Hatena::ブログ(Diary)

いろいろ解析日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-12-28

PuTTYユーザマニュアルの日本語訳

PuttYユーザマニュアルの日本語訳の目次です。

1章: Putty入門 - Chapter 1: Introduction to PuTTY

日本語訳英語原文
1.1 SSH、Telnet、そしてRloginとは何か?1.1 What are SSH, Telnet and Rlogin?
1.2 SSH、Telnet、そしてRolginにはどのような違いがあるか?1.2 How do SSH, Telnet and Rlogin differ?

2章: Puttyを始める - Chapter 2: Getting started with PuTTY

日本語訳英語原文
2.1 セッションを始める2.1 Starting a session
2.2 ホストキーを検証する(SSHのみ)2.2 Verifying the host key (SSH only)
2.3 ログインする2.3 Logging in
2.4 ログイン後2.4 After logging in
2.5 ログアウトする2.5 Logging out

3章: PuTTYを使う - Chapter 3: Using PuTTY

日本語訳英語原文
3.1 セッション中のこと3.1 During your session
3.2 セッションのログファイルを作る3.2 Creating a log file of your session
3.3 文字セットの設定を変更する3.3 Altering your character set configuration
3.4 SSHのX11転送を使う3.4 Using X11 forwarding in SSH
3.5 SSHでポート転送を使う3.5 Using port forwarding in SSH
3.6 生のTCP接続を作る3.6 Making raw TCP connections
3.7 ローカルのシリアルラインに接続する3.7 Connecting to a local serial line
3.8 PuTTYコマンドライン3.8 The PuTTY command line

4章: PuTTYの設定 - Chapter 4: Configuring PuTTY

日本語訳英語原文
4.1 セッション・パネル4.1 The Session panel
4.2 ログ・パネル4.2 The Logging panel
4.3 端末・パネル4.3 The Terminal panel
4.4 キーボード・パネル4.4 The Keyboard panel
4.5 ベル・パネル4.5 The Bell panel
4.6 高度な設定・パネル4.6 The Features panel
4.7 ウィンドウ・パネル4.7 The Window panel
4.8 外観・パネル4.8 The Appearance panel
4.9 動作・パネル4.9 The Behaviour panel
4.10 変換・パネル4.10 The Translation panel
4.11 選択・パネル4.11 The Selection panel
4.12 色・パネル4.12 The Colours panel
4.13 接続・パネル4.13 The Connection panel
4.14 データ・パネル4.14 The Data panel
4.15 プロキシ・パネル4.15 The Proxy panel
4.16 Telnet・パネル4.16 The Telnet panel
4.17 Rlogin・パネル4.17 The Rlogin panel
4.18 SSH・パネル4.18 The SSH panel
4.19 Kex・パネル4.19 The Kex panel
4.20 認証・パネル4.20 The Auth panel
4.21 TTY・パネル4.21 The TTY panel
4.22 X11・パネル4.22 The X11 panel
4.23 トンネル・パネル4.23 The Tunnels panel
4.24 バグ・パネル4.24 The Bugs panel
4.25 シリアル・パネル4.25 The Serial panel
4.26 設定をファイルに保存する4.26 Storing configuration in a file

5章: PSCPを使ってファイルを安全に転送する - Chapter 5: Using PSCP to transfer files securely

日本語訳英語原文
5.1 PSCPを始める5.1 Starting PSCP
5.2 PSCPの使い方5.2 PSCP Usage

6章: PSFTPを使ってファイルを安全に転送する - Chapter 6: Using PSFTP to transfer files securely

日本語訳英語原文
6.1 PSFTPを始める6.1 Starting PSFTP
6.2 PSFTPを実行する6.2 Running PSFTP
6.3 PSFTPで公開キー認証を使う6.3 Using public key authentication with PSFTP

7章: コマンドライン接続ツールPlinkを使う - Chapter 7: Using the command-line connection tool Plink

日本語訳英語原文
7.1 Plinkを始める7.1 Starting Plink
7.2 Plinkを使う7.2 Using Plink
7.3 バッチファイルやスクリプトでPlinkを使う7.3 Using Plink in batch files and scripts
7.4 CVSでPlinkを使う7.4 Using Plink with CVS
7.5 WinCVSでPlinkを使う7.5 Using Plink with WinCVS

8章: SSH認証で公開キーを使う - Chapter 8: Using public keys for SSH authentication

日本語訳英語原文
8.1 入門 - 公開キー認証8.1 Public key authentication - an introduction
8.2 PuTTYのキージェネレータであるPuTTYgenを使う8.2 Using PuTTYgen, the PuTTY key generator
8.3 公開キー認証の準備をする8.3 Getting ready for public key authentication

9章: 認証にPageantを使う - Chapter 9: Using Pageant for authentication

日本語訳英語原文
9.1 Pageantを始める9.1 Getting started with Pageant
9.2 Pageantのメインウィンドウ9.2 The Pageant main window
9.3 Pageantのコマンドライン9.3 The Pageant command line
9.4 エージェント転送を使う9.4 Using agent forwarding
9.5 セキュリティの考慮9.5 Security considerations

10章: 共通のエラーメッセージ - Chapter 10: Common error messages

日本語訳英語原文
10.1 「サーバのホストキーがレジストリキャッシュされていない」10.1 ‘The server's host key is not cached in the registry’
10.2 「警告 - 潜在的なセキュリティ侵害!」10.2 ‘WARNING - POTENTIAL SECURITY BREACH!’
10.3 「ポート転送のための領域がない」10.3 ‘Out of space for port forwardings’
10.4 「サーバがサポートする最大の暗号が・・・警告のために設定された閾値を下回っている」10.4 ‘The first cipher supported by the server is ... below the configured warning threshold’
10.5 「サーバが切断メッセージタイプ2(プロトコルエラー)を送信した: 『rootの認証に失敗sしすぎている』」10.5 ‘Server sent disconnect message type 2 (protocol error): "Too many authentication failures for root"’
10.6 「メモリがない」10.6 ‘Out of memory’
10.7 「内部エラー」、「内部障害」、「表明違反」10.7 ‘Internal error’, ‘Internal fault’, ‘Assertion failed’
10.8 「この秘密キーファイルは使用できない」、「秘密キーをロードできない」、「キーの種類が間違っている」10.8 ‘Unable to use this private key file’, ‘Couldn't load private key’, ‘Key is of wrong type’
10.9 「サーバが公開キーを拒否した」または「キーが拒否された」10.9 ‘Server refused our public key’ or ‘Key refused’
10.10 「アクセスが拒否された」、「認証が拒否された」10.10 ‘Access denied’, ‘Authentication refused’
10.11 「不正なCRCを持つパケットを受信した」または「不正なMACを持つパケットを受信した」10.11 ‘Incorrect CRC received on packet’ or ‘Incorrect MAC received on packet’
10.12 「受信したパケットを復号化したら文字化けしていた」10.12 ‘Incoming packet was garbled on decryption’
10.13 「PuTTY X11 プロキシ:様々なエラー」10.13 ‘PuTTY X11 proxy: various errors’
10.14 「ネットワークエラー:ソフトウェアが接続を中断した」10.14 ‘Network error: Software caused connection abort’
10.15 「ネットワークエラー:相手側に通信をリセットされた」10.15 ‘Network error: Connection reset by peer’
10.16 「ネットワークエラー:接続が拒否された」10.16 ‘Network error: Connection refused’
10.17 「ネットワークエラー:接続タイムアウト10.17 ‘Network error: Connection timed out’

付録A: PuTTY FAQ - Appendix A: PuTTY FAQ

日本語訳英語原文
A.1 入門A.1 Introduction
A.2 PuTTYでサポートされる機能A.2 Features supported in PuTTY
A.3 他のオペレーティング・システムへの移植A.3 Ports to other operating systems
A.4 他のプログラムPuTTYを埋め込むA.4 Embedding PuTTY in other programs
A.5 PuTTYの処理の詳細A.5 Details of PuTTY's operation
A.6 使い方の質問A.6 HOWTO questions
A.7 トラブルシューティングA.7 Troubleshooting
A.8 セキュリティの質問A.8 Security questions
A.9 管理上の質問A.9 Administrative questions
A.10 様々な質問A.10 Miscellaneous questions

付録B: フィードバックとバクレポート - Appendix B: Feedback and bug reporting

B.1 一般的な指針B.1 General guidelines
B.2 バグを報告するB.2 Reporting bugs
B.3 追加機能を依頼するB.3 Requesting extra features
B.4 すでに依頼されている機能を依頼するB.4 Requesting features that have already been requested
B.5 サポートの依頼B.5 Support requests
B.6 Webサーバの管理B.6 Web server administration
B.7 何かするのに許可を求めるB.7 Asking permission for things
B.8 PuTTYWebサイトミラーリングするB.8 Mirroring the PuTTY web site
B.9 賛辞B.9 Praise and compliments
B.10 EメールアドレスB.10 E-mail address

付録C: PuTTY - Appendix C: PuTTY Licence

付録D: PuTTYハッキングガイド - Appendix D: PuTTY hacking guide

日本語訳英語原文
D.1 OS間の移植性D.1 Cross-OS portability
D.2 複数のバックエンドを同じように扱うD.2 Multiple backends treated equally
D.3 プロセスごとに複数セッションを持つプラットフォームもあるD.3 Multiple sessions per process on some platforms
D.4 C++ではなく、CD.4 C, not C++
D.5 セキュリティを意識したコーディングD.5 Security-conscious coding
D.6 特定のコンパイラに依存しないD.6 Independence of specific compiler
D.7 コードサイズを小さくするD.7 Small code size
D.8 単一スレッドのコードD.8 Single-threaded code
D.9 可能な限りサーバへキーストロークを送信するD.9 Keystrokes sent to the server wherever possible
D.10 設定パネルは親切な640×480D.10 640×480 friendliness in configuration panels
D.11 自動的にメイクファイルを生成するD.11 Automatically generated Makefiles
D.12 共通の処理はssh.cに入れるD.12 Coroutines in ssh.c
D.13 ソースファイルごとに一回のコンパイルD.13 Single compilation of each source file
D.14 やってきたとおりにではなく、言ったとおりにするD.14 Do as we say, not as we do

付録E: PuTTYのダウンロードキーと署名 - Appendix E: PuTTY download keys and signatures

日本語訳英語原文
E.1 公開キーE.1 Public keys
E.2 セキュリティの詳細E.2 Security details

索引 - Index

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nattou_curry_2/20081228/1230475370
リンク元