魔法飛行

2004-12-22

[]『しずるさんと底無し密室たち』(上遠野浩平富士見ミステリー文庫

 ずっと入院中の少女しずるさんと、よーちゃんが事件に潜む不思議な「ごまかし」を解いていくミステリ短編集。なんつーか、やっぱり上遠野浩平小説だなー、という感じがします。ミステリとしては、前半の2編が好みです。残りは……ちょっとなー。特に最後の「しずるさんと凍結鳥人」は――バカミスでしょう。それをもっともらしく見せるテクニックは確かにありますが。それから本書は次回の「もえたん」の課題本ですから、詳しくはそっちで。