ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

うさみ日記

2017-07-11

人の時間って有限だよね。という当たり前のことを、ある人のお通夜に行って思い出した話。

| 19:37 | 人の時間って有限だよね。という当たり前のことを、ある人のお通夜に行って思い出した話。を含むブックマーク

あんまり意識してないけど、

人の一生にはその内終わりが来るんだよ。

という当たり前の話を書きたくなったので書いておきます。


お通夜

先日、お通夜に行きました。

ある日曜日の18時から。

7月にしてはとても暑い日だった。


誰が亡くなったのか。

亡くなったのは、

ここ10年くらい仕事上の付き合いがある、

50代前半の男性。


知り合った当初はシステムの要件定義やらなにやら

とにかく打ち合わせが多くて、

毎週とか週二回とか、とにかくメールに電話に打ち合わせを多くした相手だった。

長時間に及ぶ煮えっ煮えのミーティング。

土日祝問わずの電話とメール。


落ち着いてるタイミングでエライ人に連れられて飲みに行って、

韓国料理屋さんでいっしょにあほほど食べて飲んだり、

スナックでカラオケしたりもした。


抜け漏れも時々あったり、

いつも同じところに誤字があるメールが来たりもした。

でも、なんというかにくめない人だった

(向こうが年上だから失礼な話だけど)。

裏表がないし、笑顔でいることが多い人だった。


去年の夏にがんの摘出のために入院して、

その後職場復帰して、ときどき打ち合わせもしたりしていた。

でも、前ほど真剣な打ち合わせじゃなくて、

大半は体調の話と休日の話になった。


検査は早めに受けたほうがいいですよ、とか、

どこのがんなら今は大丈夫ですよ、とか、

お子さんもう大きくなったでしょう?とか、

キャンプに行くならどこどこはおすすめですよ、とか。

丁寧な人だった。


第一報を聞いて、ああ、と思った。

少しして葬儀のお知らせが来た。

お通夜に行くことにした。


当日

家から電車で一時間くらいの、

新宿区にあるお寺に行った。

最近建て直しでもしたのか立派なお寺だった。


ご焼香の列は、本堂から次の間でも止まらず、

外の階段の下まで続いていた。

といっても十段もないような階段だけれども、

たくさんの人が来ていた。


その方の会社の人と少し話をした。

仕事関係、趣味関係、親戚、色々な人が来ているようだった。

ご焼香を待つ列ではすることが無いので、

色々考える時間になった。


列が進んで、

いつも見ていたあの笑顔そのままの遺影が見えた。

なんだか慌ててしまって、

あたふたしながらご焼香をした。

ちょっと長めに合掌していたので、

横の人とのタイミングがずれてしまった。


帰り際に、小さな展示コーナーが作ってあって、

バイクのヘルメットや、バイクに乗っている写真や、

楽器の演奏をしている写真があった。

サークルかなにかの仲間で大集合!みたいな写真もあった。


そうそう、

パリダカだかグラナダダカールだかに出た話を前に少し聞いたんだった。

すごいよね。仕事もちゃんとしてたのに、

休みをとって、そんなところまで行ってバイクに乗ってたんだよ。


尊敬できる、とても素晴らしい人だった。


思ったこと

あんまり意識してないけど、

人の一生にはその内終わりが来るんだよな、と思った。


教えてもらったキャンプ場は

予約がいっぱいでなかなか取れないみたいだけど、

いつか行ってみたいと思う。


■この手の話だとこんなのも書いてます

そろそろヒザキのじいさん(仮名)の話をしておこう - うさみ日記

そろそろ浦沢さんの話をしておこう。 - うさみ日記

笹野くんの話をそろそろしておこう。 - うさみ日記

2017-06-27

X-tech VRという勉強会に行ってきたよー。教育×VR、医療×VR、ファッション×VR。おもしろそうでしょ?

| 20:07 | X-tech VRという勉強会に行ってきたよー。教育×VR、医療×VR、ファッション×VR。おもしろそうでしょ?を含むブックマーク

非エンタメ領域におけるVR新規事業の作り方 〜【教育・医療・ファッション産業を変革するVRスタートアップが語る】VRによって新たに生まれる新産業とは 〜 | Peatix

というのに行ってきました。

タイトル長い。


この画像がシャレオツすぎて

「オラみたいないながもんがごんなどごさいってもいいんだべか〜」

とビビりつつ。


どんなイベントだったのか

近年メディアやニュースで話題に上がることが多いVR。VRというとゲームなどエンタメ領域で使われるというイメージを抱く人が多いかもしれません。一方で、VRを活用して、教育や医療、ファッションなどの非エンタメ領域でのイノベーションを起こそうとしているスタートアップ企業も生まれてきています。


そこで今回はVR×リアル産業の掛け合わせよってどのような新産業が生まれているか、その中でどのようにスタートアップや新規事業を立ち上げるべきか、VR特有の事業開発のポイントなどを教育×VR、医療×VR、ファッション×VRの非エンタメ領域で実際にイノベーションを起こしているスタートアップ3社をお招きし、事業作りにおけるポイントをお話してもらいます。

(peatixからコピペ)


で、登壇されたのは

・教育×VR:GIFTED AGENT合同会社 CEO  河崎 純真 さん

・医療×VR:HoloEyes株式会社 CEO兼CTO  谷口 直嗣 さん

・ファッション×VR 株式会社Psychic VR Lab CTO  藤井 明宏 さん

のお三方。

それぞれ15分ずつお話して、挙手でちょこっと質疑応答、

そのあと集まった質問を元に、パネルディスカッション。


結論といたしましては、超おもしろかった。

VRなんて、前にどこかの自治体が東京駅のkitteでやっていた

「VR手筒花火」と、

格安チケットがあって行ったサンリオピューロランドの

「VRマイメロード」くらいの私がですよ。


VR手筒花火は「手筒花火型のコントローラー」と、

画面の中の手筒花火があってなくてちょっと切なかった。

サンリオのは、HMD外して見たほうが楽しかった。

なんかペラくて。パラッパラッパー以上にペラくて


そんなズブズブの素人で「VR?くるの?どうなの?」くらいの私が見に行ったんです。

すると、「この先に期待だなー」と思うようになったし、

「どこかで実際に体験しないといかんな!」

というモチベーションを持つくらい楽しかった。


以下、手元のメモから箇条書き


ざーっくりこんな内容でした

河崎さん(教育×VR)

・キックボードで登場!

・15歳で家出してエンジニアになってスタートアップにいくつか関わって

・ヨルダンでシリア難民にVR体験

・オキュラスリフトのパルマー・ラッキーに褒められた

・SXSW

・「発達障害の人にVRコンテンツを作る技術を教える、社会企業」

・3Dプログラムや3Dデザインを教える

・発達障害でも空間認知やデザイン方面でとっても優秀な人がいる

・VRを教える学校と、VRを教育に活かすことが今後発展しそう

・学校:Gifted academy、VRアカデミー、tech camp

・教育:ボーイングが訓練時間75%減、スウェーデンの学校で歴史をVRで教える、

 ANAとか、ニコニコのN高校とか

・この辺についてはvrinside.jpというサイトがくわしい

・未経験の人はぜひ「Google Earth VR」を試して欲しい

・Gifted Academyをよろしく!発達障害じゃない人も受講できるよ


谷口さん(医療×VR)

・「CTスキャンの画像を3Dにして、VRで見えるようにする」

・いままでの外科医はCTスキャンの画像を頭の中でつないでいた、

 それを3Dにして目の前でグリグリ動かしながら見えるように

・手術前のブリーフィングにも、後進の教育にも

・体内!VR!

・都立墨東病院とNTT東日本関東病院で実験中

・「人口100万人あたりのCTスキャン台数は日本がダントツ1位」

・WEB講演会ができる

 「何をどうやって治すか」「どこをどう切るか」

・B向けVRの考え方

 −ビジネスのベースを「VR」に置かないこと

 −割りとカンタンにUnityとかでできる

 −既存のものをVRに置き換えるだけじゃない価値を

 −3D症例のデータ化

 −参入が難しいジャンルに、その道のプロと一緒に

  (実際に谷口さんは外科医さんと組んでらっしゃる)

 −エンタメ等C向けはヘッドセットを長く付けさせる方向だが、

  B向けは「ヘッドセットをつける時間を短く」がキモ

 −「VR酔い」にはコストをかけない、気にしない

 − サクッとプロトタイプを作って、ユーザとの対話にこそ時間をかける」

・ニーズは現場にある


藤井さん(ファッション×VR)

・「STYTY FASHION VR」12名でやっている

・実績はSXSW、パルコ、伊勢丹、toitoitoi!

・HMDを付けて、ヴァーチャル展示会

・その服に合った空間、ブランドイメージに合う空間

・ルックブックをVRで

・今のVRは

 −高精度で遅延を感じない

 −広い視野角

 −高リフレッシュレート

 −高い没入感が安価に得られる

・目指すところは

 「FASHION×VR×SHOPPING」→STYLY

・クラウド型VR空間構築/配信サービス

・今後はコミュニティを広げる

・クリエイター向けには無料

・分析等できるように、どこをどのくらい見たか

・VR内ではまだ購入できません


パネルディスカッション

Q:VRビジネスをやる上での参入障壁は?

谷口A:その業界のプロと組むこと。例えば外科医

藤井A:コミュニティを作ること

河崎A:今なら早い者勝ち(先行者利得)あと、特許とること


Q:どんな方法でどんなフィードバックを得てますか?

谷口A:病院の先生と話あながら作ってる

藤井A:展示会場に行って体験した人に話を聞く

河崎A:体験してもらって話を聞く


Q:VR、今後儲かりそう?

A:医療分野はお金のニオイ。ゲノムが見えるとか


Q:マネタイズはどのくらいのスパンで?KPIは?

藤井A:まだ先。KPIは体験時間

谷口A:年内には

河崎A:もう実際学校やってて黒字で、KPIは卒業生の就職人数


Q:VR知らないけど、今からでも技術者になれる?

A:技術力を高めれば今からでもOK!

  スマホアプリもそうだけど、

  むしろ今でしょ!

  数学とプログラムを勉強しよう


他、こまごまメモ

・2020年に18億円市場

・パソコンが思いと大変

・新しい人が出てこない

・これからは医療や教育からVRを!

・誰でもつかえるようにする

・なくても生きられるけどあると便利なものを

・バレットトレインっていうゲームとかヤバイ


質疑応答のしくみがすごい便利だった

ちなみにこのパネルディスカッション

sli.doという仕組みを使ってやってたんだけど、

これがとっても便利だった。

この前行った

うる水

で使っていたgoogle slideの活用も良かったけど、

甲乙つけがたし!な感じでよかった。


質問をスマホやパソコンから書けて、

イイね!を押されると、その質問が上に上に上がってくる仕組み。

お金周りのエグい質問を匿名で投げても

イイね!がつくと上にあがりますね。


X-Techについて

今回のイベントは

「20時から2時間の勉強会で2千円?参加少ないかな―」と思っていったら

60人くらい集まっててビビった。

今までは1年くらいエンジニアに向けてやってて、

今回は「エンジニアじゃない方」に寄せてやってみたそうでした。


ちなみにこのイベント主催者さんが作っている

「未来を愛する新規事業担当者のための情報サイト」

はこちらから↓

クロステック

別に新規事業担当者じゃなくても、

見ててふつうに「未来!」って感じでおもろいよ。


* * *


つーか2連続で勉強会ネタになってる。おかしい。

こんな人じゃないのに…。

念のため書いておくとこのブログはこういうのよりも

なか卯で「親子丼、汁無しで」という注文を見かけた話 - うさみ日記

みたいなのを書くために作ったブログですからね。

もっとくだらないことを書こう。



■勉強会関係だとこんな記事を書いてます

うるるさんの隔週勉強会「うる水」に行ってきた話。 - うさみ日記

大規模リニューアルプロジェクトの舞台裏 UX & Service Sketch #21というのに参加してきたよ。 - うさみ日記

「第6回ペパボテックカンファレンス?もっとおもしろくできる、そして……伝説の夜?」というイベントに行ってきたよ。 #pbtech - うさみ日記

CS JAM #1という勉強会に行ってきたよ。メルカリ、GMOペパボ、カイゼンプラットフォームのCSとは!? #csjam - うさみ日記


■このブログではこんな記事も読まれています

いじりやすい人になんでいじりやすいのか聞いてみたけどよくわかんなかったので考えてみた。 - うさみ日記

豚丼定食(豚丼、根菜のみそ汁、水菜のシーザーサラダっぽいサラダ)。おてがるレシピ。 - うさみ日記

アメリカの人と友達になって中野ブロードウェイをうろうろしてコーヒーを飲んだ話。 - うさみ日記

2017-06-15

うるるさんの隔週勉強会「うる水」に行ってきた話。

| 19:41 | うるるさんの隔週勉強会「うる水」に行ってきた話。を含むブックマーク

f:id:naoto_usami:20170614192814j:image

〜あらすじ〜

ある会社さんが社内勉強会を隔週でやってるけど部外者OKだって言うので、行ってきた。

そのアットホームさを強く感じ、また、「当事者意識」みたいなの、あるよねー、と思ったのだった。


ざっくり言うと何をしたんですか

うるるさんという

在宅ワークのshuftiとか幼稚園保育園用の写真販売サービス園ナビフォトとか入札情報サービスNJSSとかをやってる会社さんが、

隔週水曜日に「うる水(うるすい)」という社内勉強会をやってるんですよ。

過去開催の様子はここから


前からお仕事をお願いしたり、サービスを使わせてもらったり、

Pardotのユーザ会だったかPardotクリニックだったかに登壇してもらってたりしてたんです


んで、W村さんという人がいて、

Facebookで「社内勉強会だけど社外の人もウェルカムです」的なことを書いてたので、

アウェイわりと平気な私としてはムズムズ参加したくなり、

晴れてこの度参加してまいりましたよ。


どんな内容だったんすか

「新規事業ってさー」というテーマが静かに流れてる回だったんですよ。

社員2人と元社員の方が順番に10分くらい話して質疑応答、という流れでした。


お話されてた3人は、

・社内で新規事業立ち上げを立て続けにやってる方

・よその会社からうるるに来て新規事業をやってる方

・うるるを卒業して新しい会社を立ち上げた方

の三人。

「過去、現在、未来」みたいでかっけーね。


1:社内で新規事業立ち上げを立て続けにやってる方

・「おれのHARDTHINGS」というかっこいいテーマでスタート

・Shuftiは最初だれも使ってくれなくて―

 →ウソをつかず地道に集客した

・前職のサービスはニーズあったけどお金にならなくてー

 →別サービスを作ってその付帯サービスにした

・園ナビフォトは登録の園が増えたけどお金になかなか…

 →リソースの配分を変えてトライ!

・「気合と根性」といいつつ

 「気合を入れたまま折れない工夫も大事」的な話しもあったり。

 (期待しすぎず力を抜く、信念を持つ、最悪を想定もする、人の心の弱さを理解し気をつける)

・そしてまとめは

 「新規事業をやってる人にやさしくしてあげて!」

 これ、素晴らしい。


新規事業に関わったことのある人なら誰でもウンウンうなずくとこだと思う。

でも、新規事業を立ち上げる人って、次から次へと立ち上げにかかわるのよね。

タフガイにはタフなヤマが降ってくるんです。


2:よそからうるるに来て新規事業をやってる方

入札資格管理支援サービス

というサービスを担当してる人でした。

この人おもしろくて、

「元々よその会社にいて、入札資格管理ってメンドクセー」って思ってて、

いまはうるるにいて、同じようにメンドクセーって思ってる人々を救うようなサービスを提供している。


そうそう、過去の自分を救うような仕事をしている。

この人の動機がほんと素晴らしくて、QAの時間に

「なんでなんでもやるの?」と質問されて、

「自分が作ったサービスだからかな?」って答えたんだけど、

これは愛ですよ愛。LOVE。


「当事者意識」ってキーワードがこの日何度か出てきたけど、

この人ホントに「当事者」だった。

「当事者意識がない人はどうやったら芽生えますか?」って質問には

「小さい成功体験をさせて好きになっていく」と答えてたけど、

それはこの人ほど強いモチベーションにならないかも、とか思った。


ほら、ジャンプマンガのワンピースのさ、

サンジみたいな話ですよ。

本当の空腹を知っているのかどうかが動機。

でもムリヤリごはんあげないのも違うんだよねー。


3:うるるを卒業して新しい会社を立ち上げた方

ペライチという、

WEBページ作成WEBサービスを作って運営する会社を立ち上げた方のお話。


・きっかけは友達が『某ームページビルダー16』を使ってて、むっちゃ不便そうだった話

・海外初の同じようなサービスがあったけどイケてなかった話

・ないから作っちゃえと思った話

・「自分が解決できて人が困ってることを解決する」話

この人も「当事者!」な人だった。


んで、この方(元社員)に対するQAが前二人(現社員)よりも辛辣で面白かった。

「サービスリリース直前に資金ホニャララ」とか

「ずばり今の年収は」とか

「尊敬している経営者は(うるる以外)」とか

「将来目指すはIPO!?売却!?」とか。

「うるる時代に作った闇はありますか?(イケてなかったプログラムの話)」とか。

やめた人とそんな話ができる関係ってちょっといいじゃん。


感想をざっくり

横のつながり感

横のつながり感がすごいイイ会社さんだなー、と思いましたよ。

うるるさんのコーポレートメッセージには

「会社はホーム、社員はファミリー」

って書いてあるんだけど、

それを体現するかのような会だった。


これ、一歩間違えると

「家族のためにがんばれ!」的なダークサイドに落ちそうだけど、

そうはなってないように見えたなー。


3人目の方にしても、

「卒業」というか「家を出て自分の家を建てた家族」みたいな扱いなんですよ。

いい空気。


横にいる社員同士の距離感が近いだったり、

イイ感じの無駄話がしやすそうな感じだったりね。

「同僚が前で発表してるときにピザやおやつをつまめるか」

みたいなところとかね。


一朝一夕には作れない文化みたいなものを感じた。

無職の友達がいたら勧めてみたいくらい

(断られるかは置いといて。)


「当事者意識」みたいな話

これは新規事業に関わらない話だけど

当事者意識がもたらす差を大きく感じた日だった。

モテたいモテたい言いながら何もしない人と、

モテたいモテたい言いながら次々なにかを試す人の差みたいな。


集団の全員が強く当事者意識を持ち続けるのって、

人数が増えていく上でのテーマですよね。

前に行ったメルカリさんのCS勉強会でも

・「お客さんの幸せ」を言う人はいても「自分の幸せ」と言う人がいなかった

・受け身姿勢。待ちガイル

って自分で書いてるけども、ほんとそうだよなー。と思う。

自分の幸せのために自分が行動するはずなのにね。

当事者意識、摩訶不思議


おまけ:QAの集め方と答え方が超カッコよかった

私これ知らなかったんですが、

Google Slidesでプレゼンモードの時に

「QA」ができるモードがあるんですね。


プレゼンテーションの開始」→「プレゼンタービュー」→「新しいセッションを開始」

って操作すると

ステキなQAフォームが出来上がるんですよ。

ブログのコメント欄みたいなやつね。


これをQAじゃなくて「質問募集フォーム」みたいにして

みんなにシェアして使っていた。


見てる分には粛々と発表者が話をしてるんだけど、

裏でこのアドレスが共有されて、

流れをとぎらずに、しかもタイムリーに質問がされる。

ビールを飲みつつ、ピザを食べつつ。


これ、すごい便利そうだった。

あらためて記事書くかも。


そんなこんなで

結論としては、行ってよかった。

前日はPardotユーザ会で司会、

翌日は朝から健康診断というなんだかすごいタイミングだったけど、


2017年の仕事のこととか私事のこととか。 - うさみ日記という以前書いた記事に

「勉強会に参加するんだー」とか「大阪のおばはんっぽいメンタルでずけずけいくんだー」

みたいなことを書いてたけど、行ってみると楽しいよね。


■勉強会関係だとこんな記事を書いてます

大規模リニューアルプロジェクトの舞台裏 UX & Service Sketch #21というのに参加してきたよ。 - うさみ日記

「第6回ペパボテックカンファレンス?もっとおもしろくできる、そして……伝説の夜?」というイベントに行ってきたよ。 #pbtech - うさみ日記

CS JAM #1という勉強会に行ってきたよ。メルカリ、GMOペパボ、カイゼンプラットフォームのCSとは!? #csjam - うさみ日記


■このブログではこんな記事も読まれています

いじりやすい人になんでいじりやすいのか聞いてみたけどよくわかんなかったので考えてみた。 - うさみ日記

豚丼定食(豚丼、根菜のみそ汁、水菜のシーザーサラダっぽいサラダ)。おてがるレシピ。 - うさみ日記

アメリカの人と友達になって中野ブロードウェイをうろうろしてコーヒーを飲んだ話。 - うさみ日記

2017-06-02

Office365のシェアポイントを開こうとしたら「安全な接続ではありません。」というエラーが出てしまった話。ただし、firefoxでのみ発生

| 19:00 | Office365のシェアポイントを開こうとしたら「安全な接続ではありません。」というエラーが出てしまった話。ただし、firefoxでのみ発生を含むブックマーク

何人かの方から

「Sharepointが開きません。

 安全性がなんとかという表示が出てしまいます」

という話をもらいました。


結論から言うと

「Firefox以外を使えば大丈夫」

です。


Firefox以外で見てね!

一応補足しておくと、

ChromeでもOperaでもSleipnirでもVivaldiでも

なんでもいいけどFirefox以外ならいいみたいです。


この結論に至ったのは、

調べてみるとFirefoxで見ている人だけ

「安全な接続ではありません」

という表示がされていたから。


Firefoxがバージョンアップに伴い

セキュリティ関連の対策を強くしていたようです。

そのため、開くのに時間がかかったり、そもそも開けなかったり、

という状況がおきていた、ということでした。


ブラウザが悪いのかSharepointが悪いのか

ただこれビミョーな話だなー、と思っています。

だって、天下のMicrosoftが作ったクラウドサービスがだよ?

「安全な接続ではありません」って言われて入れないんだよ?

どうかしてるぜ。


まあ、Office365はドメイン転送されまくってるっぽい

時とかあるからしょうがないのかもしれないよね、

とも思う。けど。

ふつうに使いにくいです。


そう思うとG-suiteはこの手の表示が出にくいねー。

設計思想の違いとか、

今までやってきたこととの関連をつけなきゃいけなかったり、

というところが違うんだろうけどね。


ともあれ、私はとにかく、

なにごともシンプルなほうが好きです。


■IT周りの話だとこんなのも読まれてます

新しいフォルダを作るショートカットは「Shift+ctrl+n」!時短!的な話。 - うさみ日記

「閉じたタブを再び開く」時は「Shift+Ctrl+t」でできるよ。という、知らないと人生損する話。 - うさみ日記

無料でwebアンケートを作るならGoogle driveで作るがいいわ! - うさみ日記


■このブログではこんな記事が読まれてます。

iPhoneが充電されない。そんな時、クリップ一つで回復させる話。 - うさみ日記

プリンタのジョブを消す。「印刷ジョブが消せない!」「プリンタが削除できない!」と言う時の対処方法。 - うさみ日記

スタジオで録音したデモ音源のボイスメモをiPhoneからLINEで送るにはGoogleドライブが鼻血出るほど便利だと気づいたの、という話。 - うさみ日記

2017-05-24

タイトルタグの重複とかh1の重複を検出するならScreaming Frog SEO Spiderが超便利ってなんで誰も教えてくれなかったのよっ!

| 19:00 | タイトルタグの重複とかh1の重複を検出するならScreaming Frog SEO Spiderが超便利ってなんで誰も教えてくれなかったのよっ!を含むブックマーク

広く浅い範囲をカバーするような

「社内システム担当兼マーケター」みたいな仕事をしていると、

時々『これなんで誰も教えてくれなかったんやっ!』みたいなことが起きるんですよ。


今まで調べてなかっただけですけども!


SEOについてざっくりおさらい

んで、今回は、SEOのお話です。

検索エンジン最適化ね。

あの

青山一丁目 首コリ」とかで検索すると、

橋本先生の足圧治療院

検索結果の一番上に出てくるあれ。

ここ、足で全身を踏まれるのがほんっときもちいいんすよ

(頼まれてもいないのに[PR])


あ、で、そのSEOをやるうえで

「まったく同じページが同じサイト内に複数ないか」

みたいなことってとても大事とされてるんですね。


SEOを本に例えてみる

だってそんなの本で言ったら

乱丁・落丁の「落丁」でしょ?

ページめくったのにもう1ページ同じページがある!みたいな。

まさかおれの本だけ時間軸が狂っているとでもいうのか!?

とか、中二っぽくなっちゃうじゃん。


じゃなくて、そんな落丁だらけの本があったら、

人におすすめできないでしょ?

Googleさん的にも、同じ内容のサイトが二つあって、

方や落丁だらけ、方や落丁なしだったら、

落丁なしの方をおすすめするでしょ?


便利なツール、その名は「Screaming Frog SEO Spider」

んで、ですよ。

今までイマイチ使いにくいツールを使ったり、

チコチコっとソースを見てはリストを作ったりしてたんですよ。

めんどいの。


そんな私が今回知ったのは

Screaming Frog SEO Spider

っていう、なんかもうミッシェルガンエレファントの曲タイトルみたいなツール。

略しちゃうとSFSSってなって、なんか締まらない感じですが。


使い方は

・上記サイトを開く

・SEO Spiderって書いてあるところにマウスオーバーしてDownloadをクリック

ダウンロード

・ダウンロードしたファイルを開いてハイハイ次次とインストール

・C:\Program FilesとかC:\Program Files(X86)あたりにフォルダができるので、

 その中の「ScreamingFrogSEOSpider.exe」をダボ―クリック!

・デカいカエルのロゴが出て一瞬ビビる

・規約にAccept(初回のみ)

URLのところ(Enter url to spiderって書いてあるとこ)に調べたいサイトのURLを入れてSTARTあるいはENTER

・Page titlesとかH1のタブをクリックする

・「Filter」って書いてあるとこの横のドロップダウンメニューで「Duplicate」をクリック

するとどうでしょう。

例えば、ページのタイトルが重複してるページがズラーって(重複があれば)でてくるっすよ。


たとえばこのブログで言うと、H1っていう一番大きい見出しが

「うさみ日記」になっちゃってるページが

むっちゃっくっちゃっ重複してるのがわかったりね。

ハズカシー!やめてよっ!

みたいなことがわかるんです。

「おいおいうさみ氏、第二章と第三章の見出しが同じですぞグフフ」

みたいなね。さーいてー。


f:id:naoto_usami:20130321184630j:image


とかいう記事をね、

とかいう、内容はわりと役立つけどふざけた文体の記事をね、

仕事関係の人も最近見はじめているこのブログで書くあたり、

私の勇気をみんなもっとほめたたえてもいいと思うんですよ。ねー!


ちなみに、最近もっとメルマガとかWEB上の文章とかの書き方をよくしていきたいと思っている。

誰かおすすめの本があれば教えてください。

SEO的にも人的にも見ていい文章、書けるようになりたいじゃないっすか。


■SEOとかがちらっとでも絡む記事だとこんなのも書いてます

Formhandlerをiframeで読み込むやつがとっても便利。Pardotの話です。 - うさみ日記

とある業界の不思議現象、あるいはSEOとかの話、あるいは緩やかな種の死。 - うさみ日記

カサス!という勉強会に参加してきたよ #CS618 - うさみ日記


■このブログではこんな記事が読まれてます

卓上名札あるいはセミナー用席札のテンプレートをパワーポイント用に作った - うさみ日記

「重要:PCのパフォーマンスが低下しています。無料のWindowsスキャンを実行してエラーを全て除去しましょう」とか言われたら。 - うさみ日記

34歳男性、低体温から脱却するためにやってる4つの実験。 - うさみ日記

いちばんやさしい新しいSEOの教本 人気講師が教える検索に強いサイトの作り方 (「いちばんやさしい教本」シリーズ)