ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

MY GARDENING LIFE 1行日記+

2018年-06月-22日

ジャコウアゲハ羽化 2頭目

幼虫の時に十分草を用意してやれず、蛹になっても小さくて心配していましたが、今朝無事に羽化しました。

ホッとしました。


朝起きて蛹を見に行くと、羽化が始まったところでした(^^;)。

f:id:nami_eda:20180622091245j:image


昨日と同じ失敗はしない!羽化直後の蝶は翅が自然に下垂する場所を好むので、飼育ケースの網を傾けてやればいいわけだ、と悟った私。蝶の気持ちに一歩近づけたかも?(笑)

f:id:nami_eda:20180622091242j:image



手乗りで外へ出してやりました。昨日の蝶よりも黒いような、オスでしょうか?しばらく庭の木にとまっていましたがすぐに飛び立ちました。

f:id:nami_eda:20180622091239j:image

2018年-06月-21日

ジャコウアゲハ羽化

昨日から蛹の色が上の方から変わり始めました。明朝に羽化する兆しです。

f:id:nami_eda:20180621122236j:image



今朝の蛹は全身黒。蝶の体の色です。

f:id:nami_eda:20180621122233j:image



黒かった蛹が白くなってきます。密着していた蝶の体と蛹の殻の間に隙間ができているのです。もう間もなく羽化です。ここからは一瞬たりとも目が離せません。(ひたすら蛹を見つめて待つだけ)

f:id:nami_eda:20180621122230j:image



羽化直前に蛹がブルブルっと動き、蛹の頭部が縦に割れました。

f:id:nami_eda:20180621122227j:image



あっという間に全身が出てきます。

f:id:nami_eda:20180621122224j:image

f:id:nami_eda:20180621122221j:image

縮んだ翅、丸々した腹、ちょっと気持ち悪いですよね(^^;)

f:id:nami_eda:20180621122218j:image


なぜかこういうことになってしまいました・・・。

f:id:nami_eda:20180621122215j:image


空白の10分間に何があったかといいますと、殻から出てしばらくは大人しくしていた蝶がお気に入りの場所を探し始めて飼育ケースの網の上をウロウロ動き始めてヨロヨロパタンと落ちてしまったのです。羽化直後の柔らかい翅が折れたりゆがんだりすると飛べませんからこれは一大事です。ど、ど、どうしよう!あわてて手に持っていたタブレットのペンを差し出したんです。蝶はペン先につかまって一安心したようで、そのまま落ち着いてしまいました・・・このpicは左手で操作しながらコンデジで撮りました(笑)。

30分ぐらいで指の感覚がなくなってきたので左手に持ち替え、左手の指が攣ったので再び右に持ち替え、約1時間後、蝶が排泄。指が濡れました(笑)。体を軽くして飛ぶ準備です。

f:id:nami_eda:20180621122212j:image


手乗りを嫌がったのでネットにとまらせて外へ出します。

f:id:nami_eda:20180621122208j:image



フウチソウの上で翅が乾くのを待ちます。

f:id:nami_eda:20180621122625j:image



2時間後、フウチソウのネット上からそばのハナズオウの木に移りました。昼過ぎに見に行くいませんでした。飛び立ったのでしょう。やれやれ。

f:id:nami_eda:20180621122622j:image

と思ったら庭のモクレンに居ました(^^;)。慌てず騒がずのんびり、優雅な蝶ですねぇ(笑)

2018年-06月-17日

ヤゴ殻発見

f:id:nami_eda:20180617120500j:image

羽化して間もないトンボの姿はよく見るのに、ヤゴ殻が見つからない(^^;)どうしてかなあとムキになって探していたら、意外なところで発見!水草を上って羽化すると思っていましたが、一旦上陸して、フジバカマの葉の裏で羽化していました。びっくりポンです(^^)


f:id:nami_eda:20180617120456j:image


先日の立木調査ではフジバカマは草なので?面積を計っていました。木は本数を数えていたような・・・。面積ってどうなのかなあ。びっしり生えているので面積はわずかでも150本は植わってるんですけど・・というような話は調査結果が出る秋にすることになりそうです。

2018年-06月-14日

キマダラカメムシ

オリーブの葉の裏に見慣れないものを見つけ、なんだろうと老眼鏡をかけてよーく見るとカメムシの孵化(直後)でした。昨年見かけた外来種の大きなカメムシが越冬して卵を産んだのでしょう。気持ち悪いですか?(笑)でもよく見てください。この卵の殻。透明のプラスチックのような美しい入れ物。なんて美しいんだろうと思ってグリーンスナップにもアップしたのですが、実はずっと気にかかっていることがあります。それはすべての卵殻の縁に残っている三角の矢尻のような黒い物体です。これは何?殻を破るためのナイフ?どうやって使うの?ずーっと気になっていて、今日やっと答えを見つけました(^^)。なんと『ファーブル昆虫記』に詳細な記述があったんです!!わーい!(≧▽≦)


これは私の想像したナイフではありませんでした(^^;)。卵殻を切って出てくるわけじゃないんですね。卵は器に蓋が合わさったもので、つなぎ目があるんですね。そのつなぎ目に黒い三角をあててぐっと押し上げると蓋が徐々に開いてくるんだそうです。ぐっと1時間も押し続けるそうです。幼虫本体は柔らかいので、硬い三角の道具が要るんですね。蓋を開けるためだけの道具ですから卵から出たら不要です。ファーブル先生はこう書いています。「固い黒い小道具は・・・ゆっくりとかめむしの腹を滑り落ちる。この廃物が胴の真中辺までやっとずり落ちるか落ちないに、それまでミイラの姿勢でじっとしていた微虫は、窮屈にたたみ込まれた手足や触覚を解放し、それを拡げ、辛抱しきれないように振り動かす。さあ済んだ。虫は鞘を出た。救いの道具は空っぽの殻の口の側の壁にくっついたまま残っている。※」まさに腹の上を滑り落ちる道具が写っていますね(^^)なるほど!!

f:id:nami_eda:20180614120836j:image


そして空っぽの殻の口の側の壁にくっついたまま残っています。なーーーるほどっ!!

f:id:nami_eda:20180614120833j:image

※引用元『完訳ファーブル昆虫記8 山田吉彦・林達夫訳 岩波文庫』

2018年-06月-09日

ジャコウアゲハ蛹化

ジャコウアゲハの餌用に2株用意したウマノスズクサでは足りず、もう1株追加購入。それも食べ尽くしてしまった幼虫は茎をガシガシ。餌が足りないと共食いすると言われていますが、この2頭は共食いすることなく仲良く一本の茎をかじっています。

f:id:nami_eda:20180609105524j:image

そして昨日と今日、2頭とも蛹になりました。孵化からちょうど1か月です。ずっと餌不足が気になっていて、落ち着かない日々でした(^^;)。何度もひもじい思いをさせたのでなんとか蛹になったものの、無事に羽化するかどうか(^^;) 

f:id:nami_eda:20180609105520j:image


根っこだけになってしまったウマノスズクサは幸い新芽が出てきましたが、今年はもう卵を産ませないようにネットをかけて、株を養生して来年に備えようと思います。

イト忠イト忠 2018/06/14 20:00 ジャコウアゲハ蛹になりましたか、良いですね。無事に羽化するのが楽しみですね。
アップ画像楽しみにしてますよ〜

nami_edanami_eda 2018/06/15 06:54 こんにちは、イト忠さん(^^)
羽化するでしょうか?途中で飢えさせてしまったことが気がかりです(^^;)
家の中で見守っていますので、無事羽化したら撮れると思います(^^)

2018年-06月-01日

ナミアゲハの羽化

昨夕、蛹の色が変化していたので明朝羽化とみて、夫に「朝、新聞取りに行く時、そっと外に出てね。戻る時もそっとね。」とお願いした。夫「何か生き物がいるんですか?」私「アゲハが羽化すると思うので脅かさないであげて」

というわけで、今朝はアゲハ羽化を最優先。弁当作りながらもちらちら確認を怠らず、夫を見送った後は、メダカ鉢の上に置いた板をテーブル代わりに朝食。決してアゲハから目を離さない。といいつつメダカにパンくずを与えてみたらメダカが群がって食べる。可愛い。これでメダカと私は同じ釜の飯を食ったことになるかしら?(笑)

f:id:nami_eda:20180601100253j:image

羽化を見逃さないように、と気合を入れて見張っていたのですが、またしても瞬間を見逃してしまいました。いちごジャムを取りに行ったのが大きな失敗でした(^^;)

f:id:nami_eda:20180601095654j:image

f:id:nami_eda:20180601095651j:image

f:id:nami_eda:20180601095648j:image

キンカンの葉っぱが邪魔で翅を伸ばせないけれど、大丈夫か?どうするんだ?上に上がれ!上がるんだ!(笑)

f:id:nami_eda:20180601095645j:image

ちゃんと上に移動しました。言われなくてもわかってますよっ!ですね(^^)

f:id:nami_eda:20180601095640j:image

左翅の伸びが遅いような‥大丈夫か?頑張れっ!

f:id:nami_eda:20180601095637j:image

両翅が綺麗に伸びました(^^)やれやれ。

f:id:nami_eda:20180601095633j:image

風が強いので風のない場所へ移動しましょうかねえ。しばし手乗り(^^)

昼には飛び立つと思いますが、蝶は今日はお天気が不安定なことがわかっているのでしょうか無理に飛ぼうとしませんね。とりあえず無事羽化してよかったです(^^)。

今朝はワクワクして30分も早く目が覚めた。起きてGSをチェック。驚いたことは言うまでもない。キレなかった私、エライ(笑)。明日は用地調査。立木調査もするのだろうか、問題は5年分の蝉の幼虫が重機で踏みつぶされるという現実と向き合えるかどうかだわ。キレないようにしなければ。がんばろー。


 

イト忠イト忠 2018/06/01 18:44 此方のアゲハの幼虫はまだ小さいのに姿が見えなくなってしまいました。鳥の餌になってしまったようです。残念!

用地調査お気に入りになると良いですが。

toratora 2018/06/01 23:13 兎にも角にも無事の羽化、おめでとうございましたヾ(≧▽≦)ノ
いちごジャムさんも一役を担うことができ、さぞ喜んでみえることかと(^^)v.
これまで蝉に対して人数倍の思い入れを込めてこらえたなみなんのこと、心中察するに余りあります。

nami_edanami_eda 2018/06/02 09:31 イト忠さん、こんにちは(^^)
ネットをかけていたので鳥も蜂も手出しできなかったようです。もう1つ蛹があります。これが羽化したら今年のアゲハは終わりです。木の養生に努めます(^^) 実も成らせたいです。

nami_edanami_eda 2018/06/02 09:35 toraさん、こんにちは(^^)
産卵されていることを知らずにネットを張ったのですが、それが幸いして虫にもキンカンにも良い結果がとなりました。2頭目は目を離さず観察したいと思います。蛹の蓋が開くところがどうしても見たいっ!!(笑)
もうすぐお隣の用地調査が始まるかも?その次はうち、ちょっと緊張してきました(笑)。

2018年-05月-27日

ホシミズジの交尾

ホシミズジが無事に羽化していました。空っぽ(^^;)

f:id:nami_eda:20180527085236j:image

けっこう危ない場所で交尾中。この日は強風でここに飛ばされちゃったのかも。

f:id:nami_eda:20180527085232j:image

あと卵を撮ればコンプリートなのですが、卵を見つけられません。シモツケとユキヤナギとコデマリを徹底的に捜索すれば見つかるはずなのですが、藪の中に顔突っ込む勇気がありません(笑)