Hatena::ブログ(Diary)

迷走する投資家の日記

2013-02-08

「アベノミクス」とは?

13:24 |

「アベノミクス」とは?

最近「アベノミクス」という言葉が定着してきたようです。「アベノミクス」で円安、株価上昇となっていますが、この言葉自体を海外で主張して(売り込んで)いること自体、恥さらしだなと思っています。まず「アベノミクス」などと言っていますが、現状何も行っていません。その正体は、無制限の金融緩和土建屋への財政出動を行うという口先介入です。今後そのように動くのでしょうが、自民党体制の復活ということなので、官僚天国(天下り特殊法人天国)になるだけです。

選挙自民圧勝でしたが、民主政権を取った時の国民の願い(自民脱却)は税金の無駄遣いを止めるためだったはずです。民主は事業仕分けなどを行いましたが、結局なにもできませんでした。そして、ふたたび国民は自民を選びましたが、税金の無駄遣いを再度容認することになったということです。

株価は上昇し円安になりましたが、全く中身がともなっていません。ただ確実に言えることは財政赤字が拡大しているということです。円安と株価が上がっているというのはただのまやかしといえるでしょう。

その大きな理由の一つとしてあげられるのが、金価格を始めとするコモディティー価格の上昇です。本来、景気が回復したというならインフレでコモディティーの価格は上がったとしても金利のつかない金価格だけは下落していいはずです。ここ数年の金価格は極めて他の金融商品の中で安定した上昇を示しています。現在「アベノミクス」での株価上昇下でもそれは変わりません。

当ブログでは一貫して、金やプラチナを始めとするコモディティーの重要性と、いつか来るであろうクロス円と日本株の仕込み時期が重要であると主張してきました。小賢しい知識よりも大局を見失わないことと、資産保全のスタンスを崩さないことが大事だと思っています。目先のボラティリティーで投資スタンスを変えるようなことは、プロのブログにでも行っていただいた方がためになります。当ブログの趣旨ではありません。(時間軸を割り切れるならその限りではありませんが…)

良性、悪性を問わず、インフレリスクヘッジの最有力は個人の能力。もしくは、正社員であるかどうかです。

さて、話を「アベノミクス」に戻しますが、その内容は無制限の金融緩和と財政出動です。これで本当に景気が良くなるかということですが、さすがにそれはおいらには分かりません。ただ、個人的な予想は立てられます。

過去を考えると、自民党政権時代にはずっとこのようなことを行ってきましたが、結局天下り官僚の懐を肥やしただけで、大衆が景気上昇を感じるには至りませんでした。財政赤字は拡大するので、大衆の税金負担は増し、財布のひもも固くなりました。今回も同じことになると思います。新しい産業(クリーンエネルギーなど)は開発せず、未だ原発を推進しているようでは先が思いやられます。税金を未来の日本や世界のために使うのではなく、旧体制の特殊法人や土建屋に流しているようではお先真っ暗といえるでしょう。

…ということで結論なのですが、この「アベノミクス」(好景気もどき)がいつまで続くのかということですが、長くても来年の4月までとみています。

当然、為替を始めとして株価やコモディティーは乱高下するとは思いますが、今の自民党の最終命題は消費税増税です。そしてそれを各国(特にアメリカ)が支える構図になっているはずなので為替ももみ合いから円安を容認してくるはずです。消費税を上げるためにはGDPを押し上げる必要があるからです。

そしてその見返りにTPP参加や、オスプレイ配置を始めとする軍事強化と基地移転などによる、アメリカへの実質的な献上金が発生します。

ちなみに現在、日中韓で揉め事が起こっていますが、それで一番得をしているのは誰か?

まずは、こんなところを真剣に考えなくてはならないのですが、特に中韓の民衆はそれどころではありません。だから日本も困っている訳です。日中韓を始めとする東南アジアが真に手を取りあえれば世界の中心はアジアに移るかもしれませんが、そうはうまくいかないでしょう。

今日の相場

USD/JPY 93.53

EUR/JPY 12544

金(国内小売)  5311円/g

白金(国内小売) 5499円/g

最近、株をすべて利食いしましたので、現在はスクエアです。短期売買でクロス円ロング、株買い持ち、金先物ロングでポジションを取ろうと思っていますが、どっちかというとあまり相場には参加せず下落を待ちたいと思っています。現物の地金を確保しているので大してあわてる必要もありません。じっくり来るべくしてくる相場の下落を待つのみです。

↓↓是非、今後のプラチナ価格について投票してみて下さい。

http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=7505

↓↓記事が参考になったと思っていただいた方…ぽちっと投票して下さい。

人気
			ブログランキングへ

本ブログで紹介している投資手法や予想は、個人的な見解で正確性を保証するものではありません。投資は、各自の判断と責任において行うようお願いいたします。

sophy2012sophy2012 2013/02/08 19:51 久しぶりの更新はとっても嬉しかったです(もしや日本にはいらっしゃらないかもと思っていたので)。また、現状の見方も頷けることばかりで気持ちが安らぎます。何やってるか意味不明の政治に翻弄される不安定な社会、穏やかな語り口はありがたいものです。ではまた。

嫌中国嫌中国 2013/02/09 12:53 沖縄のオスプレイ2機をを尖閣諸島に配備するよう、日本政府は米国に要望してもらいたい。
沖縄の基地の負担軽減、尖閣の防衛及び実効支配ができて、一石三鳥。
中国共産党は執拗な領海侵犯、領空侵犯さらにはレーダー照射をして、尖閣諸島を自国の領土にしようと決めていることは明らか。

迷走する投資家迷走する投資家 2013/02/10 00:05 sophy2012さん、こんばんは。素人の投資ブログですが、何かしらの役に立てているとすれば嬉しい限りです。
sophy2012さんのブログを拝見させていただきました。チュニジアに移住を計画していたようですが、近頃は行き先を変更したようですね。…東南アジア? 移住、応援しています。頑張って下さい。
実は去年、おいらもチュニジアに行こうとしたのですが、旅行会社に勤めていた知り合いから強く止められて、行き先をスリランカとモルジブに変更しました。そのうち海外に出たいのですが、とにかく仕事を辞めるわけにも行かず、日々が過ぎて行っております。当分は海外旅行です。

当方のブログですが、更新する余裕が無くサボっていました。今後もとかくサボり気味で極めてぼちぼち更新しようかと思っています。

迷走する投資家迷走する投資家 2013/02/10 00:06 嫌中国さん、こんばんは。最近の中国の行動はとても容認することのできないことばかりですね。嫌中国さんのおっしゃるとおり、尖閣諸島にオスプレイを配置すれば一石三鳥です。
ただ、相手は中国ですので刺激しすぎると破れかぶれの行動を取りかねないのも事実です。日本の常識は通用しない相手ですが、やはりお互いを理解して少しずつ歩み寄るというスタンスを崩さない方が良いのかと思います。そして中国には国際的な圧力をかけた方が、賢明でしょうか?先進国としての日本の対応も問われることになります。弱腰なのは否めませんが…。

鈴木崇一鈴木崇一 2013/02/10 01:30 迷走する投資家さん、続きの〔2〕です。
当方は「下請け自営業の技術屋」上がりで、厳しく批判的な殴り書き性分を自覚していますが、議論や主張はまた、あらゆる表現の仕方でも何かのヒントになると思いますが?「面白いこと言うおじさん」と受け流して貰えれば有り難いです。

実に、遂に日本人と多くの国の人が「アルジェリアの人質殺戮事件」の「国際テロ」において犠牲になりました。犠牲者の方々には、誠に哀悼の意を心から表します。

誠に、あの「ブッシュ米軍に賛同し参加したイラク戦争」にても「日本の自衛隊員と民間従事者」に対してはイスラム圏の人々は友好的で感謝の言葉もありました。
ところが、今回の人質事件においては日本人の10名が最多の犠牲となり、真っ先に標的とされた様な具体的な報告もあります。「アルジェリア政府」は頑なに詳細な内容公表を拒んでいる感じを受けますが、当然、多面的な確執による「イスラム過激派一掃」の最終決断だったのでしょう。
しかし、ほとんど全ての先進大国はアフリカ侵略している中で、最も平和主義で侵略による過去の確執の無い、真面目に仕事に専念する日本人従事者が「何故、主体的な目標にされたのか?」なのです。
多くの情報を照らして考えると、これは明らかに「日揮所属の社員と従事者」を主体的に目標とした「人質襲撃作戦」が内通者を通して入念に立てられていたと思います。
そして、この「襲撃作戦」が単に「日本企業の社員誘拐の身代金要求」が主体的目的だったのか?それは日本なら「より有利に多額の身代金をかなり確実に取れる」との推測が出来るからです。
ところが、現実は当初から「隣国マリで軍事介入するフランスに攻撃の停止や仲間約100名の釈放など」とアルジェリア政府と天然ガス開発会社が受け入れるはずも無い要求を突き付けて来たので、「政府と関連国」は厳しい決断をした様です。
それからはこの「イスラム過激派」とは名ばかりの「組織維持資金獲得の誘拐襲撃集団」はアルジェリア軍の攻撃を受け、一応「イスラム圏人」以外の人質の銃殺と施設の破壊に走ったので、37名の犠牲者と襲撃集団の30数名が殺害されたとのことです。(何処まで事実かはアルジェリア政府の発表を信じる以外に無い様です。)
現状の中東やアフリカにおいて、この様な砂漠の中の無謀な襲撃が完遂すると思えないのに何故実行したのか、或いは実行させたのかは、実質的に「国際テロ組織アルカイダ系のイスラム武装勢力」の「覆面旅団」なのか?この組織を唆したバックがあるのか?謎が深まるばかりです。
何か「日本企業の追い出し作戦」ではないかの懐疑も臭いますが・・・?
実に、露骨な日本攻撃をやっている「日系の理由だけで工場、販売店や自動車、商品を強引に襲い、破壊し、略奪させる反日デモや領海、領空圏への強引侵入や中国軍艦から日本の護衛艦への攻撃的射撃用レーダー照射の事実否定等」の隣の「日本打ち負かし大国」はアフリカの各地で資源開発を行っており、一部は現地の人々もその強引さに眉を顰めている様ですが、今回の様な襲撃を受けた報道はありません。
「穏健な日本企業」が古い侵略歴史のある欧米先進国サイドであり、現在も宗教対立的な怨念を内包している確執に巻き込まれたのか、あるいはその事を巧みに利用した「ヤカラ」がいたのかである。
もし、この事件を生じた開発現場から日本の会社が手を引いたら、次に何処の国の企業に担当が変わったかで大凡、判断出来ると思います。

【この地球の人口は70億人を突破して増加するばかりであり、より良い生活向上を求めて資源獲得競争は熾烈になっていくことから、手段を選ばない国際良識もますます、卑劣になるのか?国際社会は次のステップに向かって進み始めるのでしょうか?】〔2〕

迷走する投資家迷走する投資家 2013/02/10 10:57 鈴木崇一さん、こんにちは。
アルジェリアの事件は、人質が亡くなるという最悪の結末となりました。
テロリスト側の要求は、とても政府には呑めない条件なので、結局、強硬手段をとったのでしょう。この事件での内通者(協力者)も身柄を確保されたようですので、もしかすると今後少しずつ事件の詳細が分かってくるかも知れません。
さすがに、日本企業つぶしの背景に某国が関与しているということは無いと信じたいですが、今後は日本企業のリスク管理もいろんなことを想定し、より厳しくしなくてはならないでしょう。残念ですがこの事件が、進んで海外に進出していく企業の妨げになってしまうのでしょうね。

kentakenta 2013/02/24 09:27 >ちなみに現在、日中韓で揉め事が起こっていますが、それで一番得をしているのは誰か?

韓国はワシントンにロビー活動をして、従軍慰安婦問題を取り上げているのはご存知でしょうか?従軍慰安婦は90年代になって初めて韓国が問題視したものであり、1910年の日韓併合以来一切の朝鮮人が異議を唱えなかった、日本の初代首相を暗殺した人も、裕仁親王に爆弾を投げた人も含めて、そんな代物です。

中国もそうですが、反日を国是として、国民の不満の捌け口を日本に持って行き、そしてねつ造した歴史をもとに日本をいつまでも脅迫して日本からの支援を受けようという恥知らずな最低なことをやり続けているわけで、中韓朝ともにマトモな国家ではありません。揉めごとが起こると米国が得をするしない以前の問題です。

実はオバマも安倍首相に不審を抱いています。それは Sex Slaveの件で、日本政府が謝罪しない、安倍もそれを主導的に拒否していると受け止められているからです。オバマを含め、米国はベトナム戦争でボロボロにされ、中東でもボロボロにされ、唯一の誇りが「ファシズムの日本」を敗戦に持ち込み、日本を更生させたというおとぎ話です。

だから簡単に韓国や中国の嘘、従軍慰安婦だとか南京大虐殺だとかを彼等の主張する通りに信じていて、情報を自ら取ってそれが正しいか間違っているか検証しない人も信じているのが実態です。

こういう状況であるのに

>ちなみに現在、日中韓で揉め事が起こっていますが、それで一番得をしているのは誰か?

なんていうのはどういうことかということです。
何の学習もしていないということです。

ken taken ta 2013/02/24 10:47 失礼。訂正します。

>オバマを含め、米国はベトナム戦争でボロボロにされ、中東でもボロボロにされ、唯一の誇りが「ファシズムの日本」を敗戦に持ち込み、日本を更生させたというおとぎ話(を信じたいのです)。

特にこれは米民主党に顕著です。先の大戦時は日本は民主党政権と戦ったわけですから。また、彼等は伝統的に親中、反日です。

安倍首相も分かっているとは思いますが、先の大戦は中国共産党にしろ、米国にしろ、日本と戦争することが国益にかなうと考え、日本に戦争するよう仕組んだということです。

それはゾルゲ事件の首謀者尾崎秀実の手記を記した「大東亜戦争とスターリンの謀略」を読めば分かることです。また、戦後占領したGHQにおける勢力の大半を占めたニューディーラーが共産主義者だったことを見れば分かることです。

日本にとってはアメリカも中国も正直言って味方とは言えないのです。韓国については、ドイツとオーストリアみたいな関係ですし、オーストリアと違い、亜細亜一の極貧国でしたから日本からかなりの資本を投入してもらい、インフラを整えてもらい、大半が文盲だった時代にハングルや日本語を教えてもらったわけですが、日本が負けたら手のひら返ししている、ロクな国ではないわけです。ロクな国ではないなというのは戦後70年経とうという今ですら歴史をねつ造して世界中で日本の国際的地位を貶めようと躍起になっていることからも分かると思います。尋常な国とは言えないのです。

アメリカに関しては、同じ民主主義の国ですから、国益をしっかり守りながら手を結ぶ必要はあるでしょう。でも、中韓となんていうのはウンザリでいい加減にしてくれというところです。手を結ぶべきは中韓朝を除いたあらゆる国家とです。中国も韓国も北朝鮮も全て同じで、相手にすべき国ではありません。

迷走する投資家迷走する投資家 2013/02/24 12:42 kentaさん、こんにちは。
kentaは、いろいろと歴史をご存じのようで、勉強になりました。おいらと違い、詳しく分かっているからこその意見なのかと思います。
今の中韓の動向を見ているととても親近感は持てないのですが、それでも最終的には、お互いのわだかまりがなくなり、協力関係を築くことができればベストかと思います。問題のある国を放置しておくと、ずっとその問題に悩まされ続けることになります。
中韓の主張を受け入れ、日本が妥協するということではないので、時間はかかると思いますが…。
おいらも勉強不足ですが、個人の主義主張の範囲ということでとらえていただければ幸いです。今後もよろしくお願いいたします。

kentakenta 2013/02/24 14:25 いえいえ、どうもです。

友好関係を築ければいいんですがね、ただ、僕は中国はいずれ、尖閣で小競り合いがれば、同時に在留邦人を全て人質にして大量に投獄されると考えています。それは尖閣近辺で偽装漁船が体当たりして日本が船長初め船員を逮捕した際、その報復としてフジタの社員を逮捕したのを見れば想像できることです。政府はその危険性を国民に知らせる必要があると考えます。

彼等はバブル経済が弾け、大気汚染、水質汚染と人民の不満がくすぶっていて、彼等の不満の捌け口に海洋に出て日本とイザコザを起こしてるんでしょう。ただ、これがソ連がアフガニスタン侵攻したのがソ連崩壊の序章だったのと同じく、実は中国崩壊の序章になるかもしれないと考えています。

それで共産党幹部を含む富裕層が米国などの他国に逃げて、国内では暴動が起きて新しい国が出来て、同じ歴史の繰り返しになるでしょうね。チベットや東トルキスタンなど独立を望んでいる国があるので、国策として、女性を遠方に強制移住させることで彼等のDNAを絶えさせる政策を取っていますが、それが完遂するまでに崩壊したほうがいいでしょう。


とはいえ、今は中国との軍事衝突が怖いです。それを起こさせないよう、朝韓を除く中国の周辺諸国と経済的軍事的協力関係を緊密にして、コトを起こせば中国が大損を食らうことを自覚させないといけないでしょう。中国は正義を求める国ではなく損得の得を求める国でですから。


僕は迷走する投資家さんの日記を見て銀の現物を購入して少し儲けたものです。ただ、ド素人が先物に手を出してぶっ飛びましたがw これからも迷走する投資家さんのブログを楽しみにしていますのでよろしくお願いします。

迷走する投資家迷走する投資家 2013/02/24 20:05 kentaさん、こんばんは。
ひとつ前のコメントに(さん)をつけ忘れてしまいました。すいません。<(_ _)>

kentaさんの見方は、本当に的を射ているのだと思います。問題は、中国と何かしらの衝突が起こったときの対処の方法ですね。こちらの常識はほとんど通用しませんので、政府も難しい選択をせまられそうです。
あと、民族的性格はDNAというより、文化と教育がそうさせているのかと思っています。

銀の現物ですか…。おいらは40円台の時に買いそびれて、現在に至っています。今となっては70円くらいまで下落したら購入しようかと考えています。日本を含む先進国は、こぞって金融緩和を行っていますので、やはりまだ天井は先ではないかと予想しています。

ブログはさぼりがちですが、今後もよろしくお願いします。みなさんのコメントをみて、フムフムと勉強させてもらっています。では。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nari0215/20130208/1360297492