ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

その先の京都へ...京都写真板

2016-05-18 ねっきまう...

[]御霊祭・還幸祭@京都御苑・朔平門前

御霊神社(上御霊神社)の御霊祭
今日は還幸祭が行われ
氏子町を廻った行列は
京都御苑へと立ち寄り
また神社へと還ります
 
f:id:narutakiso:20160518164959j:image
 
触れ太鼓と共にやってきたのは
人気者の獅子二頭
 
 
 
 

f:id:narutakiso:20160518165135j:image
 
剣鉾が緑陰を進んで来ます

 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160518170201j:image
 
続々と行列がやってきて
一旦休憩
牛車も
暑い陽差しにひと休み
 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160518170859j:image
 
休憩休憩

 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160518172926j:image
 
休憩休憩まだ休憩
 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160518173356j:image
 
三基の神輿がやってくると
朔平門の辺りに緊張感が漂います
御所と神輿の珍しい風景

 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160518175433j:image
 
出立の前に
門の前で差し上げ
激しく練ります
 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160518175554j:image
 
凄まじい砂煙が舞い
熱気に混じり合います

 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160518175619j:image
 
最高潮に達すると
今出川御門へと進み出ます
 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160518180500j:image
 
熱気を残したままに
御苑を離れて行きました

 
 
 
 
 
 
 
 
 

2016-05-15 みずにあそぶ...

[]三船祭

葵祭と同日になってしまいましたが
今年は初めての三船祭へ
 
f:id:narutakiso:20160515131853j:image
 
車折神社の祭ですが場所は嵐山
まずは中之島公園で
出立前の行列を…
みなウキウキしている様子
 
 
 
 

f:id:narutakiso:20160515131714j:image
 
この頃は強い陽も差し
五月らしい晴れ

 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160515131828j:image
 
カメラマン達が清少納言に集中している頃
何だか妙に楽しそうなのは
雅楽の面々
 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160515131655j:image
 
ここの主役はやっぱり清少納言
今年はフルート奏者の津田佐代子さん
輿に乗せられ いざ
 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160515133257j:image
 
清め払いの宮司を先頭に
渡月橋を渡ります

 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160515133322j:image
 
清少納言も輿をさらに台車に乗せて
そろそろと
 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160515152029j:image
 
げき頭船には”今様”の奉納
即興の歌を詠み舞い踊ります

 
 
 

f:id:narutakiso:20160515152816j:image
 
龍頭船のほうは”いちひめ雅楽会”
雅楽を奏で舞踊を奉納します
 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160515155202j:image
 
そして御座船には清少納言ほか
雅な方々がそれらを楽しむように...
 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160515151437j:image
 
祭の船は一般客のボートや屋形船などと一緒に
渡月橋上流の一帯を巡ります
なかなかの混雑
船同士が当たるはしないかと
観客も気を揉みます

 
 
 
 
 
 
 
 
 

2016-05-12 めにまぶしく...

[]新緑・美山かやぶきの里

f:id:narutakiso:20160512103700j:image
 
もえる萌える
山もえる
 
 
 
 
 
 
 
 

2016-05-11 おかやまみまさか...

[]番外編・津山まなびの鉄道

姫路での用事を済ませ
久々に中国道を更に西へ
岡山の鉄道遺構を訪れました
 
f:id:narutakiso:20160509191927j:image
 
夕刻ホテルに入るとちょうど扇形車庫も見える部屋
地域の中心的な駅である津山駅には気動車の運転区もあって
夜まで入れ替え作業などエンジンの音が楽しめました
 
 
 
 

f:id:narutakiso:20160510100450j:image
 
「近代化産業遺産」旧津山機関区の扇形車庫を活かし
内燃動車の保存・展示場とて復活した「津山まなびの鉄道館」
ディーゼル好きには嬉しい国鉄色が並びます

 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160510102130j:image
 
この二輌が私のお目当て
 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160510105135j:image
 
すぐ隣は津山駅ですから
裏手からはホームも見えます
現役ディーゼルたちの日々の活躍も
ちょうど四路線が揃い踏み
 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160510111651j:image
 
いまはこのキハ120が主流
可愛いけれどちょっと詫び寂が無いですね

 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160510104501j:image
 
展示のキハ52と同じ国鉄色...ですが
こちらは特別な内装と塗色の「みまさかノスタルジー」用の車両
ぴっかぴかですが意外と旧い時代のキハ47
 
 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160510112130j:image
 
梅小路と違って車庫の建屋内には入れず
転車台の向かい側にも行けないのは面白くありません
窓からの光で車両を撮ってみたいもの
それでも脇にはこういう光景も
奥に潜むのは除雪用に改造されたDD16の”短い方”の鼻先
 
 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160510113905j:image
 
ぎりぎり入れる”向かい”に近いのがこのあたり
それでも空いているのが有難いところ
連休明けの雨の平日朝一番...なら当然でしょうが
 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160510120030j:image
 
帰り際に扇形車庫の外周を廻り
破れた窓から覗き込むと
こちらこそ車庫本来の光景が見えてきます
窓に近づけないのが残念

 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160510115913j:image
 
大好きなDF50もこの光のほうがイイ
昔ながらの鉄枠に
割れた窓ガラスの粋な演出
 
 
 
 
 
 
 
 

[]番外編・旧同和鉱業片上鉄道「吉が原」駅

津山からさらに静かな山里
「柵原やなはらふれあい鉱山公園」に旧片上鉄道の車両が保存されています
 
f:id:narutakiso:20160510130617j:image
 
雨で周りの山に霧かかる里
戦前の車両が保存・展示されています
 
 
 
 

f:id:narutakiso:20160510131411j:image
 
公園内には小型機関車など
鉱山で活躍した車両も展示されています
背後の建物は「鉱山資料館」
休館日では無いはずですが休館でした

 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160510133222j:image
 
湾曲した前面に七枚窓の独特な雰囲気
もとは昭和10年に作られた42000形ガソリンカーで
後にディーゼル化されたもの
ライトも元は上部に一灯...イイ形です
展示運転で活躍中=動態保存されています

 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160510133625j:image
 
登録有形文化財の「吉ヶ原きちがはら駅舎」
当時の駅はこんな感じでしたね

 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160510131617j:image
 
構内はもうほとんど昭和
其処此処に”味わい”が溢れます
きっと保存会の皆さんが頑張ってられるのでしょう
 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160510135239j:image
 
こちらはさらに旧い303気動車
昭和9年製の旧国鉄41000形ガソリン→ディーゼルカー
鉱山記念館そばの車庫でこちらも動態保存

 
 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160510140310j:image
 
さっきの702
平成に撮影したとは思えないような
霧雨に煙る昭和の面影
 
 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160510130445j:image
 
ここから当時の終着だった柵原駅までは
最近「片上鉄道保存会」により復活
月一回程度の展示運転もされています
手動の踏切(右は多分そのハンドル)も懐かしい

 
 
 
 

 

 
 
 
 

2016-05-08 はじめます...

[]吉祥院天満宮・吉祥院(吉祥天女社)

GW最終日はみどり明るい吉祥院へ
 
f:id:narutakiso:20160508123054j:image
 
北野天満宮より遡ること13年
道真公生誕の地に勅命により建てられた最初の天満宮
新緑のクスノキが眩しい季節です
 
 
 
 

f:id:narutakiso:20160508123213j:image
 
拝殿前には”いまどき”な道真公幼年期のキャラ
同じ境内には天満宮よりさらに百年前
伝教大師により「吉祥院」と名付けられたのは
道真公の祖父・菅原清公きよきみにより808年建立*1の吉祥院天女像御堂

 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160508125008j:image
 
これまで”頂きだしたらきりが無い”と
御朱印は避けて通ってたんですが...
吉祥院天満宮と吉祥院の御朱印を頂戴しました
写真は吉祥院(吉祥天女社)の御朱印と
五色の梅があしらわれた厄除開運御守

 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160508125254j:image
 
なぜ今さら...御朱印を始めたかというと
ここの処どうも気の晴れないことが続いたのと
何よりはこのカワイイご朱印帳
ほかも探してみましょう

 
 
 
 

*1:清公卿が遣唐使として唐へと渡った際に嵐に遭った際伝教大師最澄と共に吉祥天女に祈ったところ天女が現れて波風が静まった事から

2016-05-05 はれるさと...

[]八瀬天満宮・八瀬祭

晴れ上がった”こどもの日”の今日
京都各地が祭礼で賑わっていたことでしょう
人混みを避けて朝から洛北の郷へ
眩しいほどの新緑の杜へ

f:id:narutakiso:20160505104147j:image
 
祭を前に天満宮の参道まで来ると
遠く望む社の石段には
すでに多くの氏子さんの姿
 
 
 
 

f:id:narutakiso:20160505104425j:image
 
境内社で参拝のあいだ
また静かな空気が占めています

 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160505105249j:image
 
青紅葉萌える下
樹に渡された注連縄
鳥居には結界も張られています
 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160505111425j:image
 
菅原公をはじめ
祭の主人公たちも着付け

 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160505115723j:image
 
艶やかに飾り付けられ
木漏れ日を照り返します
 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160505114756j:image
 
飾り付けもまた
翠の下で

 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160505124058j:image
 
鉾飾りもいろいろ
八幡宮の名もあります
 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160505130543j:image
 
結界の中では
神事が執り行われます

 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160505132432j:image
 
そしていよいよ
神輿が石段を降ります
 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160505132535j:image
 
氏子さんたちに担がれ
ゆっくり慎重に...

 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160505132550j:image
 
石段を下り終えると
このあとは八瀬の集落へ
 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160505132658j:image
 
鉾の飾りも
緑に映えます

 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160505133647j:image
 
一の鳥居からは
もう家々のあいだへ
 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160505134149j:image
 
山萌え 川澄む
五月晴れの八瀬の郷を
のんびり進みます

 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160505134355j:image
 
天神様も陽差しの下
ちょっと大変そう
 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160505134314j:image
 
更に集落へと進む行列
私はここで失礼しました

 
 
 
 
 
 
 
 
 

2016-05-04 はれたかも...

[]上賀茂神社・斎王代御禊さいおうだいぎょけい

今日は良く晴れた空の下
葵祭の斎王代らの清めの儀式が
上賀茂神社(賀茂別雷神社)で*1執り行われました
 
f:id:narutakiso:20160504103857j:image
 
晴れの日に
神馬「神山号」も久々にお目見え
 
 
 
 

禊ぎの見える川沿いを諦め
二の鳥居前にて
一の鳥居から行列がやってくるのを眺めることに
 
f:id:narutakiso:20160504112114j:image
 
遙か一の鳥居から
ゆるりゆるりと女人列が進みます

 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160504112428j:image
 
白砂眩しく
艶やかな衣の女人列
 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160504112640j:image
 
ひとときの陰
二ノ鳥居をくぐります

 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160504112840j:image
 
きょうの舞台
橋殿へと上ります
 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160504113858j:image
 
参列者も揃って
禊ぎの始まり...

 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160504115016j:image
 
残念ながら...
御手洗川での”御禊”は後ろ姿で
 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160504115240j:image
 
禊ぎが済んで
晴れやかな斎王代の微笑み...でしょうか

 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160504115521j:image
 
楽舎ではずっと雅楽の演奏が
独特の楽譜
 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160504120238j:image
 
橋殿に戻ると
こんどは形代かたしろを流します
まずは子供たちをはじめ女人列から

 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160504121634j:image
 
斎王代は木で出来た形代
身に擦り 息を掛け
御手洗川へと流します
 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160504121738j:image
 
女人列の皆が流した紙の形代に
斎王代が流した木製の形代
それぞれの形代が
御手洗川をゆらりゆらりと
 
 
 
 
 
 
f:id:narutakiso:20160504123753j:image
 
熱中症で体調を崩された方もあったりしましたが
終了後は打ち揃って記念撮影
見事に”ハレ”という言葉そのままに
連休中日の五月四日

 
 
 
 
 
 
 
 
 

*1:上賀茂神社と下鴨神社で、一年おきの交互に行われます。