Hatena::ブログ(Diary)

日本人妻・みのりin韓国 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-11-08 トホホ…間違えた

[]手話披露

私の住む鎮川にある、とある教会が外国人妻達のために催してくれた礼拝を開いてくれました。

何年も故郷に帰っていない家庭や、結婚後一度も帰っていない家庭を対象に、抽選で航空券プレゼント!!(去年は3家族、今年はなんと5家族)

もしてくれる、多文化家庭支援に積極的な教会です。


神父さんの説教が終わった後、歌や韓国伝統舞踊を披露。

そして、多文化家庭を代表して、私を含めた5名で歌にあわせた手話を披露してきました。


練習の時にはパーフェクトだったのに。。。

2回も、しかも、同じところで間違えちゃった・・・。

その上、手が震えてたし。


でも、皆に高評を受けたので、良しとしましょう!


それにしても、扇子を使った韓国舞踊は華やかでカッコよかった!デス。

多文化家庭支援センターの来年のプログラムに、是非入れて欲しいと話をしてみました!

カッコよく踊れるようになりたいッ!

外人が上手だったら、スゴイでしょ?!!

2010-11-03 やった!合格!!

[]韓国語能力試験

9月に実施されたこの試験は、世界一斉だったので、日本でも受けた方も沢山いらっしゃると思います。

私は、早くも韓国生活6年目となってしまいましたが、マトモに韓国語の勉強をしたことはありませんでした。

今年度は勉強をがんばるぞ!!

と、目標をたて、多文化体験講師の研修を受け、韓国語能力試験<中級>に励みました。

だけど、試験となるとやっぱり難しかった。。。

聞いたことも無い単語、表現の仕方、ことわざ、400〜600字の作文・・・。

30も半ばになってしまった、しかも、しばらく殆ど使われてなかった私の脳は、ヒィヒィ言っているような感じでした。

試験対策の授業を一緒に受けていた子達は、まだ20代。

年の差2桁は、やっぱりキツかったなぁ。。。

4月に勉強を始めましたが、当初は合格は到底無理な点数。

それどころか、時間内に問題を全部解き終われない、散々な状態でした。

3ヶ月もすると、問題にも慣れ語彙力や筆記能力も大分伸びたので、合格圏内に入るようになりました。


ところが、試験前夜は義父の誕生会で親戚が集まって食事会。

当然、その夜はだんなの実家、シデクにお泊りでした。

シデクではいつも良く眠れません。

その夜もやっぱり眠れず。。。

私は朝、必ずコーヒーを飲むのですが、シデクでコーヒーはあまり飲めず。。。

試験当日もやっぱり飲めませんでした。

寝不足とカフェイン欠乏の状態で望んだ、初試験でした。


過去問は10回分ほど解いていましたが、今回の試験は難しかった。。。

そうじゃなく、ただ私が『寝不足+カフェイン欠乏状態』だったからでしょうか。

中級でも点数によって3級と4級に分かれていて*1、レベルの高い4級合格を目指していましたが、無理そうだなとガッカリしていたんですが・・・


今日、合格発表でした。


4級合格ですー!!

でも、ギリギリの合格でした。

・・・ホッ。

努力が報われた瞬間です。


来年、上級に挑戦してみようかと思い始めましたが、ギリで合格だったから、きっと、次回も私の脳はヒィヒィと悲鳴を上げること、間違い無しでしょう・・・。

*1:初級:1級・2級、中級:3級・4級、上級:5級・6級、ビジネス

2010-11-02 多文化体験講師

[]小学校などを回ってます

春〜夏にかけて『多文化体験講師』養成研修というものを受けて、9月から周辺の小学校や幼稚園に実習で回っています。

多文化体験講師というものは、国(私の場合は日本)について紹介して、歌や遊び、言葉や民族衣装を着てみるという多文化教育と体験授業をする講師のこと。

説明をするときには、パワーポイントを使うんですが、何せ私はこれまでにPCといえばインターネットとメールだけにしか活用したことのなかった人。

いろんなところをいじりながら、結構な時間をかけて作った自信作は、評判。

遊びの体験で、私は『缶ぽっくり』をやってみることにしました。

缶ぽっくりは、来週の授業で、小学1〜6年生が対象。

どんな反応があるか、楽しみです。

今までやってきた授業では、けんだまがHITでした。

ほかに、竹とんぼも高評だったらしいけど、顔に当たって泣いちゃう子もいたりして、今後は登場無いかも。

安全第一ですから。

今年いっぱいで実習は終わるんですが、その後、私達はどうなるのかまだ知らされていない状態です。

具体的にまだ決まっていないのかも。

行き当たりばったりで、結構いい加減な感じです。

お国柄でしょうが。。。