Hatena::ブログ(Diary)

naoyaのはてなダイアリー

August 25, 2005

Yahoo! Japan がグーグル型に

検索サイトのヤフー日本法人は人手を利用して登録したサイトを優先的に表示する方式をやめ、10月にも検索を完全自動化した「グーグル型」に切り替える。人手を利用する方式は創業以来、採用してきた。自動検索の精度が上がるにつれグーグルが閲覧数を伸ばしており、ヤフーもライバルの方式に改める。

NIKKEI NET:企業 ニュース

Yahoo! Japan (以下 Yahoo!)の検索結果が変わる、というニュース。

現在Yahoo! では、特定のキーワードでの検索に対しては、サーファーが収集して構築したディレクトリの内容を表示するようになってます。例えばブログみたいなメジャーなキーワードがその一例。そのディレクトリに登録されている件数が多い場合には、ロボット検索の結果は次ページ以降に表示されます。

で、これがグーグルのように、人手によるディレクトリではなく、YST 独自のアルゴリズムに従った検索結果に切り替わるという話です。

一見すると、Yahoo! Japan の検索結果が変わるのかあ、ぐらいでスルーしがちなニュースですが、この変更は日本のウェブのトラフィックの流れや、ウェブの主流ビジネスである広告分野に与える影響は非常に大きいと思います。今回予定されている変更で、ロボット検索への SEO 効果の高いサイトが、Yahoo! Japan から得るトラフィックの量が増える結果になるからです。

なぜGoogleではなく、Yahoo! JAPANか? という話を以前にも記したとおり、日本の検索サービス市場においては Yahoo! がそのシェアの大半を持っています。またRSSフィードはウェブ広告にとって善か悪かでも少し触れたように、コンテンツマッチ広告などの部類では、Yahoo! からのトラフィック流入がその成否の鍵を握っています。

単純にディレクトリ検索が表示されていた分がなくなってロボット検索に切り替わった、というだけで、ウェブ全体でのトラフィックの入出量は変化することはないでしょう。重要なのは、ディレクトリ検索の結果が表示される検索キーワードは、メジャーなキーワードであり、広告の単価が高いものが多い、という点です。

単価が高い広告が出やすいワードは、商業的価値が高く、そこに広告を出したいと思っている人が多いワードです。その検索ワードによるトラフィック上はビジネスチャンスが大きいということで他のトラフィックとはちょっと異質なんですね。そのトラフィックが、これまでは人力で登録されていたサイトにのみ流れていたところが、他の検索結果同様いろいろなサイトに流れるようになる、ということです。その他の検索エンジンの結果が変わってもそれほど大きな動きにはならないでしょうが、Yahoo! が、というのであれば話は別。その影響力はとても大きい。

ディレクトリに登録されていたことでトラフィックを確保していたサイトにとっては困るニュースでしょうし、逆に、メジャーなワードでかならずひっかかりそうなサイトを公開してたにも関わらず、ディレクトリ検索の結果が挟まってるが故にYahoo!からトラフィックが流れてこなかったサイトにとっては棚ぼたのようなニュースなんじゃないかな。blog で Google AdSense とかアフィリエイトとかやってる人は、この変更の後にレポートの内容にちょっとした変化がありそうですね。

追記

どうもネタ元では随分記事の内容が削られているようす。日経本紙にはもっと色々書いてあると、surveyml にポストがありました。ちと上記の話を断言するのは早すぎかもですね。もう少し詳しい情報を見てからまたまとめます。

bikiniprobikinipro 2005/08/25 14:10 「移行後も従来型の表示をボタン一つで切り替えることができる。
ディレクトリ型も引き続き続ける。」と補足して今日の朝刊に書いてありましたが、そこまで詳しい記事でもなかったです。