またたびCINEMA 〜ふたたび〜 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-09-12

[]はてなブログへ引越します。 はてなブログへ引越します。を含むブックマーク はてなブログへ引越します。のブックマークコメント

長い間お休みしていた「またたびCINEMA〜ふたたび〜」ですが、このたび引越しすることにいたしました。同じはてなダイアリーからブログに乗り換えます。

お休みしていた数ヶ月の間に、私自身も杉並区から東京郊外へお引越ししました。

新しいブログのアドレスはこちらです→またたびCINEMA〜みたび〜

最近、「またたびCINEMA」の「CINEMA」の方がおろそかになってきているのが気がかりです。

グローバルボイスの翻訳もやっているので、時間や体力的な問題でコンスタントに書けなくなってきているのが現状です。

それでもほそぼそと続けていければと思っております。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/natsutobira/20160912

2016-04-02

[]お花見六義園 お花見@六義園を含むブックマーク お花見@六義園のブックマークコメント

今年のお花見は、六義園の枝垂れ桜である。

花曇りで肌寒かったが、庭園に着くと行列ができていた。

渡月橋を渡る人たち。影が水面に映っている。

f:id:natsutobira:20160402163324j:image:w360

日が暮れてライトアップされる枝垂れ桜。

妖しく美しい。

f:id:natsutobira:20160402180353j:image:w360

[]政府批判的なジャーナリストが次々とテレビから消えていく 政府に批判的なジャーナリストが次々とテレビから消えていくを含むブックマーク 政府に批判的なジャーナリストが次々とテレビから消えていくのブックマークコメント

グローバル・ボイスに新しい記事の翻訳をUPしました。

    ↓ クリック!

「政治介入か? 日本の有名ニュースキャスターが相次ぎ降板」

特に「クローズアップ現代」の国谷裕子さんの降板は、政府意向を気にするNHK上層部の弱腰ではないかと思われている。

クロ現」は23年間もの間、徹底的な取材と分析による調査報道で、高い評価を得てきた。

国谷さんがいかにこの番組に精力を注いできたかは、日本記者クラブ賞を受賞した時の動画を見てみればよく分かる。

D

国谷さんだけではなく、TBSの岸井さん、「ニュース23」の古舘さんと、テレビからリベラルジャーナリストたちがいなくなるのは、本当に寂しいし、悔しい。

国谷さんから視聴者への言葉が、NHKのサイトに載っていた。

   ↓

国谷裕子キャスターから視聴者の皆さまへ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/natsutobira/20160402

2016-03-02

[][]ひな祭り ひな祭りを含むブックマーク ひな祭りのブックマークコメント

f:id:natsutobira:20141118140517j:image:w360

子猫がお内裏様とお雛様のように、澄まし顔でちょこんと座っています。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/natsutobira/20160302

2016-01-23

[]Hello and good buy, 鎌近! Hello and good buy,  鎌近!を含むブックマーク Hello and good buy,  鎌近!のブックマークコメント

先週の土曜日、今月いっぱいで閉館になる鎌倉の近代美術館に行ってきた。

鶴岡八幡宮の池の畔に立つ白いマッチ箱のような鎌倉美術館。

存在は知っていたが、いままで縁が無く、初めてのそして最後の訪れとなった。

f:id:natsutobira:20160116134350j:image:w360

池にはカモメ。別棟の屋上にはサギが数羽、羽を休めていた。左端はアオサギか?

f:id:natsutobira:20160116134242j:image:w360 

日曜美術館で井浦くんと鶴田真由さんが名残惜しそうに館内を探索していた。

これは是非行かねばなるまい、と思ったしだいだ。

観覧室へと誘う正面階段。上がった先には重量感のあるガラス扉。

階段の下では、少年がゲームに熱中していた。

f:id:natsutobira:20160116132710j:image:w360

f:id:natsutobira:20160116150317j:image:w360

1951年に開館した鎌近は、地方美術館の先駆けとして駆けぬけて来た。

鎌倉という文化が根付いた土地柄か、多くの文化人に愛されたそうだ。

川端康成が寄贈したという、大好きな古賀春江の「窓外の化粧」「サーカス」も本物を見た。

松本竣介という、若くして亡くなった画家の作品も知ることができた。

美術に造詣が深くない私でも楽しめた。行って良かった。

詳細は下記をクリック!HP鎌倉からはじまった。


美術館を設計したのは坂倉準三氏、ル・コルビジェの弟子だ。

池に面したバルコニーの天井には、水面に反射した木漏れ日が波模様を作り出していた。

観終わって、器となる建物そのものが大きな美術品であると再認識した。

八幡宮の森と池に隣接した立地が、この美術館の大きな魅力である。


鎌倉に行く前に立ち寄った渋谷駅山手線ホーム。

SEALDs高橋源一郎の対談集の本の広告を写真に収めた。

民主主義ってこれだ』

f:id:natsutobira:20160116112525j:image:w360

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/natsutobira/20160123

2016-01-22

[][]Take it easy, Glenn Frey Take it easy, Glenn Freyを含むブックマーク Take it easy, Glenn Freyのブックマークコメント

イーグルスグレン・フライが先日亡くなった。

ここのところ、立て続けに惜しい人が亡くなっている。今日もイタリアのエットーレ・スコラ監督の訃報を新聞で見た。

さて、グレン・フライである。

イーグルスは70年代のアメリカロック界を代表するグループである。

そして何と言っても「ホテルカルフォルニア」の世界的大ヒットによるところが大きいだろう。

でもあまりに売れてしまったため、耳タコソングとなり、私はなるべく避けて聴かないようにしていた。

ただ、この曲と「デスペラード(ならず者)」のリードボーカルをとっているドン・ヘンリーハスキーボイスが好きだった。

今回、イーグルスのヒット曲を聞き直して再認識したのは、グレン・フライの作曲の才能と、イーグルスのメンバーの歌の上手さだ。

グレン・フライカントリーっぽい歌い方も気に入った。

ちなみにデビュー曲の Take It Easy はジェムス・ブラウンとグレン・フライの共作だそうだ。知らなかった。

1977年ワシントンDCでのライブ。

D

曲目リスト ( )内はリードボーカル

Hotel California ( ドン・ヘンリー) ー New Kid in the Town ( グレン・フライ) ー Take it to the Limit ( ランディ・マイズナー)ー One of these Nights ( ドン・ヘンリー ) ー Lyin' Eyes ( グレン・フライ ) ー Rocky Mountain Way ( ジョー・ウォルシュ ) ー 

The Best of my Love (  ドン・ヘンリー)ー Take it Easy ( グレン・フライ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/natsutobira/20160122