Hatena::ブログ(Diary)

なみへいのはてな このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-11-29

脱原発の正念場

日本人は忘れっぽいとよく言われる。衆院解散による総選挙を間近に控えて政治屋たちが右往左往しているが何故か福島原発事故災害への関心がうすれ、置き去りにされているような気がしてならない。この選挙では経済政策も勿論大事だが原発問題は当たらず触らずでうやむやにに棚上げされてしまいそうである。でもここへ来て変化の兆しが出て来た。

政党や立候補者が原発問題を曖昧にするのは問題が難し過ぎてまともに取り組むのは選挙に得策でないと考えるからだろう。あるいは解決策が思い浮かばないからだろう。安倍自民党の選挙公約はこうである。「原発問題は3年をめどに個々の原発の再稼働の可否を検討し、10年でエネルギーのベストミックスを考える」。これでは先送りでうやむやに原発依存を続けると言っているのに等しい。民主党は30年代の脱原発を標榜してはいるものの、その具体的な考え方や工程表を示してはいない。現に大飯原発の再稼働を拙速に容認して活断層問題を引き起こしてしまった。また震災復興予算の配分では官僚まかせで無関係の事業への多額の流用を許してしまった。

橋本大阪市長の日本維新の会が脱原発を売り物に発足したのだが石原慎太郎の太陽の党に取り込まれて原発推進にころりと変わってしまった。ひどい無節操である。これで橋本氏がどんな人物かがはっきり分かった。第三極はナショナリズムポピュリズムにとり憑かれたこんなグループには任せられない。

こんな時、嘉田由紀子滋賀県知事が突然「未来の党」を立ち上げて明確な脱原発(彼女は「卒原発」と言っている)を打ち出した。原発は10年ですべて廃炉とする。何と勇気ある発言だろう!でも驚くには当たらない。あのチェルノブイリ事故以後検討を重ね,福島事故の後ドイツがとった方策である。私達はドイツに学ばなければならない。

この未来の党には小沢党「国民の生活が第一」が逸早く合流して「日本未来の党」となり、その他の小諸会派も取り込んで日本維新の会に対抗する勢力を形成しつつあり注目される。政策面で共通点が多いということだが小沢さんのことだ内心何を考えているのか心配でもある。クリーンなイメージの嘉田さんが果たしてうまくしたたかな彼をコントロール出来るだろうか?嘉田さんは小沢さんを無役とすると言ってはいるが不安は残る。黒子に操られる人形となる危うさもある。ともあれ石原・橋本の維新の会と正面から拮抗する原発ゼロの勢力が現れたことにはほっとする。旗幟鮮明とは言えぬ民主党もうかうかしておれまい。

総選挙公示を間近に乱立各政党の動きは慌ただしいが、ここは原発問題を誰が本当に正しく真剣に具体的に考えているかをよく考えてみることが国民にとっての正念場である。投票まで僅か二週間余、日本を動かすのは国民一人一人であることを忘れずに政治家の動向を監視したいものだ。

東電福島原発事故 総理大臣として考えたこと (幻冬舎新書)

東電福島原発事故 総理大臣として考えたこと (幻冬舎新書)

2011-05-05

脱原発

f:id:namiheiii:20110505151359j:image

東電は今回の原発事故の収束見通しの工程表を6ヶ月乃至9ヶ月と発表した。政府の圧力にそう言わざるを得なかったのだろう。政府としても工程表がなければ復旧計画の策定が出来ないし人心は安定しないのだろう。問題は見通しの根拠である。壊れた4基の原発の冷却系を修復または仮設出来ないかぎり収束はあり得ない。しかし二ヶ月近くを経過した今でも高濃度の放射線のために原発の建屋に人が入ることすら出来ていない。今やっていることは外部から水をかけ続けることだけである。これによって大量の放射能汚染水が溢れ続けその処理に窮している。高レベルの汚染水の量は何十万トンにもなるという。漏れ出した放射能は大気、海水、地表、地下水を汚染し続けるだろう。このままだと原発燃料の大部分がなしくずしに燃え尽きるまで水を掛け続けることになりかねない。最悪の想定は今一度大規模な余震が起こって津波が再び襲ってくることだ。そうなれば原子炉は大爆発を起こし放射能は東日本全体を汚染するだろう。

長い間続いた自民党政権の下で推し進めて来た原子力政策が安全神話を生み人々を洗脳して今日のこの事態を引き起こした。この小さな地震列島日本でそもそも原発が安全に運転出来るのか、あまりに甘い想定で建設が進められて来た結果と言わざるを得ない。事実今回の津波に匹敵する三陸大津波は1896,1933年に発生している。それを想定外に置いたのは理解出来ない。中曽根首相の下で通産大臣として原子力政策を進めて来た与謝野現経済財政政策担当大臣はそれでもこの原子力政策は間違いではなかったと反省の色もない。一体彼等の想定はどんな根拠に基づいて行われたのだろう?恐ろしいことに今や日本全国の海岸線に54基もの原発がある。それらは皆福島と同じ危険を抱えている。でも信じられないことにもうすでに自民党の中の原発推進派は原子力政策維持の強化を画策し始めているという。

最近のメディア世論調査によると現在日本で原発の廃止乃至縮小を望む人は約40%だという。残りの60%は現状維持又は拡大ということになる。如何に空虚な安全神話が深く人々に浸透しているか、如何に一度味わった豊かさに人々が虜にされてしまうかを物語る数字である。石原都知事も風や太陽で間に合うわけはない。原発は必要だと公言して憚らない。原発はコストが安いという人もいる。しかし果たしてそうだろうか?今度の事故による巨額の損失、復旧費用、さらに時間、空間および人の生活の喪失を考えれば答えは明白だろう。

飛行機が発明された時それは危険な乗り物だった。しかしそれを乗り越えていまは誰もがそれに乗る時代になったと言う人がいる。しかしいったんコントロールを失えば原子力は危険の規模が飛行機事故とは比べようがないほど大きい。被害は局地的でなく国境を越えて地球規模で拡がり、しかも影響は何十年も続く。チェルノブイリ、スリーマイルス島、それに今度の福島の事故がそれを教えている。

間違いなく今世界は核兵器廃絶を超えて脱原発の時代を迎えている。それを可能にするのは太陽光、バイオマス、水力、風力、潮汐、地熱など再生可能の自然エネルギーの利用技術の開発である。例えば太陽エネルギーについて考えてみよう。。コストや効率の問題は残されているがすでに実用化の時代に入っている。光合成の名で知られるように植物は太陽光を使って年間2000億トンもの炭水化物を効率的に作っている。そのうちの80%は最も原始的な生物、海洋プランクトンによるものだという。彼らは太陽光のエネルギーを使って水分子から電子を引き抜いているのだ。35億年も前に生まれた単細胞の生物が作った仕掛けが人間に出来ないことがあろうか。地球の生物は太陽のエネルギーに依存して生まれ進化して来た。将来もその道を辿るのが自然である。自然に優しいとはそういうことだと思う。

今野党のみならず与党の中でも政争がらみで大震災への菅政権の対応の遅さ、不手際を非難する声が大きい。単に批判することは易しい。未曾有の災害に迅速適切に対処することは難しい。しかしこの困難を乗り越えて安心安全な国家を根底から作り直すには脱原発が前提とならねばならないだろう。現政権には大災害を転じて大きな改革への好機と捉える気迫を見せてもらいたい。自民党を始めとする各野党には自分達の推し進めてきた原子力政策が間違っていた事をいさぎよく認めそれに代る政策を打ち出して現政権を批判してもらいたい。