Hatena::ブログ(Diary)

なるしす日記

    このページは、田舎の弁護士の日常を中心に記録しています。
あわせて読みたい
2003 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 02 | 03 | 06 | 07 | 08 |
2014 | 02 | 04 | 12 |
2016 | 03 | 09 |
 | 

2005-04-09 Saturday

人生いろいろ、言い訳いろいろ

22:16 |

 植草元教授は、無罪を主張しているのに有罪判決に控訴しなかった理由について、「裁判官の不正義に失望、落胆し今後の裁判に信頼を置けなくなった」と説明しているようです。

http://www.sanspo.com/shakai/top/sha200504/sha2005040805.html

 インテルは、公正取引委員会から受けていた排除勧告を応諾しつつも、「公取委が行なった勧告の主張には同意できないが、引き続き消費者のニーズに注力し、最良の製品とサービスを提供するために勧告の応諾を決定した。」とコメントしています。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2005/0401/intel.htm

 国税庁から追徴課税などを受けた場合によく使われるのが、「見解の相違」。最近のニュースでは、通信販売会社のニッセンが、2億7000万円もの申告漏れを指摘された件で、「見解の相違はあるが、指摘には従った」などとしています。

http://news.goo.ne.jp/news/yomiuri/shakai/20050404/20050404i304-yol.html

 みなさん、それぞれ事情があるのはわかりますが、判決に納得いかないなら控訴すべきだし、排除勧告を受け入れられないなら審決を求め、その取り消し訴訟を提起する手段もありますし、税金についても国税不服審判所などに申し立てをすることもできるわけです。そういった、自らの不服を主張すべき場が存在しているにもかかわらず、あえてそういった手段をとることを避けるというのはどういう心境なのでしょうか。私が株主なら、インテルやニッセンの行為は、(同社の言い分が本当なら)会社に留保されるべき利益をみすみず流出させる行為なわけで、代表訴訟でも起こしかねないですけどね。

 言い訳をいろいろ考えるのも大変ですね。

neutral23neutral23 2005/04/09 23:07 田中真紀子さんがロッキード事件が確定した後もそんなようなことを言っていましたね。
受け入れておいて、批判するのは、裁判制度侮辱罪でしょうか。
よく特許がらみでは、陪審制度のため海外では争っても無駄なので受け入れたなんていうのも聞くのですがあれもこういう大人の事情なのでしょうか。

narushisunarushisu 2005/04/09 23:36 neutral23さん こんばんは。最高裁まで争って敗れ、それにもめげずに再審請求をする人もいるかと思えば、あっさり受け入れておいて批判をする人もいますし、ホントにいろいろだなぁと思います。陪審制であることを理由に争いを避けるというなら、今後は裁判員制度が導入されたことを理由にしちゃう人も増えそうな気がしますね。
単純にお金の問題なら、損得勘定でモノをいうのも分かりますが、刑事事件であっさりと有罪を確定させちゃうというのも、よくわからないですね。

neutral23neutral23 2005/04/10 00:03 植草さんの場合は、妥当な判決と受け止めたんでしょうね。撮影はしていないようなので、六月以下の懲役又は五十万円以下というのが上限のようですから(条例の読み方がまちがっていたらごめんなさい)。罰金ですんでラッキーぐらいが本音かもしません。
植草さんはきっと外国だったら司法取引が成立したとかわけのわからないことをいいそうな気がします。

narushisunarushisu 2005/04/10 21:33 罰金と(執行猶予付きでも)懲役とでは天と地ほどの差がありますからね〜。手鏡程度であれば、罰金で済むという悪しき前例にならなければいいのですが。

 |