Hatena::ブログ(Diary)

naoyaのはてなダイアリー

March 06, 2008

ソフトウェア技術者としての残り時間

年始の NHK でのイチロー特集番組を見ていて一番印象に残ったのは、他の人の道具を絶対に触らないというイチローのこだわりでした。曰く、人の道具を触るとその道具の感覚が体に残ってしまい、自分の道具を利用するときの感覚の妨げになるから、ということでした。全体を通して、イチローは他のプレイヤーとの相対的な競争の中に身を置いているのではなく、絶えず自分を改良し続けるという過程の中にいるのだというのがよくわかる内容でした。良い番組だったと思います。

気づけば自分も 30 歳になりました。まだ若いとは思っていますが、さすがに 20 代の頃に比べると、病気や怪我の治りが少し遅くなったと感じることもあり、少しずつ自分の人生、「死」ということを考えるようにもなりました。時間は有限ということが少しずつ実感できるようになってきました。あるいは実感できるようになってしまった、と言った方が良いかもしれません。

ここ数年は「継続は力なり」という諺がとても本質的な言葉だと実感する日々でした。はてなのサービスは、継続して開発/改善を続けているサービスは盛り上がりを見せますが、途中で息切れしてしまったサービスなどは、不思議なことにその瞬間から下降線を辿ります。ソフトウェアの世界で継続が実を結んだ例というのをいくつも見てきました。昨今の代表例は、やはり 10 年間開発を続けて来た結果である Ruby でしょうか。

継続が力となることが分かったところで時間が有限であることもまた分かり、では限られた時間の中で何かを成し遂げるには、その何かを継続しなければならない、つまりそれは、何かを捨てて何かを選択することなんだということも思うようになりました。頭では分かっていましたが、それを肌で実感するようになったのはやはり、年齢的なものが大きいのかもしれません。

インターネットは情報の伝達速度をどんどん速めます。ブログに始まり、フィードリーダーやソーシャルブックマークやミニブログなど、個人をエンパワーメントするツールの進化は止まることを知りません。しかし、情報は自らを成長させるエネルギーであるとともに、自らを躊躇させる罠でもあります。イチローがほかのプレイヤーの道具に触れないのと同様に、どこかで割り切ってそれら罠にかからないよう、距離を置く必要があるのだろうと思います。

自分は残った時間で何を選択して継続すべきか、そういう岐路に立っているのだと思います。京都に来て一週間が経とうとしています。何を選択するかを考え続けたり、ライフワークとして何か継続するための土地としては悪くはないな、と感じています。何が自分にそう思わせるかについては、まだ自覚的ではありません。

最近感銘を受けた文章を二つほど引用して、お茶を濁すとしましょう。

刺激を受け過ぎない

大型書店に足を運ぶと,大量の書籍に圧倒されます。また,高度な内容のブログを読むと,著者の知識や技術への理解に圧倒されることもあります。こういった刺激はプラスにもなりますが,あまり刺激が多過ぎると,焦りを感じて自信を失ったり,ほかの人がやっていることや流行に振り回され過ぎる危険性もあります。自分のペースで地道にやるには,刺激を受け過ぎないことも大切なようです。

プログラミングの光景:第3回 日常的な学習について|gihyo.jp … 技術評論社

ソフトウェア技術者の世界は脅迫に満ちている。「xxを読んでいないと駄目だ」「yyを経験していないやつは使えない」「zzは教養だ」など。ただ、こういう事を言っている本人はxxを読んでいるし、yyを経験しているし、zzを知っている。つまりこの手の脅迫は単に話し手の自己肯定の為に発せられることが多い。

こうした理由から、真に学ぶ価値がある技術は自分で見つけなければならない。それを誰かに教えてもらうことは不可能である。ただ言えることは、”誰かが知っているから学ばないといけないような気がする技術”を学ぶことに翻弄してはいけないということだ。

”技術者”の解放 - ひら

ffmpegffmpeg 2008/03/06 21:10 30歳か若いな。
30歳ですでに名前がでた人間は幸せやで。
男の30歳は女でいうたら、20歳か22歳。番茶も出ばな。
まだまだええ味出したってや。

なまえなまえ 2008/03/06 23:33 ffmpegかっこいい

nomushunnomushun 2008/03/07 00:46 ITの世界は刺激が多過ぎますよね、ほんと。

yappoyappo 2008/03/07 01:00 角度を変えた言葉にすると
踊る大捜査線の室井さんの「自分の信念を貫け」って言葉そのまんまですね。
好きを貫けでもなんでもいいけど、結局そういう事だよね。

TodoTodo 2008/03/07 03:38 刺激は受けるべきだし、その脅迫は正しいよ。

memongamemonga 2008/03/07 10:00 だが刺激の受けすぎによって悪影響もあるから気をつけなさいよ
って話をしているのだよ。
時と場合によっては、刺激は良くもあるし脅迫も正しくなる。
でもそんなこと言われなくても分かってるって前提だよ。

なんでツッコミさせたくなるコメントすんだよ。釣りかよ。

anavasisanavasis 2008/03/07 10:12 技術としては常に刺激を受けることは良いと思うけど、それを鵜呑みにしてユーザーがついて行けないようなサービスを作ってしまうところが多いよね。
刺激を受けつつ自分達のサービスを利用しているユーザー達に違和感のない新しい提案ができれば最高ですね。

inpotaninpotan 2008/03/07 11:11 刺激をうけようとして、1日5回以上もオナニーしてたらイザというとき勃たなくなってしまいました。バイアグラもイマイチ効きません。

過食症の人が腹も減ってないのにとにかく食べまくるように、
漏れも大して発情してないのにオナニーしまくるのが癖になってます。

チンコが半勃ちの状態でいつも無理やり搾り出すようにイってますが、
これがマズかったのでしょうか。

なまえなまえ 2008/03/07 12:08 >男の30歳は女でいうたら、20歳か22歳。番茶も出ばな。

それなんて差別発言?
最前線で男並みに働いてるような女ってどうなるんだ?www
(揚げ足取りみたいですまそ)

mahbomahbo 2008/03/07 12:32 > それなんて差別発言?

日本社会ではそれだけ男に対する社会的責任が大きく、30歳程度ではまだまだ不十分だという意味でしかないのでは。男と同じだけの社会的責任を負った女ならば、同じように30歳程度ではまだまだ不十分という事には変わりない。

男と女は肉体的にも社会的にも立場が異なるのだから、片方の尺度で考えたらあかんと思うよ。

なまえなまえ 2008/03/07 12:35 > 真に学ぶ価値がある技術は自分で見つけなければならない。

それはその通りなんですが、価値のある/ないを自分で見つけるためにはxxやyyやzzを知り、本質を理解しないといけない訳で、更にそれらの本質を理解するためにはxxxやyyyやzzzを・・・というジレンマがあるので、要は他人の言うxxやyyやzzを鵜呑みにせず、且つ無視せず、受動的ではなく能動的に「本質を理解するぞ」という意思を持ってxxやyyやzzに取り組む事が大事だと思いますよ。

heroheroponheroheropon 2008/03/07 13:11 とっくに30を通り過ぎた私が通りますよ。

たしか「ビジョナリーカンパニー」に出てくるソニー創業者の言葉「消費者の言葉に振り回されるのではなく、新しい技術で消費者をリードしていくのが我々の使命」というのを思い出しました。

ついでにSteve Jobsも、自伝本の中でiPodを開発するときに「消費者は自分が何を欲しいのかを実はわかっていない。我々が理想だと思うものを作ればいい。それが消費者をリードするのだ」と同じようなことを言っていましたね。

人生も、回りに振り回されるのではなく、回りに影響を与えていける人になりたいものですね。(回りを振り回せ、という意味ではない。よ)

debianjpdebianjp 2008/03/08 03:00 >>自分は残った時間で何を選択して継続すべきか

同感です。私もいつも考えています。

xyzzyxyzzy 2008/03/08 11:36 40過ぎるとまた違った世界が開けてくる。前には簡単に学べたことが、すぐにできなくなる。
業務は増える一方限られた時間でできることはますます少なくなっていく。

chintaro3chintaro3 2008/03/09 00:35 鬱病にならないように気をつけな

hellohello 2008/03/09 18:05 mixiのバタラさんなどは、どういった方向に進んでるんですかね。

4545 2008/03/11 11:24 あと数日で30になる者です。小さいIT会社を経営してます。
いつも考えてる事と同じことが書いてあって、すごく同意しました。
僕も頑張ります。いつかお会いできたら良いですね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/naoya/20080306/1204801971