Hatena::ブログ(Diary)

naoyaのはてなダイアリー

November 06, 2005

Amazon の強さの秘密について考える

昨日 Amazon がなぜ強いかという話にちょっと触れたところ結構ブックマークされたようで、その反応がいろいろあって面白かった。言葉足らずだった部分も含めて、僕が Amazon がなぜ強いかについて考えるロジックをここにまとめてみたいと思います。

まず、実感を持ってもらうために以下のリンク(すべてサーチの検索結果です。) を実際にみてみて、Amazon.com なり Amazon.co.jp なりがどの辺りの位置につけているかを確認してみてください。

おそらく、楽天やほかのどのショッピングサイトよりも先に Amazon のリンクを目にすることかと思います。ここで羅列したキーワードは、Amazon が有利になるよう特に恣意的に選んだものではなく、いま僕の目の前にあった物を入力しただけである、ということをご理解ください。

日本国内では Google よりも Yahoo! の方がサーチのシェアは高いわけですが、実際両サーチのバックエンドの検索エンジンの仕組みは、細かなアルゴリズムの違いこそあれ、バックリンクの評価をコアにしている点で同じであり、おそらくどんな商品でも Amazon が出てくる位置というのはそれほど差はでないかと思います。

Amazon がいかに SEO に強いかということはこれで実感いただけるかと思いますが、それだけだとロジックにちょっと弱いので、ここからつけたし。

Amazon が低価格で安い、また配送料無料、品揃えも良いというのは確かにそのとおりで、間違いなくそれは Amazon の強みだと思います。

その一方で、じゃあ楽天はどうかと言われたら、楽天だって安いし、購入金額によっては配送料が無料になる。ポイント還元もあるし、品揃えで言ったら Amazon にはないカテゴリのものも大量に扱っていたりもします。楽天以外にも、同様のクオリティをもったサイトは探せばほかにもいろいろあるかと思います。

さて、ここで考慮しなければいけないのは、じゃあお客さんはどうやってお店を知るのか、という点。マーケティングだと認知段階とか言うあたり。Amazon や楽天がいくら低価格、サイトが使いやすいだなんて言っても、まずはそれを使ってみないことにはサイトの良し悪しなんてものは理解できません。

Amazon も楽天も知らない人が、そこにたどり着く経路は? と聞かれたらおそらく多くの人が「検索エンジン」と答えますよね。で、ここでマーケティング上、売り上げに最も貢献すると思われるマジョリティ層の行動を考えてみるとうまく繋がります。

Yahoo! Japan の検索語句の上位にいつも「Google」が入っているというのをご存知でしょうか。笑える話ですが、ほんとの話です。要は、Yahoo! Japan を利用していると思わしき層、つまりはマジョリティ層は、他のサイトに行くために常に検索エンジンを利用している。ということは、おそらく商品を探すときに、商品名で検索される機会というのはかなり多いことでしょう。

そのとき、そのユーザーが Amazon を知る機会、あるいは Amazon に辿りつく機会は、他のショッピングサイトに比べて圧倒的に多いのは前述のとおり。つまり、Amazon は検索エンジンに最適化されることで、認知段階で他のショッピングサイトに圧勝しているわけです。

なぜ Amazon がそこまで SEO されるのか。それにはアフィリエイトとWebサービスなどのシステムが強くかかわっています。(この辺も参考)

こうして考えると、Amazon は低価格だし品揃えも良いし、サイトも使いやすい総合力のあるショッピングサイトだと考えることができます。そして、他に総合力の強い競争相手にはない武器として、認知段階での強い導線を持つことに成功している、と結論づけることができるかなと思います。

以上、駄文でした。

kinowkinow 2005/11/06 21:23 アマゾンの強みの1つにアフリエイトがあると思います。
最近、ブログで紹介されている本とかDVDを良く買う
のですが、そのブログのリンク先のほとんどは
アマゾンです。で、そのまま購入に至っている。
この流れってかなりの量になるのではと推測します。

【りりぃ】【りりぃ】 2005/11/06 21:25 amazletツールを使わせて頂こうと思ったのですが…画像の大きさを変える事は出来ないのでしょうか?

jwojwo 2005/11/06 23:15 SEOはamazonが目指した結果として起こったことです。amazonの徹底した顧客中心指向に触れないのは不十分。

ryu1roryu1ro 2005/11/07 00:11 おすすめの商品のシステムとか、アフィリエイトだとか、ユーザーによる評価のシステムなどなど、売れるための仕組みをどこよりも貪欲に、どこよりもいち早く実現している点が、amazonが強い理由なのではないかと、思っています。

mentimenti 2005/11/07 10:12 確かに書籍やDVDを買ったり調べたりしたいとき、気が付くとAmazonのページが開かれていますね。
今既にそうなりつつ有りますが、完璧に定着して、
このまま「ググる」「ヤフー」等のように、一般名詞化するかもしれませんね。

今時おっさんでも「ヤフー」だけは知ってますからね…。

furuyanfuruyan 2005/11/07 15:33 僕の視点はちょっと違っていて、Amazonと楽天のビジネスモデルの違いだと思ってます。
Amazonは自社で巨大な物流センターを持っていて、最速24時間以内の発送が可能な体制を整えている(参照:http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000047715,20090023,00.htm)のに対して、楽天は楽天自身が商品を販売しているのではなく、「楽天」の名前の下に様々な店舗が入店している形態をとっているため、商品の発送作業やCRM的機能(商品のレコメンドなど)は各店舗に任されているところが一番の違いなんじゃないですかね?
ただ単にSEOによってAmazonが検索されやすいからというよりも、オンラインでのショッピングはAmazon、楽天、Yahooのサービスのどこに囲い込まれたかによって、Amazon派、楽天派、Yahoo派などに分かれているように思うのですが...。

sunakawasunakawa 2005/11/07 15:44 アマゾンの強みの本質は、マーケッターが経営者であり、その理念や経営方針にこれが
強く影響しているからだと思います。

人がものを買う心理として、「自分の意思で買う決心をする」という人は全体の25%ぐらいだそうです。裏を返せば、75%もの人が「人からの薦めでものを買っている」ということです。
これはマーケティングを学んでいる人でしたら、熟知していることだと思います。
いわゆる、「口コミ」「紹介」「アフリエイト」ですね!

「検索エンジンに最適化」しているのではなく、アマゾンの企業体質というか企業文化で
webサービスを進めた結果が「検索エンジンに最適化」されたのではないでしょうか。

naoyanaoya 2005/11/07 15:53 みなさんのおっしゃる部分も含めて、アマゾンは総合的に強いんだと思っていて、でも総合的に強い、というだけじゃ楽天やほかのショッピングモールとの差別化要因は何か、という結論には達しない、じゃあそれはなに、ということで認知段階で他の企業に勝ってるから、というのが僕の論旨です。

伝わってないかな?

sunakawasunakawa 2005/11/07 16:28 アイドマの法則を知ってもらえば、よりnaoyaサンのいいたいことが
伝わるのではないでしょうか。

http://www.mitsue.co.jp/case/marketing/02.html

otsuneotsune 2005/11/07 16:28 前日のamazonにおける売上800億円と紀伊国屋の売上1184億円という話題が「流通高」だとすると、楽天市場で比較するべきなのは「売上高」では無い。(楽天の流通高はhttp://www.rakuten.co.jp/info/ir/finance/indicator.html 参照)
だからこの記事は「楽天はしょぼい」というデマというか誤解が広まるのではないかというツッコミ。

kohtaroh53kohtaroh53 2005/11/07 16:31 タイミングよくこんな記事もでています。ITmedia『http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0511/07/news023.html』

hi-rockshi-rocks 2005/11/07 16:47 だから、本質とか体質とか戦略とかの違いはもちろんなんだけども、それは置いといても、結果として安定して検索結果の上位にくるようになってることが、現在のAmazonの強さを支えてる、ってことをnaoyaさんはおっしゃってるわけですよね。
他のみなさんがおっしゃってることと矛盾するわけではないと思いますが。

yoyo 2005/11/09 00:09 結果に対して難しい理由をくっつけたがる人は多いですが、Webでの成功の第一歩はいかに露出するかであって、検索エンジンを入り口している人が大半なわけだから、商品の質や、サービスをしらない初心者でもAmazonに行き着くんですよね。だから、naoyaさんのいうことがわかっている所はこぞって、まねてWebServiceやアフィリエイトを始めようとしてます。

hi-rockshi-rocks 2005/11/09 11:09 今更ですが、ちょっと補足。
↑の自分のコメントだと、naoyaさんにつっこんでるようにも読めるかと思いますが、そうではなくてその逆ですよ、ということで。