日NHKのクローズアップ現代だか何かで、
24時間型の訪問介護の特集を見ました。
まだまだ限られた地域・業者の対応となるようですが、
取り上げられていた方は要介護5で寝たきりの方でしたが、
自宅で過ごせて、穏やかそうでした。
そういうものもなくはないはずなのに・・・。
ケアマネジャーって簡単には変えられないのでしょうか。
不信感が募れば相談などもしにくいですね。
良い方法が何かありますように。

nami_edanami_eda 2016/07/09 11:22 こんにちは、ふうさん。
介護サービスを受けずに母が介護してたんです。私も月2回ほど行ってましたが、
ホントに母は上手に対応してて、父も母も私も穏やかに暮らせていたんですよね。
要介護3で少ししんどくなってきて、母の休養目的もあって介護サービスの利用を
考えたんですけどね。こんなことになるは・・。↓この通りになってしまったんです。
http://www9.nhk.or.jp/kabun-blog/1000/224670.html
そんなに激しいBPSDではなかったので、介護サービスの利用で改善すると思ったから
ケアマネと契約を結んだのですが・・。精神科医もねえ、慎重に投与しなければならない
薬をいきなり何倍にも増量ですからねえ・・。運がなかったんだと思うしかないのでしょうね。

nami_edanami_eda 2016/07/09 11:41 こんにちは、ナミハルさん。
ナイトケアがあればホントに助かりますよねえ。
ケアマネの変更は可能です。落ち着いたら直接お話するつもりです。
自分の親のことですから、そもそも介護認定の申請をケアマネに任せず
自分で申請すればよかったなと思います。区分変更の申請を自分でして、よくわかりました。
ケアマネはプロで慣れているからこそ、手続きを端折ったのだな、と。
ひとつひとつ確認して進めていたら、起こりえなかった事故だと思います。
まあ、ケアマネは遅かれ早かれ精神科のお世話になったはずだと言い放ってくれましたが。

2016年-07月-04日

水無月朔日 プラ舟ビオ

f:id:nami_eda:20160704183909j:image

この一枚に、たぶん30種類以上の植物が写っていると思うのです。緑被率測定ソフトみたいなのがあれば何パーセントか知りたいです。

今日も睡蓮がよく咲いています。

f:id:nami_eda:20160704185557j:image

toratora 2016/07/04 19:49 「ゆっくり愛でる時間と心の余裕がなくて(^^;)」
と宣うご主人さまに、大輪たちは大らかに囁いているような…
「心配しないで。だいじょうぶですから」と(^^)

nami_edanami_eda 2016/07/07 18:03 こんにちは、toraさん。お庭の植物も虫も、メダカも、みんな
「私たちのことは心配しないで、大丈夫だから。それより
お父さんの面会に行ってあげて」と言ってくれてるのかな、と思っています。

2016年-07月-02日

皐月廿八日 マンカラウボン開花中

やっと咲いたマンカラウボン、期待を裏切らない大きな花(^^)

f:id:nami_eda:20160702092911j:image


こちらは(たぶん)コロラド、今年は花上りがよくて、嬉しいです。

f:id:nami_eda:20160702092909j:image

ナミハルナミハル 2016/07/02 22:24 こんばんは。

やっぱり睡蓮や蓮って涼しげでいいですよねぇ。
とってもきれいに咲いててうらやましいです。
来年は買っちゃおうかなぁ(笑)

nami_edanami_eda 2016/07/04 18:36 こんにちは、ナミハルさん。
今年は良く咲いてくれています。それなのに
ゆっくり愛でる時間と心の余裕がなくて(^^;)

2016年-06月-23日

皐月十九日 アオスジアゲハの卵

庭にクスノキを植えており、親蝶が度々来訪しているのに産卵しないのはなぜか、と考えた。蝶の産卵時期とクスノキの葉の成長時期がずれているからだと思い至り、春に出た新しい葉が濃い緑になった5月半ばに軽く剪定をし、梅雨の今、新芽が出るようにしたところ、その新芽にちゃんと卵を産み付けていったというわけ。小さい幼虫のうちは柔らかい葉しか食べないからでしょうね。

f:id:nami_eda:20160623114907j:image

ふうふう 2016/06/24 16:12 生き物には育つ環境が大切なのですねェ・・成長が楽しみです、観察日記楽しみにしております。

nami_edanami_eda 2016/06/24 21:30 こんにちは、ふうさん。
無事育ってくれたらと思います。

2016年-06月-10日

皐月六日 メダカが大きくなってきました

春生まれのメダカが大きくなってきました。もう親と同じ餌を食べています。熱帯スイレン(ティナ)の葉が出始めています。

f:id:nami_eda:20160610111526j:image

こちらのアオミドロもさもさの鉢では自然繁殖した仔メダカと親メダカが仲良く餌を食べています。

f:id:nami_eda:20160610111525j:image

f:id:nami_eda:20160610111522j:image

2016年-06月-08日

皐月四日 朝顔(ちりめん細工)

朝顔袋を縫いました。色違いでもうひとつ作る予定。うさぎのペアは8月のちりめん教室の課題です。

f:id:nami_eda:20160608181610j:image