なるひこの Linux Printing お勉強日記 RSSフィード

ご注意!

ここはあくまでも私個人のブログであり、いかなる団体や組織の立場から離れた、私個人の知見なり学んだことなり勝手な思い(妄想ともいう)を書く場所であります。それを踏まえてお楽しみいただければ幸いです。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
特に断りがない場合は、本ブログの筆者によるコンテンツはすべて クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 3.0 非移植 ライセンスの下に提供されています。

2013-01-03

Raspberry Piを触ってみた(その2)

さて Raspberry Pi の設定の続きですよと。


Raspi-config の設定

Raspi-configが上がってからの設定。

  • とりあえずexpands_rootfsはやるでしょー、ってやったけど、その後リブートしないで先進んだらリサイズにえらい時間かかってドキドキした。多分 Raspi-config 終わったら再起動するのが正解かな?
  • overscan はわかんないのでググったら http://www.hiresit.co.uk/115_turn-off-raspberry-pi-screen-underscanoverscan ココらへんに情報がありそうなのだけどわかんないので後回し。
  • onfigure_keyboard は毎回 JP106 がないよーって思うんだけどコレ誰も困ってないんですよね? まあぼく X しか使わない情弱だからアレなんですが。ということでそのまま。
  • change_passは普通にパスワード変更。
  • change_localeは一応ja_JPとen_USを追加してデフォルトをen_USにしておいた。
  • change_timezone は Asia から Tokyo を選んで終了。当然ですね。
  • memory_split は GPU にメモリどれだけ割るかって話でしょうがわかんないので後回し。なんとかなるやろ。
  • overclock は微妙なのでスルー。
  • ssh は Enable にしといた。どうせ ssh は使うわけですしー
  • boot_behaviour は起動時にデスクトップをあげるかどうかという話で、ちょっと悩む。一旦はデスクトップ環境なしで startx してみるかということで no。
  • update は今まだネットの設定してないので意味なし。放置。

ということで Finish して startx だ。おりゃ! おお、LXDE が上がってきた。すげーすげー。


感動の WiFi Config

まずはネットに繋げねばならん。と思うとデスクトップWiFi Config というのがいる。これで設定するのね。どれどれ。

あ、なんか WPS ってタブがある。これを選択して、"PBC - push button" ってのをぽちっと押すと、なになに、無線ルータ側の WPS 待機モードにしてもう一度ボタン押せと。はいはい。……つながった。すげー。超簡単。


意味もなく Scratch を試す

Scratch については http://scratch.mit.edu を見てくださいな。あ、うぶまがにぼくも記事書いたのでそれ読んでいただいてもよくってよ。まあ動くのは当然なんですが、なんか感動。


ssh を試そう & APT な update

ネットが上がって画面見えてる間に ssh を試しておかないと悲しくなってしまう。ホントは ssh 側も色々セキュアな設定にするとかいろいろ必要なんだけど、どうせ外に見せるつもりはしばらくないからまあいいや。

とりあえず自分のユーザー作って sudo グループの下に放り込んでおく。んで一度抜けて再ログインsudo apt-get update してみる。オッケー大丈夫。ついでだから upgrade ; dist-upgrade としておきましょう。

  • X オプションつけるとちゃんと X forwarding も可能。よしよし。そんなわけで X は常時上がっている方がいいので、結局 Raspi-config で boot_behaviour は Enable にしといた。ネットの設定頭使わなくてよくなるし。

VNC の導入

もひとつおまけに VNC も入れときますか。http://www.limemo.net/blog/2012/09/raspberry-pi-vnc-no-display.html でも参考に:

$ sudo apt-get install tightvncserver
$ vncserver :1 -geometry 1024x768 -depth 16 -pixelformat rgb565

うん、つながった。

まあ VNC は必要なときに ssh で上げればいいやというコトでとりあえずこのまま。なお Scratch は X forwarding だと動かないので (理由は不明っす)、Scratch を使いたいときには VNC 経由というコトで。


Avahi!

これでとりあえず同じ WiFi にぶら下がってればつながる環境ができたわけだ。けどぶら下がってるのがモバイルルータなので IP アドレスが何になるか分からんのでは色々と困る。そんなわけでいわゆる Zeroconf、実装名としては Avahi 入れようと。

最初は avahi-daemon 入れればいいだろーと軽く考えてたので:

$ sudo apt-get install avahi-daemon

してリブート……ん。ダメだ。親環境の avahi-discover で見ても見えてない。ホントはここでちゃんとドキュメントを読むべきなんだけど、とっとと片付けてアパートに帰りたいので(ぉ、ぐぐる先生に Raspberrypi avahi ssh でお伺いをかけると公式サイトにヒット。なーんだw

http://elinux.org/RPi_Advanced_Setup#important_steps

まあこのとおりにちゃんとやったら動きましたよと。ホスト名変えてないんで:

ssh -X raspberrypi.local

でつながるようになった。よかったよかった。


ということでキーボードマウスディスプレイなしで動くなったようになったので、あとはお家で遊びまする。


明日はお仕事なので軽めネタかなー。読書感想分でも書こうかしら。

2013-01-02

Raspberry Piを触ってみた(その1)

操作間違ってその1が飛んだらしい。どゆこと?

ということで記憶を手繰って書き直します。

Raspberry Pi については説明の必要はないすよね。ARMv7 付きの名刺サイズ (というにはちとデカイけど) PC ボード。Raspbian という Debian ベースの公式イメージが用意されていて、Debian 系に慣れた人間なら楽チンだぜ〜とまあそんなわけですね。

日本から正規にオーダー可能になったということで RS オンラインからオーダーしたのはいつだっけ。もう忘れた。で、忘れた頃に届いてたんですが、いろいろテンパってたので放置してました。そういうわけで冬休みの宿題として遊んだというわけ。


必要なもの

届いたのを「おー入ってる入ってる」と開けてまたすぐ閉めちゃったので内容物の確認すらしてなかったんですが、紙ペラが二枚入ってます。その内の一枚は警告のお手紙なのでスルーして(ぉ、もう一枚に必要なものが列挙してありました。それを見ながら買わなきゃいけないものを想定しておきます。

  • micro USB コネクターで 5V 700mA が供給可能な電源
    • Nexus 7AC アダプターで余裕でしょう。電流多すぎるぐらいな気もするけどw
  • SD カード
    • 部屋を探すとどこかに落ちていそうな気がしますが、普段ワゴン品しか買ってないので、今回はClass10を奢ってあげることにしましょう。ということで新規購入。
  • HDMI to HDMI (モニターが HDMI サポートの場合) または HDMI to DVI (モニターが DVI サポートの場合) のケーブル
    • そもそも実家のモニター D-bus だよ! HDMI からの変換ケーブルというかコンバータの類あるのかな? ……と思ったところで、昔アパートで Xbox 360 接続に使っていたモニターが DVI ついてたことを思い出しました。ケーブルもある……はず。
  • USB キーボードマウス
    • 普通のご家庭なら余ってるのかもしれませんが我が家にはありません。デスクトップ使わなくなって長いので……。ということで買いました。
  • RJ45な有線LANケーブル
    • オプションと書いてあるけどこれないとほんとに何もできないんじゃ……的な感じがぎゅんぎゅんします。が、そもそも我が家にはブロードバンド的なネットワークがなく、モバイルルータ頼りです。ということでRJ45なケーブルを持ってきても繋ぐ相手がいません……。しょうがないので認識しない恐怖と闘いながら (うそ) USB Wifi で行くことにしました。最近主流の超コンパクト型がコイツにはふさわしい気がしたのでこれも新規購入。

あと、キーボードマウスUSB にして WifiUSB にすると、RasPi 君は USB の口が二つしかないので一個足りません。そこで速度を要求されない HID デバイスについては、我が家に転がっていた ELECOM 製の外部給電式の USB (かろうじて 2.0 だったはず) ハブを経由して使うことにしました。設定が終わったらヘッドレスで運用するつもりなので、設定の途中だけなんとかなればいいのです。


買ったもの

大晦日の夕方にふらりとヤマダ電機に出かけて買ってきたのは以下のものたちです。……って、ここに製品紹介のリンクペタペタ貼ってたんだけど、もう箱も何も全部実家に置いてきちゃったのでわかりません。しくしく。わからない奴はあとで書きます。

SD カード

Sandisk の Class 10 の SDHC の 32GB。多分買ったものの中でコレが一番高かった。でも6980ぐらいだから国産よりは安かったです。

キーボード

フルサイズ買おうかとも思ったけど、そんなにキーボードを持ち歩くこともなかろうし、小さいほうがなにかと便利かと思って、ELECOMキーピッチがすげー小さい有線のキーボードにしました。3000円前後だった記憶が。指が太い (不器用という意味) 自分にはちょっとつらいけど、まあ設定終わったらしまっちゃうからいいかと。

マウス

これも店頭で一番安かったELECOMの奴。980円のワイヤレス。受信部の格納なんて考えられてない男らしい作りが最高です。

HDMI to DVI ケーブル

ヤマダ電機で「あ、あのディスプレイならHDMIいけるんじゃね?」と思ったときになぜケーブルの有無を確認しなかったのでしょうか自分。元旦に御屠蘇機嫌でディスプレイの箱開けてみたらケーブル入ってない。で、お酒飲んじゃったので元旦は買いにいけず、二日に遊びに行った帰り思ったより帰宅が遅くなってしまって電気屋に間に合いそうになく、飛び込んだ中古ショップで「ジャンク」として売ってた奴を買ってきました。680円。でも開封した形跡ないし多分未使用。ちゃんと動きました。

BUFFALO 無線LAN子機 コンパクトモデル 11n技術・11g/b対応 WLI-UC-GNM

BUFFALO 無線LAN子機 コンパクトモデル 11n技術・11g/b対応 WLI-UC-GNM

これだけ商品名覚えてた。なぜかっていうと相性問題が怖いからぐぐって検索した履歴に残ってた。780円とお買い得。


Raspbian のダウンロード

説明するまでもなく http://www.raspberrypi.org/downloads から Raspbian “wheezy”から Torrent か Direct Download を選びます。ここでなーんで Torrent 選ばなかったのかなあ自分。

Direct Download を突っつくと実際のダウンロード先にリダイレクトされて負荷分散されるというよくあるシステムなんですが、芋場の帯域制限のせいか途中から降ってこなくなっちゃった。しょうがないのでキャンセルして、もっかいつついて、リダイレクトされるまえに「ここをクリックしてダウンロードできるよ」って書いてあるところを右クリックして URL 取得して wget で取って来ました。でも仕掛けた時点で23時で、残り9時間とか出てたのでモーイーやと思って寝ましたw

朝 (昼?) 起きたらダウンロードはさすがに終わってたので、sha1sum をチェックして OK なことを確認したら、あとは簡単。zip ほどいて dd するだけです。私の環境だと SD カードのデバイスは /dev/sdb だったので、ここの説明をちょいアレンジして:

$ umount /dev/sdb1
$ cd /tmp
$ unzip ~/Downloads/2012-12-16-wheezy-raspbian.zip
$ dd bs=4M if=2012-12-16-wheezy-raspbian.img of=/dev/sdb

とすれば OK。


さて起動だよ!

準備ができたらこのページ http://www.raspberrypi.org/quick-start-guide の順にがちゃがちゃっとつないでいくだけ。超簡単。SD が最初、電源が最後と思っておけばいいのかな。

んで電源投入! おお、Linux の起動画面が出た! んでだらだらだらっとスクロールしたあと、Raspi-config の画面が起動したよ!

わーいわーい、ということで、今日はここまで。