Hatena::ブログ(Diary)

__ScrapBook of Plumber

2008-12-30

堺市図書館BL問題要点まとめ(まとまらなかった)

2008/12/31 19:30 追記1あり

2008/01/02 16:50 追記2あり


堺市図書館BL問題を俯瞰するために、要点をまとめて「何が問題だったのか」を腑分けしてみようかと思ったのですが……、まるでまとまりませんでした。

ので、とりあえずメモの状態で晒してみたいと思います。こんな意見・立場もあったんじゃない?という追加、突っ込み等ありましたら、コメントでもブコメでもどんどんお願いします。


市民の声

  • BL(男性同士の恋愛、性行為含む)を若い女性が読むことが不快
  • BLの表紙はセクハラ教育上よくない(開架するな)
  • もっと有用な図書を買うべき
  • BLを処分・換金してもっと有益な図書を

堺市・図書館の対応

  • 市:今後は「収集、保存、提供しない」と回答
  • 図書館BL(を含む図書)を誤解を受けかねない形で閉架、18歳以下貸し出し制限
  • 図書館:18歳以下貸し出し制限を解除

市民団体監査請求・申立て)


ネット上

BL図書館に要らない派>

  • BLなんてポルノ。規制を受けて当然。
  • BLなんて18禁わいせつ。規制を受けて当然。
  • BL好きだけどあれはポルノ。規制を受けて当然/仕方ない
  • BL好きだけど18禁にして当然/されても仕方ない。(自分は買って読む。)
  • BL好きだけど図書館に入れるのは自重すべき。(自分は買って読む。)
  • 男向けなら駄目で女向けならいいのか。性差別だ。
  • じゃあ男向けも入れろよ。(入れていいってこと?)
  • 百合も入れろよ。(入れていいってこと?)
  • 男は自重してる(図書館にリクエストなんてしない)、女も自重しろ
  • 女性がBL読むこと自体が不快
  • 女性がエロ読むなんて!
  • BL読む女は変態
  • 図書館オナニーしてんじゃねーよ
  • 図書館の本でオナニーしてんじゃねーよ
  • むしろなんでリクエストしたり借りたりできるの?恥ずかしくないの?
  • BLはむしろ同性愛への偏見を助長してるんじゃない?

BL擁護派>

  • BLはポルノじゃない!(BLBL
  • BLだからって纏めて迫害するな(エロ無しもある)

BLは安全派>

  • BLは男性に恐怖を与えないからいいんだよ(追記1)

<中立派>

  • BLにもエロとそうじゃないのとある。線引きが難しいから全部排除されても仕方ない。
  • BLにもエロとそうじゃないのとある。線引きが難しいから一纏めで排除するのはよくない。
  • BLはすごい速さで流通し、廃れていく(図書館に頼らざるをえない/収集する意味がある)

<隠れたい派>

  • BL腐女子)はもっと隠れようよ。放っておいてよ。

図書館の自由派>

  • BLだろうが何だろうが、一市民の声で恣意的な排除はありえない
  • BLだろうが何だろうが図書館が勝手に18禁はよくない

図書館わいせつ図書は要らない派>

BLとかどうでもいい派>

  • もっと有用な図書を買うべき*2(追記2)

結論

  • 図書館からBL=特定ジャンルの図書を排除するのはよくない(ありえない)
  • 図書館が独自に18禁とかよくない(ありえない)
  • 図書館にポルノは置くべきじゃない(だからBL図書館から排除して当然/仕方ない)
  • 腐女子は自重すべき(だからBL図書館から排除して当然/仕方ない)
  • BLキモイ(不快感)(だからBL図書館から排除して当然/仕方ない)
  • BL同性愛偏見を助長している/理解を助けてなどいない(だから図書館から排除して当然/仕方ない)

論点(追記1)


論争における問題点(追記1)



ブコメレス

id:Sosumi 「ポルノ」と「BL」の定義にもよるんですが…。自分は「ポルノ=(目的を問わず)性愛描写のある作品」とした場合には、BLの一部はポルノでもある、と思います。ただし「(男性向け)ポルノ=マスタベーションの道具」という観点(広くある認識ですし、反射的にBLを叩いている人たちもこのような意味で使っている人が多いように思います)で「BL=(女性向け)ポルノ」といわれたら、「それは違う」と言います。/あと、これはコミックなので・・・ポルノ度高いですね。コミック小説の違いも大きいです。それこそ渡辺淳一とか団鬼六とかが忠実にコミックになったらポルノとして有害指定される可能性だってあるでしょうし。今回問題になったのは「BL小説」だったのに、ポルノコミックと混同してる人が多いのも、ちょっと問題ですね。

*1誤報新聞記事にはあるが、監査請求、申立書には見当たらない

*2:有用な図書とは何か?誰にとって、どのように「有用」なのか?

*3:この点については図書館学的には既に結論が出ている。

*4:同上

*5:同上

*6図書館の自由に基づきありとあらゆる知を提供する

いち意見いち意見 2009/01/01 06:09 ちょっと意見を。図書館学的には、「わいせつな書籍も図書館にあっていい」というのが結論だよね。けど現実の図書館には「(あくまで一例だけど)あからさまに女性の裸が描かれたエロマンガ」が置かれることはない。なぜ? わいせつな本は図書館に置かないという歴史があるから(http://d.hatena.ne.jp/machida77/20081115/p1)。 BLであろうと、そうでなかろうと、もしわいせつであれば、BLも男性向けも同様に、図書館には置かない。 ここまではOK?
問題となるのは
1. 同様の方法で図書館の自由が侵害されてはいけない
2. BLはわいせつか?
という2点だよね。
1.については、府がわいせつな書籍を有害図書と定めてしまえば、図書館の慣例上は問題とならないはず。例えば今回の堺市の混乱は、BL本が条例で取り締まられる有害図書から抜け落ちてきたことが一因だと思う。(有害図書と定めることによって表現の自由が侵害されるおそれがあるという人も居るかもしれないが(私はそうは思わないけど)、それは図書館の自由とは別の問題。)
2. について。全てのBLがわいせつだと言うつもりはないけど、あからさまにわいせつな絵や帯、キャッチコピーをもつ場合、その書籍はわいせつであるといって良いよね。ここで有害とは「性行為を連想させる姿態」とか、「同性間の性行為」とか、そのあたりだろう。それ以外でも人によってはわいせつと思う場合もあるだろうけど、運用しやすい明確な判断基準としてはそんな所だと思う。

逆に、大人のBL読み達が、有害であるか否かについて口を閉ざしてしまい、「すべてのBLはわいせつではない」と言ってしまうのはあきらかに不味いんじゃね。例えばnatsu_sanさんは どういうBL小説が良くて、どれがグレーゾーンで、どれは有害図書認定だろうという判断基準を示すべきだと思う。グレーゾーンを有害認定せよとは言わない。しかし、あからさまにヤバイ本は区別したほうが良いように思う。これまで手つかずの分野だったけれど、これだけメジャーになったのであればそういう動きもあったほうが良いような。 世間に顔向けできる、大人として責任持ったふるまいをおねがいしたいところ。

BLとかどうでもいい派BLとかどうでもいい派 2009/01/02 03:23 「もっと有用な図書を買うべき」わいせつ云々よりもこれが全てです

natsu_sannatsu_san 2009/01/02 19:42 >いち意見 さん
自分でも纏めなおしたかったので新エントリで書きました。
ちょっと切り口の方向性は違ってしまいましたが…、自分はこういう立ち位置です。
http://d.hatena.ne.jp/natsu_san/20090102/1230887380

>BLとかどうでもいい派 さん
それもありましたね。
ところで「有用な図書」って何でしょう?あなたにとっての「有用な図書」は全ての人にとっての「有用な図書」ですか?
これについても新エントリで触れましたので、よろしければ読んでください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/natsu_san/20081230/1230650458