Hatena::ブログ(Diary)

なちぐろ日記

2017-11-23

正倉院展

過去日記ですみません。
今年は69回めの正倉院展だそうです。
てなわけで先月の末、国宝展に行ったメンバーの一人と、近鉄特急に乗って行きました。
ほぼノンストップで奈良。30分ちょっとでしょうか。
速いね‼
うちから京都駅に行くより速い‼

宝物にはあまり期待してなかったです正直。
だって国宝展の真っ最中だもんね。

しかし
このお宝があるから見に行きました。
碧地金銀絵箱(へきじきんぎんえのはこ)

おみやげにこの宝物をモチーフにした手拭い買いました。
帯とツーショットで…
(写真はまた今度載せます)
この帯のネタモトがわかって良かった(笑)

鹿もいっぱい見られたけど
あいにくの雨。
鹿に近寄られるのは申し訳ないけどベリー ノーサンキュー。
なので、いつも買う鹿せんべい、今年はスルーさせて頂きます。ゴメンね鹿さんたち。
雨だと言うだけでなら買わない訳でもなかったです。
…はい
朝から雨天にも関わらず、着物で出掛けました。
雨下駄 雨コート 装備。

雨下駄初装備で歩けるか心配して、前日家の前を雨下駄履いて歩いたら、隣のDさんに、カバー付きの下駄はファーストタイムと言われました。
当日も朝の京都駅で海外からの旅行者さんにビューティフルシューズ、とお写真撮られました。
外国人にすこぶる受ける雨装束。
喜んでもらえて嬉しいわ。

帰りのバスでもタイからの旅行者さん(日本語学校に通っているそうで、日本語めちゃ上手!)に
着物についていろいろ聞かれ、
いやはや ウールの着物にうそつきスリップで申し訳ない。

2017-11-05

国宝展行きまして

10月26日 国宝展の開かれている京都博物館に行きまして。
いつもは着物着て一人で行くところ、今回は短大の同級生二人と、誘い合わせてお出掛けです。
去年の今頃同じ京博に来たときは、一人で来てツイートしたら短大のまた別の同級生(他県在住)とニアミスしてた事が判明したり
それはそれで面白いと思ったけど
今年はそのツイートで誘い合わせてのグループ観覧です。


国宝展の感想はやはりツイートで先に書いてるのでそちらで。

着物着て行って、と書きましたが写真は撮ってないです。
撮らない理由じゃなくて撮る理由がとくになかっただけですが、この日は納品日で朝まで絵を描いていて送信してそこから出掛ける準備をしてたので、大慌てでしかも朝寒く、芯入り名古屋帯も体も固くて(笑)どうしてか帯がうまくいかない。
型はなんとかなったけど帯枕が体から浮いてるっていうあまり無いミスを羽織で隠し、大慌て着付けヘアメイクコミコミで15分で。
やればできるもんやな。ってその帯のとこさえなんとかなってりゃ言えたんですが…😅

2017-10-18

コツコツやるのもスタミナが必要

昔から怠け者な私ですが
加齢とともに怠けてる意識のうすい怠け者にクラスチェンジしてる気がします。

頑張ろう。
とりあえず、国宝展と正倉院展を見に行けるように!

まずは休憩。<コラコラ!

2017-10-13

覚え書き

実家のタンスに普段着ない着物を居候させてもらうことにしまして

二尺袖の長着と襦袢、色留袖、黒絵羽織、訪問着 こんなもんかな

忘れっぽいので書いときます(笑)

今日は実家近くの呉服やさんに行って、単を二枚洗いに出しました。
次のシーズンに変色劣化等あるのはやだなあ組。半額との事で二枚で8k。


ちょうどお召しの展示もされていたので勉強会といろいろ見せてもらいつつ
お召しってのはかなりざっくりした分類なんだなあと、実物を見比べてその多様性に面白がらせてもらいました。
色無地のようなのもあり、民芸風のカジュアルもあり
上品な小紋柄も縞もあり
なるほどわからんw

製法やいわれは知ってるけど
色々あるなかでこれはお召しだって見分けるのは
やっぱ難しそうです。


温度で色の変わる糸を所々に配した反物がありました。面白いと思ったけど、おいどのとこだけ色変わったりして不評やったからもう作らない とか。
それは恥ずかしいなw
いかにも私が欲しがりそうな珍品ですがその特性はヤバイす。

草履の鼻緒もみせてもらい、すげ替えたらいくらかな?と気になって聞いてみました。鼻緒はマ〜9kで、すげ替え3k位だったか。
高い鼻緒は龍村のだからさすがにあれですが。
台も帆布草履っていうのがありました。歩きやすそう。

でもすげ替えるならデパートの催事でお願いする方が安いかもなあ。

白生地の再練りして色無地に仕立てるのはもろもろ込みで85〜90k、飛び柄小紋は20kプラスくらいとか。
古い浜ちりめんと浜つむぎがあるので気になって聞いてみたです。
浜つむぎは名古屋帯向きなんだろなって思うけど、白生地から帯を作るってお金かかるよな〜
そこまでは出来んなあゴメン と白生地に謝ります。

とりあえずはこのくらいを覚え書きにして

…まあ、
これから物要りなのでさらにお金かけない方向で楽しみたい
というわけなので、あれこれはおおむねペンディングです…!

2017-10-09 めっちゃごぶさた

この夏はね…
子どもの進学問題でへとへとでしてん。 いや、今もまだ継続中ですが
少し山越えかけてるかな、というところです。
こんな状態で、着物着てお出かけなんかしたら何もかも台無しになりそうな気がして、着物で外出はほとんどできませなんだよ。
願掛けというほどではなく、余暇を懸念の案件に費やした、というだけですわ。

なので、浴衣は一回着たよ!
f:id:natiglo:20171010031634j:image
なんか太いねw
こういう藍染の綿コーマは初めて着ます。こういうのがしっくりくるお年頃。
これと同時に買った白地の浴衣もあるのですが、まだ着て出かける機会を作れず、夏は終わったです残念。
f:id:natiglo:20171010032219j:image
↑コーデで終わったり

f:id:natiglo:20171010031628j:image
あーだこーだ考えつつ終わったり

一昨日、嵐山で月見舟だ、と着物で出かける算段をしておりましたが 前日から午前まで雨だったので着物はパス。
f:id:natiglo:20171010033853j:image

f:id:natiglo:20171010033208j:image
本日は久々に着物で出かけましたよ…
細見美術館の秋をテーマの収蔵品展が本日最終日でして!
f:id:natiglo:20171010033204j:image
単衣(素材も織りもナニモノかわかってませんw ポリではないよ)半幅を貝の口にして
秋は赤や黄色がつかえてリサイクラーはありがたい季節です!

羽織を解いて作った手提げ…すごい長いね! 欲張りすぎて失敗してますね
というわけで今日は上から下までアンダーウェア以外はすべてリサイクル商品です。
全身トータル草履込みで1000円くらいかな。

今日はいい天気で、出かけたのは3時頃でしたが、それでも暑かった!
脇パット付きのキャミソールは役に立ってくれてたかなあ

じつは衣替えがまだ出して… たんすの中は6月に張り切って入れ替えた夏物が満載です!
今週中には片付けないと!

国宝展もまだ行けてないぞ!

2017-08-24 サーチ生きてた

二次創作置き場「なちぐろアーカイブス」のリンク欄にありました「アキヒカサーチ」様 登録申請したはいいけど返信がないままリンクだけは張らせていただいておりました。
今日メールチェックしていたらば、登録のお返事が!
PCが壊れておられたとのこと。
早速紹介文を現状に書き直しました。

ありがとうございます。

もひとつのサーチがいつの間にか不通になっておりますが… ぼちぼちでいいんですよ〜
サーチやウェブリング いまはgoogleやまとめサイトに役目が移行していますし

といいつつ こういう登録型のリンク集は明瞭簡潔な仕組みでいいと思います。
今どきのページは画面の半分以上を動き回る広告をかき分けて見て回るようなのが多い。決して快適ではないです

さて サーチに登録していただいて以来、アクセスが久々に(^_^)
とはいってもざっくりしたアクセスしか私にはわからないですが、増えたのは確かなようで。
単純に来訪者があったことも嬉しいし、読んでいただけることも嬉しいですよ!

それより、こうしたサーチサービスが動いてて、読みたい人に情報が届くというのがなによりありがたいなあ と思っています。

2017-07-11 着物と梅雨時

お絵かき仕事でおしりに火がついています。そんな時にしか日記書かない今日この頃。

薄物と浴衣と雨コートと雨下駄と… 今着られるものがいろいろとあるのですが、全く着る時間を作れない。

今持ってないのは麻や木綿(浴衣以外)の着物かな…

もしかしたら、サマーウールだと思ってるものが麻かもしれないですが わかんない(笑)

絽の着物は白地の赤いモミジ柄だけだったのが、紺地に蝶の織り柄いりと、紺の色無地が仲間入り。色無地はしつけ付き。
あとおはしょり取れないサイズの、白地に藍色のモミジ柄というのもあるよ。襦袢にしたほうがいいかもね。

あ、麻あるかもです。黒い紗のちょっと長い袖で、葵ぽい織り柄がはいってるやつです。
若いような姐さん風なような。そんなちょっとお水の香りがするお着物。
こういうの着られる場面ってあるかなあ〜
花見小路のクラブなんてもう行かないしなあ(笑)

竺仙じゃないけど似たような柄のコーマ浴衣を、白地藍地二枚手に入れて、これも夏の出番を待っているのですが
白って夜向きだけど、食事で汚すかも…なんてこと考えたら着る時ないね!
そして出番を失うポリ混浴衣。
ポリ混はいいですよ!雨に降られてもざっと乾く。しわもない。高級な浴衣ではないけどそんなわけで一番働き者です。


といろいろ増えてきたら去年やっと着た絹紅梅の出番がないね。

かわいい割に年配でもいけるやつな木版風の柄なので背が縮むの待って着てもいいか <いや、そんな年齢で着物はもう着ないよ…

2017-07-05 がま口っぽいバッグ

がま口口金の仲間で、ベンリー口金というのがありまして…
これが口金部分が持ち手になっており、ぱかっと全開にできる上、巾着の紐通し穴に金属棒を挿してネジで止めるだけの簡単装着。
まさにベンリーw

…商品名なので、ユザワヤで売ってたのはクリップポーチ口金という名前になってました。

ということで、夏用のバッグを作成しました。


f:id:natiglo:20170705200720j:image

カバンにくっついてるみたらし団子は、ダイソーの和風コーナーにあったガラスの箸置きです。
団子のくびれ部分で、透明糸で縫い付けてあります。透明糸ってテグスみたいなやつですが、これが扱いにくくて。
結びにくいし好きじゃないんですがこういう特殊な用途に欠かせません。

で、この口金、あまりに簡単にカバン部分が替えられるから、色々作って差し替えていきたいと思います。
実はこのバッグも二代目です。最初は口金についていたレシピ通りに作った これの半分くらいのサイズのもの。
カワイイけどね、おばちゃんには小さすぎたんよw

2017-06-22 暑くなってきましたよ

なんか思い出したようにチョコチョコと着物ネタを投下するという、着物ブログの出来損ないみたいな様相の日記です。

最近お絵かき仕事がひと段落しているので、今くらいしかないな、とパート休みにはじかんをつくって着物を着て歩いてます。

京博パス作ったので、もう今年は作らないかもなあ… と思ってた細見美術館の年間パス また作っちゃいました。
なんでかっていうと、見たい企画展が多いから というフツーの理由ですwが
京博 いまなにもやってないんだもん…
国宝展まで眠りについているのかもしれませんね。(いやそんなことはないかもですが)
細見パスは入会してから1年有効なので、見たい展示があるときに作ったほうが継続更新するよりお得な気がします。

そんな細見美術館には万博 もとい 民博でも着用の、白っぽい紬と麻の名古屋帯


f:id:natiglo:20170622234020j:image

あと、先日買った単衣で無紋の鮫小紋500えん
この着物のおかげで、ちょっと改まった感じの着物でないとよー行かんな と思ってたFO美術館(仮名)にやっと行けました。
行ってみれば近所の小さなギャラリーやったな(^^;)という感想ですが わたしゃ不勉強でお茶には暗いので、こんな感想しかなくてすみません。
もっとミドリミドリした焼き物のコレクションがいっぱいなのかなと思ってたです
その足でまた細見美術館の古裂コレクション展初日に行ってまいりました。
こちらに来るともう少し遊びのある着こなしのほうがシックリ来るもので 
いやいや、何を着ても決まらないのはむしろ自分の内面の問題かな?とも思いますが

はい 精進します。

もう単衣の時期は終わりですね。 はやいね。

2017-06-08

2ヶ月ぶりに着物

久々に自由に使える休みで、雨降りじゃない日が。

ということで、
民族学博物館にビーズ展見に行って来ました。
開幕から気になってましたがもう最終日ですよ〜

せっかくなのでビーズの帯締めしておでかけしましたよ。
f:id:natiglo:20170606155530j:image:w360


ビーズバッグの展示に関する話題がツイートで回って来ていましたが、あいにく持ってなくて。
いやその少し前にリサイクル屋さんに出ているのを手にとって見てたのですが、購入は見送ってしまいました。
大事に出来ないかもなと思って。
だからちょっと残念ではあるけどそれはそれでよし と思ってます。


さて 展示の品の多種多様さがホントにおもしろい。さすがみんぱく。
ビーズと一言で言っても素材はカイガラ、石、ガラス、プラスチック、木の実や骨、獣やヒトの歯までさまざまです。

スワロフスキービーズの作品やジバンシーのドレスきらびやかな西洋服飾史的資料なものもあって、そういうお馴染みなビーズなるものと、財産であったり権力を示すものであったり、まじないのこめられたものであったりするビーズがごった煮になっているところが何ともおもしろい。
でもついつい注目してしまうのが導線のカバーをビーズにしたようなものとかジュズダマとか
(こどもの頃こういう素材でビーズ遊びしてましたよ)魚介図鑑でページいっぱいに並んでいたタカラガイ 
万博公園だからというのでもないですがやたら70年代の自分の記憶に直結する鍵がいっぱいなような
不思議な感覚です

グローバル化、近代化で世界中から消えていく民族文化のあれこれがこんな身近なビーズにも深く染み込んでるのか…
と考えさせられる一方で、今新たにビーズによる表現がまた生まれたりしているようで。驚きのたくさんつまった、なんとも深い展覧会でした。

大阪に着物で出掛けるのもいいですが、やたら歩く事になってしまい…
9時間はキツイね…!