魔法飛行

2004-10-14

[]『ソウルドロップの幽体研究』(上遠野浩平祥伝社ノベルス)

 私は上遠野浩平が好きなのだろうか、嫌いなのだろうか……何冊か彼の小説を読んでいるけれども、いつも「う〜ん……」と「苦手」と判定しそうになるのだが、途中で留まってしまう。かといって、上遠野浩平の書く小説が好きかと言えばそうでもない。微妙なところです。で、私の心情と同じように、本書『ソウルドロップの幽体研究』も微妙でした。上遠野浩平らしい、といえばその通りですが、なんか中途半端な印象。まあ、彼独特のセンスは、この作品にも発揮されているとは思います。