成馬零一が考えていること。 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2100-00-00

[]『キャラクタードラマの誕生』が誕生するまで。 目次


f:id:narima01:20131211215512j:image
12月25日発売(Amazonからの購入はこちら)→キャラクタードラマの誕生: テレビドラマを更新する6人の脚本家


「キャラクタードラマの誕生:テレビドラマを更新する6人の脚本家」発売にあたり
メイキングを書きました。
 本書がどういう本かネタバレしない反映で解説したセルフライナーノーツとなっています。
 
 本書の購入に際して、買うかどうか迷っている方の参考になればと思って書きましたので
 まずは、「本書について」一読いただければと思います。

続きを読む

2099-00-00 今までのお仕事一覧

[]今までのお仕事一覧


2014年3月(最新)

・サイゾーウーマン・ドラマレビュー
第35回「明日、ママがいない」
http://www.cyzowoman.com/tv/836/

続きを読む

2014-03-13

[]3月12日


ごちそうさん 133話 仏様(和枝ちゃん)のいる農村から、大阪に戻るとそこは地獄って感じか。しかしすごく賑わっている。

・相棒Season12 脚本:古沢良太定形から大きくはみ出してるように序盤はみえたけど、最終的にはいつもの『相棒』に収まるってオチだった。導入部で右京が出会う人は9割方、事件の犯人だからなぁ。逆に事件がまったく起きない右京さんの休日が見たいな。

・僕のいた時間 10話 人工呼吸器を取り付けるかどうかという時に、拓人の
弱い部分が出てきた。今まで心の強さが強調されていただけに苦しい。守と拓人のやりとりが切ない。そして、陸人がいつの間にか面白キャラクター化。

明日、ママがいない 9話 最終話。安達祐実芦田愛菜が並んでお芝居してるだけでハラハラするな。水面下では心理レベルでのすさまじいつばぜり合いが繰り広げられてそう。ママ童顔だからね。って台詞にドキッとした。安達祐実芦田愛菜の場面って、お互いに嘘の自分を演じているという芝居をしてたんだな。すごい重層化した場面。最後に本名が出るのは意外。構造としては愛でもポストでもない自分に戻ったってことなんだろうけど、その戻る場所がコガモの家で魔王の娘になるってのは、どう捉えたらいいんだか。魔王とポストの心の交流の印象が薄いから、少し唐突に思えた。

2014-03-12

[]3月10〜11日


3月10日(月)
ごちそうさん 131話 戦後編。仏さんの和枝ちゃんの元から大阪に戻ると廃墟が広がっていて、極楽から地獄へって感じ。ここでめ以子がどうやって家族を立て直すのか。
失恋ショコラティエ 9話 前半は薫子さんで遊びすぎって思ったけど、終盤の爽太と吉岡さんの会話のジリジリする感じは凄いよかった。一場面が延々と続く滞空時間が伸びる感じは安達奈緒子さんのドラマ見てるなぁってゾワゾワ感があった。その後の爽太とサエコの場面もよかった。石原さとみ渾身の表情だな。

3月11日(火)

・特集ドラマ「生きたい、助けたい」 脚本:藤本有紀 東日本大震災が起きた2011年3月11日気仙沼での出来事を描いた群像劇。『あまちゃん』は別にして、この間の山田太一ドラマもそうだけど、ドラマの作中で震災の渦中を描くようになったのは、逆説的に直後の体験に対して距離を感じはじめてる兆候なのかもしれない。そこは生々しすぎて描けないっていう感じが去年まではあって、間接的な描写をとることによって描けないってことを描いてたと思うけど、このドラマはど真ん中でそれを描いている。
その意味で変な話だけど、パニック映画みたいな撮り方だったと思う。雪の中で燃える街が見える描写とか凄まじいけど、個人的には負荷が強すぎて、見ていてしんどくて、作品を冷静に判断できない。ちょっと間を置いて、改めて見直すかもしれない。
 それにしても、こういう震災をモチーフにしたドラマを見ると、90年代後半に漫画連載されてた望月峯太郎の『ドラゴンヘッド』のディテールって正確だったんだなぁって思う。細部のリアリティはいろんなところから拾ってたんだろうけど、それだけじゃフィクションは作れないから、それだけ当時の望月峯太郎の描写力が肉薄していたということなんだろうと思う。

 

2014-03-10

[]3月10日

爆笑問題の日曜サンデー鈴木敏夫インタビューの宮崎駿高畑勲の話は相変わらず面白い。『かぐや姫』の逸話とかみてると、多分、宮崎駿は死ぬ前にもう一回だけ高畑勲の作品にアニメーターとして参加したいんだろうな。でもパクさんはいっしょにやる必要はまったく感じてなくて、だから宮崎駿はすねたり、ウジウジしたり怒ったりしてる。

[]ドラマレビュー『明日、ママがいない


この三ヶ月で色々考えたけど、とりあえず作品表として落とし込んだという感じです。
「嘘から生まれた関係は真実になり得るか」『明日、ママがいない』に流れる野島伸司の命題
http://www.cyzowoman.com/2014/03/post_11565.html

あと、手元にないのですが、朝日新聞仮面ライダー出身の俳優特集にコメントが掲載されているかと思います。

[]3月8〜9日


3月8日(土)
ごちそうさん 130話 一気に戦争編が終わったと同時に、和枝ちゃんの再登場はこの場面のためにあったんだなぁ。あと三週だけど、どうやって終わらせるんだか。

スペシャリスト2 テレ朝スペシャルドラマ。主演は草なぎ剛南果歩。10年服役していたことで刑務所にいる犯罪者の行動をすべて把握しており、そのデータを元に解決していく主人公が舞城王太郎の『煙か土か食物』みたいだな。めちゃくちゃな事件が起きて、それを犯罪者の心理を知り尽くしている探偵が、速攻で解決してくから、2時間の間に、小さい事件が5分単位くらいでおきる。連ドラは難しいだろうけど、定期的に放送してほしいな。

3月9日(日)
・S 最後の警官 イルマ(ガッキー自衛隊にいたのか。綾野剛も含めて『空飛ぶ広報室』つながりか。話は全然違うけど。それにしても、突然出てきたわりにいいキャラだな。まるで主人公みたいな存在感