なんとなく開発日記(仮) このページをアンテナに追加 RSSフィード

現在公開停止中→「KeyJump」Chrome拡張
これらの機能の使用によって発生した何らかのトラブルや損失・損害等につきましては、一切責任を問わないものとします。

2011-08-24

DEncoderというツールを作りました

Decoder / Encoder 合わせてDEncoder。ネーミングセンスはどこに行ったのでしょう。

昨日からTwitterで何回かお知らせしていますが、ブログの方でも。

ネーミングはさておき、様々な形式の文字列をエンコード・デコードする「DEncoder」というツールを作りました!
Web開発者必携(?)のツールです!

今のところ対応してるのは
文字列⇔URLエンコード
文字列⇔Base64エンコード
文字列⇔UTF-7
文字列⇔数値参照←ここだけ自作なので不安定
文字列⇔JSON(Unicodeエスケープシーケンス)
です。リクエストがあれば他の形式にも対応したいと思います。

ここからアクセスできます!

類似のサービスはたくさんあるのですが、
・デザインがすっきりしている(冗長でない)
・入力したらその場で処理をしてくれる
・UTF-7に対応している
というものをすべて満たしているものがなかったので自作しました。

また、多重変換にも対応しています。
「Copy to input area」をクリックすると、OutputエリアにあるものがInputエリアにコピーされます。
2重にURLエンコードされていたりする文字列も簡単にデコードできます!

何か問題がある場合はこちらの記事のコメント、またはTwitter @nash_fsに投げてください。出来る限り早く対応します。
リクエスト等も同じ場所に投げてください。なるべく対応したいと思っています。

カラースターつけてくれたりとかTwitterでつぶやいて広めてくれたり、はてブに登録してもらえたりするとモチベーションがアップします。是非是非よろしくお願いします。

ちなみに製作時間はとっても短いです。jQuery mobileとライブラリのおかげです。