ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

その先の京都へ...京都写真板

2016-08-26 にほんほうそうきょうかい...

[]リオデジャネイロパラリンピック

f:id:narutakiso:20160826201113j:image
著作権NHKに属します
 
今さら...ながらこの夏はリオ五輪に感動の日々でした
すぐにパラリンピックかと思いきやそれまで結構空くんですね
世界中の熱気をそのままに始められれば良いんでしょうが
撤収に施設のメンテ〜更新・準備に掛かるんでしょう

 
そこでそれまでの間...いちどご覧頂きたい
NHKのリオデジャネイロパラリンピック動画が素晴らしい!
「限界を、更新せよ」choice編
「限界を、更新せよ」history編
「限界を、更新せよ」policy編
 
他にも競技ごとなど...ここ(NHKのサイト)にアップされています
 
 
 
 
 
 
 

2016-08-20 ほのおあがり...

[]小塩・上げ松

一昨年雨の為に観ることが出来なかった上げ松
ここ2?3?年中止になっていたようですが
今日は無事開催されました
 
f:id:narutakiso:20160820201137j:image
 
上げ松(松上げ)では各集落の若者が参加しますが
こちらではどうしても人数が少なく
なかなか火が上がりません

上げ松の数も少ない為
実際にはもっと寂しい状況
画像処理にて賑やかにしています

 
 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160820201658j:image
 
それでも十分あまりで炎が届くと
大松明はどんどん炎に包まれ
背後の木立や周囲の稲穂が浮かびあがります
 
 
 
 
 
遅くなりましたが...倒されていく動画を
D
 
こんな静かな山里の美しい行事なのに
ずっとカメラやなんかの話をしている男子大学生どもが背後に居たので
ところどころその声が収録されてしまっています...残念

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2016-08-16 かさでおくる...

[]五山送り火・北大路から観た左大文字

f:id:narutakiso:20160816203046j:image
 
送り火を前にして
市内各所で激しい雨降り
まるで”送る”のを拒んでいるかのよう
遅らせるかと思った送り火は
結局時間通りに灯りました
はじめすぐに消えそうになった文字も
しばらくして勢いを盛り返し
あかあかと雨煙りを照らしながら
空へと精霊を送ります
多くの人に紛れて小さく合掌しました
 

後祭の巡行以来大変ご無沙汰でしたが
お久しぶりに街へと出てきました

 
 
 
 
 
 
 
 
 

2016-07-24 あっさりと...

[]後祭巡行の朝・浄妙山

f:id:narutakiso:20160724074552j:image
 
浄妙山のご神体
こんな風に片手で飛び越える姿
以前その組上げを眺めていました...こちら
一本の骨組みだけで支えています
 
 
 
 

f:id:narutakiso:20160724074817j:image
 
会所では飾りに使われた人形が
寂しげにお留守番

 
 
 
 
 

[]後祭巡行の朝・北観音山

f:id:narutakiso:20160724081414j:image
 
天気にも恵まれ
もうそろそろ出立の刻
ざわざわと心浮く空気が伝わります
 
 
 
 

f:id:narutakiso:20160724081530j:image
 
会所二階に居られた観音様・韋駄天様も
山の上へと遷されて
これから行く先を見つめられていました

 
 
 
 
 

[]後祭巡行の朝・南観音山

f:id:narutakiso:20160724075651j:image
 
各山町ではこのような記念撮影も行われたりします
南観音山では係ごとにまとまって
誇らしい朝の姿

 
 
 
 
 

[]巡行前の山移動@新町通

f:id:narutakiso:20160724082458j:image
 
新町通に居並ぶ北観音山 南観音山 大舩鉾は
北の山から順に御池通まで北上します
まずは北観音山が動き出しました
 

 
 
 
 

f:id:narutakiso:20160724083418j:image
 
続いて南観音山も続きます
遙か向こうには
陽を浴びながら四条通を渡って来る大舩鉾

 
 
 
 
 

[]新町通の南観音山

f:id:narutakiso:20160724083716j:image
 
見物客のすぐ脇を
鉾並みに大きな北・南観音山が進みます
 
 
 
 

f:id:narutakiso:20160724084606j:image
 
交差点に来るたびに
朝陽を浴びる山鉾
まだ巡行はスタートしていませんが
もうすっかり巡行見物

 
 
 
 
 

[]新町御池の辻回し

f:id:narutakiso:20160724084842j:image
 
前祭では血相変えて場所争いの交差点も
山鉾の後ろ側とはいえ
後祭ではのんびりしたもの
御池通に出て烏丸からが巡行のスタートです
 
 
 
 

f:id:narutakiso:20160724090915j:image
 
大舩鉾も吹き流しを風になびかせ
爽やかに辻回し
前祭と逆に
右へ右へと辻回しします
 
 
 
 
 
D
 
しっかり3回で廻しきりました
近年復活した鉾としてはなかなかやりますね
3回だと拍手 4回だと心配する声
5回掛かるとしっかりしろと声が掛かります

 
 
 
 
 

[]巡行スタート@烏丸御池

f:id:narutakiso:20160724092949j:image
 
しばし間多くの山が烏丸に集結
多くの観客が息を呑んで待つうち
九時半『祇園祭』の幟が先頭を切って交差点を東へ
巡行のスタートです

 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160724093036j:image
 
続いて橋弁慶山が
御幣をギラリと光らせながら
御池通を東進します
 
 
 
 
 

[]行列の後ろ姿@御池通

f:id:narutakiso:20160724095116j:image
 
巡行の列は短くて
河原町通から高倉通で収まるくらい
あっさりと通り過ぎました
 
私は此処で帰りました

 
 
 
 
 
 
 
 
 

2016-07-23 おはけさんぼん...

[]後祭宵山・北観音山

f:id:narutakiso:20160723112017j:image
 
暑いです 陽差しが
それでも涼しいです 例年に比べれば
 
 
 
 

f:id:narutakiso:20160723112227j:image
 
楊柳観音さんと
韋駄天さん
今晩''暴れ''られますが
今はやっぱり暑そうです
 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160723114531j:image
 
車輪には
昨年の巡行の傷跡
一輪数百万円ともいうものだけに
そうそう換えは出来ないのです

 
 
 
 
 

[]後祭宵山・南観音山

f:id:narutakiso:20160723114856j:image
 
爽やかに また暑く
真松が空へとそびえます
 
 
 
 

f:id:narutakiso:20160723115236j:image
 
強い陽差しあっての祇園祭です
紅も白も影に濃く

 
 
 
 
 

[]後祭宵山・八幡山

f:id:narutakiso:20160723113339j:image
 
八幡山の鉾町には紋の入った幕が張られ
風に翻る洒落た入口です
 
 
 
 

f:id:narutakiso:20160723113854j:image
 
八幡山のお宝
左甚五郎作との番の鳩
左は新調されたもの

 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160723150236j:image
 
御守りのついた八幡山の厄除けちまき
祇園祭ならではの『蘇民将来子孫也』に加え
重なって見えにくいですが
観音経より『福壽海無量』の一節
 
 
 
 
 

[]後祭宵山・大舩鉾

f:id:narutakiso:20160723121016j:image
 
お昼頃だったので混んで無理だろうと思ってましたが
一刻の隙があって空いていたので上がって来ました
 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160723120904j:image
 
白木のままの大舩はきっと短期
貴重な時期になるはず
部材が新しいせいか大舩鉾の構造のおかげか
私のような大男が上っても
軋みもせず確りした印象でした
因みに…御神体
「拾八」番の処に鎮座するそうです

 
 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160723120726j:image
 
今年は龍頭が載ったので
歴史ある大金幣はお休みです
一年交代の登場となるそう
今はこちらの方が重みがあるようですが
龍頭も舩鉾の『鷁』げきのように金箔で仕上げられれば
大迫力になるでしょうね
 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160723120625j:image
 
左右「天水引」の龍二態と
「大舵」で波に踊る龍
とちらも何故か剽軽に見えます

 
 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160723120421j:image
 
舩鉾の螺鈿に対してこちらは織物です
舩鉾で架空の鳥『鷁』げきが舳先や舵に舞うのに対し
凱旋時の大舩鉾では龍となって還ってきます
 
 
 
 

f:id:narutakiso:20160723121413j:image
 
復活劇から人気者の大舩鉾には
やはり沢山の人々が集まってきます
さっき空いていた鉾上もすぐに混雑してきました
 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160723145559j:image
 
拝観券には復興の軌跡を綴ったパンフレット付きのものもあり
これまでを振り返ります
と言っても復興の道はまだ半ば
完成までは遠いようです

 
 
 
 
 
 

[]後祭宵山・鯉山

f:id:narutakiso:20160723122941j:image
 
どこまでも”鯉一筋”の鯉山
 
 
 
 

f:id:narutakiso:20160723151246j:image
 
授与品の手拭い
登竜門・鯉の滝登りです

 
 
 
 
 

[]後祭宵山・黒主山

f:id:narutakiso:20160723123706j:image
 
夏の陽の下
サクラ咲く黒主山
 
 
 
 

f:id:narutakiso:20160723145303j:image
 
授与品の「桜ストラップ」は
町会所に咲いていた桜が枯れたため
その桜の木を材に作られたモノ
今は二代目が植えられています

 
 
 
 
 

[]後祭宵山・浄妙山

f:id:narutakiso:20160723124356j:image
 
この二体のご神体
巡行時にはどういう姿になるか...お楽しみ
明日早朝からの組み上げも見ものです
 
 
 
 

f:id:narutakiso:20160723145725j:image
 
先陣争いがお題の浄妙山では
勝ち運の『勝飴』が授与されています
このイラストが巡行時の姿のヒント

 
 
 
 
 
 

[]又旅社オハケ清祓式

f:id:narutakiso:20160723140254j:image
 
今日は祇園祭発祥の地『八坂神社又旅社』(御供社)にて
還幸祭に先立つ「オハケ清祓式きよはらえしき」が行われました
お宮で氏子・関係者さんたちにお祓いの式があり
社頭の芝に三本の『オハケ』と呼ばれる御幣が立てられます
 
 
 
 

f:id:narutakiso:20160723140505j:image
 
無事立てられたオハケ
三基の神輿が合流するこの場所は
平安時代には行列を見分する場所だったことから
祇園祭の発祥の地といわれるとか

 
 
 
 
 
 
 
 
 

2016-07-20 ためしひく...

[]大舩鉾・曳き初め準備

f:id:narutakiso:20160720101101j:image
 
大舩鉾町では皆正装で神事
いわゆる吉符入の祭礼でしょうか
祝詞に鉾町も静まります
 
 
 
 

f:id:narutakiso:20160720101820j:image
 
新たに『龍頭』が載せられ
船出に向けて迫力が増しました
出船:舩鉾の鷁に対して
凱旋:大舩鉾の龍
並べて観てみたいところ
 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160720103047j:image
 
荒・波

 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160720104920j:image
 
昼・凪
 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160720105644j:image
 
正式な曳き初めは午後3時からなので
今回は鉾町スタッフのみで試し引き
まずは後ろ向きに新町通を南下
気合いが入ります

 
 
 
 
 
D
 
規制も”ゆるめ”の試し引きで
間近に鉾の動き・音を感じます
 
 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160720105037j:image
 
警察の警備も来ていないため
通りを渡れないのでしょう
町内だけで北へととって返します
正面は龍が睨みを利かせて
 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160720110442j:image
 
みているとどうも他の山鉾から
ベテラン町衆が相談役に来られている様子
”音頭取”さんは扇子の使い方
”車方”さんは梃子や車止めの使い方
打ち合わせに余念ありません

 
 
 
 
 
 
 
 
 

2016-07-19 あつさもどる...

[]後祭・北観音山の山建て

f:id:narutakiso:20160719101012j:image
 
暑いです
影も濃いです
北観音山では皆カラフルなTシャツで
夏の作業に汗だくです
 
 
 
 

f:id:narutakiso:20160719110114j:image
 
昼休みに入るベテラン陣
会所の奥の方は穏やかなひととき
午前中の作業を終えて
櫓の周りを掃き清めますが
若手さんはもう一カ所
まだ縄がらみが済んでいません
 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160719121455j:image
 
山建ての縄の切れ端を戴きました
恐る恐る頼んでみたら
どうせ捨てるから..と快く

 
 
 
 
 

[]後祭・南観音山の山建て

f:id:narutakiso:20160719102954j:image
 
こちらはお揃いの”後祭復活”Tシャツで作業中の南観音山
鉾町を歩くガイジンさんには鉾建てや
そしてこの暑さは
どのように映っているのでしょう
 
 
 
 

f:id:narutakiso:20160719103719j:image
 
鉾建ての傍らでは黙々と作業する姿
”くさび”でしょうか
暑い中ひたすら木を削られていました
町内の”くろちく”のウインドウに飾られた
山鉾のミニチュア