Hatena::ブログ(Diary)

なみへいのはてな このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-08-23

首相と市民の対話

昨日8月22日に「なぜ早く決められないのか」という記事を載せたが、その日の午後首相官邸で野田首相と原発再稼働反対の市民デモの代表者との対話が行われたことが報じられた。話し合いは平行線に終わったようだが、このような企画は前代未聞のことであり、その意味では野田首相の真剣さと積極性を評価する。

f:id:namiheiii:20120823112931j:image:w360

首相は大飯原発の再稼働について「安全性を確認し、国民生活への影響などを総合的に判断した」と説明し、原子力規制委の人事案撤回要求は「国会が判断する」と応じなかった。しかしこの中で注目すべきは今後のエネルギー政策は「中長期的に原子力に依存する体制を変えることを目標にしている」と述べ政府の基本的な方針は脱原発依存であることに変わりないを明らかにしたことである。気になるのは中長期的ではなく可及的速やかにやってもらいたいことだ。この会見後日本商工会議所会頭は早速首相に脱原発案は現実性がないとする要望書を手渡したという。

心配はこの後である。解散含みの政局下で原発問題は各方面の自己権益拡大の道具として都合の良いように弄ばれることだろう。そして国民生活の安全よりも経済成長の手段として使われかねない。「なぜ早く決められないのか」この疑問がまた繰り返されることを恐れる。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/namiheiii/20120823/1345688625