みんな「以外」のうた RSSフィード

2006-01-17

[]オタクバッシングのきっかけはマスコミの印象操作だった

宮崎勤被告に最高裁判決 幼女4人の連続誘拐殺人

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060117-00000013-kyodo-soci

あの事件からもう17年も経ったんですね。この件がらみで、今年明らかにされた事実がひとつあります。


はてなブックマーク - 格闘する読売ウイークリー編集部: いったいどうなっているのか

http://b.hatena.ne.jp/entry/http://yomiuriweekly1.hontsuna.net/article/1575835.html

マスコミ関係者が宮崎勤の部屋に入ったときの話。以下引用。

部屋に一歩入ったときのことは忘れられません。 窓がなくて薄暗く、 四方の壁面がすべてビデオテープで埋め尽くされていたのです。 テレビとビデオデッキが3−4台あったと記憶しています。 そんな部屋は見たことありません。 まさに「理解不能」でした。

おそらく、あの部屋の映像を覚えておられる方は、 あのビデオはみんな、アダルトとか盗撮とかロリータとかそんな類のものだと思っているのではないでしょうか。 実は違うのです。 大慌てで、ビデオのタイトルを写したのですが、 ほとんどは「男どあほう甲子園」とか「ドカベン」といった、 ごく普通のアニメばかりでした。 その中に、おぞましい映像が入ったビデオも含まれていたのですが、 少なくともそれはごく一部だったのです。


なぜ、そういうイメージが伝わってしまったか、 については理由があります。 部屋の隅には、数十冊の雑誌の山がありました。 どんな雑誌かももちろん確認しました。 大半は、「GORO」「スコラ」です。 20代の男性としては、ごくごく普通でしょう。

その中に「若奥様の生下着」という漫画が1冊ありました。 ある民放のカメラクルーがそれを抜き取って、 一番上に重ねて撮影したのです。 それで、あの雑誌の山が全部、さらにビデオもほとんどがそういう類のものだという、 誤ったイメージが流れてしまったのです。

マスコミが情報操作してあの部屋にあった全ての物をヤバい物に見せかけた(印象操作)という話でした。

しかし、上の記事は表沙汰にされたらマズいと思われたらしく「読売ウィークリー」のサイトに載ったはいいが直ぐに消されたらしいので(マスコミも今更バラされたくないんだろうなあ)はてなブックマークにアーカイブされている文章にリンクさせて頂きました。


あの事件後からのオタクバッシングおよび「オタク=悪」という誤解(オタクが流行?している現在でも誤解は未だに解けていない)を考えると今でも気が重くなります。


個人的な考えを書くと、宮崎被告はクレイジーかもしれんが、それでもこの重い罪は償うべきだと思います。

[]今日は直木賞の発表です

私は姫野カオルコのファンなので彼女にぜひ取って頂きたく。3度目の正直……

*1

でも、他の候補者の方々も「○度目の正直」なんだよね。東野圭吾とか恩田陸とかさー

そんな感じなので、誰が取ってもおかしくないと思っております。とはいえ、作品自体の評価というより、bucchake言うと老害選考委員のお気に召すまま。なんだろーなー(遠い目)


参考リンク:

芥川賞・直木賞の受賞作を「メッタ斬り!コンビ」が予想nikkeibp.jp - 文学賞メッタ斬り!

http://nikkeibp.jp/style/life/topic/literaryawards/060106_1st/


文学賞メッタ斬り!

(書籍『文学賞メッタ斬り!』も面白いので興味ある人は読んでみるとよろし)

[]直木賞結果

残念。でも、正直、対抗馬が強力すぎで無理かなーと思ってたんでショック度は低いです。

受賞作の『容疑者X』あちこちの書評でベタボメだったしな。(読んでみたいと思った受賞作は久しぶり。最近ミステリはとんとご無沙汰なワタクシです)


結局、直木賞ヲチャーが最も心配していたのは某老害作家(ヒント:日経でえろ小説をお書きになっている方)の狼藉だったのかなーと思ったり。

■直木賞選評

直木賞選考委員の阿刀田高さんは、東野作品について「人間が描かれているかどうかについて激しい議論になった。

しかし、特徴的なトリックを上手に作品化し、推理小説として優れている。完成度も高い」と話した。

芥川賞絲山秋子さんに決定 直木賞は東野圭吾さん

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060117-00000111-mai-soci


“人間が描かれているかどうか”発言出たー!(苦笑)

どうみても渡辺淳一せんせえです。ありがとうございました。

---

しかし、東野圭吾なんて今更賞取らなくてもベストセラー作家なんだからバンバン売れるじゃんかよーとも思うけど……(ファンの人ごめんなさい)それでも賞欲しいんだよねきっと。芥川賞が欲しかった太宰みたいにね。


カオルコたんは世間からの誤解の多い作家なので「受賞→一度は売れることで、誤解が解ける」といいなー。とは思うんですけどね。決して多作な人ではないので、また候補になるのも若干難しいような気もするし;でも、再エントリー期待してます。

*1:作品としては最初に候補になった『受難』が一番好きです