成馬零一が考えていること。 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-02-06

[]只野仁が愛される理由


http://blog.livedoor.jp/insighter/archives/51300336.html



 正月にまとめて放送されてるのを見て、結構はまったんだけど、たぶん『特命係長只野仁』ぐらいしか男がまともに見れるドラマが無いってことなんじゃないだろうか?
 凄く簡単に言ってしまうとVシネセンスというか。
 
 ちょっと前ならお色気の名の元に合法的に乳首が見れるドラマが多かったんだけど、今は男の乳首は見れても、女の乳首は中々ドラマでお目にかかれない。只野仁を見てると、『時間ですよ』の無駄に女湯を映すような健全なお色気を感じる。
 
 AV女優や三浦理恵子みたいな元アイドルの扱いがすごく良くて、ある種の男性性というか男根主義が肯定されるのが、凄く気持ちがいい。もし『只野仁』みたいなドラマが毎日やってたら、さすがに考えてしまうけど、今はこっちの方がテレビドラマでは圧倒的に少数派だなんだから天然記念物として保護してほしいとすら思う。

 あと裏でやってるボクシングドラマ『1ポンドの福音』の主人公が亀梨君だったり、SPの主人公が岡田准一君だったりする今のドラマにおける完全ジャニーズ包囲網の中で、高橋克典が何かを引き受けてるってのがあると思う。
 あの暑苦しい笑顔を見ると何か癒されるもとい、励まされるというか。 
 基本的には島耕作であり、007といったオヤジの夢なんだと思う。
 逆に言うと、それくらいおっさん寄りの男が見れるドラマが今のテレビに無いってことなんだろうけど。

 あと、このドラマで実は一番好きなのはエビちゃんの扱いだったりする。うまく言えないけどなんかいい。

 そういう意味では断固死守して欲しいなぁ。
 
 

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証