Hatena::ブログ(Diary)

柚の管理記録

2017-02-15

今週のお題「新しく始めたいこと」


 えーと、お題が提示されて1週間。
 何かないかと考え続け(いや、一応それしかしてないわけではないけども)、もしかして、「新しく始めたいこと」は「新しく始めたいこと」を考え始めることだったんじゃないのか、とか禅問答のような気分になってしまった。
 まぁ、基本、お題に対して無理するところではないのだが、ある程度自身を拘束しないとどんどん自堕落になって何も考えなくなるので、あくまで「適切なある程度」でやってみた。
 と言いつつ、数日前に真後ろから「冷やし中華始めました!!」と大声で呼びかけられ、びっくりして振り返ろうとしたら目が覚めた、とかいう冬だとは思えない夢を見たりした。
 だからといって、冷やし中華は作らない(普通ラーメンにするよね)わけで、単に思いつめすぎなのか、別に何の意味があったのかは分からない。(もしや、お告げ?)
 で、とりあえず、お題の説明にあった例を見ていくと、まず「英語の勉強」だが、やりたくない。
 おわり。
 いや、もう英語できないのはアイデンティティだし、ステータスだし。
 「自炊」。
 やってるな。
 てか、してない時の方が限りなく少ないし。
 「ジム」。
 私はライトファンなので量産型はちょっと・・・・
 「資格」。
 うーん、こたつの上に載ってるな、資格の本。
 もはや漬物石にさえなってない。
 もういいや、的な何かだったり。(2回落ちてつらくなってきた)
 こうやって様々な対象に自身の感想(ボケも含む)を表現していくと、いかに様々なそれっぽい理由をつけて拒絶してるなぁ、とか思ったりするが、有り体にいえば、単に「新しい」という初めて取り組む対象かつ「始める」という継続性が求められる事象であることを満たす行為に対してのエネルギーが極端に欠けているというだけの話ともいえる。
 で、散々考えた挙句、時間がかかりそうでやり始めて挫折しそうにないだろうなぁ、と思えることをカネがそれなりにあるという前提で考えてみたところ、引きずりだせたものがあった。
 それは、各都道府県で2、3ヶ月滞在して生活してみるというもの。
 基本的に人の多い有名な観光地などに行く気はあまりなく(もしくは完全に季節を外すとかなら可かもしれない)、それよりはその地域の生活感のなかにある地域性みたいなものをうわべだけでもいいので感じてみたいなぁ、というのがあったりする。
 個人的にシステマティックに調製されている観光地というのは、もう写真集とかを買って見るとかの方がいい気がしていて、それはそもそも小学校の修学旅行ところてん式に押し流されて神社仏閣を巡ることにかなり不満をもっていた、また写真集などの位置まで近づけないことも不満だったことがあったりしたわけで、逆に年を食って枯れてくると、その不満さえどうでもよくなったりしている。
 結局、観光したいのではなく、多分、写真集やグーグルマップ等で感じられないものを感じてみたいというのが正直なところかもしれない。
 で、私自身、現状がどうなのか数えてみると、たった11都府県だった。
 だいたい公私問わず行ったことがある都道府県でさえ34都府県しかないのに何を言ってやがる状態なのだが、まぁ、それはそれということで。(主に右上方面に全く行ったことがない)
 というわけで、予算として、最短で6年ほどレオパなどを転々とし、その間の生活費と40回近い引越し費用等があれば可能(あと、寿命?)ではあるが、まぁ、そういう夢物語である。