平和チョコレート このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-05-31

natotsk2006-05-31

また行きたい 11:48 また行きたいを含むブックマーク


f:id:natotsk:20060528114208j:image

あぴゅぴゅぴゅぴゅーwwwあぴゅぴゅぴゅぴゅーwww 2009/06/09 04:18
だあぁぁ凄いよー!!ボクの初 体 験 21 万で買ってもらっちゃいまちた!!!
ち ん ぽを触られたり舐 められたりってこんなに気持ちいいんですね(^^;
一生オ ナ ニーでいいやって思ってたボクが間違いでちたm(_ _)m

http://shasei.oppao.net/FBzPOBI/

ぎょはぁ!!!!!ぎょはぁ!!!!! 2009/08/14 14:09
ヘイヘイ!!あひひひほはぁwwwwwww ちょwwいきなりごめwwwwww
寝てるだけで5 万もらっちゃって真面目な自分がヴァカらしくなってさwwwww
はぁーいま女シャワー浴びてんだけど、もう1ラウンドでまた5 万くれるってYO!wwwwww
またマグロでさっさと中 出 しするわwwwwwwwww

http://kachi.strowcrue.net/zLUmpVO/

2006-05-29 また災害か このエントリーを含むブックマーク

うまれてはじめて行った海外旅行がジョグジャカルタだったから。

かなりショック。良い思いでもたくさん良い人に助けられたし、、きれいな街なのに。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/natotsk/20060529

2006-03-16 六ヶ所

[] 00:41 を含むブックマーク

すこし前の事ですが、「六ヶ所ラプソディー」を見ました。

http://ameblo.jp/rokkasho/theme-10000197567.html


学生のときに原発の使用済み核燃料を「再処理」する、という行為は一見リサイクルのようにもみえるが、これが大変にリスクの大きく、何万年も世代を超えてツケを回すような無謀な行為だと知った。

そして、どうして、そこまでしてもこの計画を進めるのか理由がわかりませんでした。

ただ単にエネルギーとして必要だからとは言い難い気が今でもしています。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%8D%E5%87%A6%E7%90%86%E5%B7%A5%E5%A0%B4


この映画はその再処理工場がある青森県、六ヶ所村を舞台にした映画。

原子力政策にゆらぐ村の話がテーマだけど、自分は「食べ物」の映画だと思った。

なかでも印象深いのは、何年もこの地で無農薬のお米をつくり続けて来た女性の話です。

彼女は農薬を使わず安全な食べ物をつくってきたのですが、再処理工場の事(稼働すると原子力発電所に比べ、はるかに多い量の放射線を出す。一説には1日で原発1年分らしい)のをこれまでのお客さんに正直に話たところ、今後は買い控えると言われてしまったとの事。

なんて皮肉な話だろうか。

世の中、食べ物という全ての人々が絶対必要なものをつくる人たちが、それに見合う報酬や敬意が払われていないと思う。

映画は農家の人々が良く出て来ては畑で仕事をしていた。仮に日本のエネルギーの為に再処理工場が必要だとしても電気を一番消費し恩恵をうけているのは彼等ではなく自分らだと。

農家のおばさんの朝ご飯のシーンもあった。ここは自分が一番すきなところ。

窓からそそぐ朝日の中で料理をする、ストーブで焼くパン、いただきます。

なにげない「生活」を見ることで何故か心動かされた。生活を大事にするとはなんだろうか?

それを見ながら、そんな事を考えた。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/natotsk/20060316

2006-03-10 クジラ

[] 23:47 を含むブックマーク

少し前の事ですが、『拘束のドローイング9』を見に行きました。普段の自分では決して見ようとは思わなかったでしょうが、機会があって足を運んでみました。えせ学生の学割もきかず1800円にて鑑賞。

http://www.wisepolicy.com/matthewbarney/

先入観からか、難解でやたらと「アート」してる映画かと思いきや、意外に普通に感じました。一個人の主観ですが一言であらわすと、

「捕鯨が日本の文化と言うなれば、コレでもどうだ!」

といった印象を受けました。

これほどまでに日本の捕鯨がモチーフになっているとは思いませんでしたので、そこはとても興味深い所。おそらく捕鯨に関わる当事者たちがたくさん協力していると思うのですが、アートだからってことで了承得た感じがします。

自分は、捕鯨の会議に行ったこともあり、某○○での○○などもあったりで、やはりその点は着眼点がずれうるのでしょうか?どーしてもアートと言うより、アンチ捕鯨映画に見えた。だってこの映画見て捕鯨は日本の文化です、なんて思う人居ないよ。だいたいさー日本近海で取れなくなって南極まで行ってとるのが文化かよーって。

まあ、そんな事はどうでも良いんですが、、、書いていて思い出したのが、下関の水族館です!

俺が行ったのはもう、5年くらい前?すげー広いの。で、食べてる魚がいっぱい見れる。

そして目玉はなんといっても、シロナガスクジラの骨!!全身まるまる。シロナガスクジラはクジラの中でも最大級?で25メートルくらいあるんだよ。この骨が、一階ロビーからの吹き抜けに飾られていて、圧巻でした。

本当にすごいよ。しばらく絶句。こいつはロマンチックですよ。いまでもあるのかわからないけど・・

そしてその水族館を抜けると海鮮レストラン。見た後は食べる!

そのなかにひっそりと、くじらバーガーなる屋台も、、。俺はあんま食いたく無いなー。

ああああ、バー二ーさんの映画からすっかり気持ちが下関に跳んでしまった!

まあ、とにかく絶滅間近か、したかで大変なシロナガスクジラ、生で見たらと想像するだけで漏れそうなんすよ。

そしてま拭▲曠押鴫餤弔魯Ε茲??い擦鷦屬200台集結でそれもまた圧巻でしたわー。

しげしげ 2006/03/21 23:12 下関在住です。下関水族館「海響館」の骨格標本はまだありますよ。 この映画に僕も出演しております。

natotsknatotsk 2006/03/22 23:54 しげさん。おー、それは素晴らしいです。あれはロマンチックですよねホントに。映画があるとは知りませんでした。気になりますね。

しげしげ 2006/03/23 07:21 「拘束のドローイング9」でマシューバーニーのヒゲを剃ってる理容師が僕です。 http://www5.ocn.ne.jp/~akahori/

natotsknatotsk 2006/03/23 22:20 おお!なんと、あのお方ですか!ブログ拝見いたしました。すごい!すごい!
びっくりです。

しげしげ 2006/03/23 23:32 僕の店は下関水族館から徒歩5分くらいのところです。
また下関に来られることがありましたら遊びに寄ってくださいませ〜(^o^)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/natotsk/20060310

2006-03-06 このエントリーを含むブックマーク

もうめんどくなった

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/natotsk/20060306
カテゴリー
Connection: close