Hatena::ブログ(Diary)

World Digger

2015-12-03

1食10万以上の食事をたまに食べる僕が勧める、人生で何度も通いたいお店

f:id:nanoha3:20151203221625j:image



年150万は食費に突っ込む女が本気で薦める、20代で通っていたお店

http://toianna.hatenablog.com/entry/2015/12/02/180000

毎回150円に食費をおさえたい女が全力で薦める、20代で通わざるを得なかったお店

http://ponkotukko.hatenablog.com/entry/2015/12/03/164230


こういう中途半端な話せずにさー、メリハリつけて桁数あげようよー!


というわけで、外食の価格と自炊の価格が1000倍くらい違うこともよくある僕ですが、そうした外食の中でも1食10万を超えるのはさすがにちょっと特別だ。

ぶっちゃけるとだいたいがワイン代によるものだし、こっそり書くと2人で10万以上という値段なのだが(1人10万以上ももちろんあるが)、まあそんな感じで!!!




和食日本料理  


かわむら

http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13016506/

知り合いが一食70万払ってた(1人分・ワイン込)。8人分550万ほどその人がごちそうしてた。

ヒント:http://www.cnn.co.jp/fringe/35057541.html

トリュフは大きくなれば大きくなるほど、中心部に最高の味わいがでてくるので、大きいものを食べるのがいいのだが、その分値段が指数関数的に上昇して財布がマッハ。

とはいえ金額は正直に原価を積み上げたものなので、納得感は高い。

ちなみに紹介制のためまだ行けてない。伝手はあるので来年行く予定。




喫茶店・カフェ  


f:id:nanoha3:20130702211237j:image

自宅でしょ。

自宅で1904年のセーブルのティーカップ使って、マリフレとかの紅茶飲むのが好きだから外のカフェは基本的に行きたくない。


f:id:nanoha3:20151203224115j:image

と言いつつ、表参道のWALLは人もいないしウォールガーデニングが綺麗なのでたまに使う。

http://tabelog.com/tokyo/A1306/A130602/13135508/

飲みたくなったらシャンパンもあるし。

前は超良心的な値付けだったが、最近普通になってしまったのが残念。




ビストロ・カジュアルバー  


ビストロいくくらいなら、ほとんど値段の変わらず美味しくてワインを持ち込めるラ ブラッスリー・シェ松尾行くよね。

http://chez-matsuo.co.jp/restaurant/tokyu/


バーはブルゴーニュ古酒専門とか、会員制のポートワインの店とか高いところあるけど、それよりはレストランか自宅のほうがいいでしょ。




中華料理  


f:id:nanoha3:20151203221624j:image

上海蟹食べないのなら、中国飯店 富麗華一択。

http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13004967/

コース3.5万、いくらか紹興酒のんだりして2人で10.。ここDRCもあまり高くない価格である。


上海蟹食べるのなら、中国飯店 三田本店一択。

http://tabelog.com/tokyo/A1314/A131402/13003506/

上海蟹1匹を流れ作業で温かいうちに剥き終わるのはこの店だけ。10万行かないけど。




イタリアン  


イタリアンで10万超えた思い出はあそこですよ、エノテーカ ピンキオーリ 東京店!http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13000588/

知り合いのセレクトで行ったけど、一番おいしかったのが硬度0の水、次にフォアグラのラビオリ。

この2つは素晴らしかったが、ほかの料理やワインは閉店も納得の味わい。


正直イタリアンで高い店って、変にフランス料理取り入れて、しかしイマヒトツ洗練されてないため洗練されたフレンチと比べると明らかに劣っているから行く必要性を感じない。

スペイン料理も同様(サンパウや小笠原伯爵邸など)。

ワインにしても、カーゼバッセやGAJAのバックビンテージ持ってこれば10万超えるけど、それに合わせる料理はフレンチのほうが合う印象。

カーゼバッセは飲んだことないけどね!!!




フレンチ  


f:id:nanoha3:20151203221626j:image

どう考えても通うべきは銀座レカン・高良シェフ。

http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13002444/

2017年に再開するのが待ち遠しい。

夜のコースが2.5だけど、いろいろわがままを言って受け止めてもらったほうが絶対に良い(もちろん値段は上がるけど)。

ワインは80〜90年代のブルゴーニュグランクリュ(とくにVRとモンラッシェ)、ボルドー一級などどれを開けてもそれにふさわしいサーブと料理が提供されるから、最も開けるべきものを開けたほうが良い。

詳しくはこちら→15万のワイン会最高ッ!最高ッ!最高ッ! http://d.hatena.ne.jp/nanoha3/20150908/1441692601


f:id:nanoha3:20151203221623j:image

アピシウス

http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130102/13000145/

行くなら絶対に5月に。

何故ならウミガメのスープに使うウミガメがフレッシュだから(なお作ってすぐと、数日おいて落ち着かせたもののどちらがいいかは意見が分かれている)。

ウミガメのスープには当然、30yシェリーを合わせて。

参照:バベットの晩餐会 http://www.amazon.co.jp/dp/4480026010

アピシウスは個々の料理のレベルの高さも当然として、マリアージュが極めて素晴らしい。

そのため、素晴らしいワインを抜染するのに相応しい。


f:id:nanoha3:20151203221622j:image

ガストロノミー “ジョエル・ロブション

http://tabelog.com/tokyo/A1303/A130302/13009310/

今月も個室予約してあって行くんだけど、ぶっちゃけ料理もサーブも今一つという印象。

東京カレンダーの頭の湧いた連載 https://tokyo-calendar.jp/article/4609 で「イイ女ならば30歳までに連れて行ってもらえる店」と表現されてるが、実際のところ食を知らない男が相対評価大好き女性を有頂天にさせるための道具として使われるのが限界の店。

外見・内装・雰囲気はすごいし、何皿かおいしい皿はあるけど、他にいくらでもいい店はあるというのが正直なところ(アラン総料理長が担当の日は比較的良い)。

記念に1回行けばいいお店。

僕がワインにはまったきっかけになる一本を出してくれた店としては、大変感謝をしてるけど。


f:id:nanoha3:20151203221621j:image

Narisawa

http://tabelog.com/tokyo/A1306/A130603/13005423/

美食ガチャ、1回12万(2人で)といったところ。

打率は4割かなー ソムリエ変わってからワインのセレクトがかなり劣化したし、料理は挑戦しているため安定しない。

日本色が強いのはいいけど、日本色を強めることで落ち着いてしまっている印象もある。

白眉金華豚コンソメラングスティーヌ、ペアリングにアンドレ・ペレのコンドリュー・シェリー。この皿だけはレカンに匹敵するレベルだった。

なおフレンチ初心者が行く店ではない。文脈を理解していないと良さがわからない(良さが実現できているわけではないし)。

UCガンダム見ずにガンダムX見てもピンとこないのと同じ。


フレンチは高いワイン頼めば当然10万超えるんだけど、そうしたワインに相応しい料理を出せる店となると以外と少ない。

シェ・イノのマリカラスとChマルゴーかラフィットはありかなー

http://tabelog.com/tokyo/A1302/A130202/13000510/

f:id:nanoha3:20151203221627j:image




自宅  


f:id:nanoha3:20151203223025j:image

↑最新スペシャリテソドムの街」(友人命名)。低速(低温)調理した神戸牛フィレ肉で、適度に温めた雲丹とトリュフを包んで食べる。合計300gで原価2万。

いろいろ料理を練習したおかげで、2人でワイン込で原価10万を超える料理(キャビアは含めずに)も作れるようになった。

もちろんその食材にふさわしいレベルの調理レベルで。

レストランの原価率35%と、自宅の原価率100%をぶつからせると割と高級店相手でも自宅のほうが勝てることが時々あるのが、素材の偉大さ。

先日の食事会では、本体25cmサイズのスカンピの刺身出して、鮨握って、中勢以の熟成肉神戸牛フィレをカンテサンス方式の低速(一応低温?)調理で4時間焼いて出してと、色々やって好評でした。

こうしたイタリアン・フレンチ・和食ミックスができるのも自宅ならでは。

モダンフレンチで和食出てくるけど、さすがに鮨は出てこないし!!!




結論  


レカンに通おう。




なお普段はきしめん(79円)とか霞(0円)とかアジの握り16巻(鮨握る練習・250円)とか食べてます。




追記  


・機密情報

食べログミシュラン・各種レビューのTOPXX店の中でもおいしい店とは思っているけど、それ加えてソムリエ・シェフとの関係や、その関係の中でワイン・料理を選ぶセンスがないとお店の価値を完全に引き出せないので、店名くらいは別に秘密じゃないかなー、と(名前出してないお店はもちろんありますが)。

Narisawaのところに書いたように、どの店でも、客に店/ワインを理解するための素養が求めらえるので。

(教養のあるグルメ好きグループで行くと、参加者の誰かのアドバイスでめちゃくちゃいい会になる。アピシウスの30yシェリーはほんとこれで大感謝です)

アウトプットよりも思考プロセスや人のほうが価値があるから!(Classroom☆Crisisみたいな結論だ・・・!)

さらに追記:与えられることしか知らない生き方だと、そういう考え方になるのかもね。限られた席や愛情を誰かと奪い合うっていう。可哀想デレマス17話を見たほうがいい。


・おすすめお鮨屋さん id:gokkie さん

まだ模索中なので、自分はまだどこかの名前を書けるレベルだとは思ってないです。

ただ、各店で得意なものが違うので、選ぶときはそれが悩ましいなと感じています。

10店舗くらいの大将を同時に自宅に呼びつけて、それぞれ良いものだけ握ってもらうとかいう鬼畜のような所業になるかもと想像していたり。


マリアージュフレール

ダージリンとかよりフレーバーティー好きなので。それ以上の深い意図はないです。

フレッシュハーブティーとか、ルイボスにレモングラス混ぜたりとかも好きだけど!


・レセゾン id:hihi01 さん

残ってる煙草のにおいとお店のワインへの対応がちょっと・・・


・お酒飲まない人はどうしたらいいの id:droparound  さん

色々なジュースでとのペアリングがあります。

http://tabelog.com/tokyo/A1302/A130202/13166325/dtlrvwlst/7062648/

とかがやっているので、是非ー!

Tyo-nanTyo-nan 2015/12/19 21:34 おお!ソドムの人のブログか!うちのお正月はキャビア一人一缶をやるぞ!まずは、明日は鮨を食いに行こう。ラッフルズホテルに入っている鮨真次の塩イクラは最高!

nanoha3nanoha3 2015/12/19 22:57 Tyo-nanさん
キャビア1缶はシャンパンが進みそうですねw
鮨真次はやや遠いので、かねさかに行って塩いくら頼んでみます!
SGは良い鮨と焼肉(YAKINIQUEST)がそろって、どんどん日本食環境整備されてますね。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nanoha3/20151203/1449149500