Hatena::ブログ(Diary)

なにさま日記

2017-07-23 26【20世紀の記憶 1924(T13)年】

26【20世紀記憶 1924(T13)年】(ref.20世紀の全記録)

 




〇この年の出来事

*1.21/ソ レーニン死去、53歳。以後、トロツキー派対スターリン派の内部抗争が始まる。

*1.26/日 皇太子裕仁親王久邇宮良子(ながこ)女王婚礼の儀が、宮中で行われる。

*2.12/米 ジョージガーシュインが『ラプソディ・イン・ブルー』をニューヨークで初演、熱狂的な喝采を受ける。

*3.3/土 トルコケマル・パシャが、カリフ制を廃止し、オスマン王家全員を国外追放宗教教育宗教裁判一夫多妻制を禁止し、完全な政教分離世俗国家化を徹底する。

*4.6/伊 イタリア総選挙で、ファシスタ党絶対多数を獲得、ムッソリーニ独裁体制が完成。

*4.12/米 アメリカ下院で、新移民法案が可決。

*5.23/ソ スターリンが、ソビエト共産党第13回大会で、トロツキーらの反対派をプチブル的と批判する。

*5.26/米 クーリッジ米大統領が「新移民法」に署名日本から移民事実上禁止され、反米意識高まる。以後、ブラジルなど南米への移民シフトする。

*7.5/仏 第8回オリンピックパリ大会が始まる。

12.-/仏 パリ雑誌シュルレアリスム革命』の第1号が発刊される。

2017-07-08 25【20世紀の記憶 1923(T12)年】

25【20世紀記憶 1923(T12)年】(ref.20世紀の全記録)

 

*7.24/ス 連合国トルコが、スイスローザンヌで「ローザンヌ平和条約」を締結。第一次大戦敗戦国オスマン・トルコの処理が終了し、大幅に領土が削減された「トルコ共和国」が成立した。 

 

f:id:naniuji:20170715165455j:image:w200:right

 第一次大戦敗戦国となったオスマントルコは、1920年スルタンオスマンイスタンブール政府)が結んだセーヴル条約があったが、その後の「希土戦争」で、ムスタファ・ケマル・アタテュルク(通称ケマル・パシャ)がギリシャを撃退し、連合国側は新たにケマル・パシャ率いるアンカラ政府と「ローザンヌ条約」を締結した。

f:id:naniuji:20170715165520j:image:w120:left

 翌1923年ケマル・パシャは「トルコ共和国」の成立を宣言し、共和人民党(トルコ国民党)を率いて初代大統領に選出された。憲法を発布し、カリフ制を廃止して政教分離を実現、トルコ世俗主義化を推進した。ムスタファ・ケマル・アタテュルクは、「世俗主義民族主義共和主義」などを柱とするトルコ共和国の基本路線を敷き、近代国家として自立させた。

 ムスタファ・ケマルが進めた一連の改革は「トルコ革命」と呼ばれ、これらのトルコ共和国政治路線は「ケマル主義(ケマリズム)」とされて、現代トルコ政治思想における重要な潮流となった。やがてムスタファ・ケマルは、「アタチュルク(トルコ人の父)」の称号を贈られ、トルコ共和国建国の父とされている。

 

f:id:naniuji:20170715165616j:image:w200:right

 ローザンヌ条約で完全消滅することになった「オスマン帝国」は、その建国を13世紀末にまでさかのぼる。やがて15世紀になると、テュルク系(後のトルコ人オスマン家出身のスルタン、メフメト2世が、1453年、東ローマ帝国首都コンスタンチノープルを征服し、古代ローマ帝国継承してきた東ローマ帝国を滅ぼした。その首都であったコンスタンチノープルはやがて「イスタンブール」と呼ばれるようになるが、この大都市首都として、オスマン大帝国を出現させることになった。

f:id:naniuji:20170715165712j:image:w200:left

 オスマン帝国は、17世紀には最大の領土をほこり、西欧キリスト教世界に「オスマンの衝撃」をもたした。オスマン帝国は、イスラム世界をほぼ覆いつくしたが、17世紀末頃から徐々に衰退して、その領土は縮小していった。南下してくるロシアと対抗するために、第一次大戦に同盟国側で参戦するも敗退し、事実上解体され、トルコ共和国に取って代わられた。

 オスマン帝国の領土は、直轄州、独立採算州、従属国からなっていたが、おおむね上納金ないし税を収めさせる以外は、緩やかな自治に任せられた。しかしオスマン帝国解体により、西欧帝国主義の進出やアラブイスラム国家分立などから、その後の中東の混乱を招くことになった。

f:id:naniuji:20170715165113j:image:w100:right 

 

$『アタチュルク―あるいは灰色の狼』(2006/三浦伸昭著)

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%82%BF%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%AB%E3%82%AF%E2%80%95%E3%81%82%E3%82%8B%E3%81%84%E3%81%AF%E7%81%B0%E8%89%B2%E3%81%AE%E7%8B%BC-%E4%B8%89%E6%B5%A6-%E4%BC%B8%E6%98%AD/dp/4286008975

 

f:id:naniuji:20170715165145j:image:w180:right

映画『Veda "さらば"』(2010年/トルコ) 

http://www.dailymotion.com/video/x2wv7s8

 

 

*9.1/日 関東大震災、起こる。東京地獄絵巻。

 

f:id:naniuji:20170719133940j:image:w200:right

 1923年大正12年)9月1日11時58分32秒頃、南関東地域を大地震が襲った。190万人が被災、10万5千人余が死亡あるいは行方不明、建物被害は全壊が10万9千余棟、全焼が21万2000余棟と推定される。東日本大震災の起こる前までは、最大の被害を出した未曾有の大震災であった。

 東日本大震災では、あとから押し寄せた大津波によって被害が拡大され、津波に飲まれた溺死者が多くを占めた。それに対して、阪神淡路大震災では、振動による倒壊家屋と、そこでの圧死者が多かったが、関東大震災では、その後広範囲に発生した火災による家屋焼失と焼死者が、被害を最大に拡大することになった。

f:id:naniuji:20170719134030j:image:w200:left

 

 地震の発生時刻が昼食準備の時間帯と重なったことから、136件の火災が発生した。地震当日、日本海側にあった台風に空気が吹き込み、関東地方全域では強風が吹いており、各地で発生した火災が、その強風にあおられて一気に拡大した。一帯の火災で「火災旋風」が発生し、多くの被災者は吹き飛ばされ、またその火炎に包まれた風が、一団の避難者をひとなめして、一気に焼死者を出すことになった。

f:id:naniuji:20170719134105j:image:w200:right

 震災による火災は、旧東京市の約43%を焼失させ、鎮火は2日後の9月3日10時頃とされ、火災による焼死者は全犠牲者の約九割に上った。大震災による影響も多大であり、東京市から郊外に移り住む者が多く、山の手地域などへの居住も進んだ。また大阪府愛知県等に移住する者も多くみられ、大阪市東京市を超え、世界第6位の人口を擁する都市になった。さらに、谷崎潤一郎など関東文化人関西に大勢移住して、「阪神間モダニズム」に影響を与えるなど、文化面での動きもあった。

 

 震災発生後の情報の空白のなかで、さまざまな流言飛語が飛び交った。当初は巨大地震の再来や富士山大噴火など自然現象の噂が流れたが、状況が小康を得るにつれて消えてゆき、取って代わって、世情不安に絡む陰謀、暴動など噂が拡がった。地震刑務所から解放された犯罪者による暴動、共産主義社会主義者たちによる陰謀や暗躍などの噂だったが、世情不安型の噂の中でも猛威を振るったのが、朝鮮人に関する噂であった。

f:id:naniuji:20170719134145j:image:w200:left

 震災の混乱に乗じて、朝鮮人による組織的凶悪犯罪、暴動などひき起こされつつあるという噂が、民間の噂だけでなく、新聞などでも「不逞鮮人の暴動」などとあおられた。一方これらの暴動に対処するため、軍・警察の主導で自警団組織されたが、これらの自警団とそれに連動した民衆により、集団暴行虐殺事件が頻発する。

 

 不確かな噂によって行動した軍・警察自警団などと、それに付和雷同する民衆により、解放受刑者社会主義者などが殺傷されたが、中でも「不逞鮮人」と呼ばれた朝鮮人が、もっとも多くの被害にあったと言われる。実際に凶悪行為を働いた朝鮮人集団などもあったようだが、それは日本人にもあったわけで、虐殺行為を緩和するものではない。

 実際、朝鮮人を見分けるために、自警団などが「シボレス文化的指標)」を用い、道行く人に国歌を歌わせたり、朝鮮語では発音しにくい言葉を言わせ、うまく言えないと朝鮮人として暴行、殺害したという。これは「不逞」とは関係なく、「朝鮮人」というだけで殺害したという事実を示すものである。決して笑えないが、うまく言えない地方の方言なまりの強い人や、ろうあ者、中国人なども間違えられて被害にあったと言われる。

 

 首都機能を破壊され尽くした「帝都東京」の復興は、山本権兵衛首相を総裁とした「帝都復興審議会」を創設される事で、復興計画が始まった。江戸以来の東京市街地の大改造、道路拡張や区画整理などインフラ整備も進められ、また震災による情報空白への反省から、初めてラジオ放送も始められた。

 9月27日、帝都復興院が設置され、総裁の「後藤新平」により「帝都復興計画」が提案された。壮大な復興案であったが、第一次大戦後の長い景気低迷期にあった経済状況や、当時の政党間の対立などにより予算が縮小され、当初の計画は実現できなかった(後藤案では30億円だったが、最終的に5億円強)。この復興計画の縮小は、のちの東京大空襲時の大火災を防げなかったことや、戦後の高度成長にともなう高速道路整備などのネックともなった。

 

f:id:naniuji:20170719115457j:image:w200:right

$『帝都物語』 (角川文庫/1995/荒俣宏著)

https://www.youtube.com/watch?v=cs44XXWAnHw

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%9D%E9%83%BD%E7%89%A9%E8%AA%9E 

 

f:id:naniuji:20170718132459j:image:w200:right

 

$TV『関東大震災 世界に眠る幻の未公開映像』

https://www.youtube.com/watch?v=CIadW1ZAMVU

 

 

*9.16/日 アナーキスト大杉栄伊藤野枝らが、憲兵大尉甘粕正彦に殺害される。(甘粕事件)

 

f:id:naniuji:20170722151456j:image:w200:right

 関東大震災直後の混乱下にある1923年大正12年)9月16日アナーキストの「大杉栄」と内縁の妻伊藤野枝」が、大杉の6歳の甥と共に、不意打ちで憲兵隊特高に連行された。やがて、憲兵隊司令部で憲兵によって拷問の末、絞殺され、同本部裏の古井戸から遺体が見つかった。

 軍法会議では、憲兵大尉分隊長の「甘粕正彦」と部下らによる犯行と断定された。甘粕大尉は、すべて自分の一存で実行したと証言した。憲兵隊の上層らの組織的関与が疑われたが、軍法会議は事件の背後関係には立ち入らず、甘粕大尉を首謀者として懲役10年、部下らも軽微な刑で判決が下され、裁判は早々に幕が引かれた。

 

f:id:naniuji:20170722151558j:image:w120:left

 関東大震災における戒厳令下で、どさくさに紛れて、反政府主義者らの不法な虐殺事件が頻発した。震災直後には、東京府亀戸で、社会主義者の川合義虎ら10名が亀戸警察署に捕らえられ、軍の手で殺害される事件があり、続いて、上記の甘粕事件が引き起こされた。

 さらに3年後の1926年(t15)には、第二の大逆事件と言われた「朴烈事件」があり、無政府主義者 朴烈(パク・ヨル/ぼく・れつ)とその愛人 金子文子が、治安警察法に基づく「予防検束」の名目で検挙された。このように、震災後の社会不安の世情に乗じて、官憲による思想弾圧は一気に強化されていった。

 

f:id:naniuji:20170722151632j:image:w120:right

 甘粕正彦は10年の刑を受けたが、3年後には仮釈放され予備役となり、陸軍予算フランス留学するなど厚遇された。これには、甘粕が、反社会的な人物を自身の責任で処断し、その責任を独りで背負ったとして、「国士」として称賛する庶民の評価が寄与したと考えられる。ただしそれも、軍関係者などから作り上げられた世論という側面も否めない。

 フランスから帰国後、満州に渡り、南満州鉄道経済調査局員となると、さらに奉天関東軍特務機関の指揮下で情報・謀略工作を行うようになり、右翼団体のメンバーの一部を配下として、甘粕機関という民間特務機関を設立。また満州の国策としての阿片ビジネスをも仕切る。

f:id:naniuji:20170722134849j:image:w120:left

 1931年昭和6年)9月の柳条湖事件に連動して、ハルピン出兵の口実作りに爆破事件を起こすなど、特務工作に従事。また、幽閉中の清朝最後の皇帝 愛新覚羅溥儀を脱出させ、満州国皇帝に擁立する準備工作にも関わった。これら満州国建国に関する様々な謀略の親玉として暗躍した働きの為、満州国建国後には、警察庁長官に抜擢され、表舞台に登場する。

 

映画ラストエンペラー』 (1987/ベルナルド・ベルトルッチ) *坂本龍一が「甘粕元大尉」として出演している

https://movies.yahoo.co.jp/movie/%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%A9%E3%83%BC/24562/

 

 さらには、「満洲映画協会満映)」の理事長となる。満映は、満州人に対するプロパガンダとして、文化映画啓蒙的な映画プロパガンダ映画を多く創った。甘粕の理事長への抜擢は、軍部満映支配と恐れられたが、甘粕はむしろ満映の自立運営やスタッフ対偶の改善などに、毅然と対処したため、満映関係者からは慕われたらしい。

 満映理事長職は、いわば表の顔であり、満州時代の甘粕は、日本政府の意を受けて満州国を陰で支配していたとも言われる。しかし、甘粕はその硬骨漢ぶりと言動ゆえに関東軍には煙たがられ、むしろ冷遇されていたとされる。1945年昭和20年)、日本が降伏し、ソ連軍が新京に迫りくる中、満映の閉所処理をきちんと済ませた後、20日早朝、甘粕は独りで服毒自殺した。

 

f:id:naniuji:20170722151720j:image:w200:right

 甘粕事件で惨殺された「大杉栄」は、その性格として「強情・我儘」や「傲岸・不遜」といった言葉が並ぶが、良くも悪くも、自由奔放で天真爛漫な性格であったと思われる。その生来の性格に、社会的理屈を付ければ「アナーキズム無政府主義)」となり、個人生活面では「自由恋愛論」となる。

 女性関係にはかなりデタラメであり、それを「自由恋愛」と呼んだに過ぎないという側面もある。大杉は、堺利彦の義妹で婚約者のいた堀保子を、強引に犯して結婚する。だが、栄は保子と入籍せず、「神近市子」に近づき、さらに「伊藤野枝」とも愛人関係となって、野枝は長女魔子を身ごもった。これら女性達からは常に経済的援助を受けており、とりわけ献身的に大杉に尽くした神近市子は、野枝との関係に嫉妬し、大杉に瀕死の重傷を負わせる「日蔭茶屋事件」を起こした。

 「自由奔放」と言えば、大杉と共に惨殺された「伊藤野枝」は、大杉以上に奔放な生涯を送った。野枝に関しては、別に触れたことがある。>http://d.hatena.ne.jp/naniuji/20170422

f:id:naniuji:20170722152028j:image:w100:left

 

$『甘粕大尉』(ちくま文庫/2005/角田房子著)

https://www.amazon.co.jp/%E7%94%98%E7%B2%95%E5%A4%A7%E5%B0%89-%E3%81%A1%E3%81%8F%E3%81%BE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E8%A7%92%E7%94%B0-%E6%88%BF%E5%AD%90/dp/4480420398

〇この年の出来事

*1.*/日 菊池寛月刊雑誌文藝春秋』を創刊。

*1.14/伊 イタリア国王が、「ファシスト国防義勇軍(黒シャツ隊)」を国防軍と正式認可。

*5.1/独 ヒトラーとその支持者が、ミュンヘン軍隊式武装でデモ。

*6.5/独 ドイツインフレ天文学的数字に。独中央銀行総裁が、マルク通貨維持にお手上げ宣言。

*11.8/独 ヒトラーミュンヘン武装蜂起バイエルン州政府の転覆を図るが鎮圧される。(ミュンヘン一揆

*12.27/日 無政府主義の影響を受けた青年が、摂政皇太子裕仁殿下に発砲。(虎の門事件)

2017-07-07 24【20世紀の記憶 1922(T11)年】

24【20世紀記憶 1922(T11)年】(ref.20世紀の全記録)

 

*2.1/日 元老山縣有朋大往生す。最後の長州長老として、明治政界に大きな影響力を保持した。

f:id:naniuji:20170709112434j:image:w120:right

 

 山縣有朋は、長州藩で足軽より低い身分の家に生まれたが、吉田松陰松下村塾に学び、高杉晋作奇兵隊に参加するなどして頭角をあらわした。高杉は奇兵隊で、武士、平民にとらわれず人材を登用したため、低い身分であった伊藤や山縣などが世に出るきっかけを与えた。

f:id:naniuji:20170709112519j:image:w200:left

 明治政府では軍政家として手腕をふるい、日本陸軍の基礎を築いて「国軍の父」とも称されるようになった。官僚制度の確立にも精力を傾け、門閥などに偏らないように文官試験制度を創設した。かくして山縣有朋は、軍部・政官界に幅広い人脈を築き、良くも悪くも「山県閥」などと称された。

 

f:id:naniuji:20170709112602j:image:w200:right

 二度にわたって内閣組織し、退いた後も首相選定の主導権を握るなど、「元老中の元老」と呼ばれ、晩年にいたるまで、軍および政官界に隠然たる影響力を保ち続けた。その分、当時の国民、政界、皇室からは不人気であり、大正デモクラシー政党内閣の成立など、民主的な気運の高揚する中、政党嫌いであった山縣は、次第に時代の変化についていけなくなっていった。

 大正11年2月、85歳で亡くなると、山縣有朋は「国葬」をもって遇されたが、その前月に病没した大隈重信の「国民葬」に多数の民衆が集まったのと比較すると、山縣の葬儀は閑散としたものだったという。山縣の国政への寄与に比して、その人気の無さは際立っている。人気には、人と為りなど多くの要因がからまるが、山縣の場合、民主化に抑圧的だったことや、汚職の嫌疑などとともに、好色だが明朗だったライバル伊藤博文対照的に、その実直かつ陰湿な性格もあるかも知れない。

f:id:naniuji:20170709113137j:image:w200:left

 

 山縣は、「超然主義」をかかげ、自由民権運動を抑圧し、政党政治を排除した。また、明治国家の軍制を確立したが、それが後の軍国主義を準備したともされる。しかし、未成熟な国民をして、急速な民主化国体不安定をもたらすとして、保守主義に徹したことは、経済的には急成長をとげる明治大正不安定化に、バランスを取り戻すアンカーとして機能したとも言える。また、軍事と政界の双方に広い人脈をもった山縣の死によって、以後、政と軍をつなぐ人物が居なくなったことが、軍事偏重に突き進む一因でもあったとされる。

f:id:naniuji:20170709111902j:image:w80:right

 

 

$『山縣有朋』(岡義武著/岩波新書

https://www.iwanami.co.jp/book/b267290.html

 


*10.28/伊 ムッソリーニローマに進撃して制圧。ファシスタ党政権を成立させる。

 

f:id:naniuji:20170711112230j:image:w100:right

 ベニート・ムッソリーニは、第一次世界大戦前からイタリア社会党に所属し、機関誌編集長として活動したが、第一次大戦に際して積極参戦を主張し除名される。ムッソリーニは志願して従軍し有能な戦士として闘ったが、瀕死の重傷を負って終戦をむかえる。1919年3月、ミラノで、自身と同じ復員軍人や旧参戦論者を中心とする新たな政党イタリア戦闘者ファッシ(戦闘ファッシ)」を設立するが、社会主義的残滓を捨てられず、一般民衆の支持を得ることはできなかった。

 やがてムッソリーニは、綱領から社会主義的な表現を一掃、民族主義を前面に出し、愛国心戦争礼賛・偉大な国家イタリア、といった情緒的な表現であおり、反議会主義、反社会主義を鮮明にした。ムッソリーニの主張は、戦後に頻発した社会主義者によるストライキ労働運動に、強い不安を抱いていた保守層の支持を集めた。

f:id:naniuji:20170711112313j:image:w200:left

 

 北イタリア復員兵などによって「襲撃隊」と呼ばれる民兵祖組織が作られ、社会主義者暴力的に対抗するようになると、ムッソリーニは襲撃隊を実行行動組織として傘下に収めた。1921年10月、「国家ファシスト党(PNF)」を結成、ファシスト運動を政党化し、また各地の実力行動隊も党の私兵組織として糾合され、「黒シャツ隊」と呼ばれる様になった。

f:id:naniuji:20170711112409j:image:w200:right

 ムッソリーニ民族主義国家主義を掲げる政権を打ち立てるべくクーデターの準備を始め、1922年10月28日に黒シャツ隊を中心としたファシスト党員4万人がローマ進軍を決行した。ムッソリーニ自身はミラノで事態を見守っていたが、国王ビットーリオ・エマヌエーレ3世は、無策のルイージ・ファクタ政権をみかぎり、ムッソリーニローマに召喚し、組閣を命じた。こうしてムッソリーニ政権を奪取することに成功し、39歳でイタリア史上最年少の首相となった。

 

 ムッソリーニが創設した「ファシスト党」は、その語源から「結束党」などと訳されるが、そこから「ファシズム」という語が派生する。ファシズムというと「全体主義」とほぼ同義で使われるが、本来は一意的に規定しがたい要素を含んでいた。ヒトラーナチスファシズムの代表のように受取られているが、ムッソリーニファシズムとは、かなり違っている。

 ムッソリーニは、古代ローマの系譜をうけて「イタリア民族主義」を結束の中心に置いたが、ヒトラーは「アーリア人種主義」という怪しげな概念を持出した。このようなヒトラー脳内に生じた妄想が、優勢人種という架空の概念を際立させるために、劣勢人種ユダヤ人という概念を作り出し、その殲滅をはかった。

 

 ムッソリーニとってはことは簡単で、「イタリア民族」として結束して事態にあたろうというだけであった。そしてヒトラーが、古代ローマという基盤をもたないことでコンプレックスに突き動かされていると見抜いていた。ヒトラーを、まったく信用していなかったはずである。

f:id:naniuji:20170711112554j:image:w200:left

 絵描きくずれの粗野な浮浪者だったヒトラーに比べて、ムッソリーニは、その容貌からくるイメージに反して、意外にも深いインテリジェンスをもっていた。師範学校を首席卒業して、イタリア社会党では機関誌編集長として頭角をあらわした。当時のドイツ哲学フランス哲学を自学し、ドイツ語フランス語など語学にも堪能で、フランス語教師として雇用されると、歴史学国語地理学も担当したという。

 

 ムッソリーニは演説でも大衆を引き付けたが、絶叫し自己陶酔するヒトラーとは対極的に、愛国心を胸に秘めながら、理路整然と理知的に語り、それでも民衆を熱狂させた。また、国家を統合するために、ファシスト党が全権を握る必要があると考えたが、自身が独裁者になるつもりはなかったという。しかし、ヒトラーが、政権奪取に利用した突撃隊粛清したのには否定的な見解を漏らし、苛酷な粛清を嫌った。それは「独裁者」としてのムッソリーニにとって、逆に「甘さ」であったかもしれない。

f:id:naniuji:20170711112657j:image:w200:right

 また、スイスでの放浪時代には、レーニンと知己を得て、誰も理解できないマルクス=レーニン主義理論を、ほぼ理解したという。そのようなムッソリーニが、やがて独裁者となり、ヒトラーと結んで第二次大戦に参戦し、敗色濃厚となるとパルチザンにつかまり、愛人と共に逆さ吊りして晒されるという終末をむかえることとなる。

 

$『ムッソリーニ―一イタリア人物語』 (中公叢書/2000/ロマノ・ヴルピッタ著) f:id:naniuji:20170711111555j:image:w100:right

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%A0%E3%83%83%E3%82%BD%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8B%E2%80%95%E4%B8%80%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%A2%E4%BA%BA%E3%81%AE%E7%89%A9%E8%AA%9E-%E4%B8%AD%E5%85%AC%E5%8F%A2%E6%9B%B8-%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%83%8E-%E3%83%B4%E3%83%AB%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%BF/dp/412003089X 

 

f:id:naniuji:20170711111638j:image:w180:right

映画ブラックシャツ 独裁者ムッソリーニを狙え!』(1974年/伊)

http://cinema.pia.co.jp/title/800912/

 

 

*12.6/アイルランド イギリス自治領として「アイルランド自由国」が誕生。血の抗争に一応の終止符。

 

f:id:naniuji:20170712165246p:image:w200:right

 19世紀後半から、アイルランドではイギリスからの独立・自治を求める運動が激しくなった。一方で、イギリスとの連合を維持しようとする勢力もあり、両者の衝突が続いたが、1914年、やっとアイルランド自治法が成立した。しかし、第一次世界大戦の開始とともに自治は凍結されたため、1916年独立派武装蜂起した(イースター蜂起)。

 イースター蜂起は鎮圧されたが、1918年選挙独立派シン・フェイン党が勝利すると、1919年アイルランド共和国独立を宣言し、「アイルランド独立戦争(英愛戦争)」が起こった。1921年独立派イギリスは「英愛条約」を結び、北部アイルランドを除く南部26州(南アイルランド)は、イギリス国王を元首とする自治領アイルランド自由国として分離することになり、1922年12月「アイルランド自由国」が成立した。

f:id:naniuji:20170712170020j:image:w200:left

 

 アイルランド島には紀元前から、「ケルト人」(ローマでは"ゲール人"と呼んだ)という先住民族が、独自の文化を営んでいた。イギリス本島(ブリテン島)のようには、ローマ人の遠征やゲルマン人アングル・サクソン人)の侵入も受けなかったため、ケルト系文化はそのまま残存し続けた。しかし、カトリック教会布教は独自に行われ、カトリックの浸透と共に、ケルト人古代信仰はほぼ消滅した。

f:id:naniuji:20170712165137j:image:w200:right

 12世紀、英本土からアングロ=サクソン人の侵入がはじまり、17世紀清教徒革命により実権を握ったクロムウェルにより、アイルランドはほぼ征服され、実質的イギリス植民地となった。同時に、北アイルランド中心に、イギリス国教会スコットランド長老派などの新教徒の浸透が進み、プロテスタント住民が多数になった北アイルランドでは、カトリック教徒との対立が激化した。

 

 アイルランドに対するイギリス植民地政策は苛酷を極め、とりわけカトリック教徒は、新教への改宗を進めるために「審査法」などで差別的に扱われた。やがて、1801年にはアイルランドを完全に併合すると、幾つかの融和策は講じられたものの、アイルランド側の反発は鎮まることはなかった。

f:id:naniuji:20170712170122j:image:w200:left

 そんな中で、1845年から49年にかけて大飢饉(「ジャガイモ飢饉」)が起こる。産業革命に取り残されたアイルランドの貧農小作人たちは、小農地で、麦などよりも比較的栄養生産性の高いジャガイモを栽培して、それを主食とするようになっていた。そこへ、冷夏と長雨が続くなか、ジャガイモ疫病が発生し、単一種に偏って栽培されていたアイルランド一帯に甚大な被害を及ぼした。

 このジャガイモ飢饉アイルランドに100万人以上の餓死者を出し、その影響下で、ほぼ同じぐらいの人々が、アメリカカナダオーストラリアなど新大陸に移住していった。ジャガイモ飢饉の影響でアイルランド人口は半減し、その後もアイルランド人口は停滞を続ける。一方で、アメリカに渡ったアイルランド人移民は、アメリカ社会で大きな勢力を形成し、政治経済界で影響力を持つようになり、あのケネディ家の先祖もこの時の移民であったという。

 

 そのような危機の中で、アイルランドの自治や独立を求める運動が盛り上がった。何度にも及ぶ独立運動と、それに対する弾圧が繰り返され、アイルランド問題は、イギリスにとって「のどに刺さった骨」として、第一次大戦後にも残された。1922年の「アイルランド自由国」成立以後も、南部での全島独立派分離独立容認勢力との内戦や、英国残留の北アイルランドでは、カトリックプロテスタント系住民の対立が続くなど、紛争は絶えない。

f:id:naniuji:20170712170744j:image:w180:right

 第二次世界大戦後の1949年にはイギリス連邦から離脱し「アイルランド共和国」となったが、イギリスにとどまった北アイルランドでは、アイルランド共和国との合併を目指す「IRA(アイルランド共和軍)」が、過激なテロ攻勢を行い、1998年4月の「ベルファスト合意」によってやっと沈静化した。

f:id:naniuji:20170712164847j:image:w160:right

 

映画麦の穂をゆらす風』(2006年/愛英)

http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=325152

 

 

f:id:naniuji:20170712163418j:image:w120:right

$『アイルランド飢饉』(勝田俊輔・高神信一編/2016)

http://www.tousuishobou.com/kenkyusyo/4-88708-427-8.htm

 

 

〇この年の出来事

*2.8/ソ ソビエト政府反革命取り締まり機関のチェカを解体し、統一国家保安部(GPU、ゲーペーウー)を創設。

*4.4/ソ ロシア共産党大会で、新設ポスト書記長ヨセフスターリンを選出。あくまでもレーニンの補佐役と思われていた。

*11.1/トルコ ケマル・パシャトルコスルタン制を廃止。皇帝は国外に亡命し、オスマン帝国が滅亡する。

*12.30/ソ 第1回全連邦ソビエト大会で「ソビエト社会主義共和国連邦」が成立。ロシアウクライナ白ロシア・ザカフカス、4共和国ソビエト連邦を構成する。

2017-06-29 23【20世紀の記憶 1921(T10)年】

23【20世紀記憶 1921(T10)年】(ref.20世紀の全記録)

 

*7.29/独 アドルフ・ヒトラーがNSDPA(ナチ党)の党首に就任。規約を改正して無制限全権を握る。

 

f:id:naniuji:20170704172423j:image:w220:right

 オーストリア=ハンガリー帝国に生まれたアドルフ・ヒトラーは、のちにドイツ国籍を獲得して、第一次世界大戦義勇軍伝令兵として参加した。西部戦線毒ガス攻撃を受けて障害を受けたヒトラーは、収容された野戦病院ドイツ降伏を知り、大きな精神的ダメージを受けた。

f:id:naniuji:20170704172520j:image:w200:left

 戦後軍属として、新興政党などの諜報に従事する中、その諜報対象であった「ドイツ労働者党」(DAP)の反ユダヤ主義反資本主義に惹かれて入党する。天才的な演説で民衆を引き込む才能を見込まれたヒトラーは、すぐに党幹部となるとともに、党名を「国家社会主義ドイツ労働者党」(NSDAPナチス蔑称)と改名させる。

 

f:id:naniuji:20170704172556j:image:w200:right

 この日1921年7月29日、党内で分派闘争が起きると、それに乗じて党執行部のクーデター引き起こしヒトラーが第一議長に指名された。彼は、唯一絶対の指導者とする独裁権(指導者原理)を要求し、周囲からは「Führer」(フューラー、指導者)と呼ばれ始めた。

 ヒトラーは、ドイツ革命中、共産主義者などの排除などで功績のあった民兵組織フライコールドイツ義勇軍)に影響力をもったエルンスト・レーム大尉らによって「突撃隊」(SA)を組織させ、実力行使で党勢を拡張していった。

 

f:id:naniuji:20170704172644j:image:w200:left

 突撃隊は「ミュンヘン一揆」での蜂起失敗などをへて、街頭闘争や政敵弾圧などに力を発揮したが、ヒトラーナチスにとって絶対服従的な組織ではなく、その後、ヒトラー直属の「親衛隊」(SS)によって、レームなど幹部が粛清され(長いナイフの夜)、突撃隊も、親衛隊の配下に改組された。

 ドイツ革命の時期には、多数の政党が乱立対立し、しばしば実力行使で党勢拡張をはかった。政党の集会や演説会の警備を名目に、各党は準軍隊組織を抱え、他党の政治活動の妨害などで衝突することが多かった。ヒトラーナチスは、元軍人義勇軍兵士を「突撃隊」としてかき集め、最も有効活用したと言える。

 

$『ヒトラー演説 - 熱狂真実』 (中公新書) 2014/高田博行(著)

f:id:naniuji:20170704172243j:image:w180:right

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%92%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%BC%E6%BC%94%E8%AA%AC-%E7%86%B1%E7%8B%82%E3%81%AE%E7%9C%9F%E5%AE%9F-%E4%B8%AD%E5%85%AC%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E9%AB%98%E7%94%B0-%E5%8D%9A%E8%A1%8C/dp/4121022726/ref=pd_lpo_sbs_14_img_2?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=3MQV2VT4GF39VWX34KQJ

f:id:naniuji:20170704172321j:image:w100:right

 

映画独裁者 "The great dictator"』1940年/チャールズ・チャップリン

https://www.youtube.com/watch?v=78bYriDPUww

 


*11.4/日 「平民首相原敬が刺殺される(65歳)

 

f:id:naniuji:20170705161531j:image:w200:right

 「平民宰相」とうたわれた「原敬」は、1921年大正10年)11月4日京都政友会会合に参加するため、東京駅改札口へ向かっていたところを、大塚駅職員だった中岡艮一によって、短刀で刺殺された。中野右翼思想に影響を受けていたが、明確な思想背景は不明である

 中岡の裁判は異例の速さで進められ無期懲役判決を受けるが、当時の調書などの記録がほとんど残されていないなど、その動機の解明も曖昧なままである。中岡の収監後も、3度の大赦を経て、早くも13年後には釈放されるなど、残された疑問が多い。

f:id:naniuji:20170705161612j:image:w200:left

 思想背景がうすいためか、原敬首相暗殺事件は、伊藤博文犬養毅高橋是清濱口雄幸などの重鎮暗殺事件に比べると、取り上げられることが少ない。そしてまた原敬自身、最初政党内閣首相とか平民宰相などとしては、あまりに著名であるが、意外にもその政治的業績が語られることも少ない。

 

 原敬は、安政3年(1856年)、盛岡藩士の次男として生まれた。後に「平民宰相」と呼ばれるが、生家は祖父が家老職にあったほどの家柄であった。戸主は兵役免除される規定があったため、20歳の時、原敬分家して戸主となり、平民籍に編入された。

f:id:naniuji:20170705161700j:image:w120:right

 維新当初の混乱期もあって、各種の学校に入退校を繰り返しながら、新聞翻訳論文記述頭角をあらわし、外務省に取り立てられると、陸奥宗光の目にとまり陸奥外相の下で外務次官を務める。相性が悪かった大隈重信外相となると、外務省に見切りをつけ、やがて伊藤博文立憲政友会組織すると、原はこれに入党し幹事長となった。

 

 米騒動寺内内閣が倒れると、政友会の党首を務める原敬が、後継首班として指名された。こうして、大正7年(1918年)に成立した原内閣は、日本初の本格的「政党内閣」とされる。これは、選挙でえらばれる衆議院で、多くの議席を持つ政党の党首という資格首相に任命されたことによるものであり、また閣僚も、大半が政友会員が充てられたためであった。

f:id:naniuji:20170705161806j:image:w200:left

 原内閣の政策は、外交では対英米協調主義、内政においては積極政策を基調とし、統治機構への政党の影響力拡大強化をその特徴とした。内政では、教育制度改善交通機関の整備、産業及び通商貿易の振興、国防の充実の4大政綱を推進した。とりわけ交通機関の整備、中でも地方鉄道建設のためには公債を発行するなど極めて熱心であった。そのため、「我田引鉄」と揶揄される利益誘導政治としての批判もあった。

 

 一方で、原は、普通選挙法の施行否定的で、男子普通選挙制度導入の選挙法改正案が提出されると、原はこれに反対し衆議院を解散、小選挙区制採用した有利な条件の下で総選挙を行い、単独過半数の大勝利を収めた。

 さらに、積極的経済政策も、ほとんどが政商財閥など既存資本に有利なものばかりで、「(爵位なき)平民宰相」ではあったが、決して「民衆首相」ではなかった。このような原首相大衆軽視政策は、中岡艮一に暗殺される遠因ともなったと考えられる。

 

$『大宰相原敬』(2013/福田和也 著) f:id:naniuji:20170705161226j:image:w100:right

https://www.amazon.co.jp/%E5%A4%A7%E5%AE%B0%E7%9B%B8%E3%83%BB%E5%8E%9F%E6%95%AC-%E7%A6%8F%E7%94%B0%E5%92%8C%E4%B9%9F/dp/4569816479

 


*12.13/米英仏日 ワシントンで米・英・仏・日による「四ヶ国条約」締結。太平洋に新秩序「ワシントン体制」確立

 

f:id:naniuji:20170707145922j:image:w200:right

 1921年11月から1922年2月にかけてワシントンD.C.で、アメリカ合衆国大統領ウォレンハーディングの提唱で国際軍縮会議が開かれた。第一次大戦後の国際的枠組みを定めた1919年ベルサイユ条約に基づく、ベルサイユ体制を補完するものとして、ワシントン会議が開かれた。

 太平洋東アジア権益がある日本イギリスアメリカフランスイタリア中華民国オランダベルギーポルトガルの計9カ国が参加し、アメリカ主宰した最初の国際会議で、アメリカ国際社会リーダーに躍り出る端緒となった。

 

f:id:naniuji:20170707150016j:image:w200:left

 中心テーマ軍縮であり、米・英・仏・日、四ヶ国の主力艦保有量の制限を定めた「ワシントン海軍軍縮条約」が締結された。同時に、太平洋における各国領土権益保障した「四カ国条約」と、参加全9ヶ国により、中国領土保全・門戸開放を求める「九カ国条約」が締結された。これらの条約など、ワシントン会議を中心に形成されたアジア太平洋地域戦後秩序を「ワシントン体制」と呼ぶ。

 第一次世界大戦によるドイツの敗北と、その過程で発生したロシア革命などで、アジア太平洋地域の勢力関係に大きな変化が生じた。独ソの退潮による空白で、アジア地域相対的日本の勢力が増すなか、同じく、アジアに利害関心が強まるアメリカが、英仏を引き連れて、日本牽制しようというのが、会議主催したアメリカの狙いだった。

 

f:id:naniuji:20170707150108j:image:w200:right

 その結果、「軍縮条約」では、主力艦の保有量で、日本は英米の6割に抑えられた。「四カ国条約」では、各国が太平洋方面にもつ領土権益相互尊重と、この地域での平和維持ついて定められたが、20年間にわたって日本大陸政策を支えてきた日英同盟は、この条約発展的解消するという形で解消された。さらに「九カ国条約」では、中国における日本権益を押さえる方向で、各国平等に、中国領土保全と門戸開放がなされるようにと取り決められた。

f:id:naniuji:20170707150157j:image:w200:left

 英仏などヨーロッパ列強欧州のことで精一杯のなか、会議主催したアメリカは、圧倒的な発言力を発揮した。一方、アジア太平洋地域に中心的利害を置く日本は、個々の具体的な交渉課題を携えて会議に臨んだが、結局、欧米連合に押し切られる形となった。日本は、1920年代世界的な国際協調時代には歩調を合わせていたが、やがて昭和恐慌から軍部右翼が台頭すると、ワシントン体制打破を国家方針とするようになっていった。

f:id:naniuji:20170707152325j:image:w100:right

 

$『ワシントン体制と日米関係』(細谷千博斎藤真/1978)

http://www.utp.or.jp/bd/978-4-13-030040-7.html

 

 

〇この年の出来事

*2.8/ソ アナーキズムの巨星クロポトキン、墜つ。

*3.8/ソ ロシア共産党大会が開かれ、レーニンの新経済政策ネップ」案が採択さる。

*5.5/中 孫文上海大総統に就任。第二次広東政府樹立

*8.2/ソ 飢餓に苦しむソビエトで、レーニンが諸外国の援助を要請

*8.20/米ソ ソビエト飢餓救済で米ソが協定。

*11.4/独 ヒトラーが「突撃隊」(SA)と命名したナチスの実力部隊が、共産主義者と大乱闘

2017-06-28 【東西の高低差と京都の街】

東西の高低差と京都の街】

 

f:id:naniuji:20170628015201j:image:w120:right

 地図上の赤線、つまり京見峠から坂口鷹峯から岡山を経由し、そこから千本通りを南下するところに一本の稜線があると考える。そしてそれはまさに、平安京朱雀大路に重なる。つまりその部分が高くて、左側の右京は桂川水系、右側の左京は賀茂川水系とする。

f:id:naniuji:20170628015300j:image:w120:left

 千束坂の下、鏡石通りに沿って金閣寺衣笠方面に流れる紙屋川天神川となって桂川に流れ込むのに、千束坂の上から逆側の釈迦谷尺八から流れ出る川が堀川賀茂川側に流れ込む。古地図を眺めていて、この不思議に気付いたのが、朱雀大路稜線である(笑)

 右京の桂川流域は比較的ゆるやかな傾斜で、池、沼など湿地帯になりやすく、平安京の早期から右京部分が寂れたと考えられる。左京は賀茂川中心に勾配があって水はけが良いので栄えた。こういう理論が考えられる。京都南北の高低差はよく言われるが、京の街の形成に大きな影響を及ぼしたと考えられる、東西の傾斜関係にはあまり注目されていないのでは。

f:id:naniuji:20170628015335j:image:w120:right

 二枚目明治22年の地図だが、このころまで、千本通りから西の右京がすっぽり田畑になってしまっていたことがうかがえる。これからも、右京一帯が低湿地化して廃れていたのが分かる。秀吉紙屋川東側御土居を築いたのも、それより西の旧右京を洛外とみなしたからであろう。