Hatena::ブログ(Diary)

七梅 暮らしと布と Twitter

2016-11-25

マドレてぬぐい活用法【2】「防災に、てぬぐい」

17:55

マドレボニータのオリジナルてぬぐい、今日から販売がはじまりました。


f:id:nana-ume:20161111170754j:image:w100 f:id:nana-ume:20161111170753j:image:w100


↓ こちらのマドレストアからどうぞ!

http://madrebonita.shop-pro.jp



マドレてぬぐい活用法、第2回目はヘアアレンジ、との予定だったのですが、1つ「防災時の活用法」をはさみます。


先日の地震を受けて、防災用品を見直した方も多かったと思います。

その中に、てぬぐいは入っていたでしょうか。

なければ、ぜひ、4、5枚入れておくことをおすすめします。

非常用でなくとも、ふだんの外出用かばんにも、2枚ほど。



・まず、頭にかぶる。ほっかむりです。

災害時は、上から割れたガラスや瓦礫が落ちてくることも考えられます。

開いた文庫本などを頭に乗せてから、ぎゅっとほっかむりすると、簡易の防災ずきんとして。


・口を覆う。マスクのかわりに。

粉塵や煙などから喉を守りましょう。

避難所など集団のなかでの感染予防にも。


・結んで、ロープとして。

本当は、防災用品のなかに「ひも」もあるとベストですが、てぬぐいを固く結んでつなげることで、代用もできます。


・裂いて、包帯として。

そのまま肩から巻いて、三角巾がわりにも。


・下着として。ふんどし風に巻いてもよいし、パンティライナーのように当て布として使うこともできます。


・ふだんのかばんを、肩掛けかばんに。

かばんの持ち手にひも状にしたてぬぐいを結んで、肩にかける。

両手が空くようになるとより安全に避難できます。


・首やお腹に巻いて、防寒に。


などなど。


タオルよりも薄いので、結びやすく、いろいろなことに使えます。



できれば、ですけど、

非常用持ち出しの中に、さらし布の反物(薬局で売ってます!)を入れておくのがおすすめです。

実際に避難するとなると、てぬぐい数枚では足りなくなったり、長いままの方が便利な局面もあります。


特に、ちいさいこどもがいる家庭では、さらし布でのおんぶのしかたを練習しておくとよいですよー。

「へこ帯 おんぶ」「さらし布 おんぶ」「おんぶひも」などで検索するといろいろな方法が出てきます。

生後4ヶ月以降、首が座った頃からおんぶできますので、いざというときに備えて、自分とあかちゃんに合ったおんぶ方法を身につけておくのが、よいと思います。


f:id:nana-ume:20161125174753j:image:w360



2回目から緊張感のある話になりましたが、備えあれば、憂いなし。

次回こそは、ヘアアレンジ編!

このページの先頭へ