Hatena::ブログ(Diary)

青空学園だより

2007-01-30 センター国語で転けた このエントリーを含むブックマーク

今年も理系で数人「センター国語で転(こ)けた」という人が出た.その一方で,9割以上とれた人も結構いて,差が大きかった.数学の問題を解けば,同じクラスの他の人より発想も実行力もあるのに,センター国語が半分ほどしかできていないのだ.小説と漢文がほとんどできなかったようだ.

1,2年生の人に呼びかけたい.国語の力をつけておかないと,いくら数学をやっても,結局,センター国語でおお転けして,志望校をかえなければなる.センター国語で転けないためのプロジェクトを自分で考案して,今からこつこつ勉強していこう.

勉強の方法』にも書いてあるが,国語力をつけるといっても,それは結局,読んで書く訓練をすることでしかない.

書くことは考えることを可能にする.「手で書いて考える」ことが大切なのである.人間の心の奥にあって表面的な意識には浮かばないことも,手で書くことによって現実のものになる.手で考えてこそ,問題に対するいい着想が思い浮かぶ.手で書くとき,それまでに蓄えられてきた知識が無意識のなかから浮かび,それが現在の問題と結びついて,新たに発展する.

  ………

自分で何か現代文の参考書をさがし努力してほしい.そしてとにかく書く.文章を読んで,四分の一に要約したり,十分の一で大意をまとめたり,二行で骨子を書いたり,一言で表題をつけたりしてみる.昔の高校生は文系理系に関係なく,この訓練を自分に課して,とにかく書いたものだ.これがあればセンター国語でおお転けすることなどない.そしてそれがほんとうの論述力をつける.

時間を作って,基本的な論理訓練のテキストを準備したいと思っている.

2007-01-29 『勉強の方法』改訂 このエントリーを含むブックマーク

『勉強の方法』を改訂しました.昨日Z会で1,2年に勉強法を話したのですが,その準備に『勉強の方法』を読みかえしたところ,いくつか直したいところが見つかったからです.いろいろ意見を聞かせてもらえるとありがたいです.

2007-01-21 センター試験終わる このエントリーを含むブックマーク

数学はどうでしたか.数IAの,図形の最後の2つはうまく相似形を見つけないと,どうして求まるのかすぐに見えません.相似比から面積比を出してやりました.確率が,抜けがなく重なりもないようにうまく数えないと,空白の形に合わない値になって,少しあせったかも知れません.実は私も最初(6,6,6) を2重に数えて,見直さなければなりませんでした.数IIBの方が普段の練習のままできたかも知れません.数IAも数IIBも2次関数が柱になっている.解の配置や面積,接線のなす角まで,2次関数のすべてが出題されている.ここを適切にかつ計算の煩雑にしないように見通しよくやりきって,他問に時間が回せるかどうかで,結果が違ってきたのではないか.

社会や理科はどうだったのだろう.このへんはこちらでやることも出来ないので,みんなに聞いてみようと思うが,社会や理科で差がついたのかも知れない.

いずれにせよセンター試験は終わった.自己採点を済ませたら,後はくよくよしない.ただ前進あるのみ.センター試験の結果は結果として受けとめ,その上で最善の道を選ぼう.

南海南海 2007/01/22 10:49 数学IA4番の確率の問題は,2通りの解答を青空学園の方に置いておきました.私は最初解Iで数えあげたのですが,一般化できないかと考え,解2も考えました.3の代わりにn回としてもいろいろ考えることができます.

2007-01-20 センター国語 このエントリーを含むブックマーク

毎年センター国語でこける人が多いので,どんなところでまちがうのかを知るためにも,念のために解いています.夜の9時から10時まで一通りやってみました.

私がまちがえたのは,第1問の3番(解答番号7)(2を選んでしまった),第2問の4番(同16)(4を選んでしまった),6番(同18-19)の一方(2.4と選んでしまった),そして第3問の1番を3つ,です.古典の1番は,最近,物語りの古文にあまり触れていないので,かえって深読みしてしまいました.これは必修単語でした.見直せば気づいたかも知れません.漢文は比較的長い文章でしたが,設問をヒントに読めば,よくわかるものでした.ただ,科挙の試験が一人一人が小部屋に入って課題に取り組むということを知っていないとわかりにくかったかも知れません.皆さんはどうでしたか.センター試験でどんな力を試すのかという問題はひとまず置くと,選択式の問題としてはまず穏便な工夫された問題ではないかと思います.

国語の試験を解く要諦は,主観を交えず,客観的に文書の構造を読み取ることです.内容を鑑賞するな,内容から構造をつかめ.文章を読みその構造を頭に入れていく.構造というのは,その文書は何をどんな方法で述べているのか,いくつかの文章がどのように相互に関係しているのか,等ということです.そして,設問の選択文を読みその構造をつかみ,本文の構造と合致するものを選んでいく.主観が入る余地はありません.ところが,主観を入れ鑑賞してしまったとき,私のようなまちがいが起こります.

主観を入れずに客観的に文書の構造を読む,これが結構難しいのです.日頃,読むだけではなく書くこともしていないと,文章を読みその構造を頭に入れていく力がつきません.数学の論証力と国語の読解・論述は,同じ力です.1,2年生の人は日頃から,しっかりした字でしっかり論述することを自分に課していって下さい.昔,私もやりましたが,新聞の社説や教科書の評論,小説などを,三分の一から五分の一に要約する,十分の一で大意を書く,一言で表題をつける,等の練習をときどきはやって下さい.

明日もがんばってください.数学を解いたらまた意見を書きます.私は,こっちは全部できないといけないのですが,不注意ミスは不可避であると居直っています(笑).

さとるさとる 2007/01/21 01:02 センター試験といえば、2年前の国語の特訓を思い出します。
あの時はお世話になりました。
受験生が数学の先生に国語で負ける……(涙)しかも、大差で(^^;;)
そんな悲しい事実は今となってはいい思い出です。。

今年は妹が受験です。
いったい、どうなることやら……???
僕は、今やったらたぶん100点も取れないと思います(><)

南海南海 2007/01/21 10:03 センター国語で苦労したのはもう2年前になりますね.妹さんが受験ですか.
今年は3年生ですね,たしか数理工学でしたね.勉強は面白いですか.TeXは慣れましたか.どこかでお会いできれば嬉しいです.

2007-01-14 阪神淡路大地震から12年 このエントリーを含むブックマーク

まもなく阪神淡路大地震から12年です.1995年の1月17日未明,思いもしていなかった地震が阪神,淡路を襲いました.あの年は,1/14,15とセンター試験,16日に登校して自己採点などを済ませた,その翌朝のことでした.長男が受験だったのでよく覚えています.センター試験が終わるのをまっていたかのような地震でした.学校は危険で立ち入り禁止が続きました.

あの地震で,昔担任していた生徒K君,担任していた別の生徒Nさんのお母さん,一緒に働いていた校長Y先生がなくなりました.K君はクラスでもいちばんしっかりしたまじめな野球部の生徒でした.Nさんのお母さんは,早く起きて台所で食事の用意をしていたときに,家が倒壊したのです.Y先生は翌日一番に亡くなった人の名簿で見つけました.私のところは,家の中はひっくりかえりましたが建物は倒壊せず部分損壊でした.水も出ず大きな容器を車に積んで池で水くみを続けました.水道が復旧しても,はじめはいつでも水が出ることが不思議な気がしたものです.

生き残ったものは,あの地震から多くのことを学びました.人間の運命や生きるということそのもの,人々が本当に助けあって生きるということ,等などです.むき出しの自然の力の前で,人間もまた虚飾を捨てて生きる,という経験をしました.

あれからの12年間,世界で大きな災害がありました.また大きな戦争がありました.今も続いています.大災害を経験すると,戦争の愚かさを思わずにはいられません.

皆さん,しっかり勉強して,この時代を生きる智慧と力をつけてください! 

よおすけよおすけ 2007/01/17 00:07 もう、あの日から12年になるんですね。
僕は、当時小学1年生でした。

僕は、山口に住んでいますので、災害を経験してなかったのですが、もし、自分が犠牲になっていたら、こうして今、電脳世界で話をすることもなかったことでしょう。

2007-01-10 07年入試問題研究 このエントリーを含むブックマーク

07年の入試問題研究をはじめます.

数学の問題というのはそれ自身ひとつの数学的現象なので,本質的で簡明な解答の追求と別解法の探求が大切です.昨秋の東工大AO入試問題から順次いい問題を紹介していきます.とりあえず,簡明な解答を紹介し,別解等は順次追加していきます.

さて,いよいよセンター試験から2次試験と,試験の季節です.数学についていえば,今から新たな基礎学力が伸びるということはありませんが,実力が100%発揮できるか,半分しか出せないかは,これからの勉強にかかっています.わかったことを的確に論述する力が全体的には弱いので,論理が飛ばないように着実に論述する練習を積めば,いい結果が得られると思います.

皆さんの健闘を祈ります.

2007-01-02 新年を祝う このエントリーを含むブックマーク

さあ仕事始め.今年も着実にやってゆこう.

3年生の皆さんは,センター試験から2次試験とこの間の努力を発揮するときだ.

自分はとにかくできるだけのことはやってきた.この確信がもてるように,残る時間を大切に使おう.そうすれば,あとは自分の力を発揮するだけだ.

あせらず,あわてず,油断せず

これを試験の前に3回心の中で唱える.冷静になって実力が十割発揮できる.

もし進路に迷ったら,客観的に自分の力を見ながら,しかしまた逃げもせず,目標に立ちむかう心づもりで決断しよう.人生一般にいえる真理であるが.もし自分の前に二つの道があるなら,困難な方を選べ

皆さんの健闘を祈ります.