Hatena::ブログ(Diary)

チラ裏的ななにか

2012-09-03

[]ビギニングカップ 23:49

シャンデラスカーフサザンドラ@ハバン、ガマゲロゲ@オボン、メタグロス@残飯、コジョンド@タスキ、キュウコンメガネ

26戦やってレート1708の70位。

2012-03-29

[]2012インターナショナルチャレンジ 23:32

使用パは草ロトム@達人の帯、スイクン@食べ残し、デスカーンメンタルハーブ、ラッキー@進化の輝石、カポエラーラムトゲキッススカーフ

いわゆるデスラッキー。どうせ勝ち上がれないので地雷パーティを使ってみました。

27戦やってレートは1627らしいです。

2011-12-14

[]ファミ通カップ 22:21

使用パはハッサム@オッカ、キノガッサ@毒球、テラキオン@タスキ、ラティオスメガネスイクン@オボン、ガブリアススカーフ

26戦やってレートは1502でした。

次回があったらもうちょっと考えてくみます。

2011-07-27

[]#40道オフ 23:29

17日に行ってました。

シングルスイクンビリジオンラティオスフワライドラッキーハッサムで4勝5敗。

ダブルがゴウカザルバンギラスランクルスココドラガブリアスルンパッパで8勝1敗。

両方とも構築してないので今回は結果だけ。

2011-03-22

[]イッシュダブル 04:49

ホントはもうちょっととっとく予定だったけど公式なくなったので公開。もう1回このルールなら別のパーティ使うだろうし。一応シングルよりは気合入れて組んでいるが、回す機会が少ないままオフで使ってしまったため、やや改良の余地の残された構築でもある。

名前道具技1技2技3技4
モロバレルくろいヘドロギガドレインキノコのほうしいかりのこなまもる
テラキオンきあいのタスキインファイトいわなだれつるぎのまいまもる
ガマゲロゲいのちのたまハイドロポンプだくりゅうだいちのちからまもる
トルネロスたべのこしぼうふうエアスラッシュあまごいみがわり

>概要

スタンの先発で広範囲に対処しつつ、警戒されにくい後発で天候を発動させてから畳み掛けることを目指した。雪崩でひるみやすいことからトリパが少ないと判断したためルーム対策が薄くなっている。また、雨パの性質上、命中率に左右されるという欠点を含んでいる。

>モロバレル

221-100-95-102-140-31

通常孵化のものを使っているため、特攻がやや低くなっている。

配分と技についてはテンプレートのとおりである。エスパー一貫性のある先発を使用しているため、ランクルスの珠サイコキネシスまでは耐える必要性があった。サイコショックに関しては採用率が低いと判断した。

見せ合いなしは事故を防ぐため安定した先発を組むことからはじめるべきだと考えているが、モロバレルはそれに耐えうる高いスペックを有していると思っている。最遅にすることでトリパに対してごまかしをかけることができ、最遅であっても胞子のおかげでスタンで十分通用する。雨のミラーに対しても強い。エルフーンに対しても有利に立ち回れる。広範囲に対応でき、一度も行動できずにやられることは少ないポケモンである。

またテラキオンとの横の並びの相性がよく、水と格闘、特にアクアジェットとマッハパンチを怒りの粉でよせることができる。モロバレルの弱い炎氷飛行に対してはテラキオンが強い。

>テラキオン

167-180-111-69-111-176

スカーフ相手、特にブルンゲルに一撃で倒されないようにタスキを持たせた。ジュエルアクロバットやいばラムマッパでも縛られない。

テラキオンを採用した理由としてはゾロアーク存在がある。個人的にはあまり評価してないものの、見せ合いなしではゾロアークの存在を無視することはできない。そのため、ゾロアークよりも速く、不意打ちやらスカーフ悪の波動やらで倒されないようなスペックのポケモンが必要だった。ちなみにモロバレルも怒りの粉で不意打ちをすかせ、火炎放射が急所に当たっても耐えることからゾロアーク相手に一方的にはやられない。

また攻撃面では後発との相性も悪くなく、後発の苦手なボルトロスサザンドラに対してダメージソースがある。

3つ目の選択枠には怒りの粉を利用しながら積めると強力だと考えて剣の舞を入れたが、ほとんど使う機会がなかった。モロバレルに対してはより対策を強化したかったため、挑発にするのがよいかもしれない。

>ガマゲロゲ

175-87-94-137-95-138

理想値ではないものの一応すばらしいのうりょくではある。理想値出せる環境であっても、命の珠を持たせるなら10n-1の179にするために28〜29にするといいかもしれない。

ただ非雨下を意識して臆病CSにしたものの、ミラーをそこまで意識する必要性があるかは微妙だし、後だししやすくするために耐久が欲しかったりしたので、控えめHCベースにしてプレートを持たせるほうがいいのかもしれない。ルームでの誤魔化しもきくようになるし、こいつの耐久はそんなに低くないし。4振りでも95あるので116族は抜ける。

あまり火力面は種族値に恵まれないため、H252シビルドンが雨珠ハイドロで中乱数とちょっと不安が残る。それでも切り札として充分使える火力は持っており、雨下で濁流を連打しているだけでも充分強い。

3つ目の枠で大地の力を採用したのは、非雨下で高く安定した打点が欲しかったことと、モロバレルに一番ダメージを入れられる技がこれだったからである。冷凍ビームがあれば入れたかったのだが残念ながら覚えられない。

>トルネロス

161-108-91-170-101-179

雨起動役はボルトロストルネロスブルンゲルの3パターンがあると考えているが、モロバレルに対する打点が全般的に足りなかったため、高いレベルで飛行技を扱えるトルネロスを採用することにした。またガマゲロゲで落とせないサザンドラに対して、無振り相手ではあるがエアスラ+暴風で落とすことができる。75%雨濁流+暴風はちょっと足りず低乱数なのが不安ではある。

ガマゲロゲの濁流で両縛りが成立したときの安定手段で守るの代わりにも使える身代わりがほぼ必須で、身代わりを連打しやすいようHPを調節して食べ残しを持たせた。雨はコンセプト上必須だし、暴風もトルネロスの採用理由となっているため切れなかった。残り1枠には食べ残しをより生かすために守るを入れていたのだが、身代わりで足りることが多かったのと、雨を降らせない状態で安定したダメージソースが必要な局面が多かったのがあってエアスラにかえた。

以下オフでの対戦ログ。

続きを読む

けけけけ 2011/03/22 11:49 おつかれでした。

こちらも撃墜順はメモしてないので(ry

また機会があれば(特に道オフで)対戦したいものです。