Hatena::ブログ(Diary)

namutakaの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-04-19

MacVimをいれたら、mvimコマンドもいれるべし

2013-10-22 追記

ふと公式のReadmeを見るとコンソールからの起動方法が修正されていました。

Terminal.appやiTerm.appからMacVim.app (GUI)を起動する場合は、mvimシェルスクリプトを使用します。

$ /Applications/MacVim.app/Contents/MacOS/mvim

GUIでvimdiffを起動するにはmvimdiffを使用します。

$ /Applications/MacVim.app/Contents/MacOS/mvimdiff file1 file2

/Applications/MacVim.app/Contents/MacOSにパスを通すと便利です。

https://code.google.com/p/macvim-kaoriya/wiki/Readme#コンソールから_MacVim_.appを起動する]

どうもmvimコマンドは、アプリ内に同封されているようです。

mvimdiffなどの派生シンボリックリンクも含んでいるようなので、説明通りにパスを通しておけばそれだけで良いようです。

----


これまで、MacVimの起動方法について色々書いていたけど、実は肝心な情報が足りなかったらしい。

これまでの記事:MacVim起動コマンド完成版 - namutakaの日記


この前、VIM勉強会(第二回Sugamo.vim)に行ってきて、ターミナルからMacVimの既存のウインドウでファイルを開く方法ってことで、上の記事とかを紹介してきた。(1ネタ持っててよかったw)

そこで分かったんだけど、mvimコマンドって、MacVim-kaoriyaでは普通にはインストールされないらしい。

自分で最初にどうやってMacVimをインストールしたのかがよく覚えていないので、いつどうやってmvimコマンドが入ったかが分からない。

何度かMacPortsから入れようとして、うまく行かなかったってのはあったんだけど、そのときにでもmvimコマンドが入ったんだろうか?

でも、port-installedコマンドではvimすら入れた形跡がないし...。


とりあえず、後々自分でも必要となりそうなので、MacVimのインストール方法をまとめておくことにする。

ちなみに、英語版本家の「MacVim」と、日本語化対応済みの「MacVim-Kaoriya」はどっちもGoogleCode上にあるけど、別物なので注意。(最初はなんか混乱した。)

自分はMacVim-Kaoriyaを使っている。


インストール方法

  1. 公式サイトからdmgファイルをDLする。
    no title
    記事執筆時点の最新は「macvim-kaoriya-20090802.dmg
  2. dmgファイルを開く。
  3. 開いたフォルダの中で、「MacVim.app」を「アプリケーション」フォルダの中にドラッグ&ドロップ。
  4. dmgとは別に、mvimをDLする。
    http://repo.or.cz/w/MacVim/KaoriYa.git/blob_plain/HEAD:/src/MacVim/mvim
  5. DLしたmvimファイルを、/usr/bin下に移動する。
  6. mvimに実行権限が付いてなかったら付ける。
  7. 以上

(補足) mvimの入手元は、下記の公式ヘルプの記述から辿った。

MacVim-Kaoriya - はじめにお読みください#コンソールからの使用

はなはな 2013/03/30 06:09 プログラミング初心者で恐縮なのですが、質問をさせて下さい。
/usr/binの下にmvimというファイル名でリンク先を保存しました。
ところがmvimと打つと、Sorry, cannnot find MacVim.app. Try setting the VIM_APP_DIR environment variable to the directory containing MacVim.app.と出てきます。
これはどのように対象すれば良いのでしょうか。

お返事頂けましたら幸いです。

すみません、他のページに投稿してしまいました。
ちなみにMacのApplicationsの中にMacVimファイルは存在しています。
Virtual Box にCentOSを入れていますが、ゲストOSでもホストOSでもできません。

namutakanamutaka 2013/03/31 20:38 「申し訳ありませんが、MacVim.appを見つけることができません。 MacVim.appを含むディレクトリにVIM_APP_DIR環境変数を設定してみてください。」
単なる英語のメッセージですので、Google翻訳しました。
VIM_APP_DIRという環境変数にMacVim.app(これは実際にはディレクトリです)が置かれているパスを設定してみてください。

ただ、通常インストールされる/Applications/MacVim.appとかであれば、上記設定が無くても自動で判別してくれるようなので、そもそものMacVim.appのインストールなどがうまくできていないのかもしれません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証